スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト

あらすじ

グラナード家に仕えるスノウドロップは、誰よりも敬愛するプリムローズお嬢様第一主義者の
「超」堅物メイド。
彼女の日常はすべて、プリムローズのためだけにあった。
そんなある日、年に一度開催される音楽コンクールでプリムローズが優勝し、
精霊島にある音楽学院への入学が決まる。
しかしそこは、招かれた者しか行くことが出来ない場所であった。
お嬢様のため、なんとかして精霊島へ潜り込もうと画策するスノウの前に一人の精霊が現れた。
彼の名はブランカ。
伝説のコントラバスの化身だというこの精霊の登場で、
スノウの運命は思いもしないものになってゆく!

感想

「白」のポリフォニカシリーズの小説第一弾。時間軸的には「赤」「黒」と比べて過去。
しかも大昔といってもいいくらいの過去です。

「赤」「黒」と比べると結構コメディ要素も強いですが(「青」よりは控えめですが)
精霊の誕生する”精霊島”や”始祖精霊”と”聖獣”などポリフォニカ世界の謎に迫る話です。
何気に現実世界とのリンクもあるようです。

主人公はスノウ・ドロップ

グラナード家に仕えるメイドさんでそこのお嬢様であるプリムローズ命の少女。
剣術を習っているため口調が侍っぽいです。孤児でグラナード家にくるまでの記憶もない。
プリムローズが”精霊島”へ行くことにになり自分も付いていきたいが自分は神曲楽士ではない。
どうしよう!・・・・・という所に伝説のコントラバス”エターナル・ホワイト”に宿る精霊・ブランカ
が現れ彼女を持ち手として選び契約すると言い共に”精霊島”へ行くことになる。

ブランカが梅干の入ったツボを抱えていたりプリムローズが意外と黒かったりと結構笑える
ところが多いですね。スノウのキャラもあれですし。

シリアスな場面もきちんとしていて面白いです。
ちょいネタバレですがスノウが歌で消えかけていた精霊を救い契約するところはいいです。
雫(しずく)、かわいいですね。

ポリフォニカ世界の過去になにがあったか気になるシリーズです。

最後に一文。スノウのセリフ。後半はネタバレがあるので省略。

「命は、長いことに意味があるんじゃない。
 短いことに意味があるんじゃない。
 長いものがあり、短いものがあることに意味があるんだ(略)」



神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ
エターナル・ホワイト
(GA文庫)
(2006/07/12)
高殿 円

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。