スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煉獄姫 三幕

あらすじ

瑩国公式第一王女マーガレットの婚約者である悳国王子ディードが、
外交のため来訪することとなった。

悳国が製造した『グラフの数珠』により、
二国間の関係は緊張状態にある。

その関係改善を目論んでの来訪とはいえ、
この機に乗じて何かを企てる輩が出てくることは必然だった。

王子の暗殺計画すらもっ囁かれる中、瑩国王家は『レキュリィの宴』に協力を仰いだ厳戒態勢で挑む。

フォグとアルトは、王子を歓迎するため開催される
夜会の警護役として任命されることになったが・・・。

策謀と毒気が渦巻く都市【匍都】で繰り広げられる薄闇の幻想物語、第三幕!

感想

煉獄姫の3巻
表紙は主人公であるフォグと同じ人造人間(ホムンクルス)であるレキュリィ

兄妹と姉妹の物語・・・

フォグ・キリエ・レキュリィの人造人間で同じ親(製作者)から生み出された兄妹と

存在を隠され、死んだことにされ、でもその力を利用され、
そして塔の地下に住まなくてはいけない本来の第一王女である姉と

『第一』王女として何不自由なく暮らし、
でもだからこそ真の意味での自由が許されないとも言える、何も知らない妹

アルトマーガレットの姉妹が中心になる話

フォグ達に関してはまぁまぁいい感じに落ち着いてきた・・・かな?

フォグレキュリィは今回の事件が起きる前に色々と話したり協力したりしてるし
キリエも今回は今の自分の主が今回の事件の成功を望まないが故に
アルトの前に現れて助言を与えたりしていった・・・

まぁフォグに対しては殺意を向けるし、フォグの方も完全に敵として認識してるので
この兄妹の関係はこれからどうなるのか心配ですが、
アルトにとってのキリエは敵ならば殺さなくてはいけない相手だと認識していても、
そうでないなら変わらず友達だと思っているし、本心から彼女と戦う事を嫌い
そして再会できた事を喜んでいたし、
キリエの方もそんなアルトについついペースを乱され甘くなってる感じで
いい感じに絆が生まれてきているから間にアルトを挟めばなんとか・・・なら・・・ないか・・・

どうあがいてもアルトフォグを優先するからな・・・
フォグキリエが妹とか関係なくアルトが悲しむなら・・・と矛を収める可能性が
あるかもしれんが・・・・どうだろ・・・

まぁでもフォグキリエレキュリィの兄妹は自分にとっての大事なものや事が
はっきりさせている感じがあるので、それによっては容易に敵対関係に
なってしまうんだけどね・・・

そして今回の話でついに出会ったアルトマーガレットの姉妹

アルトマーガレットが妹とは知っているけど、
ほとんど人と交わらない生活をしている故に、
何故彼女が自分とは違う生活をしているのか
そして自分が王女としてはありえない生活をしている事には気づかず
ただ姉としてなのか、同じ想いがあるが故なのか
フォグを取られたくないと感じ

マーガレットは淡い想いを抱いていたフォグ『大事な人』
断言した相手とだけ認識し、彼女が姉である事は知らない・・・
でもフォグアルトの事を知ってなお、フォグに対する想いは消えず
それゆえに今回の事件では危険に巻き込まれることになった訳ですが・・・

好きな男性のタイプは姉妹でそっくりな訳だな・・・

体質ゆえに自由に動けず、その出自ゆえに世間にも存在を秘される
それでも彼女を愛し、大事にしてくれるイオフォグがいて
彼女も2人をなによりも大切にしているアルト

王女として愛され、不足ない暮らしが与えられ、多くの人に囲まれる
だけど王族であるが故に彼女の知らない所で外交の道具として使われ
将来の伴侶すら彼女の知らない所で話が進み、
淡い想いを寄せるフォグには複雑な想いを向けられているマーガレット

一概にどっちが不幸でどっちが幸福・・・とはいえないな・・・
明らかにアルトの方が理不尽な状況で不幸といえるんだけど、
世俗と隔離されているからこそ純真で、理解者がいる故に
本人は自分の状況を不幸とは思っていないアルトは決して不幸であるとも言えないしな・・・
この姉妹は本当に色々と複雑・・・

ただアルトアルトマーガレットに対して思うところがあるみたいで
今回の事件でマーガレットが襲われた時は、フォグの命令を受けずに自分の意思で
彼女を助けるために行動したので彼女なりに『妹』を思っているみたい。
まぁ最優先はフォグなんでしょうけどね・・・

今回は前回の話で黒幕として・・・裏で動いていたユヴィオールがついに動き出し
仲間を集めてレキュリィ達フォグ達を同時に襲撃。

色々と知っていて、そして護衛としてカルブルックがいるレキュリィ
彼の力と彼女自身の特性を利用し相手を撃退

フォグ達の方はユヴィオール自身が現れ、貴族や王族達をには見向きもせずに・・・
アルトフォグを標的として戦いを挑んでくる。
まぁフォグは騎士であるがゆえに一応貴族でアルトも生粋の王族ですが・・・

そこでフォグ達が知った、ユヴィオールの前回の事件の暗躍
そして危機に陥ったフォグアルト自身の危機に発現したアルトの力
その力によって”召喚”され殺戮を振りまいたアルトの母であるエルザと同じ姿をした煉術

敵が敵としてはっきりと姿を見せ、そして相手方の戦力も今回の事件を通して
連携や質が整いつつあるという状況で終了・・・

アルトフォグも普通ではない圧倒的な力を持っていますけど
そろそろ手が足りなくなってきた感がありますね・・・どうなるんだろう・・・

ユヴィオールの仲間も個性的で、そしてみんなどこか壊れていて・・・
そして最後の最後に彼に協力しに現れた相手・・・
次も色々と大変な事になりそうだな・・・

あと読んでて気になったのがアルトマーガレットの父親である現国王

今回の描写でマーガレットの婚約者である王子を招いての夜会が
襲撃されたわけだけど王子はフォグ達に命令を出す
王弟であるリチャードと一緒にいたので避難した・・・これはいい・・・

でも国王は”たまたま”休息で控え室にいたので真っ先に難を逃れた・・・なんか怪しい

とくに怪しい行動やその他の描写はなかったんだけど・・・色々邪推してしまうな・・・
だって作者が作者だし・・・

最低でもフォグ・アルト・イオには最後まで生きていて欲しいな・・・

最後に一文。

フォグのセリフ

マーガレットに一緒にいたアルトと親しいのかと聞かれ答えた言葉。
マーガレットの想いに気づいていたとか
彼女と本来の第一王女として彼女のような生活が出来たはずのアルトと彼女の格差とか
それに対する彼女のへ複雑な思いとか・・・色々混じってはいるけど
間違えようの無い彼の本心である事は確か

アルトも自分の気持ちがどういうものか気づいていないながらも
フォグを気にしているし2人には幸せになって欲しいものです・・・イオも勿論ですが。

フォグの気持ちが恋愛感情かどうかがはっきりはしないのが問題なんですけどね・・・
なんかそこら辺をすでに超越した想いを抱いているっぽいからな・・・

「ええ、僕の大事な人です」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
煉獄姫〈3幕〉 (電撃文庫)煉獄姫
〈3幕〉
(電撃文庫)

(2011/05/10)
藤原 祐

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

煉獄姫 三幕(3巻)の感想レビュー(ライトノベル)

電撃文庫のラノベ、『煉獄姫 三幕』(藤原祐先生原作、kaya8先生イラスト)が発売中です。 表紙は、見た目はロリッ娘、頭脳は老獪wな、フォグの妹レキュリィ。 どうしてもおヘソに目が行ってしまいますが、物語中でも重要な大技発動シーンからのカットというわけで、読...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。