スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この中に1人、妹がいる! 4

あらすじ

将悟が恋人と同伴で帝野グループの謝恩会に出席しなければいけなくなったことを知った
心乃枝や雅、凛香たちは、自分こそ相応しいと将悟に積極的にアピールしだす。

そんなとき、将悟の住むアパートの隣の部屋に、
一人暮らしの中学生・宝生柚璃奈が引っ越してくる。

将悟の遠縁だという柚璃奈だが、実は自分こそ将悟の本当の妹なのだと告白する。

誰かを同伴者に選んで喧嘩になるくらいなら、
妹と出席すれば丸くおさまると将悟は考えるが・・・?

緊迫する将悟の身に、何かが起る!
『妹』vs『妹』!?――『ブラック妹』、現る!!

感想

この中に1人、妹がいる!の4巻
表紙は魔女っ娘姿な先輩である芽依
先輩なのに可愛いという・・・でも実は一番積極的に迫ってると言う・・・
それに耐える将悟も凄い・・・妹疑惑があるとはいえ・・・

今回は状況に色々と動きがあったし、
1巻から謎であった将悟の父親の葬儀で彼の前に現れ
彼の『妹』と名乗り、さらに彼と結婚すると宣言し、
芽依が昔から仲が良く、正体を隠していた相手の正体がついに判明!

物語の転機になりそうな感じでした・・・

ブラック妹・・・だと・・・!?

今後、色々と将悟達の前に立ちはだかりそうな存在である柚璃奈
この話では自ら将悟の妹と名乗り、DNA鑑定まで受けて妹であると証明した彼女

妹と出会えて将悟は喜ぶけど・・・
彼女は将悟と結婚しようと表向きはまったくしないし・・・
1人の時は怪しい事を考えてたけど・・・怪しい方面が『妹』っぽくない様子も見せてた・・・

さらに将悟の近くにいる心乃枝
そのうち、将悟が仲良くなるように動いている感じ・・・めっちゃ怪しい・・・

実際、将悟の母親の秘書であり将悟自身も色々と世話になっている瀬利とグルで
将悟自身のスキャンダルを・・・父親の隠し子というスキャンダルではなく
彼が血の繋がった妹と結婚してしまったという事実を発生させる事で
彼の社長就任を無くそうと画策していたみたい・・・

もちろんDNA鑑定は瀬利が頼まれたものなので結果は嘘
『妹』であるというのも嘘・・・”らしい”

そして彼らの目的となった将悟の妹こそが・・・

雅・・・・”らしい”

自身が自分の周りを探偵が探っていた事、そして父親と将悟の父親との会話から
自分が将悟の妹であると思った模様。

それでも初恋の相手である将悟への想いは消せずに
葬儀の時発言や今回の話でした将悟への告白に繋がっていた模様。

っていうか途中、明らかに肉体関係を望んでたよね・・・
なんかこの作品の女の子の積極性はちょっと凄い・・・

柚璃奈の言動の怪しさから将悟は企みに気づいてスキャンダルが発生する事はなく
最終的にお互いを兄妹として軽口を言うようになったからよかったと思うけど・・・
これだけだとやっぱり”らしい”という域をでない・・・

は断片的な情報で自分が将悟『妹』だと思ったみたいだけど
作中では確証になるようなものは一切ない。
将悟の父がの父親に大金を渡して『娘を幸せに・・・』という場面を見たみたいだけど
これは自分の娘をって考える以外でも自分が援助するから1人娘を幸せにしてやれって
事だったのかも知れないし、の親がショックを受けていたのは
どんな理由だろうと友人だと思った相手に施しを受けたと感じたからかもしれない。

さらに柚璃奈『妹』ではないという確証すらないというのが怖い。
瀬利が裏切っていると言う事すらまだ絶対たる事実とはわかってないうえに
柚璃奈が最後にまだ将悟に対して『お兄さま』という言葉を付けていたのも気になる。

この一件で自分を『妹』でないと印象付けたかった可能性も捨てきれない。

結局、色々な事がわかったけど、『妹』に関してはまったくといっていいほどの進展はなかった。
それでも今後、将悟の周りは色々と動きそう

途中に将悟を想うある少女の一場面が描写されていたけど彼女はチェスの駒を弄り、
そして物語の最後、将悟の机にチェスの駒が置かれていた・・・

さらにが入院中の将悟の父を見舞った時に
『子豚の起き上がりこぼし』をプレゼントしたと言っていた・・・
でも前回の話で将悟の父が自分の娘と・・・『将悟の妹』と認めた少女が見舞いに来た時
彼女は花束を持って訪れ、そしてその時点でがプレゼントしたものは部屋にあった・・・

つまりまだ『妹』は別に存在し、そして将悟の妻の座を狙ってる・・・

うーん・・・この後どうなっていくのか・・・楽しみだ

そろそろこのシリーズのタイトルである『この中に1人、妹がいる!』
『1人』っていう部分も疑わないと駄目だろうか・・・

息子である将悟がモテモテで迫られまくってるので、父親も相当だったのでは?
と考えられるんだが・・・どうだろね・・・

でもこの作品って将悟の理性で持ってる感じ・・・
将悟『もう妹でもいいや』とか『きっと妹じゃないさ・・・』って妥協したら
その時点で成り立たなくなるもんな・・・

最後に一文。

のセリフ

幼い頃に両親が別れ父親に引き取られて、最初の頃は母親と会っていたけど
その内、会えないようになっていった・・・そんな過去を持つ
自分の周りにいる相手が、将悟がいつか母親のように
いなくなってしまうのではという不安を常に持っていたみたいで・・・
だからこそしっかりとした”関係”を持った家族でいたかったみたい。

今も子供の頃に母親に誉められた水泳を今も頑張っていて、
そして全ての事情を知った上で今回の最後・・・水泳の大会を頑張った
将悟が褒めた・・・その事に対しての彼女の言葉・・・

いい感じに家族になってきた感じだけど・・・はまだ諦めるのは早と思う・・・
まぁ本当に『妹』である可能性も捨てきれないんだけどね・・・

「将悟・・・お母さんよりたくさん、褒めてくれたよ!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
この中に1人、妹がいる!4 (MF文庫J)この中に1人、妹がいる!4
(MF文庫J)

(2011/05/25)
田口一

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。