スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼穹のカルマ 7

あらすじ

主人公の設定:<黒衣の聖騎士(ダーク・パラディン)>ヴァリアルド・ヴァン・シュナーヴェル

幼い頃、両親を冥王に殺され、復讐を誓う。
必殺技は闇黒力(ダークパワー)を剣にまとわせて放つ闇黒光龍閃(ダークフェイザード)
(→↘↓↙←↙↓+P)

・・・中学時代の私は何で、コマンド入力まで書いていたんだろう。

ヒロインの設定:<常闇の魔剣士(ブラック・ソーダー)>リヴェエラ・ヴェール・ヴァルジャーノン

・・・・・・今考えてみると本当に『ヴ』が多い。

でもそんなことより一番気になるのは、
何で私の小説『ダークパラディン伝説』の表紙があの鷹崎駆真に似ているキャラなのよ!

時代は彼女を待っていた、新進の鬼才・鳶一槙奈が贈る次世代エンタテインメント!!
あなたの探している7巻はこれだぜ。

感想

蒼穹のカルマの7巻
表紙が大変なことになっているけどとりあえずは・・・

やばい・・・『ダークパラディン伝説』読みたい・・・

という訳で前回は未来から在沙が来て駆真を助けようとしたり、
実は殺そうとしてたのも未来の在沙であったりと
駆真にとっては複数の在沙という天国状態(本当に天国に行きかねなかったけど)の話だった。
そして宣戦布告して去っていった駆真の命を狙う未来の在沙・・・リサ
残された駆真だけどアホらしい出来事で駆真が記憶喪失・・・という
ちょっと緊迫した状況で終わったんだけど・・・

どうしてこうなった・・・orz

記憶喪失状態でもまだ普通に状態だったのに、色々なハプニングが重なり
治療を失敗・・・

駆真・・・精神が赤ん坊に・・・

在沙を母親としてめっちゃ甘えまくる駆真なんだけど・・・
多分7巻までこのシリーズを読んでいた人間なら気づきやすいというか・・・
途中でずっとツッコミを入れたくてウズウズしてました・・・

コイツ・・・絶対記憶戻ってやがる・・・

彼女の記憶を取り戻すために、神器・ヴェクサシオンの力を借りる事になり、
性格も悪いこの神器は神ではない槙奈に自分を使わせる条件として出したのが
彼女が学生の頃にノートに書いていた『ダークパラディン伝説』という・・・
なんていうか・・・色々と痛い小説を10万人に読ませるという事・・・

在沙の為に沈音草薙家の権力や財力フル活用で出版までこぎつけ
色々と・・・レビューが悲惨な事になりながらも10万人達成したのに・・・
実はとっくに戻っていたという・・・

槙奈・・・色々報われないヤツ・・・

そんな・・・なんていうかふざけたイザコザの裏では
未来からきた在沙・・・リサ空獣の女王としての力を使い
ディアボロ級空獣・・・人の姿に近く強大な力を持つ彼等すらも
その祝福を与え、強化する力を使い従わせちゃくちゃくと駆真を殺す準備を進めていて、
駆真の現状を知って、殺す事から”自分の駆真”に育てるという目的変更をして
駆真を誘拐という結果に・・・

なんていうか物語のシリアスとギャグの絡み方が相変わらずだ・・・
駆真視点だと在沙2人で幸せ2倍状態だしね・・・

最終的に騎士団の力も借りて、リサのいる『城』を攻め
最後に対峙する事になったのは在沙リサ・・・

在沙は未来の自分が・・・本当に望んでいる事、
そして彼女はまだ引き返せると信じ説得を試み、
争いを始めようとした2人の在沙を止めたのは・・・やっぱり駆真

さすが在沙至上主義・・・

その後も、リサに一方的に攻撃を受けながら一切反撃せずに攻撃を受け
在沙を抱きしめようとする駆真
そして槙奈の犠牲(笑)で発動した神器・ヴェクサシオンの力で
リサの過去を・・・駆真との日々の記憶を思い起こされ、
さらにリサではなく『在沙』駆真に呼ばれて陥落

まぁ・・・無理だよね・・・在沙が直接手を下すのって・・・
それが無理だからこそ前回の話では呪いみたいなものを使ってたわけだし。
そして説得されたリサは反動で一気にデレた・・・

さすが駆真の姪・・・行動が色々危ない・・・

胸を押し付けたり、怪我をさせてしまった駆真に添い寝したり・・・
そして在沙の方はそれを見て嫉妬して引っ付いたり・・・

まさに駆真にとってのパラダイスが顕現してる!!

まさかこんなに早く、リサの問題が片付くとは思っていなかったので
今後の展開がまったく予想できない・・・

在沙の母親で空獣の女王である冬香の問題がなんかあるのかと思っていたら、
人の姿をとれるディアブロ級空獣獣型の空獣を狩るハンターもいれば
街で調度品を買う者もいる・・・

そして人間との間に子供を作った冬香であっても女王として対応してるみたいだし
問題はなさそう・・・
今回リサにパワーアップさせられて冬香の前に立ちふさがったりもしたけど
リサが改心した上に、冬香在沙にパワーアップしてもらっていたせいで
おそらくフルボッコにされてたし・・・空獣方面の問題は
おそらく大丈夫そう・・・

基本的にもう問題はなさそうなんだけど・・・今回の話で伏線が・・・
天由良霊由良が今回の騒動で在沙を助けるために連れてきた助っ人

槙奈の小説の登場人物である

《黒衣の聖騎士(ダークパラディン)》ヴァリアルド・ヴァン・シュナーヴェル

の鎧を付けた正体不明の人物。

ただ今回、リサが復活させたウロヴォロス級空獣
冬香の脱いだ服を鼻に詰め込む事で追い払った知識と
駆真なみの天駆機関の扱い
そして冬香へのセリフ
とどめが物語の最後にかかってきた電話の内容でなんとなく推測できる・・・

これって在沙父、冬香夫、駆真兄の・・・宗悟じゃね?

えっと・・・どういう事だろう?
別世界の?それとも死んでなかったの?
次の巻はその事が中心になりそう・・・

何気に冬香『彼』のなりそめ話も今回ありましたしね・・・

どういうキャラか凄く気になるな・・・次が楽しみだ・・・
予想を越えてまったく触れないという可能性は・・・さすがにないか・・・

最後に一文。

自分を殺そうとするリサ駆真が言ったセリフ
この人は本当に・・・格好いいんだか悪いんだかわからないな・・・
まぁ彼女にとって『在沙』であれば
未来だろうが異世界だろうが空獣であろうが、どうでもいい事なんだろうな・・・
ここまで相手を肯定できるのは凄いちゃ凄いよね・・・

「さあ来い、リサ。──海よりも深く、私が、愛してやる」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
蒼穹のカルマ7 (富士見ファンタジア文庫)蒼穹のカルマ7
(富士見ファンタジア文庫)

(2011/02/19)
橘 公司

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蒼穹のカルマ 7

蒼穹のカルマ7 (富士見ファンタジア文庫)(2011/02/19)橘 公司 空獣(エアと読む)なる、常に空中に浮いている怪物がいる世界でのお話です。前の巻の最後で、記憶喪失になってしまった主人公を助けよう...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。