スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵開けキリエと封緘師 そして世界の開く音

あらすじ

「その扉がひらくと、世界は滅んでしまうんだよ。
 あの扉の奥には、今でもわたしたちの師匠がいるんだから」

天才的な解錠術を持つ少年キリエをして開けられないどこにも繋がっていない扉の、
とんでもない秘密を大統領は明かす。

しかし、その言葉を聞いても、彼の中で思考は止まらない。

あの人を自由にしたい。
あの人に触れたい。
だから、あの檻をなんとしてでも開けたい―

「わたしを、どうしてもここから出したい?」

果たして、キリエはどこにも繋がっていない扉を開け、大統領を解放するのか。
運命の扉は静かに彼を待ち受ける。

感想

鍵開けキリエと封緘師の3巻
最終巻です・・・

『鍵開け』であるキリエが鍵を開けたいという衝動以上に
監獄の中にいる大統領を自由にし、そして彼女に触れたいという思いをついに明かす。
でも大統領は自分を自由にするという事は
自分と共に封じている彼女の『師匠』を解き放ってしまい、
それが世界の危機に繋がると諭す

でも・・・まぁ無理だよね・・・

キリエは生まれて始めて鍵を開ける事以外に強く執着した大統領の事なので
その意思を止められるはずもなく、ジニィの言葉からヒントを得た彼は
ついに封印を開いてしまう・・・

でも・・・その衝動は与えられてもの・・・

これは流石にキリエにとってかなりのショックだったみたい。
封印されていた『師匠』・・・『封緘師』大統領が自分の力を奪う流れに
密かに自分の意思を流し込んで世界に放ち、封印を開けるもののみに影響を与える
感情を・・・衝動を与えていた。
それがキリエの持っていた『鍵開け』への衝動であり、彼が封印を解きたかった
理由の一端になっていた・・・

自分の意思だと思っていたものが、人に与えられて物で
さらにそれが自分が好意を向けている大統領を困らせるものだったんだから
あまり動揺しないキリエもかなりのショックを受けたみたい。

でもそれを『封緘師』に聞かされて大きなショックを受けたキリエだけど
この時の『封緘師』との会話がある意味でこの物語のタイトルの意味
そしてキリエが本当の意味で目覚める為の鍵でしたね・・・

『鍵開け』キリエ

解放された『封緘師』の目的は封緘師らしく”封印の小箱”を作る事。
彼女にとって全ては”封印の小箱”に過ぎず、自分を救おうと動いていた
弟子のサイモンベアト”封印の小箱”にし、さらに挑んだ大統領”封印の小箱”
そして彼女の真の目的である”世界を箱にする”予行演習として
キリエの住む街そのものを”封印の小箱”に・・・

弟子達を愛し、世界を回る事を楽しいと感じることはできる。
でも封緘師として”封印の小箱”を作る事が優先する

そういう部分ではただ鍵を開ける事だけに無心してきたキリエ
『封緘師』はとても似ている存在だったのかも。

そして世界に最初に生まれた魔法使い・・・封緘師である『封緘師』を倒す事が出来るのは
これもまた世界に最初に生まれた”新しい魔法使い”だけだったという事なのかも。

キリエ『鍵開け』の才能こそが、封緘師に代わる次代の・・・新しい魔法
世界のあらゆるものに鍵穴を見て、それを開く事で
生命の本質をむき出しにする業

開かれた相手は体が命だった光に変わりただ消えていくだけ・・・

防御無視の一撃必殺かよ・・・

相手が能力を知って警戒していれば別だったんでしょうけど
『封緘師』はもちろん、キリエ以外の誰もその力の覚醒を知らなかった成果
容易にふところに入らせてしまい『封緘師』はその力を受けた

なんていうかとてもあっけない終わり方でしたけど
でも古い時代の魔法使いの最初の一人である『封緘師』
新しい・・・次世代の魔法使いの最初の1人と言えるキリエのその業に
敗れたという結果は順当だったのかも

そして別れ・・・

全てがうまくいき、『封緘師』も倒したキリエ
でも待っていたのは大統領との別れ・・・

『封緘師』の力を奪う事で長い時間を生きてきた彼女は『封緘師』が消えれば
生きていくことはできない。
彼女はそれに気づいていたし、キリエもそうなる事を薄々感づいていたみたい。

短い時間だけどキリエの誕生会を街で過ごし、そしてキリエリュリュを・・・
自分の名前でもある『リュリュ』と名づけ作った彼女の事を託し
最後に口付けをして消えた大統領

初恋は実らないという彼女の言葉どおりだったけど、
彼女と過ごした日々があるからこそキリエはきっと新しい魔法使いとして
間違った道を歩まずにこれからを生きていけそうな感じ。
これはこれでいい終わり方でした。

ジニィキリエへの想いに気づいたり、
あいかわらず顔をあわせると喧嘩ばかりだけど、傍から見ると仲のよく見える
リュリュキリエの関係など
これからどうなるか気になる関係もあるけどこれで終わり。
もうちょっとキリエリュリュの恋愛関係の絡みも見てみたかったけど
仕方ないかな?

この終わり方の後に収録されてる短編2つ・・・
キリエ大統領リュリュミドリカの日常の話を見ると
余計に物悲しくなりますね・・・

最後に一文。

大統領が残した最後の言葉
なんていうか・・・悲しいけどその通りだったし・・・
でもキリエのこの初恋は色々なものを彼に残したと思う

「ねぇキリエ、初恋は実らないものらしいよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
鍵開けキリエと封緘師  そして世界の開く音 (富士見ファンタジア文庫)鍵開けキリエと封緘師
そして世界の開く音
(富士見ファンタジア文庫)

(2011/01/20)
池田 朝佳

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

神明解ろーどぐらす4がすごい展開に
ボスの心理描写がえぐい
ヒロイン達が無事でおわりますように

Re: No title

コメントありがとうございます・・・

> 神明解ろーどぐらす4がすごい展開に
> ボスの心理描写がえぐい
> ヒロイン達が無事でおわりますように

えっと・・・どうコメントしていいものか・・・
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。