スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒会の九重 碧陽学園生徒会議事録 9

あらすじ

ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ!

美少女役員四人+おまけ一人、生徒諸君のため

―突然ですが、ここで中継を繋ぎます!

第801回ヘキヨウカップ、各馬一斉にスタート。
先頭はヒンニューステータスとネッケツタロー。
ヒンニューは常に本命視されながらやる気に欠ける状態、
ネッケツはここに来て急躍進、新たな本命馬と名高いです!
様子を窺うように二頭の後に続くのはドエスノホマレ。
実力はNo.1と言われながらここ一番に弱い!
最後に大きく遅れてビーエルラバー。
以前他を圧倒する力を見せて以降、不振が続いています!

最後まで目が離せない展開になってきました!
おっと、ここで飛び出したのは―

中を読んでご確認ください。

感想

生徒会の一存シリーズの9巻
表紙は真冬

なんていうかあいかわらずアレな表紙だ・・・文句はまったくないですが
やっぱり真冬は可愛いなぁ・・・

あらすじが競馬中継っぽいけど内容は・・・なるほどって感じ。

生ダラダラ生徒会11ページ

いつもの会議前の生徒会メンバーの状態を描いた話。

おまえらもう・・・ぐだぐだ・・・

なんていくか最初にくりむが名言を言ったり、議題を言ったりする事の重要性がわかる。
とくに議題がない状態でこのメンバーが好きな事をしているとまさにカオス
話がすぐに切り替わったり、真冬はひたすらゲームやってたり・・・なんじゃこりゃ
そして何気にこの時点からエピローグの話の伏線が・・・
読み始めた時点ではなんだその設定は・・・って感じで気にもしなかったんだが・・・

第1話:テコ入れする生徒会

9巻にきて自分達の行動や小説の内容にテコ入れをしようとする話
他レーベルの小説の話、エロゲ、コミックの話など色々とネタ満載です。
だけど・・・だけど・・・そんな些細な事はどうでもよくなる事が・・・

深夏がデレ期です

深夏がデレ期です

大事なので2回書きました。
前回、自分の気持ちを自覚してキスまでした深夏

でも深夏はどこまでいっても深夏
隠したりテレたりする事なく、普通に杉崎へ好きだと言っちゃってます・・・
こういう所はやはり妹である真冬と同じ・・・

そして普段の態度もやっぱり妹である真冬と似たようなもの・・・

異性として好きだとなんの臆面もなく言うし、
杉崎をなでたりと行動を起こしたりしてる、
でも杉崎から触ろうと・・・手を繋ごうとするだけでも暴力が返ってきます。

なんだろう・・・この姉妹・・・

真冬はズケズケと言葉で杉崎を傷つけ、深夏は物理的に傷つけてる・・・
バランスのとれた姉妹だけど・・・本当に好きなのかお前ら・・・って感じ。

結局テコ入れはぐだぐだに・・・
生徒会メンバーは普通の女の子の会話すらできないと判明したしね・・・

何故か脇役クローズアップという結論がでて次の話へ・・・

第2話:絡む副会長

タイトルに生徒会が入っていない為に、中心となるのは杉崎リリシア

1話のテコ入れの話で脇役クローズアップという事が決定して
杉崎が新聞部部長であるリリシアにまとわりつく事に。

いつもと逆・・・っていうかストーカーみたいだ・・・

リリシア杉崎にまとわりついていたらパパラッチ
杉崎リリシアにまとわりついていたらストーカー

やっぱり普段の印象って大切だ・・・

やっぱりリリシアもいいキャラだよなー

高圧的な態度だけど意外と可愛いところがあったりと本当にいい感じ。
そして明らかに杉崎に対して思うところがある態度がいい感じ。
彼女の場合は自分で自分の気持ちを認めようとしないけどね・・・

最後のリリシアの家の前の2人の会話シーンはいい感じ
その後のエリスの日記の部分を見るとニヤニヤしてしまう。
っていうかエリスは匂いで杉崎の気配がわかるとか・・・めっちゃ好かれてるな・・・

生徒会メンバーはリリシアに対しての嫌がらせも含めて、企画をだしたみたいだけど
杉崎&リリシアコンビの意外な行動に精神的なダメージを被ったみたいだし・・・
因果応報だな・・・

第3話:送る生徒会

近づいてきた卒業式に関する話。

卒業生代表で答辞を読むくりむ、在校生代表として送辞を読む杉崎
2人の為にそれぞれの文章を作ろうとするんですが・・・

このメンバーでそれは無謀・・・

どんなものにも『オブザデッド』『死霊の』を付けるといきなり殺伐としたものになるって話や
それぞれ『これだけは』という言葉を組み込んだら『天元突破』が組み込まれるわと
もう・・・なんていうか笑えた。
なんていうか気軽にこういうネタをガンガン投入してくるのもこの作品らしいな・・・

答辞によくある

代表「○○だった××」
他卒業生「××」


というネタで

『生徒会役員暴走事件』
『第四次スーパー碧陽学園大戦』
『政府も隠蔽に動いた未確認ゲル状生命体事件』
『クリーム・ポッターと秘密の部屋』
『踊る大碧陽学園~渡り廊下を封鎖せよ~』


というのがでてきてまたネタが・・・と思ったらその直後にくりむ
『~ちゃんと実話だもん』と・・・

実話かよ!?っていうかそれこそ書けよ!?

このいつもの会議風景以外のところで舞台である碧陽学園では
とんでもない出来事が色々と起こっていたみたい・・・
どんな事件だったか気になるんだが・・・語られる事はないんだろうな・・・

回想 1~3

くりむの中学生時代の回想

基本子供っぽくて明るくて傍若無人で自意識過剰なくりむだけど
高校生になる前までは家の事情などの為に友達がいないという
なかなか重い過去が・・・

そんな中で入院している同級生のお見舞いを通して、
彼女・・・栗花落(つゆり) 杏子(あんず)と友人になっていく話。

友達がいない分、家族や一度仲良くなって『身内』扱いになった相手には
普通に対応できるのに、クラスメイト達とは歩み寄れないくりむに、
謎の病気で徐々に体が動かなくなり、手術を控えた彼女が
自分のいなくなった後の事を考えてくりむ宛の遺書を残していて
その文面がそのまま物語の中核になっている・・・

こういう過去があった上で今のくりむがあるかと思うと色々と考えさせられた。
生徒会メンバーは各々重い過去があるが彼女にもこんな過去があったとは・・・

杏子が望んだくりむの姿が今のくりむに繋がっていると思うと感動できる。
うん・・・感動できる・・・まじで・・・この時点では←※反転

最終話:最初の一歩

くりむ知弦の出会いの話。

中学時代に色々あって人間不信ぎみだった知弦と回想1~3の出来事の後のくりむの話。

クラスメイト達を拒絶してまったく取り合おうとしない知弦に対して、
まったく気にせずに話しかけてくる無邪気なくりむ・・・って感じなんですが
徐々にくりむの歪みが明らかになっていく話。

杏子からの手紙の影響なのか”友達をつくる”事を機械的に行っていたくりむ
だからこそやってる事は逆ベクトルだけど自分に似た知弦の事がわかったみたい。

そして知弦だからこそ、くりむがただ機械的に友達を求め、
実際は誰にも心を開いていない事に気づいた・・・

どちらも不器用・・・でもだからこそこの2人は

”高校に入って最初の友達”

になる事でお互いが救われたみたい。
知弦が過去を乗り越えられたのは杉崎の力もあったみたいだけど、
この出会いも大きな影響を与えているのは間違いない。

そして、この出会いこそがこの作品の始まり・・・最初の一歩なんだと・・・

やっぱりくりむの過去は重いなぁ・・・今のくりむと比べると
この頃の彼女はツライとしかいいようがない感じ・・・ここまではね

卒業式当日

前回の続きでどうにか最寄の空港まで来れるけど、
学園までの道が車だと時間がかかり、卒業式に間に合わないかも・・・
という話。

くりむが心当たりがあるという事でプロローグ分が終了

そしてエピローグ分

くりむに頼まれて杉崎を迎えに来たのは、赤い髪でピアスをつけた特攻服姿の女性
どうやら最初の話でくりむに電話してきた相手らしい。
彼女の名前は・・・

栗花落 杏子 (゚Д゚)チョットマテ ゴルァァァァァ

彼女の名前が判明した瞬間、思わず吹いてしまったよ・・・
この展開はさすがに予想できなかった・・・
生きてたのかお前・・・

手術成功⇒思いっきり走り回りたかった⇒特攻服を着てバイクで・・・


っていう経緯を辿ったみたいです・・・
くりむの過去に心を動かされたのに・・・これは・・・

台無しだよ・・・

そりゃ・・・歪むよ・・・病弱な親友がいきなりこんなになったら
死んだ者として扱いたくなるよ・・・
そのくせ口調とかはそのままの時もあるし、妙に常識的に法定速度は厳守
なんだコイツは・・・とりあえず俺の感動を返せといいたい。

完全に意表をつかれた・・・

えくすとら:渡す生徒会

バレンタインの日に杉崎にチョコを渡そうとする生徒会メンバー達の話

杉崎・・・もう目的果たしてないか?

知弦は登校時に待ち伏せして、普段の冷静さの欠片もなくテンパりながら・・・
深夏は休み時間に完全デレ期で照れながら・・・
くりむは放課後の生徒会室で・・・最後の破壊力抜群のセリフを言いながら・・・

それぞれチョコを渡してます。
っていうかソレ全部本命だよね・・・・

そしてラストは表紙を飾った真冬

彼女は他の3人と違い、趣味の時間を削ってでも手作りチョコを作り
朝から渡す機会を窺っていたけど他の人が渡すシーンを見てもやもやして
結局夜に・・・

なんだ・・・この健気さ・・・可愛いすぎる・・・

自分に自信がないから段々渡せなくなってしまっていた真冬と、
色々な人からチョコを貰う事で自分がここにいて良いと安心した杉崎
普通に恋人同士でも違和感がない雰囲気になってました。

最後は男嫌いの真冬杉崎に抱きついて終了。
なんだかんだ言って、杉崎にチョコを渡せたメンバーは結局みんな幸せだったみたいだけど
最初に告白しただけに真冬は一歩先を行っていた感じ。
あー・・・本当に可愛いな・・・

何気に『卒業式当日』の話で明かされた衝撃の真実の後日談っぽい
くりむ杏子の話もある・・・
本当に・・・どうしてこうなった・・・

-----------------------------------------

卒業式までほんとうにもう間近・・・10巻で区切りよく本編は終わりのようです。
好きなシリーズなので残念ですが・・・まぁ仕方ない。
外伝の方はまだ続くみたいですしそっちを楽しみにしてようかと。

今回のカラーイラストは満を持して飛鳥林檎でした。
カラーで見てもやっぱり美人&可愛い・・・・

杉崎め・・・

最後に一文。

今回は色々あった・・・予想外のくりむの過去とか
その顛末とか・・・
でも一番印象が強いのはやっぱり深夏デレ期
という訳で彼女のデレ期を象徴するセリフを1つ
一見ツンデレ風なんだけど、まったくツンデレになっていないという・・・
デレデレだよそれ・・・

「か、勘違いすんなよなっ!

 あたしはただ、お前が好きなだけなんだからなっ!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
生徒会の九重  碧陽学園生徒会議事録9 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の九重
碧陽学園生徒会議事録9
(富士見ファンタジア文庫)

(2010/10/20)
葵 せきな

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

顛末書 書式、書き方

顛末書 書式、書き方についての情報です。

婦人病 症状

婦人病の症状についての情報です。

議事録 書き方、フォーマット

議事録の書き方、フォーマットについての情報です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。