スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ

あらすじ

この小説は

『とある事情で離れ離れになっていた兄妹が、
 再び一つ屋根の下で平穏な日々を送るようになった様子を、ごく淡々と綴っていく物語』

だ。

たぶんそんなに面白くはならない。
なぜなら兄妹の日常なんて所詮は平凡な―

「さあお兄ちゃん、お布団の用意はとっくにできています。
 さっそく記念すべき初夜を過ごすとしましょう!」

「秋子。お前はちょっと黙ってなさい」

・・・失礼、もう一度紹介し直そう。
これは主人公である僕が、超ブラコンの妹を初めとする色んな女性たちと―

「あ。ひょっとしてお布団じゃなくて、お外でする方が良かったですか?」

「いーから黙ってなさい」

…えーとすいません、要するにラブコメです。

感想

関係ありまくりだよ!!

というわけでMF文庫Jの12月の新刊で新シリーズ

両親との死別で生き別れになっていた兄妹がようやく一緒に暮らせるようになったけど
妹が重度のブラコンと化していて・・・というか本気で恋愛感情を向けてきて・・・
という話。

とりあえず最初に書いてあるようにツッコミを入れておくのは大切。

しかも最初から主人公が『平凡な日常』とか嘘いってますからね・・・
まぁ最終的にそれを自ら否定する事になってるんですけどね。

現在確認できる主な登場人物は5人

○ 姫小路 秋人

この物語の主人公で語り部
とりあえず自称・凡人

でも何気に家は裕福な一族なのかな?
両親が死んで親類に引き取られたみたいだけど
その家はその家で結構有名な家みたいだったし・・・

別の家に引き取られてお嬢様として育てられた妹の秋子がいるし
彼は彼で血統的にはかなりのものっぽい。

そんな自分を引き取って育ててくれた鷹ノ宮家
秋子を育てた有栖川家の2つの家を相手取って、
妹と暮らす権利を得たりと地道に努力する事もできるみたい。

さらに妹である秋子を含めて、1巻の時点で4人の女性といい感じ。

これでどこが凡人なんだとツッコミをいれるのは・・・駄目なんだろうな。
周りの人間が奇人変人ばかりっていうのも・・・

○ 姫小路 秋子

多分・・・メインヒロイン
秋人と二卵性双生児の妹
生徒会書記

両親の死後、別の家に引き取られていたのを秋人が引き取る。
お嬢様として育てられたのでそこらへんは有能っぽいんだけど

子供の頃の家庭環境
さらに今回の兄が自分を迎えにきてくれたことがあいまって
ブラコンをこじらせたらしく素で肉体関係すら望んでくるちょっと残念な娘
なにせお風呂に覗きに来なかった事を秋人が怒られるくらい・・・

まぁ最後の一線の選択を秋人に委ねているだけまだ冷静なのかな?
この娘の理性が弱かったらきっと秋人は食べられちゃいますね・・・

○ 那須原 アナスタシア

基本無表情で言動が色々と卑猥だったりするよくわからない娘
生徒会副会長
秋人・秋子とは同学年。

秋人に付いた微小な秋子の匂いを感じて不快がるくらいの犬猿の仲
でもなにげにこういう関係って遠慮が無い関係でもあるんだろうね・・・

そして理由もほとんどわからないが、1巻終盤でいきなり秋人に告白した娘

なん・・・だと・・・!?

さすがにこの展開は予測できなかったので驚いた。
初対面の時の対応とか、学校で再会した時の対応でなにか思う所があったんだろうか?
それともこの告白自体になにかしらの思惑があるのか・・・色々気になる。

表情がほとんど変わらないだけで内心色々と考えているみたいだし
なんか可愛い感じ

○ 二階堂 嵐

眼帯を付けていて竹光・・・という名の真剣を持ってる生徒会長
いきなり秋人に自分の愛人にならないかを宣言。
生徒会の役員の任命権も彼女に一任しているらしく
おそらく彼女の好みで選んでいるっぽい

キャラ紹介に

『性欲が強い』
あだなが『捕食者(プレデター)』


って書いてあるとおり男女見境なく性的にアグレッシブな女の子

大丈夫なのか?この学校・・・

まぁ・・・有能で人を見る目があるので味方になれば頼もしい人なんだろうけど・・・
どうなるんだろうか・・・

○ 猿渡 銀兵衛 春臣

今時そんな名前のヤツいねぇよ!

とまず思った秋人の親友。
秋人秋子と暮らすために引越ししたり転校したりする事を黙っていた為に
怒ってはいたようだけど、それでも色々と助言をしてくれるとてもいい友人。
でも読んでいるとなんとなく気づくんですが・・・女の子です・・・

女の子にその名前を付けたのか?親は一体・・・

しかも容姿は銀髪に碧眼の北欧系・・・

だから・・・名前・・・

という具合にツッコミどころ満載なキャラでした・・・
そしてやっぱりというかなんというか・・・秋人に好意を持っているのがみえみえ

------------------------------------------------
というわけでわかった事は秋人が自称しているだけで

こいつは絶対に凡人じゃねぇ・・・

女の子4人(妹含む)から色々アピールされてるし
銀兵衛以外からは告白に近い事を言われてる・・・
まぁのアレは含んでいいのか謎ですが・・・

そもそも子供の頃の妹を迎えに行くという約束を守るために
自分を養ってくれる家にも秘密でずっとお金を溜めたりして
6年間頑張った・・・それだけで十分普通じゃないしね・・・

このメンバーが本格的に絡みだすのは次巻からだろうし
次が楽しみ。
 
そして最後の最後に主人公である秋人が明かした秘密・・・

秋人と秋子に血の繋がりはない・・・それを知っているのは秋人だけ

この設定の話でそれは・・・大丈夫なのか?

最後に一文。

オビにも似た感じの事が書いてあった秋子のセリフ。
えっと・・・そうなのかな?
なんか色々と違う気がするんだけど・・・

「ブラコンは個性だと思うんです」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ (MF文庫J)お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ
(MF文庫J)

(2010/12/21)
鈴木大輔

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。