スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花×華 3

あらすじ

“せっかくの夏休みだから・・・一生残るような特別な想い出を残したくて―”

一通のラブレターから始まった園端夕と二人の“はな”との物語は、いよいよ熱い夏真っ盛り。
福助いわく夏は少女が女性へと変わる季節!?

特別な想い出を刻み込むべく、
明るくはしゃぐ赤色浴衣な成宮 花&控えめに楽しむ可憐な藍色浴衣な東雲 華と夏祭りを満喫する夕。

だがそんな矢先、華さまが母親に連れられて一時街を離れることに・・・。

花もプールや肝試しなど、ここぞとばかりに接近を図るのだが、
それぞれ三人の想いが詰まった夏が交錯していき、そして―。

“だぶるはな”で贈る学園青春ラブコメ、撮影3回目。

感想

花×華の3巻
今回の表紙は浴衣姿の
2人のヒロインを交互に・・・って感じなのかな?
やっぱり・・・

とりあえず今回の話を読んで思った事を・・・

無理じゃない?・・・無理だよね?・・・コレ・・・

っていうか・・・選・べ・る・か!!!

今回の話では1巻・2巻と違って撮影がなかったために
・・・3人の『恋』の方に焦点が当たってた。

そのせいというかなんていうか・・・2人が可愛いわ健気だわ・・・
この2人のどちらかをいずれ選ばなければ・・・というがの苦悩が思われる・・・

っていうか爆発しろ!

まぁここらへんの事は前回も書いた気がしますが・・・
なんていうか今回の話を読んでいてやっぱり余計に・・・
どっちの恋が破れる所も見たくないって強く思う1冊だった・・・

他の作品だと残念だけど多分この2人が・・・とか
この2人が結ばれるのか・・・って感じで納得できるんだけど
このシリーズだけはどっちかが選ばれても納得できなそうな感じがしてならない・・・

いっそ・・・一夫多妻制の国にでも行ってしまえと言いたくなる・・・
まぁがそれで納得できるのか・・・とかがその選択をできるのか・・・
とか色々と問題があって無理なんだろうけど・・・

この時点で私が考えられるこのシリーズの終わり方は・・・現状維持・・・だろうか・・・
先の事は想像にお任せする・・・ならまだ・・・
悩ましい限りだ・・・

本編の方は最初に書いたとおり、撮影がない夏休みらしいイベント満載の話
ただし序盤からが母親の我侭で避暑地に出かける事になり
意図せず、との2人だけの思い出を作れる状況に。

の邪魔がない、と2人だけ(知佳もいるけど)の色々な事を
心の底から・・・本当に幸せと思う一方で、
に対しての後ろめたさ・・・フェアじゃないという思いに迷う

普段はいがみ合いながらも、どこかでしっかりつ繋がっている姉妹の絆
が感じられてとてもいい。

は最初ににラブレターをだしたのがで、自分がそれに便乗した事を・・・
がラブレターの送り主を『はな』とだけ書き、スタートラインを一緒にしてくれた事を
感謝していて・・・でも自分のへの想いは諦められるような軽いものではない。

だからこそ、一緒にプールや肝試しに行き、そして事故が重なり・・・

キス・・・

うぉぉ・・・に対して後ろめたさを感じながらも、への想いを抑えきれず
そしてさらに状況が重なってついに限界を超えてしまったようで・・・

だけど冷静になってから自分のその抜け駆け行為を激しく後悔する所も
この娘のいい所・・・なんだろうな・・・

なんていうか本当に真っ直ぐすぎるくらい真っ直ぐな娘

そしてそういうに心を奪われていたが直面したのは
離れた場所で1人、どうにかの元に戻ろうと頑張っていたの想い

母親の我侭で予定通りに帰る事ができなくなり、
それを必死に隠そうとするけど、はわずかな違和感からそれに気づき
にばかり気をとられていた事を悔やみながら、彼女のために色々考える事に・・・

そして・・・なんやかんやで2人きりでホテルに止まる事に・・・

なん・・・だと・・・!?

帰って来れないのためにが一人で完成した2巻で撮影した映画を届けに向かい
そこで母親と喧嘩し、先に帰る事にしたと再会。
2人で帰ろうとしたけど豪雨と土砂崩れ、雷が重なり電車が停止
疲れてしまった2人は近くのホテルで止まる事に・・・しかもツイン・・・同じ部屋です。

に心を奪われながらも、ずっとの事を想っていたらしく
久々に逢ったという補正もあっていつも以上にドキドキ

そしてを自分の元に1人で送り出した事から
自分が居ない間に後ろめたく思うようななにかがあったと察知した事、
そしてに出会えなかった間の寂しさもあってちょっと大胆だった。

の場合はよりも自分の気持ちをまっすぐに・・・
これでもかってくらい恥ずかしがらずに伝えてくる分
凄く判りやすいだけにこれはこれでもう可愛くてしょうがない。

そしてやっぱりの事をわかっている。
それでもやっぱりへの想いでは負けたくないから
がなにかをにしたのなら、自分はから何かをしてもらいたいと望み
が色々と衝動を抑えつつ選択したのは・・・

ほっぺにキス

まぁの方から唇に・・・は決定的な事になってしまう恐れがあるのでこれが限界でしょう。
まぁどちらかがリードって感じではなく、どちらにも同じくらい・・・
そして前にもまして彼女たちへの恋心は強くなっている感じがします。
そしてに対する2人の気持ちもより強くなっている感じ。

3人がこれからどんな風になっていくのか・・・やっぱり楽しみ。

今回の話でに見せるために提案し、知佳と一緒に見に行った
と似たタイプの・・・そしてそれ故にかを強く引き付ける演技をする
女優・狩野 葉奈子・・・

彼女の演技がに与えた影響、そして彼女との間にかつて色々あった
そしてが応募したアマチュア映画コンクールの特別審査員が誰なのか・・・

次回はなにか波乱の予感・・・

最後に一文。

にセリフ

お互いにこの夏のとの思い出を言いあっていて、ついついでてきた最大の思い出
でも冷静に聞くと・・・がただの二股野郎っていう・・・
本当には幸せ者で・・・罪作りな奴だ・・・

っていうか・・・この2人の子供っぽいいい合いは可愛くてしかたない・・・

「─ゆ、夕くんにあたし、・・・ちゅ、ちゅーしたもん!!」

「わたし、夕くんといっしょに寝ましたもの!おなじ、ベッドで!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
花×華(3) (電撃文庫)花×華(3)
(電撃文庫)

(2011/03/10)
岩田洋季

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。