スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の騎士ミロク 8

あらすじ

「あー、もう、わかんねーことだらけだ!
 なんで戦争なんて仕掛けてんだよツッキーニは!?しかもホラキアに!」

頭を掻きむしって吠えるのは、ジルサニアの美姫と名高いジュジュ。
ツッキーニが同盟国のホラキアに意味不明な戦争をふっかけたのだ。

「誰か事情に詳しいヤツはいねーのか!」

その叫びを聞いて、俺、ミロクはふとある考えに至る。(いや、それはナシだろう・・・。)
だが俺の顔を見たビスマルク隊長に気付かれた。

「・・・そういやミロク、お前オウガンの皇子だったな」

―情報ゲット&停戦交渉めざして、はるかなるオウガンへ飛び立った赤目隊だが・・・!?
亡命の皇子ミロク、姫を連れて里帰り編!

感想

本日の騎士ミロクの8巻
今回の表紙は和風な感じ・・・ジュジュは柄はともかくドレスだけどね。

これは・・・面白くなってきた!!!

今回の舞台はついに今までの事件の中心・・・そして主人公であるミロクの故郷であるオウガン

今、ミロクの世界で起ころうとしている戦争について・・・
そしてその裏で暗躍する第八国について事情を知っていると思われる
敵の中心人物・・・オウガン帝国皇帝にしてミロクの兄であるゴウトに直接事情を聞きに行く事に・・・

ヾ(-_-;)オイオイ チョットマテ!

そう言いたくなるような展開だな・・・
意図の読めない敵に対して直接その意図を聞きに行くとか・・・
しかもジュジュも連れて行きます(あと赤目隊2名+1匹)

姫を!?護衛対象である一国の姫を・・・!?

しかもこれって彼女連れて里帰りってやつだよね!?

まぁ・・・ジュジュミロクは付き合ってるわけじゃないけど・・・でも・・・ねぇ?

敵の本拠地と思われる場所に守るべき姫を・・・って思うけど
それ以上にミロクの家族の下にジュジュを連れてって・・・って部分により興味を持って読んでましたね。
にやにやものでした・・・

ミロクの母であるレイホゥと姉であるミィアに出会った時は
いつも弁が立つジュジュも流石に動揺しまくってたし反応が面白かった。
そりゃ好きな人の母親とか緊張するわな・・・

オウガンの現状も読む前に考えていた印象と大分違ったものだったのも驚き・・・

亡命して、さらにジルサニアの騎士をしていて、
さらに王族であるシェンランと戦った事をおそらくみんな知っているだろうに
最初にちょっとした波乱があっただけで普通に歓迎されたミロク

ミロクも一応は皇子って事でしょうか・・・
まぁ彼のバカっぽさは知っている人達からしたら愛すべきバカっぽさなんだろうな・・・

オウガンは戦いを神聖なものと考え、敵にも敬意をはらう武士の国って感じみたい・・・
1巻で登場したオウガンの下級兵士が酷かっただけにちょっと以外でした。
まぁ・・・どんな国にでもピンからキリまである・・・って事ですね。

それでもかつて剣術大会で、ミロクを3位に甘んじさせたマガタレンボクシの兄弟のように
今まで、作品内でも最強に近い位置にいたミロクよりも強い相手がいるあたりさすが・・・って感じですが。
まぁそれでも剣ではオウガン内で3位っていうミロクも十分破格なんでしょうけどね・・・

そして最大の関心事であったオウガン皇帝にしてミロクの兄・ゴウト

あれ・・・?この人って・・・いい人だよね!?

ミロクのもう一人の兄であるジンレイを殺した・・・って話や
オウガン帝国の不審な動き、
さらには第八国魔導士と繋がっている・・・って話から
印象はあまりいいとは言えない状況だったんですけれど
実際はきちんと国の事を考える威厳もあるし、頭も切れる冷静な良い王って感じ。

ジンレイの一件でミロクは彼を憎んでいるけど
ゴウトの方はミロクの武や人柄・・・そして今回のプライドを捨ててでも
自分の元に事情を聞きにきた行動など色々と認めている感じ

ゴウトがどちらかというと文人である、ミロクは子供の頃からあまり勉強をしないので
彼から色々と小言を言われていたというのもあって、
色々と注意する兄って印象を子供の頃から持っていて
それであまり仲のいい兄弟ではなかったみたい・・・

でもこの場合、ゴウトが言ってる事のほうが正しい感じ・・・
ミロクは曲がりなりにも王族だし、勉強も必要だったと思う

実際にミロクマガタレンボクシの兄弟に本物かどうかの確認の時に

『難しい問題に答えられず、武に関する質問には答えられる』

という事で本人だって認められるほどみんなもミロクはちょっと・・・
って考えてるみたいだしね・・・

そう考えるとゴウトゴウトなりにミロクを弟として心配してたって事に・・・
読んでると彼がミロクの事を信頼し期待もしてるって感じもした。

ミロクの方も憎んでいると言いながらも、彼が暗殺者に狙われた時は
真っ先に助けに入ったし色々と誤解があるだけでやっぱり兄弟って感じ

オウガンの・・・ゴウトの目的が『竜の聖地』と呼ばれる現在はホラキアの領内にある土地で
竜を尊ぶオウガンにとっては大切な地

竜が死を悟るとそこに向かい死ぬという場所なんだけど、
そこを取り返す為にホラキアに何度も戦いを仕掛けていて、
さらに1巻の戦いの時にホラキアに協力していたのは彼らと交渉して
うまくいけば『竜の聖地』を返してもらえるって話だったみたい・・・
まぁ結果的にミロクがその話を台無しにしたわけですけどね・・・

これらの事がジュジュゴウトの話し合いで判明し、
第八国についてもあくまで利用するつもりで協力していた事、
そして自分にも第八国は隠し事をしているって事などが判明し
『竜の聖地』についてもそこを取られてから
竜によって鎮められていたというオウガンの水害がデータで実証できるほど増えたという
あくまでオウガンという国を守るのが目的・・・

うん・・・普通に国の為に頑張る王だ・・・この人・・・

まぁ『竜の聖地』の事を他国には信じてもらえないだろうからと話し合いをせずに
戦争って手段をとっちゃったのはさすが武の国の王って感じだけどね・・・

穏健派だったジンレイ魔導士に殺されてしまい、自分はそれを見過ごしてしまったから
だからこそ戦争しか手段を選べなかったっていうのもなんか辛いっていうか・・・
あくまでゴウト『第八国にとって邪魔な男を殺す』としか聞かされていなかったみたいだし
そこまで責任を感じる事ではない気もするんですが・・・根が真面目なんでしょうね・・・

でもジュジュホラキアとの仲介を約束し、
さらにジュジュゴウトに色々聞いた代わりにゴウトが聞いた事・・・

『ジュジュがミロクをどう思っているか』

それにジュジュ『好き』と答えた。
この事でゴウトジュジュを完全に信頼したみたい。

ジュジュへの信頼はそのままミロクへの信頼に繋がっているっぽいし
『オウガン = 敵』って図式は今回の話で完全に払拭された感じ。

でも最後の最後・・・第八国の・・・ビスマルクと因縁があるらしい魔導士モズに2人は襲われ
ゴウトは負傷し、ミロクが駆けつけるもジュジュは誘拐されて今回は終了・・・

第八国と連携しているっぽいツッキーニの不審な動き、
ホラキアで王子としてかなり立派になったベンヤミンと一緒のアーニィ
彼女達に合流しツッキーニの目的が『竜の聖地』である事を伝えたディアートと
次の巻に続く場面もあったので続きが楽しみ。

次回は赤目隊全員集合でジュジュ奪還を目指す・・・って感じかな?
ほとんど触れられない藍山同盟も気になるし・・・今後も楽しみだ。

ミロクの想いや、ジュジュの想いもはっきりとしてきた感じだしそっち方面も楽しみ
オウガン第八国と関係を絶つみたいだしシェンランとももう戦わずに済みそうだけど
恋の鞘当はどうなるんだろうか・・・気になる。

まぁ・・シェンランは腹違いとはいえ実妹だから可能性はないんだけどね・・・

最後に・・・今回は2つ
シリアス風味とギャグ風味で1個ずつ

モズに浚われるジュジュミロクが言ったセリフ
これもう・・・告白だよ・・・ほとんど・・・
身分や立ち位置関係なく・・・ただミロクとしてジュジュを助けるって事だもんな・・・これ・・・

「ジュジュ!いいか!」

「俺はジュジュの騎士だ!だけど、もうそんなことは関係ない!
 騎士だろうが、オウガンの皇子だろうが──」


「俺が、お前を助ける!だから待っていろ!」

そしてギャグ風味

オウガンを去る前に怪我を負ったゴウトを見舞ったミロクゴウトが言ったセリフ

ゴウトの部屋にあった彼の刀を借りる許可を求めたミロク
有名な刀で魔導士自身や魔法をも切り裂ける名刀っていうのが理由
でもゴウトはきっと・・・心配なんだろうね・・・ミロクじゃなくて・・・刀が・・・
なんかもう返ってこないって想像しかできないもんな・・・ミロクが使うと・・・

なんていうかゴウトミロクをよく理解している事がわかるセリフでもある。

「折るなよ。絶対に折るなよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
本日の騎士ミロク8 (富士見ファンタジア文庫)本日の騎士ミロク8
(富士見ファンタジア文庫)

(2011/06/18)
田口 仙年堂

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。