スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田信奈の野望 5

あらすじ

武田信玄、ついに動く――。

最強とも言われる騎馬隊を率い、甲斐から織田信奈を倒すべく軍を進める信玄。
さらには、浅井長政と朝倉義景の連合軍も攻め寄せ、織田家は追い詰められつつあった。

なぜか史実とは微妙に異なる戦国時代に来てしまい、
織田家に仕官した高校生の相良良晴も信奈に勝利をもたらすべく
「織田家四天王」最後の一人・滝川一益のもとへと向かう。

果たして織田家臣団は、武田信玄軍と浅井・朝倉連合軍の挟撃を退けられるのか?
そして天下盗りの野望に燃える武将たちの運命は!?
 
ますます目が離せない天下布武ラブコメディ、第五弾。

感想

織田信奈の野望の5巻

ついに・・ついに・・・

武田信玄が動く!!

前回の話の最後の方ででてきた彼女・・・
まぁ例に漏れず姫大名・・・女性なんですが・・・

この娘も内面は意外にも女の子らしい・・・

前回の話だけだと勇猛果敢な感じだったんですが、1人でいる時の
本名である勝千代として行動している時は、ちょっと男勝りな女の子

そしてやっぱりというかなんていうか・・・良晴とフラグが立ちました・・・

十兵衛の勘違いで彼女に求婚され、信奈の怒りを買って伊勢へ左遷
といってもそこにいる織田家四天王の最後の1人・滝川一益
援軍として連れ帰るという理由があったみたい・・・

そこで宣教師オルガンティノ(美少年)と
聖ヨハネ騎士団の騎士であるジョバンナ(女の子)と出会い
彼らと一益達を和解させた事で一益達、さらにジョバンナ達の協力も得て
信玄と対峙していた元康と合流。

そこで未来の知識・・・信玄の病死or暗殺説を確かめる為に敵方に侵入
そこで信玄良晴は出会う・・・しかも温泉で・・・

おまえは・・・そんなんばっかだな・・・

そして彼女のスタイルのよさ(特に胸)、さらに彼女の真剣な問いかけを受けて
彼女に・・・『武田 信玄』にこれから起こるであろう未来を教え、
それが彼女の暗殺を防ぐきっかけになり、そして良晴達の更なる危機へ・・・

何気に『天命を動かす者』として良晴を気にしていて、
さらに敵である自分に気さくに話しかけてきた上で、自分の運命を教えてくれた彼に
何気に好意を抱いた感じ?

そして元康を破った信玄はそのまま美濃の道三の下へ

一方で、父や部下達の為に離縁をして信奈を裏切る事になった長政率いる
浅井・朝倉連合軍と戦い苦戦する信奈率いる織田軍

別れ別れになってしまった長政信澄がちょっと切ないです・・・

裏切ってしまったせいか迷いを振り切るため長政は烈火の勢いで織田軍を攻め追い詰めた彼女
最後の最後、信奈を目前にして彼女はその攻勢を止める事に・・・

信澄、頑張った!!

最愛の妻の為、そして最愛の姉の間に挟まれた彼はその命を賭して長政を止め、
迷いを振り切ったと自分を騙していた長政が唯一捨て切れなかった彼の存在。
彼の行動が長政の迷いを呼び戻し、彼女の撤退を導いた。

この2人はどうにか幸せに・・・元に戻って欲しいなぁ・・・

そして朝倉 義景
史実とは違って彼が自ら本陣に現れ、信奈を自分のものにしようとする。

こいつやっぱり・・・なんていうか今まで出てきた敵の中で
一番救いようがない気がする・・・
戦う理由も考えかたも・・・

良晴は狙いに気づいて彼を退け、なんやかんやあって戦いは終了

でも良晴から道三の死期が近い事を知らされ、朝倉 義景の追撃をやめ
そして天下統一への夢が遠退くこともわかっていながら、
そして道三がそれを望んでいないとわかっていながら、
父と慕う道三の・・・信玄と戦う彼の助けに向かう

やっぱりとても親思いの優しい娘

そして信玄の方も山本勘助の策が外れ、
道三を恨んでいたはずの息子・義龍道三に協力し、
さらに一度は信玄に破れて心が折れかかった元康
その時に良晴がかけた言葉のせいか立ち直り助勢。

戦況は一気に五分五分

そして道三は病に倒れ、彼を殺す事で憎しみの連鎖を作ろうとした勘助
同じく急な病で倒れる。

ここらへんはやっぱり歴史の修正力みたいなものなのかな?
この時点で生きているはずでなかった道三勘助
それを相殺させる感じの・・・

でもすでに変わってしまってどうしようもなさそうな部分もあるんだけど・・・
そこらへんの事は今後の展望に期待って感じなのかな?

そして再びにらみ合いの織田軍と武田軍の止める事が出来ない戦いを止めたのは
やっぱりというかなんというか・・・良晴

オルガンティノフロイスからクリスマスだという事を聞いて、
せめてその2日間だけは停戦しようと提案。

信玄良晴のその伝言と勘助の遺言もあってそれを許諾
時間が欲しかった浅井・朝倉も受けたみたいだし、
道三の為にも、そして疲弊もしているため信奈も受諾して
戦いは終了。

良晴からの手紙だからと無碍にしなかったり、伝言を渡しに行った半兵衛
良晴に・・・と言われて必死に否定したりと信玄・・・勝千代は結構可愛い。
かなり脈アリっぽいんだが・・・やっぱり本人は自覚してないのかな?

斉藤 道三、死す・・・

そして道三の本心を聞き、彼を見送った信奈良晴
クリスマスの日に良晴サンタクロースの姿でついに
信奈とキス・・・

なんていうか・・・お互いようやく強く想いを自覚した感じ

身分とか、敵とかまだ色々と残っているけどこれからどうなっていくかとても楽しみ
信奈の好きになった相手が早世してしまうという思いと、
それゆえに良晴を遠ざけたいけど、やっぱり近くにいて欲しいという二律背反な想いも
読んでいて健気で可愛かった・・・

まだまだ伏線が沢山

信玄が引いたもうひとつの理由である伊達 政宗の侵攻
ある意味で良晴邪気眼という言葉を正宗に教えたのが原因っぽいし
なんかちょっとずつ変わっていく歴史が面白い

一益の触れた相手に真実を話させるという能力・・・
さらにその容姿・・・
京で出会ったやまと御所姫巫女とそっくりの彼女
彼女の血筋についても色々と想像できる・・・

思い込みの激しい十兵衛が深く関わる事になる『本能寺の変』まで
どう繋がっていくのかもかなり楽しみ
十兵衛は色々と有能だけど・・・残念な娘だからなぁ・・・

最後に一文。

良晴朝倉 義景に捕らえられた信奈を見て激昂し発した言葉
この事が原因で良晴は自分の想いを自覚したわけだしよかった・・・のかな?

「てめえええ!俺の女に、なにしやがるッ!!!!!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
織田信奈の野望 5 (GA文庫)織田信奈の野望 5
(GA文庫)

(2011/02/15)
春日 みかげ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

織田信奈の野望 5

織田信奈の野望 5 (GA文庫)(2011/02/15)春日 みかげ 架空戦国時代もの、萌えキャラ風味。主人公のDKは現代から戦国時代にタイムスリップしてくるんだけど、なぜかそこでは名だたる戦国大名が美少女だっ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。