スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロコネクト ミチランダム

あらすじ

そして――永瀬伊織は壊れていった。

「太一とは、付き合えません」

太一は正式に伊織に告白し――玉砕した。

異常な現象が起こっていても関係ないと、決死の覚悟で臨んだ想いは儚く散り、
その上、重い足を引きずり向かった部室でフられた事をメンバーに知られてしまう!

部内は騒然となり、稲葉は動揺を隠せない。
伊織が場を取りなそうとしたその瞬間、彼女の心と感情が響き渡り・・・・・・。

そして、その日を境に永瀬伊織は変わってしまった――。

愛と青春の五角形コメディ、岐路と選択の第4巻!

感想

ココロコネクトシリーズの4巻。

『人格入れ替り』『欲望解放』『時間退行』と来て
今回おなじみのメンバーを襲うのは・・・

『感情伝導』

メンバーが思っていること・・・そしてその時の感情をランダムで伝えてしまい
伝えた相手は誰に伝わったのか、相手は誰の感情なのかわかるという現象

前回が”ふうせんかずら”ではなく”二番目”の起こした事件だったため特殊として
今回もメンバーの内面に由来する異常事態という事です。

これは・・・きつい・・・

読んでいて思ったのが万が一この『感情伝導』が一番最初にメンバーを襲っていたら
まず今のような関係はありえなかったって事でしょうか・・・

人間なら誰しも相手にイラつきや愚痴を言いたくなる時がある。
それが親しい相手でも、そして『感情伝導』はあくまで
『伝わる瞬間に思っていたこと&感情』を伝えてしまう為に
下手をすると最悪の状況の考えと感情を伝導してしまいかねない・・・

だからこそ1巻時点での姫子などは・・・人を信用できなかった彼女にとっては
特にこの現象にはキツかった可能性がありますしね・・・

実際に1-3巻までの経験とある意味でこういう現象への慣れという不本意な耐性の
おかげで致命的な事にはならなそう”だった”・・・という感じ。

まぁその事とはまったく別の部分で・・・
前回、家族の問題が片付いていい感じに吹っ切れたけど、
最後の最後に自分の想いに・・・太一への想いに疑問を覚えてしまった
伊織が今回の事件の綻びの中心になった感じ。

”普通”である事

伊織は子供の頃の暴力を振るう母親の再婚相手、
そしてその次の優しかった再婚相手に少しでも気に入られようと
『いい子』を演じてきて、本当の自分を見失ってしまっていた子。
最近は今までの経験などでどうにかそれを認めて、本当の自分が見えてきたけど
ここにきてついに限界が訪れてしまったみたい。

常に”普通”を意識して、それよりもより良い状態でいようとしていた彼女にとって
”ふうせんかずら”が引き起こす現象は決して慣れる事ができるような
類のものではなかったらしく、
さらに『感情伝導』によって自分の悪い部分を知られる事で
今までの自分とは違う・・・周りが求める『伊織』と別の自分を見せる事への恐怖から
自ら今までのキャラを捨てて、無理のない自分でいられるキャラへの転向を図ったらしく
意を決した太一の彼女への告白を断り、姫子や仲間達にも今までとは違った態度を見せ、
さらにクラスメイトの1人といざこざを起こしたせいでみんなが困惑気味に・・・

うーん・・・アホな娘だ・・・

作中でも姫子にバカと言われてますが・・・確かに極端すぎる・・・
彼女の自分に対する判断基準は『いい子』『悪い子』の両極端
そのせいで周りの期待などによってどんどん自分に対する理想が高くなり、
そしてその通りの自分でいられないなら自分は『悪い子』って認識
だからって自分の限界内のキャラに戻そうとするけど・・・

そりゃ無理ですよね・・・周りはいきなりキャラ変わって困惑する。
変わった周りの反応・・・『伊織はこんなキャラじゃない』という雰囲気や
仲間達の『感情伝導』で今までの無理していたキャラを求められて
拒絶という悪循環・・・

前回の話でも思ったんですが伊織は周りの反応を気にしすぎな感じ
彼女の母親とも話し合っていれば、伊織のためにと無理な再婚はせずに
伊織が変なトラウマを持つ事はなかっただろうし、
今回の件でも周りの期待する『永瀬 伊織』という
自分自身ではなく周りの求めに答えようとしていた・・・

さすがにそんな事してたら限界を迎えるのは当たり前と言う感じ。

最終的にどんな伊織でも好きだと・・・理想ばかり求めなくても
彼女がどんなに変わってしまっても気持ちは変わらないという
仲間達の言葉よ姫子のかなり強引&恥ずかしい発言のおかげで復活。

ある意味でメンバー内で一番問題を抱えていた伊織ですが
今回の話でとりあえずは問題解決って感じかな?
これからは無理していかないようにしたみたいだし・・・

そして今回の話において最大の出来事・・・

太一と姫子が付き合う事に!!

今回の話の最初・・・始まりは太一が今の関係に決着をつけるべく伊織に告白
そして最後は太一姫子が恋人として付き合う事に・・・

・・・なんだこの急展開

姫子が好きなので彼女の想いが叶ったのは嬉しいんですが、
内心では無理だな・・・と思っていたのでびっくり

太一伊織は確かに”好きあっていた”
お互いまだ相手の事も、自分の事もわかってはいなかたけど
お互いを思う恋心は本物”だった”

でも今回の事件を通して伊織は自分が抱えていた問題を見つけ
太一は事件への対処、さらに自分への思いを強く伝えてくる姫子に徐々に惹かれていった

だから結果としてはこの終わり方はベストだったのかもしれない。
太一伊織もお互いの関係を吹っ切っていい感じの友人関係に戻ったみたいだし
姫子姫子でずっと太一への思いを『感情伝導』やつい口が滑って駄々漏れでしたしね・・・

っていうか姫子が可愛すぎた・・・

相変わらず頼りになるキャラではあったんだが太一へのデレデレモードが可愛すぎ
何気にこんな態度を・・・伊織への告白で間接的にフッた相手にされ、
さらに落ち込んだりしているときには自分を引っ張ってくれたら・・・もう落ちちゃうよね。
っていうか告白前の『感情伝導』太一への『好き』って気持ちを伝えまくってたけど
その中に何気に『好きにして』ってあって笑った。
どんだけ太一が好きなんだろう・・・この子・・・

まぁ太一姫子はお互いに足りない部分を補完できる感じだからお似合いなんでしょうね。
エピローグによると姫子が完全にデレてちょっとウザイらしいですが・・・
そんな状況も早く見てみたいかも・・・短編集らしい次の巻が楽しみ

青木の関係も安定してきて、伊織の問題も解決
太一姫子が付き合いだして色々といい感じのメンバー
”ふうせんかずら”にも変化が訪れ、今回は青木が1人の時に前に現れ
色々と話をしていた彼・・・そして最後に伊織の前に現れて言った言葉・・・

『終わりへの道筋は見えている』

気になりますね・・・

それとあとがきで作者が考えたシリーズの略称である『ココロコ』
めっちゃ推しているのに笑った

最後に一文。

人を信じられない自分が・・・色々と疑ってしまう自分が嫌いだった姫子
だけど文化部のみんなとの活動や事件への対処を通して徐々に強くなり
そして今回彼女が伊織に向かって言った言葉。
姫子がこういう風に言えるようになっただけでも確かな成長なんでしょうね・・・
前置きが彼女らしいと言えば彼女らしいですね

「人よりはちょっと足りないかもしれないけど・・・」

「自分に自身を・・・持ってるからよ!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト
ミチランダム
(ファミ通文庫)

(2011/01/29)
庵田 定夏

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ココロコネクト ミチランダム(ファミ通文庫)

ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫)(2011/01/29)庵田 定夏商品詳細を見る 4度目の異常事態により、壊れてしまった永瀬伊織。 太一たちは、彼女を元に戻せるのか?! 「ココロコネクト ミチランダム」(庵田定夏著/ファミ通文庫)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

姫子ktkr!
ココロコ
唐突な展開でしたが伊織との関係はきれいにおさまったからOK!
ココロコ
1巻から下がり調子に感じた本編の内容もここにきて盛り返した気がします^^
ココロコ
次巻は短編集ということでむっつりデレ姫子に期待ですね♪

Re: No title

コメントありがとうございます

> 姫子ktkr!

まじktkrでした・・・

> 唐突な展開でしたが伊織との関係はきれいにおさまったからOK!

これは私も一安心でした

> 1巻から下がり調子に感じた本編の内容もここにきて盛り返した気がします^^

あとは上り調子一直線だといいですね・・・

> 次巻は短編集ということでむっつりデレ姫子に期待ですね♪

超期待してます!!

最後に一言・・・・

Σ⊂( ̄□ ̄~j あとがきか!!

No title

う~ん・・・

やはり《感情伝導》の時の太一と伊織の会話の中にあった「・・・」の部分がどうしても気になるところ。

Re: No title

コメントありがとうございます

> う~ん・・・
>
> やはり《感情伝導》の時の太一と伊織の会話の中にあった「・・・」の部分がどうしても気になるところ。

それは確かに・・・色々と気になりますよね

No title

自分は買って読んだとき、胸が苦しくなりましたねww
あのまま伊織と付き合ってほしかった・・・
てか1巻と4巻の伊織のギャップがありすぎです!

今後伊織はどうなるのか最終巻期待です。
もっと続いてほしいのが本音です!!

Re: No title

コメントありがとうございます

> 自分は買って読んだとき、胸が苦しくなりましたねww
> あのまま伊織と付き合ってほしかった・・・
> てか1巻と4巻の伊織のギャップがありすぎです!
>
> 今後伊織はどうなるのか最終巻期待です。
> もっと続いてほしいのが本音です!!

確かに・・・でもある意味一番成長したのは彼女かも
続いて欲しいというのは同感ですが・・・終わり方しだいかも・・・
これ以上の終わり方は無い・・・って終わり方なら満足かも

アニメ見て、公開が我慢できず原作を購入!

いおりん好きな僕は
マジであのまま付き合ってほしかったです(´;ω;`)

稲葉んも好きだけど、
追っている感じが可愛かっただけに(*´・ω・)

続きを買おうか悩んでしまいまし(*-ω-*) うーむ

No title

太一が伊織と付き合う可能性ってありますか?
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。