スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(アニメ感想)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」

第05話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」

電撃文庫原作、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のアニメ第5話

とりあえず3話の親バレに続き、友人・・・しかも親友であるあやせに
桐乃の趣味がばれてしまう話。

というわけで以下感想

oreimo5-op.jpg

OP映像がまたちょっと変わってる・・・
これは流れるたびに変わっていく感じなのかな?
紹介以外もちょこちょこっと変わっているし・・・今後どうなるんだろう。
メインメンバーは出揃った感があるが・・・さて。

----------------------------------------------------------------------

☆ 妹が趣味がバレて親友の子に絶交された・・・


oreimo5-1.jpg

「桐乃・・・どうして逃げるの?」

「それは嘘、嘘嘘嘘嘘嘘・・・嘘つかないでよ!」

「逃げたよね!?」

「私が嘘つかれるの大嫌いっだって!!」

「ごめんなさい。あたし、あなたとは今後お付き合いできません。
 もう学校でも話しかけないで下さいね」


原作読んでいたからわかっていた・・・そう、わかっていたんですが・・・
あえて言わせて貰うなら・・・

あやせ、怖ぇよ!!!

正直、前回の優しい彼女を覚えている状態で、
今回の桐乃を問い詰めている時の顔とか見ると『お前、誰だよ!?』って言いたくなる。

これは・・・あれか・・・ヤンデレってヤツなのか?
微妙に違う気もするんだが・・・とりあえず怖い・・・
この話であやせへの印象が大幅に変わるんだろうな・・・・・・怖い

あやせの理由も決して『間違っていない』って所がやっぱり厳しいよな・・・
なんていうか中学生って高校よりもアニメとかに対する認識が
厳しい感じがするし、馬鹿にする傾向があった気がする。

アニメとか特撮とか私も見ていたが、あまり学校でその話はした覚えがない。
ゲーム関係は大丈夫だったけど(まぁエロゲやギャルゲ以外だったっし)・・・
あの年代の頃は・・・なんだろうね・・・

桐乃は親友であるあやせに趣味がばれ、もう付き合えないと言われショック。
そんな桐乃をなんだかんだ言っても京介はやっぱり心配してるな・・・

そんな緊迫した状況でも妹に言われたパソコンの妹モノの格ゲーを
クリアする所まできちんと進めてたが・・・律儀すぎる。

でも桐乃は桐乃で、困った事があるとすぐに京介に話をふるあたり、
頼りにしてはいるのかな?って感じにも思える。
やっぱり複雑な兄妹関係だ・・・

前半のあやせにばれそうになって、桐乃が黒猫と沙織をキモいって言った事は
なんていうか・・・悲しいかも。
あんだけ友達付き合いしていて、あやせにばれたくないとはいえ、あれはひどい。

----------------------------------------------------------------------

☆ 親友の子を説得・・・でも頑なで・・・


oreimo5-2.jpg

「なんせ俺は妹と仲良くなれたって勘違いしちゃってる、
 シスコン変態馬鹿兄貴だからな!」


「さんざんほったらかしにしといて、今更兄貴づらすんな!」

「終ってない・・・人生相談・・・最後まで責任とってよぉ」


「それをさっさと言え馬鹿」

「嘘・・・嘘嘘!」

「返して!私の親友を!本物の桐乃を返してよ」


「ざっけんな!偽者偽者やかましいのよ、あんた!」


桐乃のセリフがちょっと気になりますね・・・

「さんざんほったらかしにしといて、今更兄貴づらすんな!」

今のようなあまり仲のいいとは言えない(まったくそう見えない時があるけど)
兄妹関係が形成される原因が過去に、そして京介が何かしたって事なんだろうか?
それともなにもしなかったからなのか・・・どうなんだろ?

『最後まで責任を~』の場面の桐乃はかなり可愛い。
そして桐乃が頼めば、頑張っちゃう・・・そんな京介はカッコいい。
さすがシスコン(笑)

あやせの説得シーンは3話の父親への説得シーンに似ている感じがする。
まずは説得材料を集めて、それが間違った事でない事を相手にわからせる。
王道といえば王道ですが効果はあるみたい。

特に『嘘』が嫌いなあやせには、テレビなどで著名なジャーナリストが
オタクが『ゲームが原因で事件を起こした』と言っていたにも関わらず、
それが後に過ちとわかったのに謝罪文は小さな記事で、
しかもテレビなどではそれに触れていないという事実は許せないものだったのかも。

あやせは潔癖症な所と思い込みの激しい所があるようだけど、頭はいいみたいだから
京介のように証拠を集めた上で論破されるとどうしようもないみたい。

でもやっぱり3話と同じで桐乃の趣味には致命的な欠点が・・・

18禁は駄目だめ Σ(゚д゙)・・・そりゃそうだ!!

これがネックだよね・・・この件に関しては父親もあやせも間違ってない・・・
そんな桐乃を偽者扱いして、京介に本物を返せと迫るあやせに桐乃登場!

開き直ってる・・・


それと何気に桐乃や京介の為にオタク関係の事件などを調べていたらしい
2人の父親があまりにもツンデレで笑った。

そして父親に相談する理由として女子中学生にエロ本持っているのを見つかったという
しょうもない理由をでっちあげた京介も笑った。

何気のこの父子がそろうと面白いよな・・・

----------------------------------------------------------------------

☆ 妹と友達は仲直り、でも兄は変態扱い・・・orz


oreimo5-3.jpg

「あんたの事も、エロゲと同じくらい好き!」

「絶対あんたと仲直りする、絶対趣味は捨てない!
 なんか文句ある?」


「嘘・・・じゃない?私の事も凄く大事?」

「俺と桐乃の愛の証なんだよ!」

「俺は妹が・・・妹が大好きだァァァァ!」


「近づくな変態!」

『大ウソつきのお兄さんへ(省略)
 もしも桐乃のいかがわしいコトをしたらブチ殺しますから』


「べっこべこにしてあげる」

自分の趣味への思いを、そしてあやせの事をどう思っているかも伝えた桐乃。
あやせも親友である桐乃がオタク趣味で悪影響を受ける事を心配していただけなので
お互いちゃんと気持ちを伝え合って話し合えばなんとか・・・ならなかった。

やっぱりあやせの性格的にアニメなどはともかく18禁関係は受け入れられない模様・・・

ここで再び京介がトンデモ発言

なんていうか最初の段階はきちんと準備と手段を整えて、相手を論破していくのに
最後は破れかぶれの賭けにでる傾向にあるよな・・・京介は・・・

っていうか・・・これは無いわ・・・

結果的にあやせと桐乃は無事仲直りできたわけだが

18禁作品への嫌悪<<<<<<<<京介の魔の手から桐乃を救う

という優先順位を変化させただけっぽい。
前回の話では京介の事を優しいお兄さんって扱いだったのに、今回の扱いで変態扱い
なんか散々な結果になった気がする・・・

まぁ最後にやっぱり桐乃の笑顔があったわけだし一件落着でいいんだろう。
本当に京介はいい兄貴だと思う。

あやせもメールで『桐乃にいかがわしい事をしたらブチ殺しますよ』と書いているけど、
『大ウソつきのお兄さんへ』と書いているあたり、あの一連のセリフが嘘だと気づいているのかな?
そこのところどうなんだろう。

っていうかあやせも・・・この1話で一気に印象変わるよな・・・怖いよ・・・

でも桐乃の中では

エロゲの価値 = あやせ

なんだよな・・・なんかその評価は嫌だ・・・
桐乃にとってはこの上なく大切なものって事なんだろうけど・・・
エロゲと同じくらい好きって言われて説得されるのってどうなんだろうか・・・

----------------------------------------------------------------------
oreimo5ED.jpg

次回「俺の幼馴染みがこんなに可愛いわけがない」

EDは『オレンジ』で歌は桐乃
エンドカードはみつみ美里さん。
『ToHeart2』とか描いている人ですね。

考えてみるとあまり嫌いなイラストってないんだよなぁ・・・
毎回どんなタッチの俺妹キャラがでてくるか楽しみだ。

次回は京介の幼馴染・・・つまり麻奈実が中心の話。
多分原作2巻の間にあった話し・・・だと思っていたんだが
公式サイトのあらすじを読むに、どうやら3巻の方に行く感じ。
どんな感じのなっているか今から楽しみだ。
考えると次で半分になるんだよな・・・多分。

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。

------------------------------------------------
言及リンク

http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5041.html
http://blogs.yahoo.co.jp/gonta918komu/61956104.html
http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/blog-entry-1135.html
http://plaza.rakuten.co.jp/eyeshield10/diary/201011010000/
http://hiroy.blog49.fc2.com/blog-entry-1680.html
http://droberthing.blog86.fc2.com/blog-entry-54.html
http://originscenery78121.seesaa.net/article/167936625.html
http://2009nenaki.blog11.fc2.com/blog-entry-462.html
http://freenijimoe.blog104.fc2.com/blog-entry-138.html
http://sirubaniablog.blog17.fc2.com/blog-entry-703.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/firstsnow/story/?story_id=1948954
http://plaza.rakuten.co.jp/accessairphoto/diary/201011030000/
http://animax00.blog87.fc2.com/blog-entry-1088.html
http://0nanairo0.blog120.fc2.com/blog-entry-613.html
http://adria7.blog92.fc2.com/blog-entry-404.html
http://yaplog.jp/water_bed/archive/2809
http://ameblo.jp/atgpt/entry-10695486224.html
http://mitubatatibana.blog122.fc2.com/blog-entry-1955.html
http://akira198x.blog28.fc2.com/blog-entry-406.html
http://kokonoi.blog93.fc2.com/blog-entry-604.html
http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-441.html
http://ren.anime-japan.net/Entry/653/
http://rollingstar77.blog103.fc2.com/blog-entry-101.html
http://nekoko.at.webry.info/201011/article_1.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1126.html
http://blog.livedoor.jp/geallza/archives/51146783.html
http://moeanimerac.blog86.fc2.com/blog-entry-1080.html
http://tako2008.blog27.fc2.com/blog-entry-279.html
http://vividstation.blog99.fc2.com/blog-entry-723.html
http://crossingheartbreak.blog2.fc2.com/blog-entry-258.html
http://kenohito.blog67.fc2.com/blog-entry-645.html
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/a2b575e7420c3d7e89e8baef49afc415
http://pruuun2.blog11.fc2.com/blog-entry-239.html
http://naruhya.blog.so-net.ne.jp/2010-11-01
http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/4c92c604c38ce76b5dc7bce5d8c3c81f
http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-1043.html
http://animerurubel.blog112.fc2.com/blog-entry-717.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-11-01-1
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1581.html
http://kananta24freedom.blog133.fc2.com/blog-entry-67.html
http://blog.livedoor.jp/electro_railgun/archives/51613278.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1316.html
http://enkaigakari.seesaa.net/article/167957189.html
http://blog.livedoor.jp/ttyuasa/archives/3071541.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/27240492.html
http://kazekura.seesaa.net/article/167959971.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51633752.html
http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/blog-entry-468.html
http://sumi4460.blog63.fc2.com/blog-entry-2506.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-1382.html
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/blog-entry-677.html
http://myuvi.blog59.fc2.com/blog-entry-276.html
http://blog.livedoor.jp/masatti00/archives/1461128.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1513.html
http://rain-privatediary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/5-ae8b.html
http://narrow512.blog14.fc2.com/blog-entry-147.html
http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-1466.html
http://blog.livedoor.jp/asagoegoe/archives/51915295.html
http://marushou.blog68.fc2.com/blog-entry-887.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-465.html
http://yaplog.jp/nanasaki2726/archive/8
http://blog.livedoor.jp/anipression/archives/51034874.html
http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-1211.html
http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-1034.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1997.html
http://plaza.rakuten.co.jp/ozuma/diary/201011010000/
http://junkheadnayatura.blog24.fc2.com/blog-entry-1374.html
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-248.html
http://28903894.at.webry.info/201011/article_2.html
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/51759838.html
http://animehigurasi.blog92.fc2.com/blog-entry-137.html
http://blog.goo.ne.jp/migie_no_migite/e/40c0758da7c2dc5301ed0417ffff3a43
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3439.html
http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-1118.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-2587.html
http://ayatokamina.blog112.fc2.com/blog-entry-762.html
http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201011010000/
http://spadea.jugem.jp/?eid=8572
http://78216303.at.webry.info/201011/article_1.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/05-f59b.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2445.html
http://brilliantcorners.blog54.fc2.com/blog-entry-290.html
http://plaza.rakuten.co.jp/koumeinowana/diary/201011010000/
http://anigame1.blog118.fc2.com/blog-entry-64.html
http://yumesaba.blog89.fc2.com/blog-entry-125.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1420.html
http://liv3liv.blog56.fc2.com/blog-entry-749.html
http://bonpu07.blog21.fc2.com/blog-entry-141.html
http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-1705.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-4491.html
http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-848.html
http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51641384.html
http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-558.html
http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-602.html
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-398.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1120.html
http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-547.html
http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-3759.html
http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201011010000/
http://shittakaanime.blog86.fc2.com/blog-entry-83.html
http://blogreblog.at.webry.info/201011/article_1.html
http://gototoraku.blog14.fc2.com/blog-entry-259.html
http://coffeemonster.at.webry.info/201011/article_1.html
http://kokorokotoba0502.blog38.fc2.com/blog-entry-712.html
http://happy2material.blog41.fc2.com/blog-entry-1986.html
http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-1049.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51540046.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4343.html
http://akashiima.blog57.fc2.com/blog-entry-420.html
http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1829.html
http://plaza.rakuten.co.jp/kiko000/diary/201011010000/
http://maguni.com/diary.cgi?no=1229
http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-414.html
http://kuraltuka.blog8.fc2.com/blog-entry-473.html
http://haruhiism.blogism.jp/archives/51528534.html
http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-1250.html
http://mekabisyo.blog118.fc2.com/blog-entry-33.html
http://blog.crosschannel.jp/Entry/2430/
http://plaza.rakuten.co.jp/mmpinpoint/diary/201010310001/
http://blog.livedoor.jp/youotu-roro/archives/1276206.html
http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/f0682a690759c35b12188545213cf352
http://plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/201011010000/
http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-633.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2204.html
http://nontananime.blog33.fc2.com/blog-entry-106.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201011010000/
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-395.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-1937.html
http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2433.html
http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-667.html
http://bkaclub.blog76.fc2.com/blog-entry-24.html
http://ameblo.jp/gintoki-sakata-vol2/entry-10698296047.html
http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-2468.html
http://vairis.at.webry.info/201011/article_2.html

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない第五話 感想

触手を出している時レイカは背中が無防備になるみたい かっ勘違いしないでよ あなたのために調べたんじゃないわ 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第五話感想です。 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/01/26)竹達彩奈中...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 俺の妹の親友がこんなに××なわけがない

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 俺の妹の親友がこんなに××なわけがない 楽しかった夏コミの帰り道。そこで偶然であったのは、桐乃の親友・新垣あやせだった。黒猫と沙織・バジーナの機転にも関...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 5話 感想

面白かったです。今回のお話もヤマ場、見せ場がしっかりとあるし、登場人物の魅力もじわじわと増してきた感じ。とくに私的には、桐乃株が急上昇です。 <京介が妹思いな理由> 京介が妹思いなわけ、何と...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない  第5話  「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 感想

「あんたのこともエロゲーと同じくらい好き!!」 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 高坂 桐乃 (1/8スケール 塗装済み完成品)(2011/01/21)キャラアニ商品詳細を見る

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」

 桐乃は無茶振りしすぎですね。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」の感想

 桐乃は夏コミ帰りに親友のあやせとバッタリ出会ってしまった。しかも手にはアレな同人誌がいっぱい入った紙袋を、後ろにはいかにもな格好をしたオタ友達が。このままだとリアルの親友にオタな趣味のことがバレちゃう…って、あ、バレちゃった。そのせいで桐乃とあやせの...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話

こ、怖かった・・・・ そして、兄貴は犠牲になったのだ・・・・ww

(アニメ感想)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」

第05話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」電撃文庫原作、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のアニメ第5話とりあえず3話の親バレに続き、友人・・・しかも親友であるあやせに桐乃の趣味がばれてし...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 5話

ど~も darkknightです えー。実に楽しみにしていました、俺妹の5話ですね。 今回は、あやせの××な感じが見れるので楽しみでした。 前回も言った様に、小説でもガクブルのような状態でしたww ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 5話

なるほど、ヤンデレさんでしたか。というわけで、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」5話兄貴と妹の友達にフラグが立つわけがないの巻。親友って何だろ。気が合う?共通の趣味があ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈5〉 (電撃文庫)(2010/01/10)伏見 つかさ商品詳細を見る  うわーっ!せっかくの同人誌がずぶ濡れだあーっ!雨が降ってきましたが、他のコミケ帰りの人達も防水については...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 俺の妹の親友がこんなに××なわけがない

あやせ…さん?怖いですよ…。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない:5話感想

俺の妹がこんなに可愛いわけがないの感想です。 俺の兄貴に対する好感度は上がりっぱなし、しかし兄貴の社会的な地位は下がりっぱなし。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない #5

【俺の妹の親友がこんなに××なわけがない】 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)著者:伏見 つかさアスキーメディアワークス(2009-08-10)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 最期まで責任とってよ! 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 感想

桐乃「誰が何と言おうと-」  色々と考えさせられる一話でした。 いやぁ~面白かったね・・・!! このドライブ感がたまらん。今週はもう、それだけ。 って済ましたいけど 色々と語りたい事はあるんだよ。めちゃくちゃ凝縮、とっても濃ゆい1話でした。 感じるものだ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 (レビュー/感想)

第5話 『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』 ストーリーは…。 楽しかった夏コミの帰り道。そこで偶然であったのは、桐乃の親友・新垣あやせだった。黒猫と沙織・バジーナの機転にも関わらず、動揺のあまり桐乃は、あらぬことを口走ってしまう。その場を立ち...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話

第5話 『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』 あやせが暴走気味でしたが、ネットやゲームが及ぼす影響。 犯人が語る動機にゲームや漫画を真似て・・・と言った言葉が入っただけで即糾弾されるオタ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』

俺の妹がこんなに可愛いわけがない     第5話  『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』     © 伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP   こんなにめんどくせー子が親友のわけがない(笑)   ...

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』第5話 感想

京介(ρ_;) 夏コミの帰り、あやせと遭遇してしまった桐乃 なんとか誤魔化して、その場を去ろうとするも、縋るあやせから逃れることが出来ず、 遂に桐乃の趣味がばれてしまう。 ………あやせ、怖くね...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』

ブチ殺しますから。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話

「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 兄から妹へマジ告白、でしたね~(^-^; あやせを説得するはずの演技だったのに、なぜか熱をおび真剣味に溢れていたのは、それが京介の本心からの心の叫びだったの...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 【5話】 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」

俺妹、5話。 ついにタイトル規制入る・・・。 もしやOPのPV変わった!? いきなり不穏なBGM。 ついにこの事情が親友にばれるという始末・・・果たしてどう処理するのか見物ですね。 とりあえずその場はデートと称し、難なくすぎると思われたのですが、残念...

第5話 『俺の妹の友達がこんなに××なわけがない』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 「それはウソ…ウソウソウソウソウソ……ウソ吐かないでよ………。だって逃げたじゃない?逃げたでしょ?逃げたよね?」 もっ…もひゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!← 原作よ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 5話

ものすごい勢いのあるアニメですな。 説教系アニメ、俺妹。 夏コミにいった帰り、偶然あやせと遭遇してしまう。 なんとか隠したい桐乃であったが、意外に粘着質なあやせに苦戦。しかしそれは桐...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」

「そいつはなぁ、俺と桐乃の"愛の証"なんだよ!」 桐乃とあやせの関係を修復する為、京介が父親に相談を持ちかける話。 原作小説2巻の270~369ページを消化と言うことですが、実はあやせは京介達の父親...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 5話

第5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 「俺この前、大量のエロマンガを仲良しの女子中学生に見られちゃったんだけど、どうしたらいかな?」 (ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ笑 相談された親も困るわwww ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話俺の妹の親友がこんなに××なわけがない

第5話俺の妹の親友がこんなに××なわけがない 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201011/article_5.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第05話 俺の妹の親友がこんなに××なわけがない

あやせヤンデレかよぉおお(´・ω・`) 管理人の中であやせ株がストップ安ですよ。あやせみたいな考え方してる人達が非実在青少年規制法とか作っちゃうんだろな。まぁ、あやせの場合は桐乃をオタクに盗られた反動も含まれてるけど。それにしたってオタクは犯罪者予備軍っ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第05話『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』(感想)

記事はこちら

俺の妹がこんなに可愛いわけがない5話感想

エロゲと同列の親友って・・・

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」

あやせはヲタの敵だった第5話。 コミケ会場で、親友のあやせと会ってしまった桐乃。 あのシーンは良かったですね^^ あやせがヤンデレっぽい反応をしてくれたのでwww あやせは桐乃一筋なんで...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」

夏コミ会場傍でバッタリ会ってしまった親友のあやせ。 その場をスルーしたい桐乃を逃がさずロックオン(汗) あやせは何か隠してると執拗に迫り、桐乃の紙袋の中身をぶちまけてしまう…。 ▼ 俺の妹がこん...

(アニメ感想)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第05話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」

あらすじ 楽しかった夏コミの帰り道。そこで偶然であったのは、桐乃の親友・新垣あやせだった。黒猫と沙織・バジーナの機転にも関わらず、動揺のあまり桐乃は、あらぬことを口走ってしまう。その場を立ち去ろうとする桐乃と京介だが、あやせの追求は鋭い。押し問答を繰り...

アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」5話 俺の妹の親友がこんなに××なわけがない

OPがまたちょっと違う。毎回差し替えがあるんだな。てっきり4話が正式な形かと思ったよ。キャラ紹介もその回に重要なキャラを中心にするみたいだし。EDは毎回違うし結局変わらないのはOPの曲のみか。 ...

第05話:俺の妹の親友がこんなに××なわけがない

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」(2010年10月03日放送開始 原作:伏見つかさ イラスト:かんざきひろ) 俺:29歳       第05話 「俺の妹の親友がこんなにXXなわけがない」 観ました ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話の感想

父親攻略よりかなりハードルが高かった、俺の妹がこんなに可愛いわけがない第5話の感想です。 世間一般のオタクに対するイメージなんてあやせの持ってるのもとさほど変わらないんでしょうね。あやせ自身は本当に桐乃のことを心配しているんでしょうが、頭からすべてを否

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 05話『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』

夏コミの帰りにあやせと遭遇してしまい、桐乃の表情は引きつる。 どうしようもない状況で、桐乃は助けるよう京介に目で指示。 とことで、京介は二人でデートみたいなものだと認め、早めに話を打ち切ろうとする。この場ではその言い訳でも仕方ないか。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話の感想

このアニメって社会におけるオタクをわりと扱いますね。 親父の時も思ったけど、新垣はオタク嫌いな典型的な人ですね。 電車男の影響でオタクが受け入れられはじめているので、 新垣的な考えを持っている人...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 感想

楽しかった夏コミの帰り道。 そこで偶然であったのは、桐乃の親友・新垣あやせだった。 黒猫と沙織・バジーナの機転にも関わらず、動揺のあまり桐乃は、 あらぬことを口走ってしまう。 その場を立...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話の感想

父親攻略よりかなりハードルが高かった、俺の妹がこんなに可愛いわけがない第5話の感想です。 世間一般のオタクに対するイメージなんてあやせの持ってるのもとさほど変わらないんでしょうね。あやせ自身は本当に桐乃のことを心配しているんでしょうが、頭からすべてを否

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』 ≪あらすじ≫ 親友の新垣あやせに、オタク趣味がバレてしまった桐乃。「もう二度と話しかけないで」とあやせから絶交宣...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』

桐乃と京介が、デートだと勘違いしている新垣あやせ。あやせの突っ込みに耐えられず、全てをさらけ出しそうになる桐乃は、ピンチですね。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 第5話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」【感想】

 ついに親友バレですよ。  夏コミからの帰りに、親友あやせに会ってしまった一行。  桐乃のために話を合わせてやる兄ちゃんや、さりげなくその場から立ち去る沙織と黒猫。皆いいやつだ。が、スーパー空...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 感想

あやせちゃん、疲れる子ね―

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』

アニメ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』 【偶たまの犠牲は自殺行為なわけがない】 ※高坂 京介視点です 妹の親友に妹のアニメ・ギャルゲー好きの趣味...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』

あやせへの評価が二転三転しまくった挙句に 何が何だか分からなくなってしまったw 恐るべし、あやせ嬢。小悪魔キャラだったのかー(違) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出版社/メーカー: アニプレックスメディア: Blu-ray

俺の妹がこんなに可愛いわけがない第5話(10.31)

「ごめんなさい。私、あなたとは今後お付き合いできません。 もう学校でも話しかけないでくださいね・・・」 桐乃がおぞましい趣味を持っていると知った新垣あやせが絶交宣言、 京介が二人の仲を修復させようと一肌脱いだという話 桐乃の趣味を知った途端、豹変したあやせ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」  

irony【期間生産限定盤】(2010/10/20)ClariS商品詳細を見る あやせ「ぶち殺しますよ?」 なんとあやせさんはヤンデレだった! 兄貴は・・・京介は犠牲になったのだ・・・・

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話「俺の妹の親友が××なわけがない」

いや~…まさか、あやせがこんなにもヤンデレなキャラだったとは…(嘘)しかし、かなりビックリした〃笑

俺の妹がこんなに可愛いわけがない  5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 感想!

雷鳴の決裂

【ニコニコ】俺の妹がこんなに可愛いわけがない 5話 本物の桐乃を返してよ!!

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話       「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 の感想を 夏コミの帰り道、あやせに会った!? 京介も予想していなかった大ピンチ、果たしてどうなると思いきや あやせは桐乃のもってる紙袋に目がいき、そして・...

[アニメ感想] 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 俺の妹の親友がこんなに××なわけがない

俺妹 第5話。 今度は桐乃が親友にオタバレ、そして今度も京介の出番。 以下感想

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第05話 『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』

©伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP 前回の気になる展開の続き。 以下、感想と内容です。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話「...

俺の妹がこんなに可愛いわけがないの第5話を見ました。第5話 俺の妹の親友がこんなに××なわけがない京介は沙織に相談して桐乃を夏コミに連れていくのだが、その帰りになぜかあやせ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話  「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 マズイ事にあやせと会ってしまった桐乃! 『あの人達桐乃の知り合い?』沙織さん黒猫氏の事を聞かれつい 『...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』 感想

桐乃の趣味に対する”世間の風当たり”を、うまくドラマにしました。 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』 の感想です。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 第5話 観ました

なるほど、あやせさんお仕事でお台場近辺に来ていたと言うことなのですね。お仕事現場はもしかしてワシントンホテルの中だったのかな? あ~~~コミケ通い通に言わせると微妙に突っ込みたくなるのは 『コミケ帰りのTWRりんかい線の東京国...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話

「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 オレは… 妹が… 妹が 大好きだぁああぁぁあぁあ!! 京介の最終手段((゚m゚;) そいつはなぁ オレと桐乃の愛の証なんだよ! 桐乃の趣味はなぁ オレたちのぶっこわれた絆を繋いでくれたんだよ! 夏コ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 5

第5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」  今回はかなりシュールな回でした。このアニメって、ただの妹萌えな作品かと思ったら割と真面目にヲタクについて考え...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」@感想

桐乃の親友のあやせに隠していた趣味がばれてしまったわけですが ここまで嫌うものなのかね? 性格だとは思いますが、女って恐いですな 京介「妹が大好きだー!」 今回、京介がとんでもない発言をしちゃいました!

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第05話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」

OPのあやせマジ天使。すぐ下の画像との落差をお楽しみください 桐乃を問い詰めるあやせに対し京介と桐乃は必死にごまかそうとする。 空気読んで去っていってくれる黒猫達良い奴だなー。 しかし桐乃がコミケのことを言ったりと自爆しそうになり、やばいと思った京介...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない~第5話...

  夏コミの帰りみちにクラスメートのあやせに声をかけられた桐乃 あやせはグラビアの仕事でたまたまきていたらしい。 同人誌の集まりであることを知られぬよう、なんとかごまか...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話 俺の妹の親友のあやせちゃんは友達思いでちょっと思い込みが強いとこがあるけどそんなこと関係ないぐらい俺はあやせちゃんのことが大好きだぁーーーーーー!!

第五話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 正直今回は、あやせちゃん以外に何を見ればいいのかわからなかった 俺あんましこういうキャラ好きじゃないのに 桐乃たち一行が桐野の親友であるあやせ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第05話 感想

 俺の妹がこんなに可愛いわけがない  第05話 『俺の妹の親友がこんなに××なわけがない』 感想  次のページへ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない 」

天使あやせのお話です

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」

夏コミ一般初参加帰りで浮かれている桐乃の修羅場、いやツンデレとヤンデレに挟撃された京介こそ修羅場だった「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第5話。妹萌えを楽しむよりも、そんな修羅場で翻弄される兄に萌えるアニメ。リアル世界に実妹がいるかはともかく、メタな

俺妹 第5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 感想

俺妹 第5話 「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」 感想 あやせはキリノスキーだったわけだ

良妻賢母、あとは…(俺の妹とかそれ町とか)

【アマガミSS 第18話】 桜井梨穂子編第2話。 橘くんが創設祭での茶道部を手伝うお話。橘くんと茶道部の先輩二人が自己紹介するくだりがありましたが、七咲逢編の方で既に橘くんと茶道部の先輩二人が顔合わせするお話があったせいで彼らがもう顔見知りだと錯覚しており、

◎俺の妹がこんなに可愛いわけがない第5話「...

イベントの帰り、アヤセさんにあってしまう。兄のキョウスケがフォローにはいる。そして、後ろの見てキリノの知り合いときいてくる。先に歩いていく。そして、夏コミじゃないといっ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

どーも

小説では読んだけどアニメはあやせがこわくて見れないww

Re: どーも

コメントあっりがとうございます

> 小説では読んだけどアニメはあやせがこわくて見れないw

怖いですよね・・・あれ・・・

No title

やっぱりあやせは京介が嘘ついてるって気づいてるのかな?

もしかしたら今後あやせが京介に惚れる展開になったりするのかな?

実に楽しみだ!!
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。