スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナクのキセキ 1

あらすじ

千年前、マールと呼ばれる深紅の髪の魔女がいた。
マールは、世界を放浪しながら“魔法”を人々に授けた尊き女性だ。

魔法学校を卒業した僕・カナクは、ある目的を胸に秘め、
彼女が大陸各地に遺した石碑を独りで巡ることを決意した、のだけど・・・。

「とにかく、私はあなたの石碑巡りについて行くって決めたの!」

学校一の魔法の天才にして美少女、そしてセレンディア公の娘と三拍子揃ったユーリエが、
なぜだか突然ブチ切れ、僕の旅に同行することに。

それは、甘く切ない恋の道のり、
そして、思いがけない真実へと至る不思議な旅の始まりだった!

胸震わす第22回ファンタジア大賞“金賞”受賞作。

感想

富士見ファンタジア文庫の1月の新刊
第22回ファンタジア大賞の金賞受賞作。

1000年前、自らが関わったものに災厄を与えてしまうという宿命を持ち、
紅の魔女と恐れられながらも当時はまだ確立していなかった魔法を教えて周り
後世では暁の賢者と呼ばれ認められ、神と崇められるようになったマールという女性

彼女が遺した石碑を巡る旅にでた少年・カナク
無理やりその旅に同行する事になった天才魔法少女・ユーリエの物語

悲恋・・・だなぁ・・・

同じ魔法学園で学びながらも接点がほとんどなかった2人。
お互いに相手に想いを寄せていた事が最初からわかりやすぎるくらいわかりやすい2人。
でもお互いにその想いを秘めて旅をする事に。

ユーリエ・・・可愛い

ユーリエはわがまま言ったり、強引だったりするけどとても可愛い女の子でよかった
カナクの朴念仁ぶりに怒ったり、ちょっとした事に嫉妬するところとかもいい感じ。

魔法の天才で旅の途中に襲われたりしても、
男であるカナクよりも勇敢に戦ったりする一方で
暗闇が怖くてカナクに引っ付いたり、可愛いものが好きだったりと普通の女の子なところもある

カナクも可愛い・・・

ユーリエが自分に事を好きだとは考えもせず、彼女への気持ちを秘め
自らの眠る力を使って彼女に気づかれないように彼女を守ったカナク

神官を目指すだけあって真面目でそして人間に敵対する種族であろうと
傷ついていれば癒す優しい子

なんていうかこの2人の旅は傍から見るとイチャついているように見える一方で
なんかとても微笑ましい感じ。

石碑巡りの旅がちょっと駆け足進行だったのがちょっと残念だったけど
色々な人に出会い、それを糧に成長していく2人

でも石碑に遺されたマールのメッセージの秘密
そして最後の最後・・・2人の為に用意されていた5つめの石碑を目前に
2人は永遠の別れを迎えることに・・・

旅を続けながら近づき、思いを伝えあったカナクユーリエ
でもお互いの事を知るごとに、ユーリエ自身の事がマールの遺したメッセージと符合し
そして最後の最後・・・

傷つきながらもユーリエに隠していた力を・・・
銀獣人と呼ばれる幻の種族である自分の力を使って敵を撃退したカナク
その明らかに致命傷の傷を治すために禁断の術を発動してカナクを癒したユーリエ
その代償として彼女の瞳と髪は真紅に染まり、彼女は1000年前の世界へ・・・

これは・・・予測できたとはいえキツイ・・・

合間に入る暁の賢者・マールの話を見て読者が徐々にわかるような仕様になってるんですが
なんていうかとても悲しい結末。

1000年前に飛ばされ、記憶すら失ったユーリエは残っていたカナクへの想いを胸に
周りに災厄をもたらすという禁術の代償で人々に忌み嫌われながらも
カナクが・・・愛する彼がそうしたように困っている人を救い続け、
そして徐々に記憶を回復させながら長い時間を生き、最後にカナクへのメッセージを遺して
1人で孤独に人生を閉じたユーリエ

カナクへのユーリエの想いの強さがどれだけだったかがわかります。
そしてそれを理解して彼女の自分への想いの強さを思い知らされたカナク

カナクは最終的に彼女の遺した最後の石碑があった場所に、
そして彼女の墓標があった場所に村を作り、神殿を作って
そこの神官として、自分の生が閉じるまで彼女のそばに居る事を決意

2人のお互いへの想いの強さがわかるけど・・・悲しいし切ない

個人的にはやっぱりハッピーエンドの方がいいんですが・・・
これはこれでやっぱりいい物語なんですよね・・・

それにしても・・・これ続くのか・・・
ユーリエとカナクの2人に救済があってハッピーエンドになるのなら
それはそれでいい事なんでしょうけど・・・うーん・・・

そもそもこの作品が全数冊のストーリーの2冊目を応募用に
書き直した話らしいので救国の五英雄と言われ、作中に登場した

ハーフエルフソーン
コルセア王烈翔紅帝と呼ばれるオリヴィア女王

の2人と残りの3人の話とかが前にあったのかな?
2人とも揃ってカナクの名前、そしてその正体を知っていたみたいだし・・・
そこらへんの謎も今後書かれるのかな?

ソーンの音楽団で出会い、カナクの正体を知る事になった
ハーフエルフの少女・ヤヒロも可愛かったしまた登場するかな?

4つ目の石碑へカナクユーリエを案内人した
人間とは敵対する種族である闇種族でありながらも敬虔なマール信者であるネウ
彼女はカナクユーリエの別れから5年後・・・神官となったカナクを訪ね
マールの真実・・・ユーリエの事を知りカナクの神殿の修道士になる事になったから
これからは彼女中心の話になる可能性もあるかな?

あとがきで『カナク・ユーリエ・ネウ達のその後に最後まで』と書いてあるので
ユーリエがもう登場しないと言う事はないんだろうけど・・・
この後どう続けていくのか思いつかないですね・・・

今回の話がある意味で『マール(ユーリエ)の軌跡』だったので
メインタイトルである以上はカナクが関わらないというのもないでしょうし・・・

この物語の終わり方で続き方が・・・その後を想像する事がかなり難しいです。
この状況のカナクが動き周るって展開もちょっと考えにくいですしね・・・

それにカナクユーリエに事をどんな風に家族などに説明したのかもちょっと気になりますね・・・

とりあえず2巻が出るのを楽しみに待とうと思います。

カナクユーリエの石碑巡りの旅はもうちょっと長めに・・・
旅の合間の話やもっと多くの人々との出会い、
カナクユーリエの話などもうちょっと深めに・・・数巻に分けた方がよかったかも
そこらへんがちょっと残念かも。

最後に一文。

1000年前からカナクに向けてのユーリエのメッセージの最後の一文

私はいつまでも、どこまでも、あなたを愛しています。

                      双月暦545年 千年後のあなたへ、ユーリエより

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
カナクのキセキ1 (富士見ファンタジア文庫)カナクのキセキ1
(富士見ファンタジア文庫)

(2011/01/20)
上総 朋大

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カナクのキセキ1巻の感想レビュー(ライトノベル)

富士見ファンタジア文庫のラノベ、『カナクのキセキ1』(上総朋大先生原作、さらちよみ先生イラスト)が発売中です。 第22回ファンタジア大賞・金賞受賞作品の出版ということで話題ですね。 表紙はヒロインのユーリエ。 淡いタッチが独特で、幻想的なイメージですが、...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

カナクとユーリエの話などもうちょっと深めに・・・数巻に分けた方がよかったかもそこらへんがちょっと残念かも。>>>>>

自分もそう思うんですけど、悲恋だけに巻数が多いと
凹む感情もね、、、、。ハッピーエンドならいいんですけどねぇ。

レイヤード・サマーも悲しいな~

Re: No title

コメントありがとうございます

> 自分もそう思うんですけど、悲恋だけに巻数が多いと
> 凹む感情もね、、、、。ハッピーエンドならいいんですけどねぇ。
>
> レイヤード・サマーも悲しいな~

長く続いた末に今回の結末なら、
まだ悲しいけど綺麗な結末な気もするんですよ・・・
まぁ続いてハッピーエンドになってくれるならそれはそれで嬉しいのですが。

レイヤード・サマーは・・・orz
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。