スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささみさん@がんばらない 4

あらすじ

二年生に進級したものの、相変わらず友達の作り方がわからないささみさん。
クラスメイトのかがみに甘える日々・・・

でも、最近気になるのは学級委員の情雨ちゃん。
だって、可愛いし、人気者だし、あんなモノを見ちゃったし・・・。
彼女とお友達になれるかな?

そんな中、クラスをあげての二泊三日の懸親旅行が始まって!?
ささみさんにワナを仕掛けるべく暗躍する情雨、
相変わらず危険なセクハラ連発のつるぎ、
どうも様子がおかしいかがみを乗せて、
バスは『異界』に突入する!

高校二年生編は乱痴気騒ぎ!?
好評シリーズ第4弾。

感想

ささみさん@がんばらないの4巻
今回の表紙は順当というかなんていうか邪神3姉妹の末の妹であるたま
一応言っておきますが・・・

この子、小学生です・・・

うん・・・なんか色々と無理があるよね・・・
しかもこの表紙は作中の彼女からは考えられないくらい真面目な顔をしてるから
余計に大人びて見えるな・・・

前回の話で最高神の力をめぐるいざこざや、母親との確執など
色々なものが無事解決して、最高神の力も母親である呪々に預けて
普通に生活を送れるようになったささみ

いや・・・周りが全然普通じゃない事に気づけ・・・

最高神の力を失って周りで起きてるいざこざに気づきにくくなっただけで
結構な大騒ぎが起きているみたいだけど、そんなことはいざ知らずに
新しい友達を作ろうと頑張るささみ

今回は結構、頑張ってる!!

というわけで各部ごとの感想

----------------------------------------------------------------------
第一部:ウズメ
----------------------------------------------------------------------
ささみ・・・情雨の×××を目撃・・・

えっと・・・男に付いてるあれです・・・蹴られると蹲るかジャンプするかするアレ・・・
なんていうかいきなり予測の斜め上をかっ飛んでいったかのような状況でした・・・

前回の最後で登場した蝦怒川 情雨
彼女こそが悪徳オカルト結社『アラハバキ』の現首領らしく
内側に淡島さまと呼ばれる神様を宿したりして、結構ささみと状況が似てる女の子

悪徳オカルト結社の首領なんだけど、生徒会長でクラスをしきっていて
真面目で人望もあるという・・・なんかささみとはまったく別の部分もある。

根がいい子で色々と素直っぽいのに無理に悪ぶってる感じがあるんだけど、
本人に自覚がない・・・というか”普通”がわかっていない感じ。

『淡島さま』の影響で男性化していた時にささみに見られて、そういう体質だと誤解
それを気にささみが気にするようになり、さらに前回の最後の『友達に~』宣言のせいで
ささみの友達2号として狙われるようになってしまった感じ。

色々考えて、作戦を練って、でも世間知らずで”普通”の考え方がわからない情雨にとって
思い込んだら一途に突っ走ってしまうささみは何気に相性が悪いのかもしれない
敵として対峙するとたら・・・ですけど。

情雨の誘いでクラス全員で旅行に行く事になり次の部へ
まぁ・・・どう考えても罠ですけどね・・・

一方、友達1号ことかがみとの関係は・・・

越えちゃいけない一線を越えそうな気配・・・

ずっと友達がいなかったささみにとって”友達”という存在の価値はかなりのもののようです。
だからなのかご飯を食べさせあったり、休日は手を繋いででかけたりと・・・

いや・・・だからそれはもう友達としての一線を・・・

----------------------------------------------------------------------
第二部:ニライカナイ
----------------------------------------------------------------------
ささみ・・・ガンダ・・・たまのパイロットへ

旅行当日に風邪を引いたささみは留守番だったたまと感覚を共有した上で
自分の幻覚をたまに重ねて旅行に参加する事に。

お前、最高神の力なくても半端ないな・・・

流石は月読の巫女って事なんでしょうか・・・
ちなみにこの『ガンダ・・・』っていうのは何気に大きな伏線だった・・・

情雨が色々と残念・・・

男性化の事がみんなにばれない様に一生懸命頑張り、彼女と友達になろうとするが
情雨にはその行動の意図がよく理解できない・・・
それでも彼女は彼女なりに感じてはいるようだけど・・・

情雨を見守る『白面金毛九尾の狐』『淡島さま』も彼女を大事にしていて
彼女の幸せを願っているみたいだけど、
情雨が心からアラハバキによる世界征服を願っているからこそ協力してるみたい。
本当は平穏に・・・幸せに暮らして欲しいみたいだけど・・・

こういう関係が判明した上に、情雨自身がいい娘なので
あんまり”敵”って感覚が薄くなっていくんだが・・・

”たま”の心臓を抉り出しました・・・

うーん・・・やっぱりわかりあえないのか・・・残念・・・
その上、つるぎかがみも動きを封じるという念の入れよう・・・
やっぱり完全に敵対しちゃうのかな・・・・という感じで次の部へ・・・

そしてこの部でもかがみが色々とやばいくらいに可愛い

ささみが新しい友達を作ろうとする行為に対して嫉妬しているらしく
態度がそっけなくなったり、拗ねたりと・・・

なんだ・・・この可愛い生き物・・・

ささみ情雨を一時的に放って追いかけたおかげで無事和解。
クラスメイトにはこの一件でさらに変な誤解が広まったけど・・・

お前らもう付き合っちゃえよ・・・女の子同士だけど・・・

----------------------------------------------------------------------

第三部:クズリュウ
----------------------------------------------------------------------

世界崩壊に歴史改変・・・大変だ・・・

今までにない危機にたたされたささみ達
だけどささみがこの作品の当初からついていた”ひとつの嘘”
それが全てを解決する一手に
その一手とは・・・

家ごとたまの中に入って付いてきてました! ∑(゚□゚;) おい

いや・・・そんな事できるの?
今はもう最高神の力ないのに・・・?
お前、どんだけなんだよ・・・

まぁ体に神様を色々と棲まわせ、次世代神であるたまの心臓を抉り、
さらに旧神と呼ばれる九頭竜を呼び出した情雨も十分凄いんだが・・・

ささみのは別のベクトルで無駄に凄い・・・
なにせ旅行に付いてきたかったという一念でやったことだからね・・・
まったく生産性がない・・・でもこれが逆転の一手

やっぱり情雨にとってささみは相性が悪いみたいだ・・・予想外すぎて。

まぁ最後の最後・・・全てを決着に導いたのは前回、前々回と話には出ていた
つるぎ・・・太陽神・アマテラスの弟である『根の国の王:スサノオ』

ちょっと敵になるっぽいなぁ・・・と思っていたんですが
蓋を開けてみればえらい陽気なシスコン気味(それ以上にマザコン)な兄ちゃんだった。
ただつるぎみたいに現世に慣れていない感じで手加減が・・・

結局、ささみ達が来ていた島そのものであった九頭竜を彼が両断して一件落着。
とんでもない強さだけど、島の上にいたささみ達の事を考えてないねコイツ・・・

そして・・・

やっぱり悪人になりきれない情雨

島をぶった切られて漂流して一緒になったささみ情雨
ささみ情雨が結局は九頭竜の完全な復活に失敗した事、
そしてその原因が島に招いたクラスメイト達の命を奪いつくさなかった事に気づき
だからこそ彼女をこの時点でも信じる事ができた。

そして情雨が徹し切れなかったのは、
彼女の目的である唯一神になるという目的を達成したら
もう名前で呼ばれたり、笑いあったりすることもなく、
独りになってしまうから・・・

こういう部分においてやっぱりささみ情雨は似ていて、
そこから今に続いているささみだからこそ、情雨が気になり
彼女だからこそ友達になれるんじゃないかな?

そしてエピローグ

情雨アラハバキささみ月読神社
一神教多神教

その戦いについに海外の神々までもが介入する模様。
夏休みの間にオンラインゲームの世界を日本に重ねて
人々を改変して強制参加させての代理戦争。

メインとなるのはギリシャ神話の最高神であるゼウス

なんか一気に世界が広がり楽しくなってきそうだ。
ちなみに戦争の理由はゼウスの浮気による奥さんであるヘラとの喧嘩

凄いくだらない事に巻き込まれたみたいですね・・・

アラハバキ側のメンバーに前回登場したたまの友人である希美の名前があるのが気になるが・・・
どういうことなんだろうか?

そういう所も含めて次回が楽しみ。

あと気になるのはささみの兄である神臣かな?
前は母親であるはずの呪々『兄上』と呼ばれた神臣
今回は情雨

『属性なき忘却の神(カオス・クレイドル)』
『秘められし魔(イノセント・デーモン)』


などと呼ばれ、さらに彼の正体に薄々感づいていたらしいつるぎ
結局は問いただせなかった事・・・

そして彼女も神臣の事を『お兄ちゃん』と・・・

正体が謎過ぎる・・・ツクヨミだと思ってたんだが・・・
どうなんだろうか・・・?

最後に一文。

情雨ささみのセリフ
漂着して2人でいる時に色々話した2人。
ささみ情雨の正体に薄々気づいていたけど、彼女の優しさにも気づいていたから
彼女の事を信じられたんだと・・・そして助けようと思ったんだと思う

「いつか、あたし──あんたを殺すわ」

「それじゃ、その『いつか』までは、お友達だね」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ささみさん@がんばらない 4 (ガガガ文庫)ささみさん@がんばらない 4
(ガガガ文庫)

(2010/12/17)
日日日

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日日日 ささみさん@がんばらない4

 昨年末の冬コミは例によって開場前行列に並んで、待ち時間中は色々本を読んだので、今日と明日はそれらの紹介と感想を書こうと思います。  けどこちらの記事で紹介する日日日先生の小説「ささみさん@がんばらない」の第4巻は冬コミ前に読み終わってるんですけどね(

日日日 「ささみさん@がんばらない4」

JUGEMテーマ:読書感想文      ◆  ささみさん@がんばらない シリーズ   蝦怒川情雨主催の九頭神社でのお泊り会。    置いてき

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。