スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ワールド 7 災禍の鎧

あらすじ

黒雪姫率いる≪ネガ・ネビュラス≫は、
シルバー・クロウを≪浄化≫するため、≪アーダー・メイデン救出作戦≫を発動した。

難度の高いミッションの中、
決死の覚悟でシルバー・クロウはアーダー・メイデンと接触するも、
≪帝城≫を守護するエネミー≪スザク≫の火炎ブレスにより、
禁断の不可侵領域──≪帝城≫内部に突入してしまう。

絶体絶命の危機に陥ったハルユキだが、彼はそこで不思議な≪夢≫を見る。

≪クロム・ファルコン≫と≪サフラン・ブロッサム≫。

二人のアバターが望み、砕け散ってしまった≪災禍≫の物語を──。

感想

アクセル・ワールドの7巻

前回、加速世界最大の謎を秘めた『帝城』に入り込んでしまった
ハルユキ = シルバー・クロウ謡 = アーダー・メイデンの2人

続きはどうなるのかと・・・ずっと待っていてようやく読めたのですが・・・

(つづく)  (;>_<;)

終わりませんでしたよ・・・しかも今回の終わり方もとんでもなく気になる終わり方・・・
そして8巻の刊行予定は・・・秋・・・

まだ春にもなってないよ!?

長い戦いになりそうです・・・
とりあえず感想の前にこれだけは言っておきたかったので、ここから感想・・・

これは・・・かなりいい感じの展開に・・・

まず最初に語られるのがクロム・ファルコンサフラン・ブロッサム・・・
このゲーム・・・ブレインバーストが始まった当初の頃に存在していた2人のプレイヤー

当時はまだ最年長でも小学2年生だった世界で、『無制限中立フィールド』で過ごしたせいで
多少大人びてしまい、加速世界ないでは同棲までしていた2人

金属属性で鳥の名を関するクロム・ファルコンはちょっとシルバー・クロウに似てる感じ

そしてクロム・ファルコンが得た『擬似瞬間移動』の力で『帝城』に侵入を果たし
そして奥に置かれていた強力な力を秘めた強化外装の鎧を手に入れ、
それを防御力に不安があったパートナーであるサフラン・ブロッサムに渡した事が
全ての始まりになった・・・

えげつない・・・

加速世界内で互助活動を行うギルドを作ろうとしていた2人はその強化外装の力で
挑んでくる相手を追い返し、夢に邁進していたけど
そのゲームバランスを脅かす存在を消す為に現れた者達、そして他のプレイヤーによって騙され
サフラン・ブロッサムは何度も殺され、そして最後はどうにか駆けつけた
クロム・ファルコンの手で消される事を望んだ・・・
そして彼女の消滅とともに彼の元に戻ってきたその強化外装
彼女を甚振るのに使われていた巨大エネミーを倒しでドロップした強化外装の剣【STAR CASTER】
そしてクロム・ファルコンの黒い憎悪によって発生した心意の暗黒面によって変貌
二つは交じり合い名前も【THE DISASTER】に・・・そしてそれを付けたクロム・ファルコン
その憎しみと怒りから災禍を振りまいた・・・

災禍の鎧・・・クロム・ディザスター誕生

明らかに彼等を排除しようとしたのは『加速研究会』のメンバーだったっぽいし
それと行動をともにしていた女性アバター・・・怪しい
凄く白の王なんじゃないかって気がした・・・
この頃から暗躍していたって事はやっぱりシステム側の人間って事なのかな?
ここらへんはおいおいわかっていく感じだと思うけど。

次に『帝城』の内部の話・・・

シルバー・クロウはおそらくクロム・ディザスターを持っている影響で
その憎悪の根源であるクロム・ファルコンの記憶を無意識にトレースした結果、奥深くまで2人で侵入
かつてクロム・ファルコン強化外装を入手した場所に到着
そこにあった2つが加速世界に7つしか存在しない『七星外装』『七の神器』と呼ばれる
最強装備群だと教えられる・・・

って事はシルバー・クロウはその鎧を現在所有している事になるのか・・・ちょっと面白いな・・・
完全に呪われた鎧と化してるけど・・・

トリリード・テトラオキサイド

そこで2人は何故か内部で・・・
そこにあったはずのもう一つの強化外装の刀である【THE INFINTY】を手に入れたアバターである
彼に出会う・・・

なんか彼の説明とかを聞いていると、侵入したわけではないって感じ・・・
つまりダイブしたら自動で『帝城』内に現れるって感じじゃないだろうか?
そして現在のブレインバーストは大人はいないという設定(加速研究会は不明ですが)
なので子供って事に・・・

現実世界の皇居に住んでる子供って・・・まさか・・・?

とても気になります・・・
とても真面目で礼儀正しく、外へでる為の協力を申し出てくれますしね。

そして唯一、いまだ発見されていなかった『七の神器』の7個目・・・

【THE FLUCTUATING LIGHT】

そしてその神器が放つ光に覚えがあるシルバー・クロウ
彼に資格があるって事なんでしょうか・・・神器が主を選ぶのかは知りませんが・・・
さらにこの名前・・・web版の『ソードアート・オンライン』で見た覚えが・・・
やっぱり2つの世界にはなにか繋がりがあるんでしょうか・・・
そこら辺の秘密も楽しみ。

その光が・・・彼を呼んだのが人だったというのも意味深ですしね・・・

トリリード・テトラオキサイドとの話を中断して強制ログアウトする事になった2人は
再び会う約束をして帰還(まぁダイブしたら同じ場所なんですが・・・)

彼や最後の神器の謎は次巻に持ち越し・・・かな?

そして最後の山場・・・

ネガ・ネビュラスのハカセくん・・・タクムことシアン・パイルについに見せ場が!!

ってこれは・・・色々駄目だろ・・・

確かにネガ・ネビュラスのメンバーで一番パッとしない能力のシアン・パイル
心意は覚えたけど、残りのメンバーのような彼だけのスキルというものがなかった。
一応、冷静で参謀タイプの彼だけど最近はスカイ・レイカーなども参入して影が薄かった。
そのせいなのか・・・今回の話でついに彼の強化が・・・

でもこれって強化って言うより・・・凶化、もしくは狂化だよね・・・

到達したっていうよりも堕ちたって表現が相応しい感じ・・・

ハルユキから相談を受けて自分なりに加速世界に蔓延し始めた
心意を使えるようになる強化外装『ISキット』について調べそれを入手。

それにハルユキクロム・ディザスターがこの強化外装のオリジナルだという疑いから
依頼されたリアルでバースト・リンカーを狙う『レムナント』という連中に
一番リアルの正体を割り出しやすかったタクムが狙われ、『ISキット』を使用という流れ

元々自分が仲間達の役に立っていないのでは?という思い
かつてハルユキや幼馴染であるチユリにしてしまった事
そしてハルユキチユリを大切に思いながらも、鬱屈とした真逆の気持ちを抱えていた事

それらが積み重なっていたせいかとんでもない心意の暗黒面の力を引き出したしまったタクム

かつて・・・1巻でハルユキと戦った時は、ただブレイン・バーストを失いたくないから
そしてハルユキに対する嫉妬から彼に挑んだタクム

でも今回は自分のその闇の部分を自覚し、そしてハルユキに対する友情を強く感じつつも
彼に対して戦いを挑み、その圧倒的な負の力で粉砕したタクム
それでも・・・狂い歪みながらもハルユキや仲間たちの事を思いやる心は消えてないし
ハルユキとの戦いが終わった後は『ISキット』を蔓延させていると思われる
『加速研究会』に戦いを挑み、自分のバースト・リンカーとしての命を懸けて
彼らに打撃を与えようという覚悟を持っていた・・・

これは・・・完全に闇に染まっているわけではないよね・・・
1巻の時は完全に逆恨みや自分勝手な都合だったけど、
今回は・・・1巻の状況よりもなお悪い状況といえるけど
彼の優しさだけは今だ健在・・・だからこそ逆に悲しい状況になってます。

そして絶体絶命のハルユキ・・・シルバー・クロウに語りかけてきた声
そこから導かれるように選択したタクムを・・・仲間を・・・助ける為の力
そしてブレイン・バーストが憎しみや悲しみを与えるものではなく、
仲間と楽しみ、笑い絆を生み出す世界という事を証明する為に
彼が呼び出した力・・・

これはかなり燃える展開!どうなるんだ・・・って所で

(つづく)

はい・・・ここに戻ってきます・・・
本当にどうしろっていうんでしょうか・・・テンションを上げに上げまくって一時停止
続きが・・・続きが読みたいよーーーー

最初に書いたとおり次の刊行予定は秋・・・テンションの維持は難しい・・・
8巻がでる前になったら6巻から読み返してそのまま8巻に突入する事にしよう・・・
まさか次も終わらないなんて事は・・・ないよね・・・?

最後に一文。

シルバー・クロウのセリフ

シルバー・クロウが・・・
闇に落ち、そして帰るつもりのない戦いに向かおうとするシアン・パイルを止める為に
そして絶望や憎しみだけではなく・・・その元になった想いには愛や優しさがあり
そしてわずかに残されていた記憶の導きから呼んだ力

『災禍の鎧クロム・ディザスター』・・・その本来の力
『七星外装』』『七の神器』と呼ばれる強化外装、その六番目
その名は・・・

「装着・・・《ザ・ディスティニー》」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
アクセル・ワールド〈7〉災禍の鎧 (電撃文庫)アクセル・ワールド〈7〉
災禍の鎧
(電撃文庫)

(2011/02/10)
川原 礫

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「つづく」はもはや恒例

幼馴染に矛盾した感情を覚える→彼女に同じ学校をすすめるが断られる→ポイント危うい→犯罪を犯す→友達に命乞い→ハカセ→災禍の鎧で中途リタイア→チユリつよい→スカイレイカー強い→スザクでおいてけぼりくらう→自分の立場があやうい→物理攻撃受ける→俺TUEEEEEEE→通常時に同レベルにボコボコ
この子はいつ幸せになるんだろう・・・・・

Re: 「つづく」はもはや恒例

コメントありがとうございます

> 幼馴染に矛盾した感情を覚える→彼女に同じ学校をすすめるが断られる→ポイント危うい→犯罪を犯す→友達に命乞い→ハカセ→災禍の鎧で中途リタイア→チユリつよい→スカイレイカー強い→スザクでおいてけぼりくらう→自分の立場があやうい→物理攻撃受ける→俺TUEEEEEEE→通常時に同レベルにボコボコ
> この子はいつ幸せになるんだろう・・・・・

少し予測してみよう・・・



ハルユキ(デスティニー装備)に敗北。
わだかまりとか解けて彼自身が失敗作だと言ったアバターが変化
なにか彼だけの特殊スキルが・・・



デスティニーを貰い、みんなの盾キャラへ
ハルユキは7個目と反応しているみたいだし・・・
ただハルユキに譲られるって過程が禍根を残しそう・・・



元に戻って今まで通りのハカセ



さようなら

これくらいしか思いつかない・・・
①だったらとりあえず幸せになれそうなんだけどね・・・

No title

①は考えにくいような・・

②はハカセのプライドが・・

③じゃあ、なんで喧嘩したの?ってなる

④・・・・・

⑤一人で修行行って帰ってくる・・・・これはちょっと都合いいな
順位的に
4<3<2<5<1

Re: No title

> ①は考えにくいような・・
>
> ②はハカセのプライドが・・
>
> ③じゃあ、なんで喧嘩したの?ってなる
>
> ④・・・・・
>
> ⑤一人で修行行って帰ってくる・・・・これはちょっと都合いいな
> 順位的に
> 4<3<2<5<1

予想を裏切る展開がいいけど・・・どうにかタクミに救済があってほしいですね・・・
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。