スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棺姫のチャイカ Ⅱ

あらすじ

「全く兄様にも困ったものだ。すぐに婦女子を手込めにしようと」

「人聞きの悪い事を言うなっ!」

乱破師トールとその義妹アカリ。
そして『棺担ぐ姫君』チャイカ。

滅んだガズ帝国皇帝の”遺品”を求めて旅する三人であったが、
追われる身でもある彼らにとって、徒歩での移動はあまりにも危険が大きかった。

魔法仕掛けの『機車』を求めて、とある街を訪れたトール達の前に、正体不明の少年が現れる。

彼はトール達に機車の情報と共に、
次なる”遺品”の持ち主、竜騎士ドミニカ・スコダの存在を告げてくるのだが――

感想

棺姫のチャイカの2巻

原点回帰したシリーズという事で『スクラップド・プリンセス』と同じ3人旅
しかも男1人に女2人という比率も同じ設定で今回から本格的に旅になった訳ですが・・・

装鎧竜(ドラグーン)・・・だと・・・!?

これもか・・・ここまで原点回帰するとは・・・

『スクラップド・プリンセス』も基本的には3人旅だったけど
メインキャラの1人であるシャノンにはゼフィリスが・・・竜機神(ドラグーン)の力を借りた
竜騎士(D・ナイト)と呼ばれる存在だった訳だけども・・・
ここも似てるな・・・これからも同じような設定の展開があるんだろうか・・・

まぁ内容は大分違うものなんだけどね・・・

今回の話では『装鎧竜』と契約して『竜騎士(ドラグーン・キャバリア)』と呼ばれる存在になった
ドミニカという女騎士からヒロインであるチャイカの目的である
彼女の父・・・ガズ皇帝の遺品・・・というか遺体を取り戻す事に。

ドミニカ『竜騎士』になった理由やその結果として起きてしまった悲しい出来事
そして彼女から遺体を奪わなくてはいけない状況であっても
彼女の世話になってしまい、敵として認識しづらくなってしまうチャイカと・・・
なんとなく仲間になりそうなフラグが立っていたんですけど・・・
結果は意外なものに・・・

ドミニカはすでに病気で亡くなっていて、彼女が契約していた装鎧竜が・・・
変化の魔法を得意とするソレが変身していたと判明

圧倒的な力を持つ彼女にトールは策と・・・そして技によって勝利し
生きる目的を失っていた彼女に生きる目的を与える
・・・という訳で仲間になりました。

3人旅+竜・・・・・

まぁ『装鎧竜』・・・フレドリカトールが命名)の目的は自分を倒したトールに復讐する事。
復讐と言ってもとりあえず決めた生きる為の目標で、自分をトールが倒したから
ちょうどいい・・・ってくらい軽い感じで決めたうえに、
ガズ皇帝遺体を持っていればトールと奪い合う為に戦えるから遺体を捜す。
どうせ探すなら一緒の方が見つけた後にすぐに戦えるからと一緒に旅に付いて来る事になる。

軽いな・・・軽い・・・そしてやっぱり微妙に人間らしくない・・・

ドミニカの面影を残した少女の姿になり、ドミニカの模倣の時とは別の
明るい性格になったフレドリカ・・・
ヒロインにもなりえるので今後どうなるのか・・・

『スクラップド・プリンセス』は最終的に竜機神であるゼフィリス
シャノンにデレたからな・・・彼女もどうなるかわからんが色々と期待

トールが思った以上にチャイカを気にしていて
『乱破師』としての考え方よりも彼女を優先させる感じが見えたり、
アカリが予想どうりに色々と残念だったり
チャイカの記憶がない事や彼女の天然っぷりがわかったりと
3人の関係もいい感じ。

トールチャイカがどうなっていくかが今後楽しみだな。
主人公とメインヒロインだし・・・

彼等を追うジレット隊のリーダーである『騎士』ジレット
チャイカを可憐な少女として気にしているらしかったり、
それが隊にちょっとした影響を与えていたりと・・・面白い

今回は彼らとの絡みがなかったけど次以降が楽しみだ。

チャイカ遺体の情報や役に立つ情報をもたらす謎の人物・ギイが登場したりと
伏線は色々と張られているので物語としての展開も楽しみ

一番の謎はチャイカ自身なんだけどね・・・
彼女が実は皇帝本人だったりして・・・

最後に一文。

トールのセリフ。

彼がドミニカを失い、彼女の依存していたが故に
彼女のフリをしていたフレドリカに・・・
トールに正体がバレ、そして敗北して・・・それでも殺される事はなくて・・・
今後どうすればいいかわからなくなった彼女にトールが言った言葉

1巻でヒッキーだった彼とは思えないようなセリフだけど・・・
でもまぁ・・・真理だな・・・と思ったので。

目的も目標も生きるからこそ必要なものだもんな・・・
これ相手が普通の人間の女の子だったら普通にフラグが立つよな・・・
フレドリカの場合はどうなるか予想できないけど・・・

「何でもいいんだよ。目標や目的なんて。
 それさえきっと─手段に過ぎねえんだろうしな、生きる為の」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
棺姫のチャイカII (富士見ファンタジア文庫)棺姫のチャイカII
(富士見ファンタジア文庫)

(2011/05/20)
榊 一郎

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

棺姫のチャイカ2巻の感想レビュー(ライトノベル)

富士見ファンタジア文庫のラノベ、『棺姫のチャイカ?』(榊一郎先生原作、なまにくATK先生イラスト)が発売中です。 表紙は今回もチャイカ。 ナカまで丸見えですね、わかります(棺的な意味でw)。 むしろ、はいているのかはいていないのか、それが問題(ry お話的に...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。