スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結鏡界のエデン 6 水晶世界

あらすじ

「弱く役立たずの巫女が、希望を与えるような言葉を口にするな」

冷たく響くホルンの声に、決意を持ってユミィは答えた。

「もし、私が負けたら―あなたの言う通り巫女を辞めます」

浄化の巫女・ユミィの存在を否定する千年獅・ホルンが、天結宮に帰還した。
シェルティスは、ホルンとの軋轢に苦しむユミィの支えになりたいと願う。
しかし、彼もまた一通の怪文書で窮地に陥る。
即ち―

「護士の中に人の形をした幽幻種が潜んでいる」

緊迫した状況の中、強力な幽幻種まで出現。
討伐に向かうホルンは、ユミィにある“賭け”を持ちかけるのだが・・・!?

“強さ”と“弱さ”の意味を問われる、重層世界ファンタジー。

感想

氷結鏡界のエデンの6巻

色々と・・・作者さんの前作である『黄昏色の詠使い』と繋がるような用語や
登場キャラを思わせるような描写のキャラがでてきたりといい感じに面白くなってきてます・・・

今回は主人公であるシェルティスが活躍する・・・というより
中心となったのはヒロインであるユミィ

彼女の巫女としての・・・洗礼系の・・・魔笛を浄化する力に長けた彼女の
その力の目覚めが今回の話の中心になってる感じです。

その彼女の話に大いに関わる事になるのが今回登場の新たな千年獅ホルン
そして彼女の姉であり巫女の第三位であるヴィオラも登場

かつて洗礼の巫女でありながら魔笛を浄化しきれず、ホルンの家族とも言える少年を
昏睡状態のままにする事になってしまい彼女から失望され、
それを挽回するために何度も無茶な修行を続けてきたユミィ
そしてそれは魔笛を宿してしまったシェルティスを浄化したいという
彼女が心の底から願っている事にも繋がっている・・・

姉であるヴィオラの姿を見てきたがゆえに巫女の辛さが・・・
そしてユミィの頑張りを心の底ではわかっていながら
家族にしか心を許す事ができないゆえに彼女へのわだかまりを、失望を、怒りを消せず
有用かそうでないかで他人を判断し冷たく対応するホルン

自分の大きな力を自らの未熟さゆえに引き出せない事に苦しみながらも
ずっとずっと諦めずに・・・そして今回の話で自分の巫女生命をかけてまで挑んだ浄化
そしてその中で出会った緋色の少女と彼女によって目覚めた力で
誰もなしえなかった強力な魔笛の浄化を成し遂げたユミィ

家族を救うためにずっと危険を冒しても危険な任務に挑み
家族である少年を苦しめる魔笛の原因である幽幻種を探しつつも
自分の力だけを信じ、だけどそれを今回の話でシェルティス達に否定され
そして望んだ幽幻種との戦いの中で彼女の力となったのは
自分が未熟と断じた護士であるモニカ元巫女見習いとしての力、
ホルンに憧れ、自分から武器の整備を引き受けてくれた少年が用意した銃
そしてその銃に込められた専用弾に刻まれたユミィの力
その全てがあったからこそ彼女は幽幻種を追い詰め、
そして一人ではなかったからこそ倒しつくす事ができたホルン

ユミィは自らに眠る力を目覚めさせ、
ホルンは自分の心の弱さとようやく向き合う事が出来た

この話は2人にとって大きな転機になる話で、
そして2人が一歩前に進むために必要な話だったと思いました。

一方で

シェルティスが自分の力・・・魔笛穢歌の庭について考え始め

彼の正体を遠まわしにばらすようなメールを天結宮の人間に送り
それをシェルティスへのメッセージとした『異篇卿』イグニド
その外の『異篇卿』の存在

ユミィに力を与えた『ミクヴァの緋眼』のオリジナルであるらしい緋色の少女

シェルティスの友人であるエリエが最近親しくなった少女・紗砂の正体も
ほとんどわかってきた・・・ってかこの娘、思いっきり皇女サラですよね・・・

さらに1巻から登場の『主天』ツァリの正体が
同じくシェルティスの知人の少女であるユトである事がはっきりしてきたり
まぁ正確にはユトの正体がツァリなんでしょうが・・・

って感じで色々とわかってきた感じ。

今回の話で巫女5人中4人、そして3人の千年獅が登場したから
あとは巫女の第一位とその千年獅で全員になるわけだけど・・・
そこら辺も今後が楽しみ

『異篇卿』もまだまだ謎が多い上に
彼等の第一位レオンと生き写しらしいし、
前回登場した統制庁の特務機関である『天の車』”第九”と呼ばれる
ヒューイックが最後に登場し『異篇卿』達・・・第三機関への反撃の協力と
その為のメンバー選出の話がでてきたので次回もかなり面白そう
楽しみに・・・首を長くして待ってよう・・・

そういえばシェルティス達の小隊の仲間である究極のツンデレキャラであるヴァイエル
口が悪くてもなんだかんだでいい人で部隊の料理番でもある彼なんだけど
何気に料理の本を出してベストセラー
続編も考察中という・・・もはやなんでもありなキャラになってきてる・・・
さらに華宮もなんか段々はっちゃけてきてるし・・・
シェルティスは重大事件に首をつっこんで部隊を巻き込むし・・・

部隊長であるモニカの胃にその内、穴でも開くんじゃないだろうか・・・

そして・・・何気に一番の謎である喫茶店『二羽の白鳥(アルビレオ)』の店長・キリエ
シェルティス穢歌の庭から戻り
天結宮から追放された後に住み込みで働いていた場所なんだけど、
なんかこの人、巫女の第二位であるメイメイのプライベートや性格を知ってたり、
エリエが連れてきた紗砂の正体を知っていたり(っていうか顔見知りっぽいし)、
さらにはホルンが元同僚の店でケーキを買ったっていう描写があるんだけど
その店が『二羽の白鳥(アルビレオ)』っぽかったりと・・・謎が多い。
この人も・・・きっと普通の人じゃないんだろうな・・・

そこら辺も含めて次回が楽しみだ。

最後に一文。

ホルンのセリフ

同じ天結宮の仲間すら信用はせず、その能力のみを見て判断していた彼女
でもそんな彼女を最後の最後で救ったのは

無駄な事をするなと言った、彼女に憧れ銃を習いたいと言った少年の作った新型の銃
そしてホルンに怒りを向けられているとわかっていながらも彼女が使う事になるであろう
その銃の専用弾に忙しい巫女の仕事の合間に注いだ力

彼女が疎んでも否定しても怒っても、それでもなお仲間である自分の為に
己のできる事を精一杯してくれた2人に思いにホルンが他者を認めなかった
自分の弱い心に向き合うきっかけになり、そして戦いを勝利に導く結果になった。
その時の彼女のセリフ

「いま、お前たちに感謝する」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
氷結鏡界のエデン6  水晶世界 (富士見ファンタジア文庫)氷結鏡界のエデン
6 水晶世界
(富士見ファンタジア文庫)

(2011/03/19)
細音 啓

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

黄昏色の詠使いは未読なんですが。
ヴァイエルは面白いキャラになってきてますね。
シェルティスはシェルエィスで素性隠してるんだろうけど
各所でバレそうになってて・・・いいのか?
とも思えてしまいますね。

Re: No title

コメントありがとうございます。

> シェルティスはシェルエィスで素性隠してるんだろうけど
> 各所でバレそうになってて・・・いいのか?
> とも思えてしまいますね。

まぁそこも見所ですからね・・・
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。