スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機巧少女は傷つかない 4 Facing "Rosen Kavalier"

あらすじ

機巧魔術―それは魔術回路を内蔵する自動人形と、人形使いにより用いられる魔術。

時計塔事件も一段落し、雷真たちは負傷続きながらも“夜会”に勝ち残っていた。
だが、雷真の負傷を自分のせいと気に病んだ夜々が、突然姿を消してしまう。

なんとか彼女を見つけ出した雷真だが、それは敵の罠だった!

この夜会を支配する存在“十字架の騎士”と名乗った彼らとともに、
夜々は雷真のもとを去る。

打ちひしがれる雷真。

そして、彼の前に現れた硝子は告げる―

「夜々は放棄するわ。今後はいろりを使いなさい」

はたして雷真の決断は!?

シンフォニック学園バトルアクション第4弾。

感想

機巧少女は傷つかないの4巻
今回の表紙は主人公である雷真の相棒・夜々の姉であるいろり
姉妹と言う事で似ているんですが彼女の方がおしとやかっっぽくて好き
強さも夜々以上ですしね・・・ってかこの姉は強すぎ・・・

表紙を飾ったと言う事で今回の話では色々と活躍します。

でもどちらかというと・・・

夜々のターン!!

ようやくか・・・

1巻からメインヒロインポジションで
主人公であり雷真の相棒の自動人形として一緒にいる夜々

でも1巻でシャルロットを2巻でフレイ
3巻でシャルロットを完全に落とした上に妹であるアンリエットも落とした

なんだこいつは・・・?って感じだったけど今回はようやく夜々
いや・・・もう4巻だけどね・・・
まぁ基本的に雷真夜々をとても大事に想ってはいるんですけどね・・・
恋愛感情とは違うし、夜々の過激な想いにも答えられないんですけどね・・・
人間と機巧人形という違いもありますし・・・

まぁ今回の事件はその夜々自動人形であり、人間ではないという所を
彼女が思いつめ、そこを敵に付け込まれてしまったが故に起きてしまった感じでした。

前回、事件の黒幕的存在だった謎の少女アリス
彼女の計略にはまり、

雷真の怪我は夜々が弱いせい
相棒が姉であるいろりだったら怪我はしなかった
夜々は人間ではなくて人形だ
自分の所に来れば人間にしてあげる

という感じに思考を操作っていうかなんていうかされて
自らの意思で雷真の元を去るようにしむけ、実際に夜々は去ってしまう

うわぁ・・・悪辣・・・

そして夜々の製作者である硝子夜々の廃棄を決定し、代わりにいろりを・・・
という話になるんだけど・・・雷真が納得するわけがない・・・

何気に雷真って硝子に世話になっているから恩が・・・とか
色々援助を受けている以上は軍の犬としての働きを・・・とか
言うわりに、自分が納得できない時はそんなの全部無視しますよね・・・
いい意味で子供って事なんでしょうね・・・

人として正しいと思えないなら断固反対する・・・いい事です。
でも大人だとそれだけじゃ済まないですからね・・・

いろり硝子の命令なら・・・と納得するフリをしていても
可愛がっていた妹である夜々を見捨てるのは嫌だったみたいだし・・・

実際戦闘になれば戦い、前回苦戦を強いられたシンを相手にしても
それを一蹴できる力を見せたいろりだけど・・・
雷真の目的である復讐には力は必要だろうけど・・・
だけどそれでも・・・

雷真の相棒は夜々だから・・・

だからこそ雷真シャルロットロキフレイの協力を得て夜々の救出に向かい、
さらに仲間達を信じ、相手の真の狙いを看破した上で策を講じていた

そしてこのメンバーでの共闘もいい感じになってきたし、
メンバーそれぞれ新しい戦い方などの成長やお互いの力への信頼も見えていい感じ。

最終的にはそれぞれが『ここは任せて先に行け』状態で雷真アリスの元まで
送り届けたんだからもうどこからどう見ても『仲間』ですよね・・・このメンバー

そして雷真自身の全てがほしいと言うアリス・・・
雷真は仲間の窮地を見せられても彼等のの力を信じ、
そしてアリス硝子の元へ放っていた刺客も、
雷真『悪手』・・・

現状唯一の雷真の力である、いろりを置いてくる

という荒業で相手の予想の上をいき、そして自分の為に頑張ってくれる
皆を見て夜々雷真の元に戻り最終決戦

仲間達同様に修練の成果、そして夜々との連携で雷真の勝利。
前回、苦戦させられたシンを倒せた事で彼の成長もわかりますね。

その後、戦場の崩壊によってアリスは行方不明に。
ただ雷真が彼女を助けようとした事、その時に言った言葉によって
今後もし彼女が生きているのならばヒロインになり得そうな予感です・・・
またか・・・

アリスが最後に雷真に伝えた自分の体のこと、
そして彼女と学院長との関係のこと・・・
やっぱり学院自体も色々と一筋縄ではいかない感じで次が楽しみ

最後に夜々を救った事でいろりからの感謝
そして硝子からはご褒美としてキスをされた雷真

ゾクゾクとフラグを立ててる感じ・・・

まぁキスはお仕置きにもなっていたので、その後その場にいた3人のヒロインに
フルボッコにされたっぽいのが・・・まぁ雷真らしいっちゃらしい・・・
いつも通りともいえる終わりかたでした。

ちょっと残念だったのはロキ・・・

彼が偶然であった少女・ソフィア
ロキといい感じだったけど、彼女は今回の敵が使う自動人形
でも元々は人間でロキフレイの様な存在
彼女自身の意思は戦いを望んでおらず
そして人形として戦場で死んだり、人形として廃棄されたりするのは嫌だから
人間として死にたいから、彼女を人間と言ってくれたロキの手で殺してほしいと望み
そして戦いの最後・・・ほとんど決着が付いていたにもかかわらず
ロキを襲ったのは彼女で・・・そしてロキ『戦場でであったなら・・・』
という約束どおりに彼女を・・・

なんていうか・・・もうちょっと救いが欲しかった感じもありますね・・・
ロキ自身は自分が彼女の為にこういう行動しかとれない事をわかっていたからか
彼女に出会ったのが自分ではなく雷真だったら・・・と思っていたみたい。
彼は彼でとても優しいんですがね・・・こういう結果はやっぱい悲しい・・・

最後に一文。

戦場が崩れ、前回もでてきた謎の地下空洞に落ちそうになる
直前まで敵として対峙していたアリスを助けた時のセリフ。

敵であり、さらに自分の体が半分ほどが機巧である事を明かして
そういう意味も含めて自分を助ける必要はないと言ったアリス
雷真がかけた言葉

こういうセリフがサラッとでてきてしまうから・・・
彼を取り巻く女性環境が複雑怪奇になっていくんだろうな・・・きっと・・・

っていうか雷真自動人形も人格を持っていれば姿かたちを問わずに
人間と同じように対応するからある意味でプロポーズとも取れるよね・・・

「自動人形なら、俺のものになれ!
    おまえの根性、俺が叩き直してやる!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
機巧少女は傷つかない 4 (MF文庫J)機巧少女は傷つかない 4
Facing "Rosen Kavalier"
(MF文庫J)

(2010/11/20)
海冬 レイジ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。