スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 その2 さよならの週末はささやかな終末

あらすじ

荒谷学園第三旧校舎、古い木造校舎の一階にある部室。
白崎宗司と森塚一乃、そして沢村キリカ。

三人きりのゲーム同好会では今日も元気に(ゲームしないで) お喋りとか、
宗司いじりとか、宗司イジメとか、宗司を巡る異能バトルが繰り広げられている。

宗司の妹・双子のリリスも加わった今、戦況は混乱するばかり ―。

そんな中、キリカの誕生日が近づき、昔から仲の良かった宗司とキリカは

「17歳の誕生日までにしたいことリスト」

を片手にデート(?)することになる。
他、一乃が委員長したり、宗司が風邪ひいたり・・・
葉村哲が贈る新感覚ラブコメディ(な気がする!)、第二弾。

感想

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌の2巻

今回の表紙はキリカ
今回は何気にメインタイトルに名前がある一乃よりもヒロインらしかった

キリカ・・・゚゚。(>□<)゚。゚゚

えっと・・・これはどうすればいいんだろうか・・・
ぶっちゃけキリカが悲劇のヒロインすぎて困る。

いつも明るくて、宗司への好意もほとんど隠していない・・・
というかなんで宗司は気づかないんだってくらいアピールしている。
まぁノリが軽すぎたり、宗司が鈍かったりして伝わってないみたいだけど。

前回、一乃の能力である『煉獄(カサルティリオ)』代償
『定期的に炎を食べなくてはいけない』という事がわかって、
能力にはそれぞれ代償がいる事がわかったのですが、今回のキリカ代償

彼女のどんな姿にも変身できる能力『道化師の栄光(バッドジョーク)』
その代償『誕生日にその記憶が死ぬ』

なんだよ、それ!?キツ過ぎだろ!?

どうやら宗司は出会って以来、彼女の誕生日の日は1日付きっ切りで付き合い、
記憶を失う前のキリカから失った後のキリカへのメッセンジャーをしているみたい。
なんていうか・・・それもキツイ役目

一乃本人からしたら彼女の代償も十分キツイものだろうし、
実際そうしなければ苦しむ事になるみたい・・・
でもキリカの場合は幸い苦しむ事はないけど強制的
彼女自身にはどうする事もできずに記憶を失う・・・

なんていうか悲しすぎてキツイ。
それでも自分を哀しい目で見つめる宗司の姿と
前のキリカからの手紙を読んだ彼女は明るい、いつものキリカ

前のキリカの最後の伝言・・・それが新しいキリカにとって始まりになるんだと思う。
なんていうか・・・毎年彼女は生まれ変わるたびに
同じ相手に一目惚れしてるんじゃないだろうか・・・
それはとても素敵な事で、でも悲しい事の気もする。

ぶっちゃけ今回の話を読んで、一乃よりも彼女を応援してあげたい気分。
でも決定的な関係になっても、1年でリセットされてしまう事を考えると
今のままの関係であるほうがいいんだろうか・・・

結局、良い感じの喧嘩友達になっていた一乃には真実は告げず、
自分の日記を読み返して、前のキリカと同じ態度で一乃に接するキリカ
やっぱりライバルには同情されたくなかったのかな?
一乃が今後、真実を知る事があるのか?とか色々気になる。

でも逆にいつもの2人すぎて悲しいんだよな・・・゚゚。(>□<)゚。゚゚
最後の最後でこのキリカの代償の話だったけど、
他は普通に・・・意味のない異能を持っているだけでの彼等が・・・
傍から見るとイチャイチャしていただけに見えただけにギャップが激しい。

一乃&キリカがメイドになったり、2人と別々にデートしたり、
能力の暴走&風邪をひいた一乃のお見舞い、うつされた宗司のお見舞い
3人での試験勉強と天候の悪化による意図せぬお泊まり会など
なんていうか普通の日常・・・
異能があったり、男1女2の状況だったりするけどね

そっちはそっちで面白く、一乃の異能から生まれた謎動物が増えたり
一乃キリカの態度が可愛すぎたりと良い感じだった。
だからこそやっぱり最後が・・・ギャップがな・・・

そしてさらに宗司の妹であるリリス達も本格的に登場
双子のように見える同じ名前のリリス達
やはり彼女も異能の持っているみたい。

能力は『第一世界(シュレディンガー)』
鏡の世界を生み出し、2人のリリス達がそれぞれ手を繋ぎ、残りの手で剣を振るう
まだ詳しい能力・代償は不明
やっぱり彼女達が2人なのは代償なのかな?
順番からすると次は彼女達の話になりそうな予感。

基本的にとても理路整然とした言葉を話し宗司『兄さま』と呼ぶけど、
宗司一乃達と外泊する事になった時は『お兄ちゃん』と呼んでた。
まぁどっちにしろ重度のブラコンだ・・・

そして読んでいて一番異常に感じたのが何気に宗司
メンバーで一番常識が有り、一番平凡に見える彼が逆に不気味。
一乃キリカに迫られる夢を見た時のセリフや、
自分以外の誰かを助けようとする行動とか・・・ある意味で彼が一番謎。

彼の能力である『零 白 夜(ラスト・エレメント)』についてもあまり詳しくわからず
そして彼の代償も不明
やっぱりそれは最後の最後・・・そしてとんでもないものの予感
なにはともあれ次も楽しみだ。

っていうか本当に異能そのものは利用方法がないな・・・
話の中心になっているのは主に代償の方だし・・・
ここまで異能があるのに必要とされないのも珍しいよな・・・

最後に一文。

記憶を失う前のキリカから記憶を失った後のキリカへの伝言
その最後に書いてあった、新しい彼女の始まりとなる言葉
この伝言を読む前からすでに宗司が気になってしかたなかった
記憶を失ったキリカ・・・この伝言で全てが確定した感じがする。

”キミの目の前にいるのが、わたしの好きな人ってことだよ。

 じゃあねバイバイ───十六歳のキリカより”

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 その2 (MF文庫J)おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 
その2
さよならの週末はささやかな終末
(MF文庫J)

(2010/10/21)
葉村哲

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

自分も読んで悲しすぎると思いました。
なんとか幸せになって欲しいなキリカは、、、、、

Re: No title

コメントありがとうございます

> 自分も読んで悲しすぎると思いました。
> なんとか幸せになって欲しいなキリカは、、、、、

ですよね・・・

No title

このサイトにくると読みたくなる本が増えて困りますww

Re: No title

コメントありがとうございます

> このサイトにくると読みたくなる本が増えて困りますww

そう言ってもらえるとかなり嬉しいですね・・・

No title

内容を理解した上で改めて見ると、この巻のサブタイは神だと思う
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。