スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささみさん@がんばらない 5

あらすじ

ギリシアの神々の「改変」によって、すべての人々がゲームの中に吸い込まれた?

『現代のトロイア戦争』の敵同士になって戦うことになった
主人公・ささみさんと、ライバルの情雨。

でも敵なのに密室でふたりっきりなのはなぜ?

モンスターの召喚、襲いかかる試練、力を奪われた邪神三姉妹・・・・・・。
そしてギリシアの神々の本当の狙いとは!?

「泣かないで、わたくしの、世界でいちばんの大好きちゃん」

――いつかは忘れ去られるかもしれない、大好きな人のための冒険と、
その果てに抱いた決意の物語、好評シリーズ第5弾

感想

ささみさん@がんばらないの5巻
今回の表紙は主人公・鎖々美の宿命のライバル・・・もしくは友達の蝦怒川 情雨
あいかわらずツンデレ気質というか・・・根がいい娘だから
どうあがいても敵キャラになりきれていない感じがなんとも可愛い

そして今回の話のないようですが・・・

ギリシア神話?太陽神?・・・なにそれ?

母親が最強だよ!!

そんな話でした。

今回は終盤で軽く涙腺が刺激される事態になってしまいました・・・
まさかこのシリーズでここまで心を動かされるとは・・・
感動するところは感動できるんですが、それ以外の緩いところはとことん緩いんですが
今回は緩い展開がありつつも一貫して危機的状況な上に、
いつもと違ってほとんど助けてくれる仲間達が近くにいなかったっていうのもあって
わりとシリアス度が高かったせいかも・・・

今回は前回の終わりにギリシア神話の神々が日本そのものを『改変』して行う
神々の代理戦争たる『トロイア戦争』の話。
章ごとの感想ではなく1つとして感想を書いてみようかと。

最初から鎖々美情雨だけ個室に監禁状態で
ゲームプレイ感覚でキャラクターを操作して『トロイア戦争』に参加していたけど
密室で2人っきり・・・しかもゲームやったりカラオケしたりと
思いっきり友達同士で楽しんでいるかのような状況なので
なんだかんだいいつつも仲良くなっていく2人

日本全体が改変され自分達は隔離されていてもこの2人は・・・
っていうか鎖々美が段々駄目人間・・・というか変態に近づいてる感じ。

情雨になにかと抱きつこうとしたり、かがみとのカンケイを突っ込まれて
照れたりと段々とガチ百合というか・・・そんな感じになりつつある。
そういえばクラスでも公認って感じなんだよな・・・そういえば・・・

さらに今回は情雨にもその魔の手が・・・って感じなんだけど・・・
鎖々美『友達』は尋常じゃない好感度で示されるから一歩間違うと変な方向に行く感じ。

情雨情雨鎖々美を認めている所もあるため・・・どうなるんだろうね、この関係

鎖々美は子供の頃、月読の巫女となるため努力を続け挫折して
ひきこもりになり、最近色々と成長して外に出るようになった

情雨は子供の頃から頑張り続けていて、だからこそ目的のために
色々と大切なものを得る機会を逃してしまっている感じ。

鎖々美からしたら情雨は子供の頃の自分を思い起こさせる存在で、
さらに今回、彼女の立場を・・・自分達と敵対するアラハバキの首領と知ったけど
それでも鎖々美はお互いの両親の敵対関係のような未来は望まず
友達になりたいと願っている感じがとてもいい。

問題は情雨の方かな・・・色々とがんじがらめな感じ。
それでも今回の2人きりの状況でさらに心を開いた幹事はあったけど。

一方でギリシア神話の神々が干渉するがゆえに邪神三姉妹の力をいつものように借りれず
それどころか利用されたりと結構厳しい状況

直接事態に干渉できない鎖々美情雨・・・
それを解決に導いたのは2つの存在

1つ目は前回に引き続き登場のスサノオ

3巻で登場したたまの友人で、霊能力を持っているがゆえに
今回の『トロイア戦争』で特別な役割を与えられた櫛名田 希美

彼女はスサノオの奥さんであるクシナダヒメの生まれ変わりみたい。
存在をのっとられた姉であるアマテラス(つるぎ)
希美を助けるために現れその力を振るい
希美スサノオに何かを感じていた。

そして2つ目は・・・

母親と・・・そして保護者達

遥か過去から月読の巫女を見守ってきた存在であるらしい鎖々美の兄・神臣
月読家に仕え能力と記憶を失っていたミッちゃん
そして情雨『おじょうさま』と呼び、彼女を守り続けてきた玉藻前

神臣鎖々美が自らの道を決め、最高神の力を次世代神である
タマに返す事を決意した事で、もう自分が見守らなくても立てると確信し

今回の『改変』によって記憶を思い出したミッちゃん・・・タケミカヅチ
神臣の中にある強大な力を取り込む事でそれを莫大な力に転換

そしてその莫大な力と今回の事件で彼女に与えられた『戦いに必ず勝ち、その後死ぬ』という役割の力
そして過去に飛ぶ事ができるその力で実際の『トロイア戦争』そのものの結果を変える事で
『トロイア戦争』にそって事態を動かし、日本の神々を取り込もうとしていた今回の黒幕である
太陽神・アポロンの作戦を打ち破った・・・

玉藻前は己の命と引換えになるとわかっていてもその絶大な力を振るったのは
『アラハバキ』のメンバーだからでも、情雨の部下だからでもない
ただ情雨の為に・・・自分の娘である彼女の為に・・・その力を振るった

まさに母は強し・・・でした。
鎖々美の為に自らの力の全てを差し出した神臣も凄かったけど
やっぱり印象に残ったのは母親の力は凄いな・・・って事。

事件後、邪神三姉妹は利用された事で凹み、
神臣とそして玉藻前も帰ってこない・・・

今後は鎖々美情雨が協力して失ったものを取り戻そうと頑張る話になるのかな?
終わり方を見るとなんか海外に行きそうな予感だけど・・・どうなるんだ・・・
そしてタイトルに逆らってがんばっちゃうのか?

あとがきによると次回は3部構成の短編集らしいけど・・・なにかあるみたい。
なにはともあれ楽しみで

最後に一文。

玉藻前のセリフ

最後の最後、彼女の態度と言葉から彼女が母親だと気づいた情雨
彼女が言った言葉。

まさに・・・母は強しって感じでした。

「泣かないで、わたくしの、世界でいちばんの大好きちゃん」

「・・・ママって呼んでくれて、嬉しかった」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ささみさん@がんばらない 5 (ガガガ文庫)ささみさん@がんばらない 5
(ガガガ文庫)

(2011/04/19)
日日日

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日日日 ささみさん@がんばらない5

 世間ではゴールデンウィークに突入しましたものの、無職の私にはあまり関係ないのではと思う方もいるかも知れませんが、本の発売日とか色々と普段と違ってくるものなんですよね。  それでも本を読んでるのは相変わらずでして、今回感想と紹介を書くのは日日日先生の小...

日日日 「ささみさん@がんばらない5」

JUGEMテーマ:読書感想文      ◆  ささみさん@がんばらない シリーズ   ギリシャ神話の神々による日本乗っ取りが発動し   蝦怒

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。