スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のメモ帳 6

あらすじ

高校の文化祭が押し迫る晩秋、
ラーメンはなまるにやってきたのは、チャイナマフィアの後継者兄妹。
なんとミンさんの親戚だという。

ミン父・花田勝の引き起こした事件をきっかけに、
なぜか持ち上がるミンさんの縁談。
それに憤然と立ち上がったのは、ヒロさんだった。

「おれからの依頼。この婚約、ぶっ壊してくれ」

ヒモのくせして、ついにミンさんに本気! 

二転三転の結婚騒動を描いた「電撃文庫MAGAZINE」掲載作に、
ヒロさんの師匠初登場の書き下ろし短編『ジゴロ先生、最後の授業』を加えた、
大ボリュームのニートティーン・ストーリー第6弾!

感想

神様のメモ帳の6巻
アニメも開始されるのでとりあえず既刊分は感想をアップしとこうかと。

アニメは最速だとこの記事がアップされた1時間ほど前に始まってますね・・・
まぁ私のいる地域だと8日の深夜になりますけどね・・・AT-X・・・やっぱいいよな・・・
とりあえずアニメ感想を書こうとは思っているんですが・・・
8日の深夜だから9日の更新には間にあわんから・・・10日になる・・・
そうすると最速の感想と1週間遅れになるんだよな・・・どうしたもんか・・・
まぁ・・・書くけどね。

今回の話で中心となるのはニート達の溜まり場・・・ラーメン「はなまる」の店長であるミンさん
そしてニート探偵団の1人・・・『ヒモ』であるヒロの2人

ミンさんの本名が黄 明麗(ファン ミンリー)で母親が中国人で
しかもチャイナマフィアの一族の出身という事が判明したり、

そのチャイナマフィアに雇われていたらしいミンさんの父親であるが起こした問題で
ミンさんの従兄弟でありマフィアの後継者になる予定の紅雷との婚約話が持ち上がり
それが原因で『ヒモ』・・・多数の女性と付き合い養ってもらっているヒロが秘めていた想い・・・
ミンさんの事が本気で好き・・・という事が判明したりと面白い。

いつかミンさんとラーメン屋を一緒にするために・・・とラーメン作りの腕を磨いていたりと
ヒロの隠れた努力もわかったりとミンさんを中心に話が動いていく感じ。
まぁ何をするかというと・・・問題を起こしたというの探索など・・・
つまりは・・・

ミンさんの婚約をぶっ壊す・・・

って事ですね・・・
まぁ最終的にミンさん本人も婚約話をぶっ壊す事に賛成するわけなんだけど・・・
それぞれの想いが・・・複雑・・・

ヒロミンさんが好きだから彼女のためにラーメン屋を一緒にするために腕を磨き、
そしてチャイナマフィアである紅雷にすら食ってかかる・・・

紅雷が結婚予定だった一族の女性をによって逃がされ、
さらに彼がラーメン屋を開くための資金を彼らが出していた事
ミンさんが一族の頭目から気に入られている孫である事

っていう表向きの理由もあるけど
なによりも子供の頃から彼がミンさんを心の底から愛している事
って理由が大きい・・・

何気にこの話ではミンさんを想う2人の男性の想いだけは
まったく間違っていないだけに複雑な感じ。

ミンさん自身も紅雷を憎からず思っているってのも自体をよろ複雑にしてる。
なにせヒロ『ヒモ』だし・・・まっとうに男を選ぶとかなり分が悪い。

ただミンさんにとってラーメン屋を続ける・・・というのはとても大事な事なので
その点ではヒロに分があるという・・・

うーん・・・本当に複雑な関係だ・・・
最終的にヒロミンさんの意思を・・・今までどおりラーメン屋を続けたいと願う彼女のために
ミンさんの印象が悪くなるとわかっていても紅雷達の組織を援助している
この国でがんばる中国人女性達の組合の女性達を口説き落として
婚約の話は流れる事に・・・まぁそれでもミンさんヒロを怒っていなかったから・・・脈アリなのかな?

あと何気にこんなとんでもない逆転方法を考え付いたナルミの思考回路はやっぱりおかしい
詐欺師とかジゴロとか・・・まじ向いてるんだろうね・・・こいつ・・・

も中国の・・・黄道盟紅雷達の組織)とは敵対する組織の元へ行ったので
命の危機はとりあえず安全・・・一件落着って事に・・・

でも真実は・・・今回の事件は全ての手のひらの上・・・

紅雷が結婚するはずだった・・・の護衛相手であった香玉
彼女の恋人が一緒に逃げようと香玉の元へ来た時にが応戦し
香玉は恋人を守るためにを撃ってしまった・・・

でもは重症を負いながらもかつての自分とミンさんの母親である奥さんとの関係を2人を重ね
彼女達が黄道盟から逃げられる算段を付け、紅雷の妹である小鈴に電話をかけ
これから起こるであろう事を全て推測した上でタイミングよく自分の声を流せるように録音させ
生きている事を装わせる偽装を用意。

さらに自分に懸賞金をかけていた組織に自らの死体を届けさせその懸賞金で
借金を完済させるという徹底振り・・・

娘の為に・・・・そして愛した妻に似た香玉とその恋人の為に・・・
死ぬ寸前まで動き続けた彼こそがこの物語を支配していた・・・って感じでした。
作中にただの1度として直接登場せず・・・それでも物語を動かした・・・凄いな・・・

最後は最初から知っていた小鈴、娘ゆえに気づいたミンさん
そしてアリスナルミだけが真実を知り終了

なんか・・・切ない終わり方でした・・・

アリスナルミの関係は進展・・・って言っていいのかわからないけどいい感じだし
あいかわらずナルミが無意識に口説いているかのような発言をしてアリスをドモらせたりと
にやにや状態・・・この2人の関係もいい感じだよね。

----------------------------------------------

ここからは本編後に収録されていた短編『ジゴロ先生、最後の授業』の感想

なんだこれ・・・面白い・・・

簡単に言うとヒロ『ヒモ』としての師匠で・・・アリスの大叔父である紫苑寺 吾郎が登場し
ヒロが前から言っていた通りに『ジゴロ術』の・・・『ヒモ』としての才能を持つナルミを見初めて
『ジゴロ術』の手ほどきをするという・・・いいのかオイって話

吾郎さんパネェ、そしてナルミもパネェ・・・ってかこいつら外道

キャバクラの女の子全員落として連れて行っちゃたりする吾郎さんの武勇伝とかオイオイって感じだし
ヒロさんと吾郎さんの出会いの話も・・・ちょっと大概って感じだし・・・
そもそもナルミに教えた内容を一部抜粋すると

最低三人、女を囲え
自分から近づくな、高い場所から笑いかけろ
びた一文渡すな、もらうだけにしろ

あんた、大概だよ!?

だけど病気によってこの世を去り、形見分けとしてナルミにネクタイピン14本(同じもの)を託す事に・・・
最後の弟子にプレゼントか・・・と思ったら
吾郎さんがこの歳になっても囲ってた女の人達に渡すためという・・・

この爺さん・・・まじパネェ・・・

そしてその同じネクタイピンをどういう意図で・・・どうやって渡すのかという方法に
気づいてしまうナルミ・・・



女の人にプレゼントを貰う時に間違って違う人に貰った物を身に付ける事を避けるために
全て同じものを買わせた吾郎さん



AさんにはBさんに貰ったもの(ネクタイピンから宝石の付いたブローチ部分を分離して)を

『吾郎さんは貴方にだけは特別にプレゼントを・・・』
『同じお店で買って証明書も・・・』

と言って渡す。



結果、吾郎さんは一銭も使わずに女の人達に思い出の品を残す事ができる

うわぁい凄い・・・まさに・・・『ジゴロ』だ!

っていうか最初からそれを想定していた吾郎さん吾郎さんだけど
聞いていたわけじゃないのにそれに気づき、実行しちゃったナルミも大概だよね・・・

『女の人を悲しませるよりは騙す』

っていう思考がすでに吾郎さんの教えそのもの・・・さすが最後の弟子・・・
コイツの将来は・・・どうなるんだろうね本当に・・・

今ですら無自覚にそこらへんにフラグを立ててるのに・・・
自覚して『ジゴロ術』を使い出したらとんでもない事になりそうだ・・・

っていうか吾郎さんナルミに教えた『必ず喜ばれる親愛表現25例』とか危険すぎ

『ずっと一緒にいれば、きみを幸せにする自信はないけど、
 僕が幸せになる自身はあるよ』

『きみに逢ったらなに話そうかいつも考えてるのに、逢うと嬉しくて忘れちゃうんだ』


とか・・・ナルミに教えちゃ駄目な類の言葉だよね・・・
実際に試しに言わせたアリスが真っ赤になってたし・・・

こうしてナルミはまた一歩ニートへの・・・『ヒモ』への道に進んだんだな・・・
ってか転げ落ちたのか・・・

まぁなにはともあれこの書き下ろし短編は面白かった・・・
吾郎さんは実は生きてたし・・・また登場とかしてくれるといいなぁ・・・

最後に一文・・・ではなく今回は2つ

今回の本編でミンさんを巡って動く事になった2人の男
ヒロ紅雷・・・

彼ら2人がミンさんについて語った言葉・・・
ミンさんとの関係も現在の立場も生き様も・・・まったく違う2人
でも2人の言葉は同じもの・・・だからこそ2人のミンさんへの想いがわかるセリフ

上がヒロで下が紅雷

「本気の本気なんだけどなあ。
 だって、ミンさんよりいい女なんてどこにもいないだろ?」


「おまえよりいい女なんて、どこにもいないからな。
 いいチャンスだ。どんな手も使う」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
神様のメモ帳〈6〉 (電撃文庫)神様のメモ帳〈6〉
(電撃文庫)

(2011/02/10)
杉井 光

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして。いつもブログ読ませていただいてます!!神さまのメモ帳は私は遅くて最近読み始めたんですけど、素晴らしいラノベではまっちゃいました・・・☆大好きになりました!

ブログがリンクフリーだということでしたのでリンクさせていただきました!

Re: No title

コメントありがとうございます

> ブログがリンクフリーだということでしたのでリンクさせていただきました!

ありがとうございます。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。