スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神曲奏界ポリフォニカ サイレント・ブラック

あらすじ

現場に残された死体は、ものすごい力で全身をバラバラに引きちぎられていた。
だが検死解剖の結果は、不可解なものだった。
死体に精霊雷のあとがなく、足跡もない。
人間業ではない犯行、だが精霊がやったとするには不自然。
それがマナガとマティアのぶつかったジレンマだった。

だが捜査が進み、次の被害者がでて、点が線につながったとき、
マナガとマティアは十九年前の、ある禁断の実験にたどり着く。

実験によって生み出した悲劇とは! 事件の犯人は、加害者? それとも被害者?
そして本当に罰せられるべきは誰なのか!

復讐を叫ぶ心の歌が届いたとき、ブルースの調べに乗って“黒の精霊”が涙を流す!

大迫純一渾身のポリフォニカ第二弾。サイレント・ブラック登場!

感想

「黒」のポリフォニカ。小説第二弾です。
展開的には1巻と同じで読者には最初から犯人がわかっていて、徐々に追い詰めていく過程を
楽しむタイプのミステリです。
時系列的には「赤」の1巻と2巻の間の話です。1巻でもユフィンリーが登場しましたが
登場人物同士が知り合いなので結構「赤」のキャラがでてきます。
ユギリ姉妹や「赤」の1巻の敵側の精霊などこれぞシェアワールドの良さでしょうか。
作家の方は設定を合わせなくてはいけないので大変かもしれませんが。

やっぱりマナガマティアのコンビはいいですね。
荒事担当がマナガで頭脳はマティアと思いきやマナガも意外に切れ者です。
まぁマティアは少女なので戦いには加わりませんが犯人への鋭い切り込みはある意味攻撃かも。

基本的に誰にも心を開かないマティアがマナガと2人きりの時にみせる表情はかわいいです。
被害者の無残な遺体を見て食欲を無くしているマナガとマティアのやり取り。

マティア:「なに?キモチ悪くなっちゃってる?」(笑いながら)

マナガ:「何だい?その笑い方」

マティア:「べ~つに~。強ぉい強ぉいマナガさんでも、スプラッタは
      駄目だったのかなあ、なんて思って~」


マナガ:「駄目なもんか。ちょっと苦手なだけだ」

マティア:「あたし、今日はチリにしようかな」

マナガ:「チリ?」

マティア:「それとも、お腹ぺこぺこだからステーキにしようかな

マナガ:「判った、降参だ。血だのハラワタだのは苦手だ。
      だからチリもステーキも勘弁」

マティア:「いいわ」


こんな感じです。どこのカップルだよって感じですね。

マティアかわいいですね。ユフィンリーに褒められて照れる場面の挿絵はまじかわいいです。
マナガは犯人の前などは別ですが日常では以外にも気が弱いようで面白いです。

事件の方はせつないですね。
犯人の過去、動機、そして結果。全てが切ないです。
犯人の最後に気づいたこと、そしてカラー挿絵の最後のページ(文章にはなっていませんが)
これらが少しでも救いになっていればいいと思います。

今回唯一生き残った悪人は「赤」の2巻で事件を引き起こしたとして無事逮捕されるのですが。
この時点で捕まったり死んだりしていたら…と考えるとシェアワールドの難しさを感じます。

そして、今回の事件で人間と精霊の関係について悩みを抱いたマナガに希望を与えたのも
「赤」の登場人物であるユフィンリーであった。これもシェアワールドの良さですかね。

ベートーヴェンや”歌は神曲とはなりえない”という言葉がでてくるのですがちょっと謎。
基本的に別世界の話なので現実の人物名がでてくるのはいいのかな
あと”歌は神曲になりえない”というのは「赤」のキネマティックノベル版や「白」と矛盾する
気がしますね。
おおやけになっていないだけ…という可能性や2人が特別である可能性もありますが。

最後に一文。上で紹介した以外でのマティアのかわいいセリフ。彼女達に目撃されちゃいます。

「マナガぁ」

「お腹すいたぁ」


神曲奏界ポリフォニカ サイレント・ブラック (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ
サイレント・ブラック
(GA文庫)

(2006/08/10)
大迫 純一

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。