スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 8

あらすじ

「私と付き合ってください」

新たな局面を迎えた恋愛模様。
そして──

「きょうちゃん。────おこるよ?」

「貴様等、そこに並んで正座しろ!」

「恋人ができたそうですね、お兄さん?」

俺の全方位土下座外交が幕を開けた。

幼馴染みに三年ぶりのマジギレ予告をされたり、
あやせに火あぶりにされかけたり──

「五更日向です。──こっちは末っ子の珠希」

新たな登場人物も加わって高校生活最後の夏休みは毎日が大騒動だ。

そんなある日、黒猫が「運命の記述」と題された預言書を見せてきて・・・・・・?

預言書に秘められた少女の”願い”とは!?
兄妹の関係にも一大転機が訪れる、シリーズ第8弾!

感想

俺の妹がこんなに可愛いわけがないの8巻

待ってた・・・待ってたよ・・・

前回の終わりがとんでもない終わり方だっただけに続きが気になって気になって・・・
ようやく読めたのでいざ感想を・・・

黒猫が・・・黒猫が可愛すぎる・・・

さらに・・・

京介が・・・京介がヘタレてる

最初の告白の時は京介自身がよくわからない理由から時間を貰い、
翌日、桐乃麻奈実の助言で黒猫のことを考えて付き合うようになった2人

っていうか遅いよ!

瀬菜とかすでに付き合ってるものと思ってたみたいだし・・・
傍目から見たら今更何言ってるんだ?って感じなんだろうな・・・

でも2人とも初彼氏・初彼女なので舞い上がり方が凄い・・・
どっちもお互いの事を常に考えてるし、京介にいたっては結構直接的な妄想が・・・

彼と遊ぶ為にやって来た前回登場の御鏡に対して
女性と付き合うようになったら・・・

『いつからおっぱい触っていいの?』

って質問するのはどうなのよ・・・
ちょっと色々と・・・コイツも変だよね・・・直接過ぎるよね・・・
っていうか考えの方向が相変わらず凄い方向に暴走しとる・・・

そんなだから今回の話では色々な人に正座させられたり土下座するはめになるんだよな・・・

そして彼女である黒猫はというと・・・

今後の行動をシュミレートしてたらノートが1冊埋まった・・・

あー・・・うん・・・そういえばそういう子だったよね・・・この娘・・・

でもその内容を見てみると色々と悶えそうになった・・・

先輩と、デートする
先輩に、私のことを知ってもらう
先輩を、私の家に呼ぶ


とか・・・どんだけ可愛いのこの娘・・・!?

それに彼女の最終的な望みである最後のページに書いてあったのは
仲良く笑う京介桐乃の姿の絵

たぶんその光景を彼女が見れるような未来を・・・って考えて書いたんだろうな・・・
なんとなくだが京介とその家族と一緒にいても不自然ではない立場で・・・
って願いも込められている感じがしないでもないが・・・

京介黒猫の妹である日向珠希とも知り合い、懐かれたし
夏休み中も、黒猫のそのシュミレートどおりに色々と恋人同士として行動を共にした。

でも夏休み直前、そのノートに書かれていた一文が大きな問題

先輩と、別れる

Σ(゚◇゚;)?!

連絡も取れなくなったうえ、三学期になって学校に行ってみると転校
京介、ショックがでかくて凹みまくる事に・・・
流石にこの展開は・・・私もショックですわー・・・わー
まぁお互いの想いは間違いがないようだったので何か理由が・・・とは思ったんですが
それでもちょっと衝撃でかい・・・

そして京介がその事で相談したのは、いつでも相談してくれと言った
幼馴染である麻奈実ではなく・・・

桐乃・・・さすがは京介の妹・・・

桐乃でした・・・しかも真夜中に眠っている桐乃を起こして人生相談・・・
この兄妹・・・やる事が似てる・・・

そして凹みまくり泣きはじめた京介を優しく慰める桐乃・・・
えっと・・・流石の桐乃もこの状況の京介には優しい・・・

そして事情を知り、一緒に黒猫の居場所を突き止め行く事に。

京介よりも桐乃と黒猫のほうが仲良く見える・・・だと!?

黒猫の目的は自分と京介が付き合う事を嫌がっているくせに
友達である黒猫の気持ちが本気だと分かっているから、応援しようと思って気を使っていた
桐乃に本音を言わせること。

桐乃の本音・・・それは・・・

京介は嫌い、でも京介の一番は自分じゃなきゃ嫌

えっと・・・それは・・・桐乃さん・・・嫌いって言わないのですよ・・・?
でもそれでも・・・黒猫と京介がわかれたほうが桐乃にとっては嬉しいはずなのに
それよりも『京介が悲しむ事』が嫌だから黒猫の所に連れてきて、
そして彼女を連れ戻そうとした。
もちろん黒猫桐乃にとっても大切な友達でもあるからだけど。

この場面ではお互いの相談事・・・特に京介に対しての発言などをばらしあっていたんだけど・・・
なんだこいつら・・・幸助のいないとこではこんな恥ずかしい相談事までしてたのかと
ツッコミたくなります・・・っていうかこの2人って普通に親友レベルだよねすでに・・・

そして決着・・・

京介桐乃の気持ちを知ってもらった上で選ばせるというのが
最初からの黒猫の目的だったみたい。

京介は答えを言おうとするけど黒猫はそれを遮り曖昧なまま終了
黒猫もまだ京介に決断させるべきではないと思ったのかな?
たとえそこで答えを聞いても一時的な答えにしかならないとわかっていたから・・・

オチとしては黒猫の引越し先はわりかし近い所であって、
転校は変わらないけど、今までどおり一緒に遊ぶのに問題はない模様。

でも京介桐乃の本音や黒猫の変わらぬ想いを知った事で
これから状況に変化は生まれそう。
何気に麻奈実からも『好き』だと言われたたし・・・
京介、何気にいっぱいいっぱいなんじゃないだろうか・・・

麻奈実京介への理解度や同じ想いを持つがゆえに黒猫の考えが分かり
それでも態度を変えず、京介が間違いそうになったら叱る
彼女こそが一番の京介の理解者なのは間違いなさそうなんだけど・・・

あやせに2人の邪魔をしないようにいい含めたりもしたみたいだし
彼女が大きく動く事は・・・今後あるのかな?

今回はサングラスモードでの活躍しかなかった沙織
ゲーム研究会のメンバーと交流が出来た御鏡などこれからも活躍するのかな?
そこらへんも楽しみ。

最後は京介からお礼を言われて微笑む桐乃という
1巻の逆・・・京介曰く鏡あわせの出来事だったな・・・本当に・・・

今回の一件でなにげに『京介』と名前を呼んでいた桐乃黒猫
そしてお互いに『黒猫』『桐乃』と呼び合った2人
いい感じに絆は深くなってる・・・一応、京介黒猫は分かれたけど・・・

そして桐乃に本当に好きと思える彼氏ができるまで彼女を作らないという京介
兄の一番は自分じゃないと嫌という桐乃・・・

お互いがかなり重度のシスコンブラコンである事に気づくべき・・・
何でこの2人はこの状況においてもお互いを大嫌いって言ってんだろうな・・・不思議だ

まぁ今回の事件を通して、より仲のいい兄妹になった感じだけどね。
さて・・・これから事態がどう動いていくのか・・・次巻も楽しみだ

京介桐乃と仲良くなろうという今回の最初の頃の行動はちょっとあれだったけど・・・

最後に一文。

今回は桐乃がめっちゃ格好よかった・・・
いつもの理不尽さもかなり身を潜めていい感じの妹だった

黒猫はめっちゃ健気だったり、可愛い事を言ったりしてたし
彼女の最終目標は未来においても京介達と一緒にいたいと思っていたりと
わかれる事になったとはいえお互い両想いみたいな状態

だけどそんな2人よりも・・・気になる一言を言っていたキャラがいたので
そのキャラの・・・あやせのその一言・・・

彼女(黒猫)ができた事を知り、京介を呼び出したあやせ
麻奈実との関係をどうするのかと言ったり、桐乃の事を言ったりしたけど
本来なら京介に彼女が出来れば桐乃京介を切り離せるから好都合のはず
だけど色々と文句をいい、不満な態度を見せた本心はこのセリフの
最後の部分にあるって事なんだろうか・・・

って・・・え?そうだったの!?
色々と”実は”認めているとは思っていたんだけどそれ以上の想いがあったって
事だよね・・・これ・・・?

何気に京介と一緒になって幸せになれる女の子として麻奈実が上げた彼女
彼女なら無理やりにでも幸せな家庭を気づき、京介の相手も務まると
言っていたし、京介もちょっと異常なくらいあやせが好き
まぁそれ以上に恐怖心も強いんだけどね・・・

ちょっとわかりにくい所あるんでその一部分だけを抜粋

「この前わたしの部屋に来たときだって・・・
       け、結婚してくれとか言ったくせに・・・!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉
(電撃文庫)

(2011/05/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒猫が好き。あやせが好き。麻奈実も好き。だけど一番好きなのは…… 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない8」

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫)(2011/05/10)伏見 つかさ商品詳細を見る「俺の妹がこんなに可愛いわけがない8」 伏見つかさ(イラスト・かんざきひろ)電撃文庫 このライトノベルがすご...

ラノベ感想 その34 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉【電撃文庫】の感想です。 土下座?私たちの業界ではご褒美です。 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫)(2011/05/10)伏見 つかさ商品詳細を見る

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 8巻 レビュー

今回は黒猫の告白から始まる恋愛展開です。 京介の思春期の少年の欲望丸出しの妄想とか、一途な黒猫の態度は中々面白いです。 あやせにとっては、桐乃を狙う害虫がいなくなって良 ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

珍しくメインヒロイン(笑)が活躍しましたねw
桐乃かっこよかったです!
あそこは兄が妹に対していっていたように、
桐乃も黒猫を2・3発ぶん殴ってよかったんじゃないかな?w

内容はとても面白かったのですがやはり結果的に
京介と黒猫が別れてしまったのは残念ですね;;
あと麻奈美の本格参戦がとても怖いです^^;

で今回一番笑ったのが悪魔に「あやせ」ってルビが振られてたことですかねw
これからの展開がちょっと読めないので特に続きが気になります

Re: No title

コメントありがとうございます

> 珍しくメインヒロイン(笑)が活躍しましたねw

(笑)とか・・・事実でも駄目だよwww


> 京介と黒猫が別れてしまったのは残念ですね;;
> あと麻奈美の本格参戦がとても怖いです^^;

マジで何故わかれたし・・・残念
まぁそれでも黒猫が一番優勢であることには変わりないから・・・
復縁してくれるといいな。

あと麻奈実は・・・どうするんだろうね・・・

> で今回一番笑ったのが悪魔に「あやせ」ってルビが振られてたことですかねw

悪魔と思いつつ、さらに色々と酷い目に合わされつつも
京介は異常にあやせ好きですよね・・・
彼女がいても呼ばれれば上機嫌で・・・色々と危ない可能性がわかっていても
会いに行くんですから・・・

> これからの展開がちょっと読めないので特に続きが気になります

確かに気になりますね・・・
基本的に桐乃自身の問題や周囲の状況が落ち着いてきていて
さらに今回の件で本心を晒したので
どちらかというと京介が中心に何かが起こるかもしれませんね。

No title

俺も読みましたよ!

あやせが京介に好意があったのがすごいです

あと、俺の妹がこんなに可愛いわけがないPやったから分かるけど
俺妹Pにストーリーが似てる!しかも黒猫ルートだったし

ここからどうなるのかが楽しみで楽しみで

では、また

Re: No title

コメントありがとうございます。

そういえば俺の妹Pは途中で積んでましたね・・・
そろそろ再開しようかな・・・・
でも現在はスパロボが・・・

俺の妹Pが積みゲー脱出する気配がない

今まで黒猫があまり好きではなかったが、今回の黒猫はヤバかった
前半でテンションMAXでしたね

あやせは次から本格的に参戦してくれたらうれしいです

麻奈ちゃんは・・なんとなく竜宮レナさんを連想してしまう
策士だったのか・・・?

今回で桐乃と普通に仲良くなってしまって、なんか一区切りついたのでしょうか?
コレで次の巻でもいつもどおり「特に変化は無かった」はありませんよね?ww
どんなことがおきてもジョジョ6部ほどの喪失感は無いと思いますが・・・


千葉の松戸にいってみたい

Re: 俺の妹Pが積みゲー脱出する気配がない

コメントあるがとうございます

> どんなことがおきてもジョジョ6部ほどの喪失感は無いと思いますが・・・

あー・・・うん・・・あれはね・・・
ちょっと超展開すぎたよね・・

はじめまして

はじめまして。

僕も読みました。

たぶん(この巻の)最終的には別れるんだろうな、
と思いながらも、

じゃあどういう展開で付き合って別れて
その後の話を持続させるか、という疑問を持ちながら読んだ最新刊。

これしかない、という展開でしたね。
あまりラノベは読まない私ですが、
伏見さんは読ませる天才だと思いました。


相変わらずの京介のバカっぷり。
○○星人カミングアウトとか、
妹と仲良くなる方法がプリクラを携帯に貼ることだったり、
アレだけ言われてまだあやせの気持ちに気づかないとこ、
黒猫に「ふられた」と思ってるところ。ある意味ふってるわけだしw
妹が「兄貴なんて嫌い!」って言ったの聞いて「やっぱり」的な反応なところとか、
黒猫の「戦略的撤退と知りなさい」を「意味がわからない」なんて言っちゃうところ。
何より黒猫とデートコースの話してて「キリノに教わった~」なんて言っちゃうところ。

ああもうどんだけバカなのよこいつ!
俺と代われ!黒猫は俺が幸せにしてやるから!!!

とか思っちゃいながら読んでましたw



黒猫の望みは。

京介と付き合うこと。
ブッちゃければ一生そうすること。
ただその過程でキリノと絶縁するようなのは絶対イヤなこと。

友達も失わず、京介と愛し合いたい。
それが最後のページの絵・・・「彼女の望む理想郷」なんだろうね。

京介の出した答えは所詮一時しのぎの「目先の答え」。
それじゃダメになる、選択を迫られる未来はすぐそこにあるんだよ・・・?とは麻奈美さんの言。

はてさてどうなることやら・・・ですねw

でもホントにこのニブ男だけは。。。
ああ・・・
もどかしいお話でした。


はじめてですのに長々と失礼しました。

Re: はじめまして

コメントありがとうございます

まぁ・・・あれですよ・・・
鈍くないライトノベルの主人公って少数ですもんね・・・
わかっていてもツッコミたくはなるんですがwww

No title

お久しぶりです^^

8巻読みました・・・
黒猫好きの私にとっては
最悪の巻になりましたねぇ

黒猫が別れようと言うことは
前々から想像してましたが

京介はなんなの!?
黒猫の事を本気で好きとか
言っておきながら

俺たちの恋愛ごっこ
という発言には死ぬほどムカつきましたねッ!!

釈然としませんが
桐乃に死ぬほど感動したので
次も買います ^^

Re: No title

コメントありがとうございます。

一応、8巻終了時点でも黒猫が一歩リードしてますし
まだまだ希望はありますよ・・・
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。