スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはゾンビですか? 7 はーい、眠れるチチです

あらすじ

人は誰しも、二つの顔を持っている。

俺、相川歩はごく一般的な高校生のようで、実はゾンビ。
打倒クリスのため“冥界最強の人物”と恐れられる女の子に会いに行った。

ドアを開けると―ぼふっ。

柔らかい何かが飛び込んできた。
玄関で女の子にぶつかり、たわわな胸に顔を埋めてしまう。

ボインボインな二つの顔を持つ彼女・・・
ネネさんはまったく怒った様子もなく、クリスを倒したい俺に交換条件で、
年末のイベントに間に合うよう漫画の原稿を泊まり込みで手伝えという。

それを聞いたハルナが、ユーが、セラが、クラスメイトたちがネネさん家に押し寄せることに―
って、結局自宅と変わんねぇ!

感想

これはゾンビですか?の7巻
アニメも放映開始したしいい感じ。

今回は最強の魔装少女・クリスに対抗する為に
最強の冥界人であるネグロリア・ネビロス・・・ネネが会いに行く話。

どんな展開になるのかと思っていたんですが・・・

同人誌の原稿の手伝い&クリスマス

でした・・・あれ?

まぁこの作品がずっとシリアスを維持するような作品ではないのはわかってましたが・・・
結構シビアな状況のわりに何気に主人公であるハーレム話だった気がしてならない。

新キャラであるネネ最強の冥界人ってわりに気さくで心が広いうえに
胸も登場キャラで一番ふくよかな美人・・・まぁ表紙の人なんですが
何気に初対面からは彼女の胸に顔を埋めたり、
お風呂に入っていて全裸だった彼女に背中から押し倒されたりと
ラッキースケベ状態だったんですが、彼女は基本的にそういう状況を冷静に考えて
を許してしまうタイプ。

サラス曰く、この心の広さが最強たる所以なんでしょうけど
いつも何かすると暴力的な事が待っているからしたら新鮮だったのかも。

そしてハーレム・・・というか女の子だらけの状況に・・・

クリス打倒の手段を得るためにネネの原稿を手伝うを手伝う為に
まずはハルナ・ユー・セラの3人が参戦

さらに原稿が間に合わないかも・・・と言う事で
友紀・平松さん・三原が参戦

サラスも最初と最後の方は手伝いに来ていたのである意味で
の知人の女性キャラがほぼ一堂に会した状況に・・・

本当に・・・なんだろう・・・この状況・・・

しかも唯一、に対しての恋愛関係の感情がないっぽい三原を除くと
残りは明らかにに対して好意を持っているメンバーばかり
なんなんだろうね・・・このゾンビ・・・

今回もその思いやりや優しさが要因となってサラスとかの好感度をさらに上げてたしね。
特にメインともいえるハルナ・ユー・セラを除くメンバーの態度とかは
可愛らしくていい。

ぶっきらぼうではあるけど結構はっきりと好意を伝えるサラス
不器用なりに嫁としてのためになろうとする友紀
そしていつもの事を見ている平松さん

どのヒロインも十分メインをはれるくらい可愛かった。

まぁ今回はメインの3人もメメの元に入り浸るに対する
寂しさや嫉妬から行動していたハルナ・ユー・セラの3人も可愛いのですが。

が家に帰ってこないので寂しかったハルナ
珍しく嫉妬からにキックをお見舞いしたユー
彼女なりに寂しさと嫉妬があった事を垣間見せたセラ

・・・やっぱりこの娘達も十分可愛いよね

織戸が子供の頃のとのエピソードと
彼が一番最初にに惚れた事(多分人間的にって事・・・多分)を話してたけど
彼の性格はやっぱり生来のものって事みたい。

まぁユーとの出会いとゾンビ化があったからこそ今の人間関係なんでしょうけど。
終盤はみんなでクリスマスプレゼントを買ったり、
ハルナ・ユー・セラの3人と一緒にサンタとして友人達にプレゼントを配って周ったりと
みんな楽しそうにしてていい感じの話で読んでいて楽しかったですね。

そんな話の合間合間でクリスとの一件は解決

なんか本題っぽいこっちがオマケ扱いだったな・・・

平松さん達の元担任教師であった栗須先生への評価
そしてクリスに対しての対処で戦う以外の方法もあると知った
原稿を書く過程で得た空間固定の魔法ネネの最強の所以である魔力無効化能力
それらの全てがクリスとの戦いに集約して
最後にクリスは本来の魔装少女としての力を再び失って
歩達の担任である栗須先生の・・・無個性なおっさんの姿に・・・

無個性であろうとも栗須先生を好きだといった生徒達
それをに聞かされた事でとりあえず改心したって事でいいのかな?

男である夜の王はああいう結果になったのに比べて
敵であった京子クリスには救いが用意されているあたり女性キャラが
優遇されている気がするのは気のせいだろうか・・・

次回はヴィリエの女王が登場するみたい。

かつて大先生悪魔男爵クリスが反乱を起こして挑んだ相手で
クリスと一緒に国一つをふっ飛ばしかねなかったり、
機嫌が悪いと街が一つ消し飛びかねない大雑把な人らしいので
クリスの復活を期に彼女が歩達の世界に来ようとしていたのを
止めるのも今回の目的の一つだったみたいだけど
魔装少女として強めのメガロを狩っていた事に興味を持って
結局来る事になったみたい。

そして今回明かされたネネユー、夜の王がかつて形成していた
『セブンスアビス』と呼ばれる7人のチーム

残りのメンバーに現在の冥界の王がいたりとこっちも気になる。
今回はクリスの件が解決したわりに色々と伏線も多かったので
次の8巻が楽しみだ。

次の8巻にはアニメ未放映の13話が収録されたDVD付限定版があるらしいが・・・
買わないといけないよな・・・
そもそもアニメのDVDも書き下ろし小説付きで売られると困る・・・
買わざるを得ないじゃないか・・・

最後に・・・ヒロインのセリフ集

今回はヒロイン達がそれぞれ言って印象に残ったセリフを載せようかと。
ことごとくに対する好意がわかるセリフですね・・・

「でもな。・・・
 今まで貰ったプレゼントの中で、一番嬉しかった」(ハルナ)


「歩が 恋する乙女のような目をしていたから
 つい ごめんなさい」(ユー)


「・・・私にだって、不安になるときや・・・
 嫉妬心ぐらい・・・ありますから」(セラ)


「・・・オレ、いつも相川に助けられてばっかりだからさ。
 どうしても、今日は相川と一緒に何かをしたかったんだ。
 その──クリスマスだし」(友紀)


「今こうして時間を共有している。
 それだけで、私は幸せ至極だよ」(サラス)


「うわーい・・・相川くん・・・来てくれたんだぁ」(平松さん)

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
これはゾンビですか?7  はーい、眠れるチチです (富士見ファンタジア文庫)これはゾンビですか?7
はーい、眠れるチチです
(富士見ファンタジア文庫)

(2011/01/20)
木村 心一

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

セスラって誰w

Re: No title

コメントありがとうございます

> セスラって誰w

『サラス』が『セラス』になっていた間違いは見つけたんだが
セスラって何処?

私も読んでます!

私は「これゾン」のキャラクターの中ではセラさんがお気に入りです。
実は私、8巻予約してしまいました!6月頃発売なので、私は今か今かと待ちわびてます。

Re: 私も読んでます!

コメントありがとうございます。

> 私は「これゾン」のキャラクターの中ではセラさんがお気に入りです。
> 実は私、8巻予約してしまいました!6月頃発売なので、私は今か今かと待ちわびてます。

私もですww
でもちょっと出費が・・・痛いですよね・・・
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。