スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(アニメ感想)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

第07話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

電撃文庫原作、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のアニメ第7話

今回はちゃんと『俺の妹』にあたる桐乃中心の話。
素直じゃないところこそが桐乃の可愛い所な気がする今日この頃。

というわけで以下感想

oreimo7-1.jpg

「ふっ、よくぞここまで辿り着いたものね。褒めてあげるわ」

家に帰って誰もいないと思って電気をつけたら・・・

って怖ぇぇよ!!

しかもなんかRPGのラスボスっぽい事いってるし・・・
と思ったらOP

前回の麻奈実仕様を残しつつ紹介、その他がまたちょっと変更
しかも何故か作中アニメである『星くず☆うぃっちメルル』の主人公まで入ってやがる・・・

こんな風にちょっとずつ毎回変化を入れながら完成に近づいていくって感じなのかな?
次もどんな変化があるか楽しみ。
----------------------------------------------------------------------

☆ 妹と妹の友達とアニメ鑑賞(魔法少女もの)

oreimo7-2.jpg

「殺したくなったわ・・・」

「ぶっ殺そうかと思った・・・」

「どんだけ仲良しなんだ・・・お前ら」

「メルちゃん、メルちゃん、メルちゃん」

「要約すると『全力魔法を零距離でお見舞いしてやるから
 動くんじゃねえぞコラ』という意味ね」


「もうお前ら好きにやれ・・・」

「まぁ・・・これも友情か」


家に黒猫を招いておいて、喧嘩して別行動な2人

黒猫談

桐乃の書いた携帯小説が色々とイラ付く内容なあげく、
明らかに自分のモデルのキャラが・・・

桐乃談

黒猫が書いた同人誌が色々と面倒(設定資料を全て読んでおかないと理解不能とか)で
さらに自分がモデルであろうキャラが・・・

お前ら、どっちもどっちだよ!!

でもお互い、気に入らないと言いつつも互いのフォローをしてる。
桐乃の至っては同人誌本体より分厚い設定資料集を全部読んだ上で文句言ってる

なんてめんどくさい友情を構築してるんだコイツら・・・

しかもお互いのモノマネが魂入ってて凄ぇ似てる・・・
とくに黒猫の桐乃のマネはキャラ違い過ぎるんだが、なんか可愛い

その後、京介の提案で3人でメルルを鑑賞

ツッコミどころ満載の作中アニメだった・・・

時々入る黒猫の冷静なツッコミがシュール・・・
でも桐乃はつねにハイテンション
そしてその間にいる京介

うん・・・頑張れ京介!

それと3人が鑑賞していたメルルの声優・・・
エンディングクレジットからの抜粋になりますが・・・

メルル 田村 ゆかり
挿入歌『星くず☆うぃっちメルル』 歌:メルル(田村 ゆかり)


あー・・・あの作品を意識してるんだろうな・・・コレ・・・
加奈子も田村 ゆかりさんだけど・・・まぁ・・・あのイベントがあるだろうからね・・・
何気にぶっ飛び具合はメルルの方が上っぽいですけどね・・・
街が主人公であるメルルの魔法で消し飛んでたり・・・
マジカルフィールドの中で壊れたものや死んだ人は元に戻るとか・・・

アハハ・・・ナンダコレ・・・

----------------------------------------------------------------------

☆ 妹とクリスマスイブにデー・・・小説の取材

oreimo7-3.jpg

「ノーパソでエロサイト見まくってるでしょ!!」

「あんたの事はこれからエロ動画ハンターって呼ぶから」


「それだけは勘弁してください」

「そっか、コイツの妹好きってもうプロレベルなんだ・・・」


「好きな人に貰ったら当然っしょ?」

「どう?盛り上がるって思わない?」

「自己満足なんかじゃ・・・」


妹から借りたPCでアダルトサイトに行っていたと判明した京介

慣れてない人間は履歴消去とかできないよね・・・

まぁどこからどこまでも京介が悪いけど、一々兄の履歴を調べた桐乃も桐乃。
今までにないほど腰が低くなった京介は桐乃の頼みで新作の小説の取材に同行する事に。
原作とは桐乃が書いた作品のタイトルが変わっているけどさすがにそれはね・・・
原作は『妹空』だったけど、つかえないよね・・・流石に。
っていうか2回目に書いて投稿して本になるとかどんだけなんだろうね・・・桐乃の文才
黒猫が見せられた文章だけだと・・・どうだろうって感じだけど。
妹好きの思いを全開にした作品らしいが・・・どんだけなんだその情熱・・・

そして取材の日・・・

ってクリスマスイブだし!?

っていうかそれ完全にデートじゃね!?

なんていうか客観的に見てると桐乃が取材にかこつけて
京介とクリスマスを楽しもうとしているように見える。
取材は取材でちゃんとやっているけど、京介にアクセサリーを買わせたりは
明らかにクリスマスという事を狙ってやっているっぽい。
『好きな人に~』っていう怪しい発言もしてますしね。

ただ当事者である京介にそんな事わかるはずもなく、
痛い出費だったためか、ちょっと口調がきつい感じに・・・
むきになった桐乃は自分がどれほど取材に本気なのか見せるために水をかぶる。

ちょっと・・・怖いな・・・

桐乃は才色兼備だけど、天性のものってだけでなくきちんと努力するタイプみたい。
それも結構努力家で、それが結果に繋がるタイプみたい。
だからこそ、この場面の京介の言葉は明らかに失言・・・
でもだからといって水を被るまでやるのは・・・凄いっていうか・・・

流石に京介も声を失ってたしな・・・

----------------------------------------------------------------------

☆ 妹とクリスマスイブにラブホテル・・・だと!?

oreimo7-4.jpg

「ふわぁ、シャワー浴びたら生き返ったー」

「うおぉぉぉ、電波が乱れたぁぁ!!」

「閃いた!降ってきた!」

「なにしてんの?赤になるよ!」


確かに手軽にシャワーを浴びれるんだろうけどさ・・・

やっぱオカシイよね!変だよね?ありえないよね?

そしてタイミングよくかかってくる麻奈実からの電話・・・
これはあれか?浮気相手とホテルにいたら奥さんからっていう・・・
それよりもさらにやばい2人の兄妹っていう関係なんですけどね。

ラブホテルでも取材はあったみたいだけど、
身の危険を感じた桐乃は予定を切り上げ終了。

最後はクリスマスイブの夜、渋谷の街を歩く2人・・・

いや・・・だからお前ら普通にカップルに見えるぞ・・・

そして今回の取材でなにか新作のインスピレーションを得たらしい桐乃
そして彼女の耳に光る京介がプレゼントしたイヤリング

いや・・・だからお前ら・・・

これでお互い嫌いだとかキモイだとか言ってる仲の悪い兄妹らしい・・・
そんなわけないだろ・・・

----------------------------------------------------------------------
oreimo8wayokoku.jpg

次回「俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない」

EDは『Masquerade!!』で歌は黒猫
エンドカードは・・・宇木 敦哉 さん
個人製作アニメーション『センコロール』の監督の人
独特な感じの絵・・・実は調べるまで全然知らんかったけどね。

次回は題名からすると・・・桐乃の小説がアニメ化する・・・のか?
原作と違う感じが・・・

これはあれか?
例の電撃文庫の盗作騒動と関係あったりするんだろうか・・・
でもあのイベントがないと黒猫との最初のフラグが立たないだろ・・・

一体どういう展開になるのか・・・楽しみなような怖いような・・・
とりあえず次回までハラハラしながら待ちます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


------------------------------------------------
言及リンク
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5097.html
http://ngelas.blog72.fc2.com/blog-entry-317.html
http://plaza.rakuten.co.jp/accessairphoto/diary/201011150001/
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/blog-entry-685.html
http://hiroy.blog49.fc2.com/blog-entry-1689.html
http://marushou.blog68.fc2.com/blog-entry-894.html
http://cactusanime.blog104.fc2.com/blog-entry-1329.html
http://2009nenaki.blog11.fc2.com/blog-entry-476.html
http://miracletime.lolipop.jp/blog/2010/11/7-13.html
http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-1220.html
http://blog.goo.ne.jp/jin-d/e/17ec67e796584bd13b6e6f7724feb565
http://wasyuutyan.blog108.fc2.com/blog-entry-320.html
http://sos0707yuki.blog68.fc2.com/blog-entry-652.html
http://blog.livedoor.jp/geallza/archives/51151213.html
http://tako2008.blog27.fc2.com/blog-entry-292.html
http://animeyotabanashi.blog63.fc2.com/blog-entry-481.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-11-15-1
http://moeanimerac.blog86.fc2.com/blog-entry-1093.html
http://ameblo.jp/atgpt/entry-10708462741.html
http://blog.livedoor.jp/electro_railgun/archives/51617050.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1595.html
http://blog.livedoor.jp/kotarou_break/archives/3097411.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-1399.html
http://pottopetoru.blog22.fc2.com/blog-entry-839.html
http://anime.ldblog.jp/archives/51710921.html
http://blog.goo.ne.jp/mituki0306/e/4c95ebbc989436ccf55184bb677ca752
http://kazus.blog66.fc2.com/blog-entry-7358.html
http://blog.livedoor.jp/ttyuasa/archives/3097363.html
http://blog.livedoor.jp/asagoegoe/archives/51920642.html
http://plaza.rakuten.co.jp/kiko000/diary/201011150000/
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/55da2245130bfb41b5313057a6a0629e
http://myuvi.blog59.fc2.com/blog-entry-283.html
http://yumesaba.blog89.fc2.com/blog-entry-157.html
http://blogs.yahoo.co.jp/merekkutausu/61933240.html
http://www.animenote.jp/archives/2010/11/20101115_2020.php
http://haruhiism.blogism.jp/archives/51533010.html
http://sumi4460.blog63.fc2.com/blog-entry-2547.html
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3226.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51639950.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1543.html
http://crossingheartbreak.blog2.fc2.com/blog-entry-278.html
http://fujifutaba.blog103.fc2.com/blog-entry-18.html
http://pruuun2.blog11.fc2.com/blog-entry-248.html
http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-1044.html
http://rain-privatediary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/6-ee84.html
http://narrow512.blog14.fc2.com/blog-entry-152.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/27355112.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-2011.html
http://animehigurasi.blog92.fc2.com/blog-entry-149.html
http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-569.html
http://blogreblog.at.webry.info/201011/article_18.html
http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/a933db1415aa6fedb459a3f57b0caafd
http://plaza.rakuten.co.jp/ozuma/diary/201011150000/
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/07-cc58.html
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-414.html
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-263.html
http://28903894.at.webry.info/201011/article_43.html
http://kananta24freedom.blog133.fc2.com/blog-entry-78.html
http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-1134.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3472.html
http://blog.crosschannel.jp/Entry/2447/
http://kokorokotoba0502.blog38.fc2.com/blog-entry-731.html
http://mihokano.blog136.fc2.com/blog-entry-15.html
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-429.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1146.html
http://78216303.at.webry.info/201011/article_6.html
http://plaza.rakuten.co.jp/koumeinowana/diary/201011150000/
http://kokonoi.blog93.fc2.com/blog-entry-624.html
http://kuraltuka.blog8.fc2.com/blog-entry-484.html
http://kenohito.blog67.fc2.com/blog-entry-671.html
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/51763246.html
http://ayatokamina.blog112.fc2.com/blog-entry-782.html
http://sirubaniablog.blog17.fc2.com/blog-entry-716.html
http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-1078.html
http://blog.goo.ne.jp/migie_no_migite/e/2c92f39541d20f6d72522964b8ed3862
http://naruhya.blog.so-net.ne.jp/2010-11-15
http://pub.ne.jp/izayoi69/?entry_id=3305097
http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-1754.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-4520.html
http://outerloop.seesaa.net/article/169431390.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-2619.html
http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-578.html
http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-3783.html
http://liv3liv.blog56.fc2.com/blog-entry-755.html
http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-640.html
http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201011150000/
http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51650442.html
http://coffeemonster.at.webry.info/201011/article_31.html
http://junkheadnayatura.blog24.fc2.com/blog-entry-1391.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=8713
http://blog.livedoor.jp/youotu-roro/archives/1431965.html
http://vividstation.blog99.fc2.com/blog-entry-749.html
http://nontananime.blog33.fc2.com/blog-entry-130.html
http://happy2material.blog41.fc2.com/blog-entry-1994.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51544378.html
http://teleani.blog62.fc2.com/blog-entry-854.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4383.html
http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-1066.html
http://enkaigakari.seesaa.net/article/169454899.html
http://plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/201011150000/
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-485.html
http://alicetail904.blog42.fc2.com/blog-entry-436.html
http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-866.html
http://akashiima.blog57.fc2.com/blog-entry-437.html
http://shittakaanime.blog86.fc2.com/blog-entry-115.html
http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2475.html
http://rabiko.blog13.fc2.com/blog-entry-2429.html
http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-1262.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2247.html
http://plaza.rakuten.co.jp/mmpinpoint/diary/201011140001/
http://animedouganews.blog44.fc2.com/blog-entry-1850.html
http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201011150000/
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2465.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-1963.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1437.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=1770
http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-689.html
http://cristal1102.blog84.fc2.com/blog-entry-187.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201011150000/
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1340.html
http://maguni.com/diary.cgi?no=1245
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/2010/11/post-1202.html
http://yamanako.moe-nifty.com/blog/2010/11/7-23a0.html
http://anigame1.blog118.fc2.com/blog-entry-75.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1155.html
http://kakureotanchi01.blog20.fc2.com/blog-entry-221.html
http://tarararattara.blog40.fc2.com/blog-entry-570.html
http://akira198x.blog28.fc2.com/blog-entry-418.html
http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/blog-entry-1156.html
http://bitayoshi.blog28.fc2.com/blog-entry-119.html
http://forgotteneden77.blog77.fc2.com/blog-entry-339.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/firstsnow/story/?story_id=1951654
http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-2643.html
http://animax00.blog87.fc2.com/blog-entry-1109.html
http://inocybe.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-bfb0.html
http://freenijimoe.blog104.fc2.com/blog-entry-156.html
http://blogs.yahoo.co.jp/chihaya1023/44322108.html
http://blog.livedoor.jp/mazamazadesuyo/archives/1369936.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-6390.html
http://ameblo.jp/gintoki-sakata-vol2/entry-10712140154.html
http://vairis.at.webry.info/201011/article_4.html
http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52715108.html

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない  第7話  「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」 感想

「ねえ、ホテルのバスルームって変なところにデッパリが」 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 ((電撃文庫)) (2010/11/10) 伏見 つかさ 商品詳細を見る

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない第七話 黒猫おかえり~(* ´ω`*)』

俺の黒猫が帰ってきた~(え~ いやはや、原作を4巻まで読んだボクとしては今回の改変は好意的にとらえることが出来ましたね(* ´ω`*) うん、某ラノベ作家の事件により「大人の事情」が発生したた...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない#7「俺...

桐乃の小説が本になる!?新作のために取材に出かける京介と桐乃だけど・・・。「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」あらすじは公式からです。ある日、帰宅した京介は、なぜかリ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない #07 『俺の妹がこんなに小説家なわけがない』 感想

  しかし仲良いなぁこの二人(笑) アニメの鑑賞会を高坂家で行うはずが、二人が作った小説が切欠で 喧嘩にまで発展してしまったようで・・・。 そんな祭りの後に現れた京介が和解のために互いにフォ...

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第7話

   7「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」ある日、帰宅した京介は、なぜかリビングで一人たたずむ黒猫に驚く。「星くず☆うぃっちメルル」を鑑賞するために高坂家にやって来...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

 アニメレビューに久々復帰。オレ芋...オレ妹が近年稀に見る傑作です。ヲタの日常における出来事を綴るだけなら「あるなぁこんな事。。。」って具合に共感を生むだけで終わってしまう作品。しかし、ちょっとびみょーな兄妹愛とかも絡み合って楽しく観られるます。ホン...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7話

幼女の全裸変身シーンをリボンで隠すのって、もえたんだっけ。黒猫さん風に表現するなら、川口敬一郎の残留思念か。というわけで、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」7話クリスマ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 俺の妹がこんなに小説家なわけがない

ペース早いなぁ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 俺の妹がこんなに小説家なわけがない

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 俺の妹がこんなに小説家なわけがない ある日、帰宅した京介は、なぜかリビングで一人たたずむ黒猫に驚く。「星くず☆うぃっちメルル」を鑑賞するために高坂家にや...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話

第7話 『俺の妹がこんなに小説家なわけがない』 今日もツンデレ全開でしたwww 家に帰ると誰もいない・・・と思ったらリビングに黒猫の姿を見て驚く京介。 メルルとマスケラ。桐乃と黒猫が会う度...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

 ものまねうますぎですね。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話

OPに黒猫がいないわけがない・・・・ なぜ、メルル?

心霊探偵八雲 フェアリーテイル 俺の妹がこんなに可愛いわけがない

心霊探偵八雲『つながる想い~罠~』7話を視聴。 今回は七瀬美雪さんの紹介なのかな?。 「八雲君に見に来て欲しいかなあって」なので,トラブルかな?。 「新手の恐喝か」の適用方法が分かりませんでした...

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』第7話 感想

このアニメの世界って終わってるよね。 「sister mart」って何よ? 家族(Family)から、両親と兄(又は姉)が除かれちゃったよ…。 今回は、小説の取材と託けて大好きな兄とデートを目論む素直になれ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

「キモっ。 アンタ、妹に欲情してんの?」 桐乃が京介を同行させて、渋谷に小説の取材に行く話。 原作小説2巻の一部(186~190ページ)及び、小説3巻の22~59・116~185ページをベースに少しオリジナル...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない第七話 感想

よくぞここまで辿り着いたものね。褒めてあげるわ。 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第七話感想です。 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ねんどろいど 高坂桐乃 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)(2011/02/25)グッドスマイルカンパニー商品詳細

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 ...

「ふ…よくぞここまで辿り着いたものね…褒めてあげるわ」ラスボスか!  ┌(`Д´)ノ)゚∀゚)(さまぁ~ず三村風に我が家に帰ってきたら家がゴスロリ魔王の城になってました!(・∀・)...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

  俺の妹がこんなに可愛いわけがない    第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」         『よくぞここまでたどり着いたものね、褒めてあげるわ(¬_,¬)フッ』   『此処は俺の家

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 俺の妹がこんなに小説家なわけがない

第7話のあらすじ 京介が家に帰ると、なぜかそこには黒猫が。 なんでも、メルルの鑑賞会に来たのだが、その前にお互いが書いた小説で ケンカをしてしまったとのこと。とりあえず京介はお互いの話を聞くこと...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」 感想

桐乃分をたっぷりと補給できた! という訳で桐乃ちゃんとのデート回でした。 観てて思ったんですが、確実に兄貴への愛情が深まってるような・・・。 京介は気づいてないと思うけど。 色々な意味で真剣な子ですね。 だから好きさ。  って事で今週も以下つらつらと。 ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7

第7話  「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」家に帰ってきたらなぜか黒猫が。彼女はかなりの女王様キャラみたいね。桐乃とのやりあいで、お互いの好きなアニメを見ることになった....

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 07話『俺の妹がこんなに小説家なわけがない』

京介帰宅。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第7話【俺の妹がこんなに小説家なわけがない】

好きな人に貰ったら、当然っしょ!? ある日、帰宅した京介は、なぜかリビングで一人たたずむ黒猫に驚く。「星くず☆うぃっちメルル」を鑑賞するために高坂家にやって来たのだが、桐乃と黒猫、それぞれの...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない:7話感想

俺の妹がこんなに可愛いわけがないの感想です。 ケンカするほど仲がいいってか。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない! 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

「ここは俺の家だ」 京介が帰宅すると、なぜか黒猫がリビングに…?

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない[第7話:俺の妹がこんなに小説家なわけがない]』(今日の視聴アニメ感想/レビュー1/3)

本日視聴のアニメは3本。まずは『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」の感想/レビューです。 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」一足早く『僕妹』ではクリスマスイヴ

(アニメ感想) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る ある日、帰宅した京介は、なぜかリビングで一人たたずむ黒猫に驚く。「星くず☆うぃっちメルル」を鑑賞するために高坂家にやって来たのだが、桐乃と黒猫、それぞれの創作物に関すること

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第07話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」(感想)

記事はこちら

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

頭のおかしいキャラ同士の掛け合いは見てて面白いわw

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

桐乃のモノマネをする黒猫がノリノリだった第7話。 桐乃達がいたお店はミスドですね。 ドーナツ食べていたのと、 窓からとらのあなの建物が映っていたので間違いないwww あそこのミスドは入...

(アニメ感想)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第07話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

あらすじ ある日、帰宅した京介は、なぜかリビングで一人たたずむ黒猫に驚く。「星くず☆うぃっちメルル」を鑑賞するために高坂家にやって来たのだが、桐乃と黒猫、それぞれの創作物に関することでけんかになってしまったのだ。仲裁のためそれぞれの言い分を聞いてみる京...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない第7話感想~。

万人に一つずつではなく、一人に複数が才能です。 だから世界は回るんです。 以下、ネタバレします。ご注意を。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 『俺の妹がこんなに小説家なわけがない』 感想

なんとも危険な二人。俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 『俺の妹がこんなに小説家なわけがない』 の感想です。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話の感想

京介も普通の男子高校生で良かった。俺の妹がこんなに可愛いわけがない第7話の感想です。 前半は黒猫と桐乃のいつものやり取りを桐乃家でしています。お互いに相手の好きなものを認められないようですが、きちんとその作品は見ているみたいです。素直になれないところな

第07話:俺の妹がこんなに小説家なわけがない

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」(2010年10月03日放送開始 原作:伏見つかさ イラスト:かんざきひろ) 俺:29歳    第07話:俺の妹がこんなに小説家なわけがない 観た    シャワー...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

黒猫と桐乃の仲を取り持つ京介はいいヤツですね。 そして取材と称したイブデートに目を輝かす桐乃が可愛かった。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」 です。 <キャスト> 高坂桐乃:竹達彩奈 高坂京介:中村悠一 黒猫:花澤香菜 沙織・バジーナ:生天目仁美 田村麻...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 ((電撃文庫))(2010/11/10)伏見 つかさ商品詳細を見る  黒猫が家に遊びにきました。黒猫がリビングにいるというのに、桐乃はどこに行ったか気になれば、喧嘩して部屋...

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない【第7話】俺の妹がこんなに小説かなわけがない

俺の妹がこんなに可愛いわけがない#07の視聴感想です。 鑑賞会。 ケンカ。 仲良し。 クリスマス。 取材。 全力魔法をゼロ距離でお見舞いしてやるから動くんじゃねーぞコラ。 ↑さぁポチッとな

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」 今回は黒猫祭だ!ヒャッホーーウ!!

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

よくぞここまで辿り着いたものね。褒めてあげるわ――! 京介の家のリビングでのたまう黒猫さん(笑) 桐乃たちはアニメ鑑賞会をしたものの沙織は用事で欠席。 桐乃と黒猫では口論になるだけですが…原因はア...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7話レビュー

「そっか、さっぱり判らん」そうですか、判りませんか。まぁ作品ってなにかって考えた事無いとそうなるのかもしれません。悲しい事実ですが。しかしまぁ好みの差というのはここまで圧倒的ってことなんでしょう...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない #7

【俺の妹がこんなに小説家なわけがない】 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈6〉 (電撃文庫)著者:伏見 つかさアスキーメディアワークス(2010-05-10)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 毎回OP変えてるんですね~♪ 

アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」7話 俺の妹がこんなに小説家なわけがない

喫茶店で桐乃が黒猫に言った「なにあんた、まだ6話までしか観てないの?」には思わず「今7話目を鑑賞中です!」と頭の中でツッコミを入れた。 黒猫と桐乃のモノマネ合戦は面白かった。原作読んだときはさ...

[アニメ感想] 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 俺の妹がこんなに小説家なわけがない

俺妹 第7話。 今回は桐乃の小説家デビュー、そして京介とのデート。 以下感想

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 『俺の妹がこんなに小説家なわけがない』

どんだけ仲良しなんだか★

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」 感想

とっても仲良し?―

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

俺の妹がこんなに可愛いわけがない ねんどろいど 高坂桐乃先週の地味子とのまったりエピソードもいいですが、 やっぱり京介のツッコミが一番おもしろいですね! そして、今回はツッコミ相手が2人もいるから大盤振る舞いw

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

・黒猫ちゃんの主張  堂々たる不法侵入なのか!!!!!  と思っていたら桐乃ちゃんとアニメ観賞会を開く予定であったようですw  そのような中、黒猫ちゃんの主張で「絶対的に正しい作法なん...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

桐乃の妹愛は、出版社の編集者も認める程の強さ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」 感想!

果てしない道のりへ

【アニメ】俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7話 魂入ってるぅ♪

俺の妹がこんなに可愛いわけがない     第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」 の感想を カーテンで締め切られた部屋の中、電気をつけるとそこには黒猫がぁ!! 平穏な京介の日常がまたもや破壊される しかし何かのフラグ臭がするんだが… アニメ動...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第07話 『俺の幼馴染がこんなに可愛いわけがない』

「キラッ★」 がまたしても登場!

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「...

俺の妹がこんなに可愛いわけがないの第7話を見ました。第7話 俺の妹がこんなに小説家なわけない「よくぞここまで辿り着いたものね、褒めてあげるわ」「ここは俺の家だ…」学校から...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話の感想

前回の地味子回のほのぼのとは打って変って、殺伐とした桐乃回。 正直、桐乃にはかなりイラッときた。 地味子みたいな、いい子との対比で桐乃の嫌なところが目立つんだよな。 俺の妹がこんなに可愛いわ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない #7

桐乃が小説家としてデビューするかもしれないお話でした。京介が帰宅すると、自宅にはなぜか黒猫さんがいました。いつもお互いに好きな作品のことで言い合っている桐乃と黒

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第7話 短感

「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」感想。 Aパート。オタクのジャンルへの激し

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 『俺の妹がこんなに小説家なわけがない』 ≪あらすじ≫ 桐乃と黒猫が互いに創作した同人誌と小説を見せ合うことになったが、どっちもどっちな展開に京介は頭を悩ま...

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 第7話 観ました

・・・・ なんか軽く桐乃に嫉妬を覚えたです。 それはともかくかくとして… 家に帰って居間に入ったらいきなり黒☆猫ちゃんが居たってのは… 焦るけど、焦るけど…やっぱり超絶くわぁぁいい!!!っすねぇ~~~~。 しかも微妙に頬が紅いのがまた可...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話

「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」 あらw 桐乃ちゃん ペロっと本音を言っちゃった(* ´艸`) こういうのがいざという時の心の支えになったりするのよぉ… さり気にごまかしてる桐乃可愛いですね^ω^ 黒猫ちゃんが桐乃の家に遊びにきました

俺の妹がこんなに可愛いわけがない #7

「俺の妹がこんな小説家なわけがない」 上から目線(笑) 今回は一部メルル仕様なOPなのね。 観賞会やるんだ。 ドーナツ食べるとこカワイイ。 駄目なのは何度チャレンジしても駄目なんだけどね。 まわりくどい(笑) お...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 感想「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」  

俺の妹がこんなに可愛いわけがないですが、高坂桐乃と黒猫、沙織はメルルの鑑賞会を開くことにします。高坂京介が家に帰ると黒猫が一人で座っていますが、沙織は急用で欠席です。京介は「喧嘩したんだな」と推理しますが、お互いに小説を見せ合ってムカついたようです。(...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (第7話)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない  第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」 アニメ鑑賞会で黒猫を家に呼んだ桐乃だが、お互い好きな作品を理解できずに喧嘩をしてしまう。京介はそれを仲介するが・・・ 桐乃の小説 「殺したくな...

第7話 『俺の妹がこんなに小説家なわけがない』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 ちょっ…こめっとくんの声優が岩田光央さんだった! マスコットキャラなのに、可愛い声じゃないって何か新鮮ですw上に京介達の声がかぶっていたので聞き取りづらかったですが、凄く良い味出...

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 第7話「俺の妹がこんな小説家なわけがない」【感想】

 これは、ツンデレというより、ヤンデレか。  つか、まじで妹、ちょっと精神状態やばくないっすかね。と心配になった。  兄が帰宅すると、居間には黒猫がいて…。  皆でメルルの観賞会をしようってこ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 俺の妹がこんなに小説家なわけない

第7話 俺の妹がこんなに小説家なわけない 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201011/article_20.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」の感想

 友達の黒猫に触発されて、桐乃まで小説を書き始めやがった。しかも小説の内容はそこらの頭悪そうなスイーツ女が書いていそうな…そうケータイ小説ってヤツだ。その小説の取材とやらに付き合わされることになった俺。バスやトラックに轢かれろと言われたり、高いアクセサ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

俺がえろ動画ハンターなわけがない! まだ2次元には目覚めてなかったんですね(ノ∀`*) 泣いてる桐乃がかわいいw 俺の妹がいやっほーなんて言うわけがない! いや、言ったのかな?(o╹◡╹) 桐乃と黒猫の話はどこまでホントなんだろうw 2人とも...

【俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話-俺の妹がこんなに小説家なわけがない】

妹好きのプロ、高坂桐乃、描きます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 『俺の妹がこんなに小説家なわけがない』

アニメ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 『俺の妹がこんなに小説家なわけがない』 【一つの物事に向かって走り出すわけがない】 ※高坂 京介視点です 仲裁者。 それは、まさに今の俺にとって相...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

il||li (つω-`*)il||li

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

原作とは大幅に変えてきそうな流れだな やっぱり直近のあの件が影響か?

アニメとはいえ軽くイラッとくる(俺の妹とかそれ町とか)

今回も2話ずつ行きますよっと…。【アマガミSS 第19話+第20話】 ●第19話いやもう、この回の目玉はなんといっても美也さんの入浴シーンでしたね。美也かわいいよ美也!電話を取り付いだ時、美也さんは梅原くんのことを「梅ちゃん」って言ってましたが、兄貴繋がり

俺の妹がこんなに可愛いわけがない第07話「...

前回の麻奈美、破壊力抜群でしたね。しばらくは出番がなさそうなのが残念。【送料無料選択可!】俺の妹がこんなに可愛いわけがない1[CD付完全限定生産][Blu-ray]/アニメ早速感想。...

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

自分の知らない情報が欲しくなるオタク特有の性。 繊細かつ現実的なオタクの心情描写が本当に上手い作品だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

7巻のショックから立ち上がれない、、、、

そしてアマゾンをふらつきナナとカオル6のDVD付を予約w

Re: No title

コメントありがとうございます

> 7巻のショックから立ち上がれない、、、、

えっと・・・なんていったらいいか・・・

自分的に・・・

お互いのマネがおもしろかったですww

Re: 自分的に・・・

コメントありがとうございます。

> お互いのマネがおもしろかったですww

確かに・・・っていうか本当に魂が入ってましたね・・・
完全にキャラ変わってた
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。