スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン 7 マザーズ・ロザリオ

あらすじ

キリトが巻き込まれた“死銃”事件から数週間。
妖精アバターによる次世代飛行系VRMMO“アルヴヘイム・オンライン”にて、
奇妙な騒動が起こる。

新マップ“浮遊城アインクラッド”、その第24層主街区北部に現われる謎のアバターが、
自身の持つ“オリジナル・ソードスキル”を賭け、
1体1の対戦ですべてを蹴散らし続けているという。

“黒の剣士”キリトすらも打ち負かした、
“絶剣”と呼ばれるその剣豪アバターにアスナも決闘を挑むのだが、
結果、紙一重の差で敗北してしまう。

しかし、そのデュエルが終わるやいなや、
“絶剣”はアスナを自身のギルドに誘い始めた!?

“絶剣”と呼ばれるほどの剣の冴え。
そこには、ある秘密が隠されており―。

『マザーズ・ロザリオ』編、登場。

感想

ソードアート・オンラインの7巻
今回はついにアスナが中心・・というか主役となる話です。

これは・・・泣ける・・・ってか泣いた・・・

今回は今までのように明確な『敵』というものが存在せずに

11連撃という驚異的なOSS(オリジナルソードスキル)を編み出し
『絶剣』と呼ばれ、さらにキリトにも勝利した少女・ユウキ
彼女がリーダーのギルド・スリーピング・ナイツのメンバー
そしてユウキとの戦いに敗れた後、彼女にギルドに誘われたアスナ達の物語。

ただキリトが最初の戦いで気づいたユウキの秘密
スリーピング・ナイツのメンバーに共通するある事柄

それが最終的に悲しいできごとに繋がっていく・・・

『命』

ユウキ達はオンラインゲームを引退する最後の記念に
アインクラッドのフロアボスを倒し、石碑にメンバー全員の名前を残す事を目標にし
そのアドバイザーとしてアスナを選び、アスナもそれに協力することに。

他の攻略ギルドの妨害もあったけど、あいかわらずのキリト無双アスナをサポートし
スリーピング・ナイツ&アスナの7人でフロアボスに挑み見事に勝利

これからもメンバーとの繋がりを大切にしたいというアスナだけど
それは叶わず・・・そしてキリトからユウキの現実世界での居場所を知り
会いに行くことに・・・

そこで知ったのはユウキ終末期医療を受ける患者で
彼女はほとんど現実に戻る事なく、3年間・・・そのほとんどを仮想世界で過ごしている

なんていうか・・・キツイ・・・
この世界のフルダイブ技術はダイブ中の体の感覚を遮断し
脳に直接情報を送る事から、視力などがない人でも
仮想世界であれば見て聞いて・・・そして全力で楽しむことが出来る

ある意味で彼女こそが2年間、SAOの世界に囚われていたアスナ達以上の・・・
完全なる仮想世界の住人と言っていい娘で、
だからこそ誰よりも仮想世界を楽しんでいたと言えるのかも。

他のメンバーも多少の程度の違いはあるとはいえ
同じような状況らしく色々と辛い・・・

で真実をしってもアスナユウキに対しての想いが変わる事無く
今までどおりに・・・今まで以上に彼女と親密になり
キリトリーファ達も交えて仲良くなり幸せな時間を過ごす事に。

こういうアスナの優しさはとてもいい感じ。
ユウキとの触れ合いの中で、言いたい事が言えなくなっていた母親と
仮想世界で・・・母方の祖父母の家の周囲の風景に似たその場所で
自分の想いを母親に伝え、頑なだったアスナの母親も
アスナが自分の道を歩くことを認めた。

全てはいい方向に進んでいる感じ

でも・・・ユウキの病状はついに限界を迎え、
最後は仮想世界で・・・アスナに自分のOSSである『マザーズ・ロザリオ』を託し
そしてギルドのメンバーやキリト達、そして『絶剣』を知る
全てのメンバーが集まる中で最後を迎える

これは・・・キツイ・・・涙腺が・・・

ある意味で今回の話の生きることそのものが戦いであった少女の物語
それでも彼女は最後の最後、自分が生まれた意味を・・・
そしてその証を残すことが出来た事は幸いだったのかな・・・

生きているだけで・・・元気でいるだけで幸せ
地震、そして今回の話を読んでかなり深くそう思った。
っていうか・・・

ユウキ・・・よく頑張った!

そしてキリトは今回は出番はそんなになかったけど要所要所でアスナを支え、
戦闘では魔法を『斬る』というおかしな事をしてました。

『どんな高速魔法も対物ライフルの弾丸よりは遅い』

とは彼の言・・・
あーなるほど・・・・って納得できるか!!

といつものトンデモぶりを発揮してましたね。
唯一彼らしくなかったのは・・・女の子に惚れられなかった事か?

まぁユウキとは意気投合してたけど。

今回の話は悲しいし辛い部分もあるけどめっちゃ面白かった。
これだけは間違いない!


次は・・・短編集か・・・

『キャリバー』
『圏内事件』
『書き下ろし』


の3本なのか・・・書き下ろしと見逃した『キャリバー』
どんな感じなのかな・・・楽しみ。

最後に一文。

ユウキの最後のセリフ・・・
本当に彼女は頑張った・・・

「ボク、がんばって、生きた・・・。ここで、生きたよ・・・。」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ソードアート・オンライン〈7〉マザーズ・ロザリオ (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈7〉
マザーズ・ロザリオ
(電撃文庫)

(2011/04/08)
川原 礫

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

発売日に買ったけど読むのが遅くなってしまった

最後とキリト(とクライン)が登場したときはとりはだがすごかったです
ヒースクリフはこれからもちょこちょこでてきそうです

ライフルのくだりは確かに納得できませんでしたww

今回キリトくんが空気ですが、アスナを支えていたりとがんばってましたね
表紙にもそれが現れていると思います

京子がVR世界に来たときが自分的にはよかったです

キリトがユウキに負けるたびに『(片手剣だったとはいえ)』というのがでていたのは、やっぱりキリトの最強は作者もゆずりたくなかったのでしょうか?

短編では『バーサス』が読みたいです
見逃してしまったので、小説にものったらいいなと思ってます

Re: 発売日に買ったけど読むのが遅くなってしまった

コメントありがとうございます。

> ライフルのくだりは確かに納得できませんでしたww

確かにライフルを撃ち落とせるなら魔法も・・・っていうのは理解はできます。
でもそもそもゲームの中とはいえライフルを撃ち落とす事事態が
すでにおかしい事にキリトは気づくべきですねww

> 今回キリトくんが空気ですが、アスナを支えていたりとがんばってましたね
> 表紙にもそれが現れていると思います

web版だとあの活躍すらありませんからね・・・
無理やり無双しにきたキリトさんはマジパネェっす。

> 京子がVR世界に来たときが自分的にはよかったです

そこはいいシーン。
特にVR世界を嫌っていた彼女が、まさにその世界で
娘であるアスナと仲直り(でいいのかな?)したのがとてもいい感じでした。

> キリトがユウキに負けるたびに『(片手剣だったとはいえ)』というのがでていたのは、やっぱりキリトの最強は作者もゆずりたくなかったのでしょうか?

一応、キリト自身がもしユウキがSAOにいたら
二刀流は彼女のものだったと認めてはいるんですがね・・・
どうなんでしょう・・・
わかってるから・・・と言いたくなるくらい
片手剣で負けたって事を押してましたからね・・・

> 短編では『バーサス』が読みたいです
> 見逃してしまったので、小説にものったらいいなと思ってます

一応、雑誌も毎回買ってるんで『バーサス』もあるんですが
確かに収録してくれると嬉しいですね。
でもSAOとAWのどっちに収録すべきなんでしょうね・・・アレ・・・
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。