スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅のトリニティ 2

あらすじ

世界を脅かす生物兵器「蝕」を駆逐する特別国家公務員「螺旋師」

強い能力を持ち、螺旋師を育成するための学園に入学した若竹有明だが、
いまだ彼は、螺旋師になることに消極的だった。

そこに追い打ちをかけるように、何者かによる有明への陰湿な嫌がらせや、
学年全体での研修旅行が行われることになり、
人との関わりを避ける有明の悩みは尽きない。

「若竹くんも、螺旋師になりたくないって聞いた。ボクも同じだ」

そんな中、有明は自分と同じように強い力を持ちながら、
螺旋師になることを拒む少女と出会った。

彼女の言動に自分を重ねる有明だが・・・。

壊れた世界で戦う少年少女の学園バトルファンタジー。

感想

紅のトリニティの2巻。

なるほど表紙の武器を主人公が使うのか・・・

前回の表紙は”杖”で今回は”二挺拳銃”
どちらも表紙で持っているナナではなく主人公である有明が使ってた・・・
毎回武器が変わるのか、それとも今回思いのほか相性がよさそうだった
”二挺拳銃”になっていくのか・・・ちょっと楽しみ。

前回の話では『螺旋師』になる事を拒絶していた主人公・有明
猫型『螺旋』・・・パートナーのナナと再会した事、
そして生き残る為には戦わないといけない時がある事を理解して
『螺旋師』になる事に対して多少の忌避感がなくなったかんじ。

そして今回の話で『螺旋師』への道を目指す形になった感じ

ナナとずっと一緒にいるという約束を守るために

『螺旋』であるナナと一緒にいるためにはさまざまな面でパートナーである有明
『螺旋師』である事が必須条件。

彼女のためにも有明は目指さざるを得ない状況だったんですが

今回の事件はかつて力で友人を傷つけてしまった事や
父親の死を招いてしまったいうマイナスイメージだった印象を
有明自身の力でクラスメイト達を助け戦い、感謝されたという
プラスイメージの印象に変える事もできるとわかった事で
有明自身が自分の力を肯定できたのが大きい感じ。

今回の事件の中心となった有明と同じように『螺旋師』になりたくないという
エリーゼの登場も客観的に今までの自分がどういう感じだったかを
見る為の大きな助けになった感じ

まぁ彼女がなりたくない理由や家庭環境はぶっちゃけ有明よりもよっぽど重い感じでしたが。

1巻がきっかけを掴み2巻で決意した有明
次回からが本格的に『螺旋師』を目指す第一歩になるのかな?

今回の彼の行動が元で距離を置かれていたクラスメイト達とも
溝がなくなった感じ。
元々才能があるのに『螺旋師』にならないと宣言した有明に対する
嫌悪感からだったので、みんなのために戦った彼の姿に
そういうのが吹き飛んだみたい。
前回の感想で書いたとおりに一番険悪だった白井ともいい感じに落ち着いた感じ。
っていうかコイツのセリフは典型的なライバルキャラで笑った
・・・っていうかツンデレかよ!?

新しくできた友人達との関係、
そして『螺旋師』として彼がどうなっていくかとても楽しみ

女性関係は藤緒があいかわらず有明への好意がよくわかり、
美彩子は・・・どうなんだろう・・・
そして今回登場した有明と同じように『螺旋師』になる事を嫌がっていたエリーゼ
今回の事件で色々と有明に助けられた事によって考えに変化があったみたい・・・
というか有明といい感じの雰囲気になってた・・・
彼女との関係もどうなるか楽しみ・・・

まずは今回のラスト・・・
『顔が綺麗だから』眼鏡を外した方がいいと言っちゃった有明

その場は動揺した上、破廉恥だと言って怒ってでていってしまったエリーゼ
もしもこれで次回に登場した時にコンタクトになってたら可愛すぎるんだがな・・・
どうだろう・・・

そして今回の事件を引き起こした『公務員』または『公務調査員』と呼ばれる
『螺旋師』を嫌悪する集団・・・
人の姿で人以上の力を持つ存在に恐怖を感じる・・・理解は出来るけど
『螺旋師』に守られて社会が成り立っている以上は共感できない存在ですね・・・

なにはともあれ次が楽しみだ。

最後の一文

有明の先頭の一部始終を動画として撮影していた白井
その映像が有明がクラスメイト達に受け入れられる要因になった。
その事についての言い訳の時のセリフ

なんだかんだいって有明を気にして話しかけていた白井だから
この行動は・・・故意だったのかな?
それにしてもセリフが・・・ツンデレすぎる・・・(笑)

「それに、僕はみんなに、
 僕があのとき撮影する機転があったって知らせたいだけで、
 おまえの手柄をみんなに見せたかったわけじゃ
 なかったんだからな!
 勘違いしていい気になるなよッ!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
紅のトリニティ2 (富士見ファンタジア文庫)紅のトリニティ2
(富士見ファンタジア文庫)

(2011/01/20)
椎名 蓮月

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おつかれさまです。

富士見の乱恋2がよかったけどこれ
1巻に1人だと16人はいつになるのやらw

Re: No title

コメントありがとうございます

> 富士見の乱恋2がよかったけどこれ
> 1巻に1人だと16人はいつになるのやらw

16人だから16巻w
まぁさすがにそれはないと思いますけどね。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。