スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスカリオテ Ⅶ

あらすじ

人類を破滅に導く、〈反救世主〉によって開かれた『門(ゲート)』。
イザヤは身を呈してそれに対抗し、世界には平和が訪れた。

しかし、そこではイザヤの存在は人々の記憶から失われていた。

例外的に記憶を留めていたノウェムは、ある日駆逐されたはずの<獣(ベスティア)>と遭遇する。
しかも、それはノウェムにあることを囁きかけ──。

そして事態は再び動き始める。

はたしてイザヤの戦いの真実とは、そして真の最終決戦とは!?

罪と罰のアイロニック・アクション、感動の完結編!

感想

イスカリオテの7巻
最終巻です・・・

やっぱり・・・ノウェムが可愛い!

そして・・・

ハッピーエンドってやっぱいいよね!!

主人公であるイザヤの死というラスト前にそれかよ!?っていう展開で終わった前回
今回の話で残されたノウェムはどうするんだろうと心配していたんですが
イザヤも無事復活し安心・・・まじよかった・・・

”獣(ベスティア)”のいなくなった平和な世界
でも喪神現象によってイザヤの存在が忘れられた世界

彼の事を覚えているノウェム玻璃
2人の前に現れる奇妙な行動をとる”獣”

イザヤについて語る”獣”
そしてその”獣”への対応でカルロラーフラ達と争い

御陵市再奥で”獣”九瀬 諌也へと変わり
そして伝えられるイザヤの陥っている現状

そして諌也・ノウェム・玻璃カルロ達の力を借りて
何度も何度もループする蒼馬との戦いと死を続けるイザヤの元へ・・・

おぉ・・・・いい感じの展開・・・

2人だけ(実際はシスター・レアも覚えていたけど)がイザヤの事を覚えていて
その思い出を共有するノウェム玻璃の会話シーンとかとてもいい感じ。
まぁイザヤがいない事や前回の話で明かされた彼の秘密とかを考えると
切なくもあるんですけどね・・・

玻璃の方は前回の戦いでいなくなってしまった”もう1人の玻璃”
もっと話せばよかったという後悔するシーンも
後々への伏線になっていていい

最終決戦では玻璃の呼びかけで復活し、玻璃”もう1人の玻璃”
バビロンの大淫婦の力を1つの体で共有し、大罪衣を纏って参戦

玻璃ようやく彼女が憧れ、想いを寄せた諌也と共に戦うことができた。
でもそれは一時的なものにすぎない・・・
そして”もう1人の玻璃”は最後にイザヤの・・・
彼女のお気に入りである彼の血をちょっとだけ舐めて

『これで十分。おなかいっぱい』

と言い、そしてイザヤに自分の事を人間らしいといってくれた事へのお礼を言って去った。
なんていうか・・・これもせつない・・・

玻璃玻璃でようやく諌也の力となって戦う事ができたけどそれが最初で最後
そして最後は彼がもう帰ってこない事がわかっていても分かれなきゃいけなかったんだから
こっちもこっちで十分せつなかった。

そしてメインヒロインであるノウェム・・・

イザヤが助けられないなんて嫌、たとえそれで世界が滅んでも

凄いですよね・・・ここまで深くイザヤへの想いを自覚しそして表せるんだから・・・
ノウェムは高度な計算能力があるから世界が滅んだら場合、
60億人全員に謝って回るという出来事もシュミレーションする事ができる。

だから実際に怒られ傷つけられ、蔑まれる行動を全て想像する事ができる。
それを実際にしてもなお彼女にはイザヤが必要だった・・・

彼女の中では『イザヤ>世界』で第一優先順位なんだな・・・

わかっていたけど・・・健気っつーかなんて言うか・・・

イザヤイザヤでループで磨耗しかけていた心を彼女との再会で甦らせ、
そしてすでに確定してしまった『自身の死』という因果を越えるために
ノウェムと協力して力を使いついに『イザヤの奇跡』を・・・
誰もなした事がない新しい奇跡を発言し『復活』蒼馬を撃破

自分の死が変えられないなら、一度死んでその因果を終わらせ、
その後、復活すればいい・・・ぶっちゃけ反則に等しい荒業でしたが・・・
イザヤの死という結果が覆るならいい事ですね・・・何回も使えるような
理不尽なものではないですし。
ある意味で本当の『奇跡』と呼べる現象って事なんでしょうね・・・

そして全ての決着・・・

イザヤと諌也

救世主のクローンとして作られ英雄と呼ばれ・・・
だけど悪魔に彼が守った普通の人々の笑顔を見せられ『嫉妬』してしまったがゆえに
”獣”に喰われ”獣”になってしまった諌也

諌也のクローンとして作られ、諌也の身代わりを・・・英雄の役を強いられ
だけどその中でも彼自身を見てくれる者
彼を認めてくれるもの、そして英雄ではなく普通の人として生きたおだやかな時間
それがあるがゆえに自分から英雄になる事を選んだイザヤ

どちらも英雄といえる事をなした2人
だけどイザヤには諌也が教えられる事がなかったさまざまな事が
そして思い出があった。

だから最後の決着はこの2人・・・

諌也は自ら悪魔であるイコンを取り込み、滅ぼされる事で世界を救う事を願う
でもそれ以上に自分にできない事が出来るイザヤ『嫉妬』したからこそ
2人は最後に戦い、そして諌也に与えられなかったものを持っていたからこそ
イザヤは最後の最後で諌也の心を救い、そして全てを救いえた・・・

このシリーズは最初から最後まで彼等2人の物語だったって事ですね・・・

最後の諌也イザヤのやりとり・・・諌也イザヤに託した覚えていてほしい事・・・
それは『聖ゲオルギウスの槍』の使い方

イザヤに誰も教える事のなかった力の使い方を、本来の諌也が指導する
他にも覚えていてほしい事や伝えたい事はあっただろうけど
諌也が最後に託したのは自分と同じ力、その使い方

これもまた・・・せつなかった・・・

こういうせつない別れを経て、最後は忘れられてしまったが故に
イザヤは新しく神父として・・・九瀬 勇也として御陵市に赴任

そしてノウェム『復活』の奇跡を起こすだけの力を得るために
世界中のネットワークをハックした罪で全ての力を封じられ普通の女の子に・・・

二人のやりとりはやっぱり微笑ましいもので・・・でも幸せそうで
本当にいいハッピエンドでした。

1巻~7巻で7つの大罪をそれぞれモチーフにしたという事で
最初から7巻構成だったという事なのかな?
色々ときっちり終わって満足できました。

作者さんの次回作にも期待したいです。

最後に一文。

イザヤ諌也に言ったセリフ

諌也は自分が救ってきた人々の笑顔を見て『嫉妬』して”獣”に喰われた。
でもイザヤからすればそれは確かに『憧れ』という感情
確かに『嫉妬』に通ずるものはあるけど決して持ってはいけないものじゃない。

今までの戦いで”獣”に堕ちた人間の根源にあったものの全て決して唾棄すべきものではなく
どんなに綺麗な『願い』『罪』に通じてしまう・・・

だから諌也は決して間違っていたわけじゃない。

その事を英雄であるが故に拒否した諌也イザヤが言った言葉。

確かに英雄や救世主は大勢の人を救うかもしれない
でも最後に・・・英雄や救世主・勇者と呼ばれるような人達の心を支え、救うのは
きっと彼等が守ってきた普通の人々の役目なんでしょうね・・・

そして英雄を目指しながらも常に仲間とそしてノウェムと一緒だった彼だからこそ
言えた言葉だったのかも・・・

「そりゃあ・・・英雄は、たくさんの人を救うかもしれねえよ。
 そんなのは英雄や救世主ぐらいにしか
 できねえかもしれねえよ!」


「だけどな!全部ひとりでやるほど、
 やってしまうほど、強くあるのはおかしいだろ!」

            お前               お前
「だったら、英雄を救うのは、英雄に救われた─
                       
  お前に憧れた、ただの人の仕事なんだよ!」

            ただの人
「だから・・・俺たちから、その仕事を奪うなよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
イスカリオテ〈7〉 (電撃文庫)イスカリオテ〈7〉
(電撃文庫)

(2011/05/10)
三田 誠

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。