スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re(アールイー):3 バカは世界を救えるか?

あらすじ

その朝、佐藤光一は混乱と驚愕の極みに立たされていた。

広美が甘えてくる。
一樹が童貞じゃない。
チダイが普通にちょんまげしてる。
そして笑顔の兎乃は、透き通っている(比喩でなく)!!

あり得ない。
記憶操作系ネメシスか?
平行世界に飛ばされたのか?

己の知る「現実」―『木漏れ日現象』やシェードのことを必死で説明する光一に、
年相応の美しい姿の薫が問いかける。

「ねぇ・・・あんた、夢と現実の区別、ついてる?」

それは、ネメシス“幸福夢幻”が映し出す理想の世界。

誰よりも夢見る少年は、「現実」を取り戻すため、
そしてアルルの居場所を守るため疾走する!
夢と現実が火花を散らす、夢追人最強伝説。

感想

Re:バカは世界を救えるか?の3巻

今回は・・・

中ニ病がいつもから考えるとありえない言動をする相手にツッコミを入れたら
逆に現実と夢の区別が付いているかと注意されるという・・・
なんか可哀想な話。

今回は前回ちょっと空気だったメインヒロインであるアルルが中心。
その分、は途中からほとんど出番無し。

夢の世界という事で『成長が止まらなかった薫』が登場するんですが・・・
なるほど・・・普通の美少女だ・・・ロリじゃない・・・

さらに幼馴染でドSな広美はめっちゃ控えめで泣き虫と化していたから
凄い違和感だな・・・

もしこの世界に『木漏れ日現象』『ネメシス』が存在してなかったら
こうなっていたかもしれないって事なんだろうか・・・
はともかく広美はになにがあったんだろうな・・・光一が転校した後・・・

今回は兎乃が夢に囚われてしまい、戦力として機能せず
どうなるのかと思っていたんですが・・・

指令&能力泥棒と共同戦線

最強タッグと協力できることになりました・・・
なんだこの展開・・・

『能力泥棒(アビリティハッカー)』である心路とは前回の戦いを通して、
お互いを気に食わないようになりライバル関係みたいになったんですが・・・

これは・・・あれか?ライバルがいつのまにか仲間になるっていう王道パターン・・・

シェードの指令である明日菜との契約で、世界が滅ぶ前日に
世界を巻き戻す能力である『一握りの希望(リプレイ)』を持つアルルを殺す権利を貰える。
その為に協力者になったようなので、今後もなんだかんだといいつつ協力してくれそう。

主人公である光一よりも能力や置かれている状況が主人公っぽい心路なんだが・・・
光一は大丈夫なんだろうか・・・
能力も同系統だけど光一の能力は心路の能力の劣化版みたいなものだし・・・
まぁ彼の強さは覚悟を決めた時のその精神の強さなんだけどね。
そこに至るまでが大変・・・なんせ基本的にヘタレだから・・・

まぁそれでもほとんど感情を失っている心路が負の感情とはいえ、
それを感じ、その感情を向ける対象である光一
心路心路で彼に対して嫌悪以外にも認める部分があるって事なのかな?

今回の戦いでも光一に協力を求めたし、
彼の力で囚われていた夢から目覚められたおかげなのか、
光一の背中を守って、先に行かせる様な場面もあった。

彼は彼で光一のバカらしいほどのまっすぐさに影響を受けてきているのかも。
こういうお互いを嫌いあっているのに、いざとなったら協力して戦う
ライバル関係って王道だけど、王道だからこそ好きなので
これからも楽しみだ。

そして非常な手段を使っても、アルルの存在すら利用しても
目的を達成しようとするかのような明日菜の事も今回は色々わかった。

とりあえず・・・

プライベートは別人・・・

光一がうっかり夢に囚われているのではと疑うほどにプライベートの時の彼女は普通。
料理を作ったり、お出迎えをしたり・・・喋り方もちょっと砕けている感じ。
ここまで仕事とプライベートを切り離せるのは凄いな・・・

そして彼女の能力である『怪物(ジャガーノート)』の力・・・

滅びの力?

とりあえず自分で取捨選択ができない能力で、周囲の敵を滅ぼしてしまうみたい・・・
なんだろ・・・これ・・・またチートっぽい能力でてきた・・・

近くに味方がいて、その味方が逃げられない状況下で使う場合は
味方諸共になってしまうという諸刃の刃ですが・・・っていうか危なすぎる

そしてなにより一番衝撃的だったのが彼女の過去

アルルと距離を置き、目すらあわせずに時として守る対象である彼女すら駒にする彼女。
でも最終的にわかった事は今の世界が一度『一握りの希望』の力で巻き戻っており、
そしてそれを発動させたのが彼女だって事・・・

つまり前の世界でアルルを殺したのは彼女って事になるのかな?

回想とかを見てると、とても大事にしていた少女がいて、
だけど世界の滅びに瀕した時、彼女がその少女を手にかけたって事はわかる。
自分の意思なのかどうかが定かじゃない所が気になりますが・・・

だからこそ、彼女はアルルを今度こそは守ろうと思ってはいても
自分にはその資格はないとも思っていて、それがああいう態度になってしまっているって事か・・・

光一は最後にその事を知ったみたいだけど・・・今後どうなるのかな?

明日菜の事を信頼する理由にもなるし、
明日菜と決別する理由にもなりかねない真実。

次回の話で光一がどういう結論に達したかが大いに気になります。

光一アルルを守る決意を再び強くし、アルル光一を信じる事に。
2人の信頼関係は順調に育まれているようだし。こっちの進展も気になる。

ラストの方ではともいい雰囲気があったし・・・何気に恵まれている光一
まぁ本人はまったくその当たりの事に気づかないんだろうけどね。
無駄に色々とイタイ妄想はするみたいなのにね・・・

ついに『神』と呼ばれる存在が登場して、光一に興味を抱いた素振りがあったし
次回は色々と話が動きそうな予感。

次回は今度は中心になるのかな?
そうするとアルルが交互にヒロインになっていくって感じなんだろうか・・・
なにはともあれ次回も楽しみだ。

最後に一文。

光一が今回の幸福な夢を見せるネメシスに完全に囚われる事が無かった理由

リアルで中ニ病な台詞や二次元的なファッション、魔法の詠唱の練習
これら全てを夢などのフィクションなどではなく現実において体験したいから。
夢や妄想だけじゃ満足できないからこその中ニ病
清々しいまでのバカだったから・・・

「俺は現実でヒーローにならないと満足できないタチだからだ!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
Re(アールイー):3  バカは世界を救えるか? (富士見ファンタジア文庫)Re(アールイー):3
バカは世界を救えるか?
(富士見ファンタジア文庫)

(2010/12/18)
柳実 冬貴

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。