はたらく魔王さま! 2

あらすじ

店長代理に昇進することになり、ますます張り切る魔王。

そんなある日、魔王城(築60年の六畳一間)にご近所さんができる。
なんと隣の部屋に、儚げな和装の女の子が引っ越してきたのだ。

魔王に恋する女子高生・佐々木千穂と、魔王の命を狙う勇者は、
いろんな意味で心穏やかではいられない。

時を同じくして、魔王が勤めるファーストフード店の向かいに、競合他社が進出してくる。

売り上げで負けたら減給だと言われた魔王は戦慄し、
店長代理の職務を全うするため奔走することになる。

謎の隣人とライバル店の登場で、魔王城は大混乱!?
フリーター魔王さまが繰り広げる庶民派ファンタジー、
第17回電撃小説大賞〈銀賞〉受賞作、第2弾!

感想

はたらく魔王さま!の2巻

魔王が昇進!!・・・って魔王なのに!?

今回の話では異世界エンテ・イスラ魔王サタンとして猛威をふるい、
今は現代日本で日々アルバイトに励む真奥 貞夫はちょっと出世する事に。

バイト先のファーストフード店の時間帯責任者
・・・つまり指定された時間は店長代理に任命される事に。

働き始めて1年って考えると結構なスピードですね・・・
時給も最初から100円アップしているらしいのでかなりお店側から信頼されてるみたい。
彼の努力とその働きっぷりがきちんと認められているって事ですね!

・・・ってお前、魔王だから!!! ∑\(゚д゚;)

やっぱり違う・・・なんか違う・・・
出世祝いで芦屋 四郎悪魔元帥アルシエル)と一緒にホルモン焼肉屋とか・・・なんか違う・・・

人間の・・・アルバイターとしてはそれでいいかもしれない・・・
でも異世界のとはいえ魔王がそれで本当にいいのか!?

なんか定期的に監視に来てるらしい勇者エミリアこと遊佐 恵美が可哀想な感じも・・・
うーん・・・それでいいのか魔王・・・そして勇者・・・

っていってもそれが楽しいんだけどね!この作品は・・・

今回の話ではさらに2人キャラクターが追加に・・・

一人は鎌月 鈴乃ことクレスティア・ベル

彼女は前回、貞夫を襲ったエンテ・イスラ教会勢力の人間
でも彼女の目的は魔王勇者の抹殺ではなく、勇者に帰ってきてもらい
権力欲に取り付かれた物達を排除して教会の威信を取り戻そうとする
結構真面目な女の子

まぁ事前に仕入れた知識の元が時代劇だった為に和服姿の登場となり、
しかも貞夫の家の隣に引っ越してきた時点で最初からかなり怪しかった。

っていうか恵美以外は最初から薄々正体に気づいてたみたい・・・
大丈夫か・・・勇者・・・そして元異端審問官

何気に元異端審問官って事でさらっと貞夫の暗殺を企てて、
聖なる力が宿った食材とかをおすそ分けしてたけど
貞夫にとっては刺激物程度、四郎はお腹を壊したりした程度で
半分天使で今は貞夫の家でニート化してる前回敵だった漆原 半蔵ことルシフェルには効果なし
微妙だ・・・なんか微妙だ・・・

真面目で腐敗した人間を暗殺する事で組織の自浄を行っていたという過去があるだけに
何気に真面目に働く貞夫の事には驚いていたけど今回の一件で
とりあえず今の状況の貞夫は決して断罪されるべき悪ではないと判断しつつも
恵美に帰ってきて欲しいと言う思いはあるので、最終的に彼の家に入り浸って家事手伝いをしつつ
聖なる力が宿った食物をおすそ分けして、いつでも恵美が魔王を倒せるようにと
衰弱化を試みているって結果に・・・

何故か貞夫『あーん』とかしてたんで、貞夫が好きな千穂からしたら
もうライバルみたいなもんになってきてますけどね・・・

貞夫は食費が浮くという世知辛い理由&対して脅威じゃないという事から受け入れてるみたい

なんだろうこの関係・・・ちょっとグダグダだ・・・
でも鈴乃の加入で女性キャラたちの動きもちょっと変化がありそうでいい感じ。
まぁこの段階でも本当に恋愛感情的な好意を抱いているのは千穂だけっぽいですけどね。

今回の件で鈴乃恵美も前回の一件、そして今回の貞夫の行動を見て
”今の魔王”は・・・貞夫は成り行きとはいえ”友人”と口に出してもいいとは認めた。
今後どんな風に変化していくか楽しみ。

2人目は猿江 三月こと大天使サリエル・・・

やっぱり敵で・・・そして貞夫が勤めるファーストフード店の向かい側に出来た
別系列のファーストフード店の店長・・・

もうちょっと事前知識とか準備してから来いよ・・・

普通にこの世界のお金を持っていないから働いているらしい大天使
目的は魔王・・・ではなく勇者が持つ聖剣だったみたい・・・

彼が異端審問官の象徴天使らしく・・・彼の命令には逆らえない鈴乃を使って
恵美を捕らえ、ついでに一緒にいた千穂もさらったので貞夫の怒り爆発
彼女を助けるために魔力もろくにないのに戦いを挑み、
鈴乃が自分の正義に照らし合わせてサリエルの行動を認めない決意をし、
新宿駅一帯の電気を落とすという荒業で悪意を生み出し
貞夫の・・・魔王サタンとしての力を復活させ、それがサリエル打倒に繋がった・・・

そして彼はサタンに異世界に放逐・・・されたと思ったらされてなかったらしく
そしてさらに貞夫の上司である木崎に本気で惚れてしまった事、
任務失敗で帰るに帰れなくなった・・・という事で居残り&店長は続行って事に・・・
コイツは・・・コイツで・・・これからどうなるんだろう・・・

働いている分、ニート化してるルシフェルよりはまともなのかもしれないけど・・・
性格が色々とダメダメだからな・・・

それにしても1巻は教会関係者で次は大天使・・・
エンテ・イスラ・・・大丈夫なのか・・・?
もしかして魔王がいたからこそバランス取れてたんじゃないだろうか・・・
ちょっと聖なる側の悪い部分が1巻2巻と続いてるんだが・・・どうなんだろう?

まぁ主人公が魔王な時点で敵が聖なる側でも問題ないんだけど・・・
一般常識に当てはめても悪いのがそっち側ってどうなのよ・・・

一応、恵美側って感じで落ち着いた鈴乃ですら魔王の力を復活させる為に
新宿駅付近の変電施設を粉砕して悪意を発生させたらしいんだけど
やってる事は思いっきりテロ行為。

思わず魔王サタン

『お前それテロ行為だぞっ!』

ってツッコミを入れてたからね・・・
彼女は彼女で色々と現実世界の知識の足りなさが問題
教会はとりあえず『自重しろ』って教えるべきだよね・・・

そして貞夫は覚醒さえできれば魔王としてまさに最強状態ですね・・・
まぁ勇者はそれ以上に半端なかったりするんですが・・・

そしてやっぱり今回も新宿一帯の電気事情を全て復旧させるのに力の全てを使い
貯まった力を全部使い果たす貞夫

部下を大切にするのも、支配する地をちゃんと整備するのも支配者の
・・・とか言ってますけどこの人って本当にエンテ・イスラで猛威を振るったんだろうか・・・
なんか部下の行為は結構描写されてるけど彼本人の凶行とかって全然描写されてない。
まぁそれでも指揮官であった以上責任はあるんだろうけどね・・・

なにはともあれこの奇妙な人間関係がこの作品の魅力って感じだし
これからどうなっていくのかも楽しみだ。

なにげに恵美の友人である梨香四郎に対して気になるそぶりを見せていたのも気にかかるな・・・

最後に一文。

貞夫・・・魔王サタンを思わず絶句させた千穂の言葉。
いやぁ・・・恋する女の子は強い・・・ですね・・・そしてとてもいい娘

1巻の事件後からちょっと怒り気味だった千穂
彼女に自分が魔王だと知ってなんとも思わないのか?という貞夫の問いに
恵美から事情を聞き、彼がエンテ・イスラで何をしたかを知ったうえで・・・

自分はそれを知る前に貞夫の事を好きになっちゃったから・・・と答え

そして彼女の機嫌が悪かった理由が、1巻の事件の後
魔王勇者関係の記憶を消すかどうか貞夫が聞いたのが原因だったみたい。

何故なら・・・

「私、どんなことでも、
 好きになった人のことは忘れたくなんかありません」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
はたらく魔王さま!〈2〉 (電撃文庫)はたらく魔王さま!〈2〉
(電撃文庫)

(2011/06/10)
和ヶ原 聡司

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2014/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02



プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる