スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロー、ジーニアス 2

あらすじ

怒濤のゴールデンウィークが過ぎ去り、
第二科学部に腰を落ち着けた高行は、部長であり、
生まれながらに常識外れの頭脳を持った天才―“ジーニアス”の海竜王寺八葉、
そして同じく入部した有屋美月と騒がしい日々を送っていた。

しかしある日、第二科学部が居を構える『部室長屋』に学園都市運営機構の息がかかった
『統括委員会』が現れ、長屋の取り壊しと退去を一方的に通告してくる。

高行たち三人は個性豊かな長屋住人たちと協力して、抵抗運動を起こすが、
委員会側は何やら卑劣な策を巡らし・・・?

第二科学部、いきなり解散の危機!?

加速する青春ストーリー、待望の第2弾。

感想

ハロー、ジーニアスの2巻

前回、足の故障で陸上の高飛びをできなくなり学校を辞めようとしていた所を
『ジーニアス』という天才的頭脳を持った人間である八葉によって
彼女の研究の手伝いを頼まれ、その活動を通して仲良くなり
学校を辞めるのを止めて、彼女が所属する『第二科学部』に入部した高行

さらに彼を追いかけて水泳部との兼部ということで美月も仮入部した。

今回はその続きで・・・

八葉と美月

この2人の関係が物語の中心となります。

2人とも高行に対して特別な感情を持っているみたいな2人

生まれつき天才的な頭脳を持ち、合理的に物事を考える八葉

才能が無いと判断されながらも自分の居場所を見つけるために
色々と部活を変えてきた美月

圧倒的な才能を持つけどそれゆえに孤独であった八葉

才能はともかく色々な人との交流で多くの知り合いがいる美月

ある意味で真逆のタイプの2人が、共通の危機である
『部室長屋』取り壊しの危機に時に反発しあい、時に協力しながら
徐々に友情を育んでいく感じがとてもよかった。

論理的に物事を考え、効率よく物事を動かそうとす八葉
時に感情で動く美月のコンビはこれでバランスが取れている感じ。

どっちも蔑ろにしてはいけない事だと思うし、これはこれでいいコンビ
そして主人公・高行は2人のフォロー・・・かな?

常識に欠ける所があるゆえに無意識に人を傷つけてしまい
後からそれを理解して落ち込んだりと何気に自虐が多い八葉を励ましたり、
彼女をずっと見ていると宣言したりと、この2人の関係も落ち着いてきていい感じ

そして美月の事に関しても彼女の過去を彼女自身から聞いたし、
彼女が八葉高行の事をどういう風に思っていたかも知った高行

陸上部で、同じ部のメンバーにすらほとんど関わらずに自分を高めてきた
彼にとってもこれは新しい自分を見つけるための大きな経験になりそう。

何気に鈍いと思っていた高行美月の気持ちになんとなく気づいていそうな事
には驚いたが・・・どうするんだろうか・・・コイツ・・・
八葉だってわかり易いくらいわかりやすい感情を高行に持っているっぽいし・・・

なんだかんだと高行に関わってくる陸上部のライバルで今は友人(?)って感じの清彦
ちょっと引くぐらい高行大好きっぷりだったり、
清彦の彼女であり、それゆえ高行にあまりいい感情を持っておらず
唆されたとはいえ前回の話で八葉の邪魔をした勇里
今回の話を通して八葉とも仲良くなったりと人間関係は
高行陸上部であった時よりも明らかに豊かになってる。

より親密になったキャラ達や、今回の事件で共闘した
『部室長屋』の他の部活の個性的なメンバーなどコレからが楽しみ。

何気に一番楽しみなのが、八葉高行に渡した自立型AI搭載の携帯電話
まだ高行は名前を付けていないみたいだけど、
完全に自意識が芽生えてるぐらいの性能なのでこれから『彼女』が
どんな成長をするか楽しみ。

考えてみると高行の数少ない交友関係は何気に半端ない・・・

『ジーニアス』である八葉が部長の部活の副部長
色々な部活とコネクションがある美月とは友人
学園でもエリートである陸上部の部長とその彼女が友人
住んでいる寮の人がなんか色々凄い・・・

普通の知り合いはいないのか・・・
何気に今回の事件で『部室長屋』のさらなる変人達
さらに今回の『部室長屋』取り壊しを画策した
課外活動統括委員会のメンバーとも繋がりが出来たのでますます凄い事に・・・

『ジーニアス』を信仰の対象にする『光の庭の教団』という存在などの伏線や
学園にまだまだいるらしい他の『ジーニアス』の存在など
まだまだ色々と事件は起きそうな予感・・・
安定してシリーズ化してくれるといいんだが・・・

最後に一文。

高行のセリフ。
体力的な問題で美月の元へ行けなくなり、高行に代わりに行ってもらおうとするが
理屈よりも自分自身で行けない事を悔しそうにする八葉を見た高行
力が足りないなら自分を頼れと、自分を使えと、ひとりでやろうとするなと励ました
その時のセリフ。
聞きようによってはとても恥ずかしいセリフ言ってるよね・・・コレ・・・

「約束しろ。
 諦める前に俺を頼れ。
 頼れないっていうなら、道具やパーツとしてでもいい。
 俺を使え。
 なんでもかんでも、ひとりでやろうとするな」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ハロー、ジーニアス〈2〉 (電撃文庫)ハロー、ジーニアス〈2〉
(電撃文庫)

(2011/04/08)
優木 カズヒロ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。