スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

101番目(ハンドレッドワン)の百物語 3

あらすじ

一文字疾風、通称モンジは、ある日突然『百物語の主人公』になってしまった、
ちょっと普通じゃない高校生。

都市伝説『ベッドの下の怪人』の噂に怯える詩穂先輩の姿を見て、モンジは、

「じゃあここは俺が先輩の家に泊まりますよ、なんちゃって!」

「ほんと”?モンジくん一緒に寝てくれるの”!?」

―そんなわけで、一之江や鳴央・音央の姉妹といった美少女たちとともに、
一人暮らしの先輩の家でのパジャマパーティーに招かれることになったモンジ。

さらに、新たな『主人公』の存在も明らかになり・・・?

サイトウケンジ×涼香が贈るノンストップ学園アクションラブコメ第三弾。

感想

101番目の百物語の3巻
表紙は前回の話で疾風の物語になった『妖精の神隠し(チャンジリング)』『ハーフロア』である鳴央
元々はほとんど同じ存在であったはずの音央と彼女・・・最早完全に別人だ・・・

今回も新しい物語がでてきたけれど最大の出来事は疾風以外の『主人公』が登場した事

物語は『赤マント』疾風瑞江が出会い、交戦
強力なロアである『月隠れのメリードール』である瑞江と引き分け終了
そして『赤マント』・・・『夜霞のロッソ・パルデモントゥム』
すでに誰かの『物語』であるかのような発言をして去るという状態があり

次に『ベットの下の男』という怪談を怖がる疾風が想いを寄せる先輩である詩穂の家に
泊まりに行く事に・・・
そして妖怪・・・『ベットの下の男』がまだ力をそんなに持っていなかった事もあって
結構あっさり目に倒し終了。
女の子でもなかったし、仲間にもならなかった。

でも何気に『神隠し』である鳴央の能力が直接戦闘向きではないとはいえ
とんでもない凶悪で強力で使い勝手もやさそうなものと判明

別空間を作り出して戦場を隔離したりする『妖精庭園』
そして記憶を失い存在そのものが緩やかに消滅する空間に落とす『奈落落とし』

サポート能力とある意味の1撃死攻撃というトンデモ性能・・・

『メリーさん』『魔女』『神隠し』・・・
あまりにもメジャーで強力なロアが初っ端から仲間になっていいんだろうかって感じ
お互いが強すぎだ・・・しかも全員美少女で例外なく疾風に好意とか・・・

この時点まではぶっちゃけハーレム展開
詩穂の家には疾風以外にも音央鳴央、最終的には瑞江も泊まり

男1人に対して美少女4人のお泊り会・・・

きっとこれは今回の話で結構ズタボロになる運命が待っていた疾風に対するフラグだな。
こんな恵まれた環境にある人間に不幸が訪れないはず無いもんな・・・な・・・

次に再会した『赤マント』・・・『ハーフロア』であろう彼女との会話から
彼女が『終わらない千夜一夜(エンドレス・シェラザード)』
と呼ばれる『主人公』『物語』と判明・・・

10倍のキャパシティ・・・だと・・・!?

百物語ですら集められるのかよ・・・って話なのに1000って・・・
しかも『星座の女神』『正義の星女神』とか色々と異名がある超有名どころ・・・
必ず女性であり・・・さて正体は・・・って感じなんですが
実はこれ読んでるとほとんど正体が推測できる・・・・なので感想の後半で・・・

次に遭遇したのがこれまた別の『主人公』

『蒼の邪眼(ブルーアイズ)』氷澄
彼の相棒にあたる『ターボ婆さん』であるライン

ゴスロリでお婆さん口調の女の子
まぁ『ハーフロア』ではなく完全な『ロア』みたいなので見た目は噂に左右されたんでしょう・・・

彼等と出会い、そして『主人公』とその『物語』
互いの力を合わせた戦い方と力の前に瑞江は破れ、どうにか逃げ切る疾風
でもこの結果は今後を考えるとなくてはならなかった事

自分がなんの力もまだ持っていない事
瑞江を・・・仲間を守れなかった事

これを疾風が心から理解し、そしてその先に行くために必要だったと思う。
仲間達の言葉や今回は前回の力の使いすぎで戦線離脱していた
『魔女』・・・キリカの手伝いもあって自分の『主人公』としての
『ロア』としての力のきっかけをつかみ
そしてそれを覚醒させる疾風

力を得る事で疾風が変わる事を恐れていたがゆえに力の事を伝えあぐねていたらしい
瑞江キリカだけど、疾風は今回の件も含めて自分が仲間達に支えられていると
心の底から思い、そして自分が調子に乗っても彼女達が止めてくれると信じているからこそ
迷わず先に進む事が出来たんだと思う。

何気にこのメンバーの絆は強い・・・そう感じる話だった・・・

そして氷澄との再戦の中で『101番目の百物語の主人公』としての力を想像し
さらに復活した瑞江との連携で氷澄達を撃破

でも再戦前に決めたとおり、あくまで疾風の目的は氷澄を仲間にする事で
街の平和を守る事。
氷澄氷澄で律儀で真面目っぽく、誠実そうではあるので
これからはとりあえず仲間になっていきそう・・・

っていうか氷澄は典型的な男性のツンデレキャラ・・・
なんだかんだ言いながら、きっと今後は疾風を色々と助けそう。
疾風にしても数少ない、自分を『モンジ』ではなく『疾風』と呼んでくれる
同性の・・・しかもこっちの世界の事を相談できる相手ができるからと喜んでるし・・・

いいのか・・・それで・・・?

それと『蒼の邪眼』『主人公』ってなんだろ?
ってツッコミはしちゃ駄目なんだろうな・・・きっと・・・

でも・・・

戦いも終わり、仲間も増えて一件落着という所でその戦いを見ていた真打登場・・・

『終わらない千夜一夜』の主人公:理亜

という訳で疾風の従姉妹にして妹のように可愛がる女の子・理亜
もう1人の『主人公』でした・・・

本編ではクールで真面目で兄思いってくらいしかわかりませんが
携帯サイトで見れる番外編ではより深く彼女の事がわかる話があります。
まぁそっちもいつかは文庫に収録されるのかな?

疾風理亜もお互いに自分達が住む街を、そして兄が、妹が住む街を
守りたいがゆえに『主人公』になった2人
こういう所はさすがというかなんというか・・・

でも理亜曰く、疾風の優しさは『主人公』に向いてはいないという事で
疾風を自分の物語として取り込む事にした模様・・・

氷澄と戦った直後というこの状態でどうなるのか・・・という所で終了

気になる・・・大いに気になる・・・早く続きが読みたいです・・・
彼女が敵になるのか、はたまたデレるのか・・・どっちだろうな・・・
まぁ疾風理亜もお互いにシスコン&ブラコンっぽいんだけどね・・・

同居していて、お互い兄・妹として接し、でも実の兄妹ではないけど
従姉妹だから血は繋がっている・・・
ある意味で色々な問題を解決した上で、血縁&義妹を含んだ属性だよな・・・これ・・・
まさに色々な意味で最強の妹キャラかも・・・

女の子関連の方は今回も色々あったけど一番はキリカかな?
前回、鳴央をこちらの世界に連れ帰るのに力を使って、
その代償で視覚を失っていたみたいだけど、
それでも疾風『魔女』としての知識から的確に助言をしてたんだけど
額にキスをされたり、いい雰囲気になったりと
今まで以上に疾風と距離が近づいた感じ・・・

疾風詩穂の事が好きだけど、キリカに対する感情も結構大きい感じがする。
思わず恋人にしたく・・・とか、キスをするなら恋人同士になってから・・・とか
無意識か意識してかわからないけど、ちゃんとそういう対象の1人としてキリカを見てる感じ。

一方で瑞江に対しては絶大な信頼というか、パートーナーという感じがするけど
恋愛対象としてはどう思っているのか・・・というとちょっとわからないかも。
瑞江の方はあきらかに好意を抱いてるんでしょうけど・・・

まぁ周りに美人が大勢いるあげく、誰一人として普通の人間がおらず
でもどの女の子と結ばれても幸せになれそうな疾風・・・

とりあえず妹に折檻されるくらいはきっと仕方ないな・・・うん・・・
その妹もヒロインの1人っぽいんだけどね・・・

っていうか『主人公』『ロア』でもある存在に
『自分の物語になれ』というのはプロポーズとほとんど同義だと1巻で言われてたけど
そうすると今回の作品の最後の理亜のセリフもプロポーズと取れなくもないな・・・
そんな所でも似たもの兄妹なんだろうか・・・この2人・・・

最後に一文。

力を得て、疾風が変わってしまったらという不安を口にしたキリカ
疾風が言ったセリフ・・・
これを聞くと、彼はきっと変わらないんだろうな・・・そう思える

「そう。だから、約束するよ。

 今後何があったって俺は変わらない。

 いつも通り、バカでスケベなまま、

 俺の物語たちを大事にするさ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
101番目の百物語3 (MF文庫J)101番目の百物語3
(MF文庫J)

(2011/03/22)
サイトウ ケンジ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

101番目の百物語全体を通じて思ったのですが、作者がシナリオを書いたエロゲ「あかね色に染まる坂」のキャラと一部性格が似てる気がするんですよね。
作画の一人が涼香さんであることも加えると、本当に似てると思いました。
具体的には「あかね色 : 101番目」として
「白石なごみ:一之江瑞江」「長瀬湊:???理亜」「椎名観月:七里詩穂」
が特に似てるかなぁと。キリカとつかさ、音央と優姫も似てるかも。
でもだからダメだ! なんてつもりはまったくないですよ。まったく同じな訳でもないし、楽しんでますから!

こっそり詩穂先輩=ヤシロちゃんだと思ってるんだけど、どうなんでしょう?

Re: No title

コメントありがとうございます

> 101番目の百物語全体を通じて思ったのですが、作者がシナリオを書いたエロゲ「あかね色に染まる坂」のキャラと一部性格が似てる気がするんですよね。
> 作画の一人が涼香さんであることも加えると、本当に似てると思いました。
> 具体的には「あかね色 : 101番目」として
> 「白石なごみ:一之江瑞江」「長瀬湊:???理亜」「椎名観月:七里詩穂」
> が特に似てるかなぁと。キリカとつかさ、音央と優姫も似てるかも。
> でもだからダメだ! なんてつもりはまったくないですよ。まったく同じな訳でもないし、楽しんでますから!
>
> こっそり詩穂先輩=ヤシロちゃんだと思ってるんだけど、どうなんでしょう?

一部性格似てるって・・・キャラ作れば既存のキャラの誰かしらに
一部性格似ると思うんですが・・・

まったく新しい性格のキャラってもはや作るの大変だと私は思いますよ。

No title

えぇ、もちろんそれは分かってます。同じ作者さんでもあることですから。
ただ性格だけでなく属性(?)的にも似てると思ったんですよね。
ですます調でしっかりものの、でもブラコン気味な妹とか。学園のアイドル&生徒会長でふにゃふにゃした感じの先輩さん(裏あり)とか…。
せめて役割を入れ替える工夫はして欲しかったかなぁと。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。