スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼穹のカルマ 6

あらすじ

蒼穹園ニュースのお時間です。

本日、蒼穹園中央都の民家にて、鷹崎駆真さん(17)が遺体で発見されました。
詳しい死因は捜査中とのことですが、現場には大量の血が確認されていることから、
出血多量によるものと推測されています。

鷹崎さんは蒼穹園騎士団ではカリスマ的人気を持つ騎士でしたが、
事件の数週間前に突如、騎士団を退団し

「異世界に行ってきた」、「魔人の主になった」「私は神だ」

などの意味不明な発言をしており、
精神的に不安的な状態にあったのではないかとの見方も出ております―─

CMのあとは「今日のそうきゅん」です。

さよなら鷹崎駆馬!! 

あっ完結じゃないですよ。

感想

蒼穹のカルマの6巻
今回の表紙は未来から来た在紗・・・駆真もちゃんといる・・・遺影で・・・
とりあえずそんな遺影を飾られたら死後でも耐えられないぐらいヤバイ顔してるけどね。

Case01

今回は前回のラスト・・・未来の在紗・・・『リサ』が来た所から始まります。

ただでさえ在紗の存在が興奮材料になる駆真にとっては最早天国に等しい状況
在紗状態です・・・

状況が駆真の死を阻止するためという重大な事柄なのに、
駆真の煩悩はとどまる事を知らず、最終的に『リサ』の裸体を目撃してしまい

鼻血を噴出し、後頭部を殴打して死亡

うわぁ・・・しょーもねー・・・
本人は幸せだったからいいのかもしれんが・・・残された家族は微妙だよな・・・

何気にこのCase01の話が全ての起点で伏線が隠されてる。
不審な人物、そして『リサ』の行動とかも、後から見ると・・・

Case02

鼻血を噴いて後頭部を殴打して死んだ駆真がいた未来から在紗・・・『主任』が登場
ここでようやく駆真に極度に興奮したりすると
死んでしまう『弱体化の呪』がかけられている判明

在紗がいるかぎり、駆真にとってそれは致命的じゃね?

『リサ』在紗がそのまま成長した感じがあったけど、
『主任』は勉学に重きを置いて成長した感じ。
呼び方も『姉さん』だし、理屈っぽい性格になってるけど
やっぱり駆真大好き・・・

在紗の着替えを目撃しそうになるのを『主任』が体をはって止めるが・・・

そのまま彼女の胸に顔を埋めたまま出血多量で死亡

駆真が興奮するのはこの際しょうがない・・・だからこれは『主任』が馬鹿だ・・・
まぁまさかこの程度で・・・っていうのもあったんだろうけど・・・

Case03

『主任』の記憶を継いだ在紗・・・『シロ』が未来から登場

お前・・・誰?

駆真の死後、母親である冬香に引き取られ鍛えなおされたらしく
戦闘能力だけでなく性格まで彼女のものを引き継いでしまったらしく
凄まじくボーイッシュな感じになってる。

ここまでくると最早別人だ・・・

自分に駆真を守るための力が無かったからと、在紗に自分の記憶を託し
自分とは別の道を進むように『主任』が薦めたみたいだけど、
Case02の死因は力とか関係なく未来の在紗のスタイルの良さだった気がするのだが・・・
そこは気にしちゃだめなんだろうか・・・

ここにきて周りの仲間達が勢ぞろいしてプールへ行く事に・・・
明らかに最悪の選択のような気がしてたんですけどね・・・

槙奈が恥ずかしい写真を回収するために、駆真へのストーカー疑惑を真剣に持たれたり
在紗、沈音、音音がスクール水着だったり・・・
正直、この状況でなにやってるんだろう・・・って感じだが
結局最後は最悪の事態に・・・

在紗が溺れ、人工呼吸を試みて死亡

もういっその事、しばらく在紗から離れるって選択をするべきだと思ったり。

Case04

『主任』『シロ』の記憶を受け継いだ在紗・・・『姫』が未来から登場

本当に・・・可能性の塊だな・・・在紗

アステナから盟術を習い、彼女を上回る力を手に入れた『姫』
子供の頃に比べてさらに静かに・・・無口になってしまい、
精神もちょっと幼く感じる。

それでもようやくこの話で出会えた黒幕・・・『アンノウン』との戦いでは
激しい怒りを見せ圧倒的な盟術を見せるが、それでも倒せない・・・

駆真のその間に、在紗の事を調べるために沈音が仕掛けた
隠しカメラの映像を確認中に・・・

着替えシーンを見てしまい死亡

在紗と違い、前回の記憶の引継ぎがないとはいえ・・・自重しろよお前・・・

今回はついにこの物語のラスボスというべき存在が登場・・・

か・・・勝てるところが想像できねぇ・・・orz

Case05

『主任』『シロ』『姫』の記憶を引き継いだ在紗・・・『ラビ』が登場

本来の在紗を含めるともう6人目・・・どんだけだよ・・・

『ラビ』はどういう風に育ったのかな?
騎士モードの駆真に似た真面目な雰囲気なんだけど・・・
彼女は今までの在紗達に欠けていたと思われる『冷静さ』
そして今までの『記憶の経験』のお陰でついに『アンノウン』を追い詰める。

その正体は駆真にとっては『絶対に倒せない相手』

駆真を失った絶望に狂った在紗・・・『リサ』

というわけでラスボスも在紗だったという・・・とんでも展開。
途中から薄々わかるようになってはいるんですが・・・

どうやら『リサ』は単純な未来ではなく並行世界在紗のよう・・・
その世界で事故で亡くなった駆真を生き返らせるために修練に全てをつぎ込み
その世界では生きているらしい父親からは天駆機関を、
一緒に住んでいた冬香からは空獣としての戦い方を教わり、
騎士団でもトップクラスの実力を身につけ、さらに神の称号を得て
自らの力で時間を越えてきた・・・

まさに圧倒的な才能と努力のなせる業

今回登場の全ての『在紗』在紗はなれる可能性を持っており、
もちろんならない可能性もどうようにある。
まぁこれは誰にでも当てはまる事だけど、彼女の場合はどの道を選んでも
一流以上の成果をあげるみたい・・・凄ぇな・・・

そんな彼女でも過去の駆真を何度やっても救えず、
平行世界の生きている駆真と幸せそうに暮らしている自分を見て嫉妬で狂い、
自ら自分と同じ境遇の『在紗』を生み出そうとする『リサ』

なんていうかやりきれない理由でした。
彼女の・・・在紗駆真への想いは本当に大きいものなんだと実感できる。
そしてなにより、現在の在紗に最も近い性格をしている『リサ』
そうなったという事もちょっと怖いですね・・・

駆真は生き残ったけど、結局『リサ』には『女王』の力で空獣を呼ばれ
包囲網を突破され逃げられた・・・
しかも駆真は命を狙われているのに、相手が在紗だという事で
イマイチ緊迫感がない・・・っていうか変な妄想してるし・・・

ぶっちゃけ駆真が勝つ所が想像できない・・・

彼女との戦いと和解がメインになっていくんだろうか・・・
そもそも駆真は戦えるのか・・・って問題もありますが。

今回の最後に起きた一波乱がどうなるかも気になりますし続きが楽しみ。
そういえばラストの状態の駆真だったら在紗と戦う事もできるかも・・・

なんていうかここまで買ったときに感じていたイメージと違う方向に話が進むと
逆に面白いな・・・1巻からここまでほとんど斜め上の展開に話がぶっ飛ぶ・・・
まぁそこが面白い作品なんだが・・・

最後に一文。

『リサ』の言葉
この言葉、そして在紗は自分自身のことだからこそわかると言った事。
彼女は目的を果たすまで絶対に諦めない
どんなに時間がかかっても・・・
どんな所に逃げても・・・
どんなことをしてでも・・・
でもこれも全て駆真への好意からくる行動。
在紗を彼女を殺す事で、自分と同じ境遇にする為に。
まさに狂っているって表現がぴったりかも・・・怖い

「私にはねえさまがいないのに、あなたにはいるなんて
 ────ずるいじゃない」


「在紗は、全部私と同じになればいい。
 私のじゃないねえさまなんて、
 みんなみんな死んでしまえばいい」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
蒼穹のカルマ6 (富士見ファンタジア文庫)蒼穹のカルマ6
(富士見ファンタジア文庫)

(2010/10/20)
橘 公司

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。