スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神曲奏界ポリフォニカ スパーティング・クリムゾン

あらすじ

ケセラテ自然公園につきまとう“地下遺跡”の噂。
オミテックからの依頼で公園を訪れたフォロンを迎えたのは、今まさに発掘されつつある遺跡と、
そこに埋まっている『コア』と、コーティカルテのつぶやき。

-トルバスが『神曲の都』として栄えたのには、理由がある-

本来なら、事務所の晴れがましい仕事となるはずだったコアの移送。
新調した制服に身を固め、報道陣の前に立つ事務所の面々。
晴れやかなムードの中、すべては順調に進むはず、だった。
だがなぞめいたコーティのセリフを裏付けるように、『天国変』と『地獄変』を使いこなす
謎の敵が現われ、コアを強奪。
激しい追撃戦とバトルのなかでコーティの身体に異変が……!?

絶好調シリーズ第三弾!

感想

「赤」のポリフォニカの小説第3弾です。

前回までで登場人物があらかた揃い今回から奏始曲にまつわる事件が加速していく感じです。

ユフィンリーの事務所を疎ましく思う年配の神曲楽士達から仕事の妨害を受け
怒り狂うユフィンリー
彼女がとった方法は格好いい制服を作り知名度を上げてくやしがらせること。

いいですね。安易にやり返すことをせず真っ当な手段で報復しようとしてます。
今回はユフィンリーの意外とおちゃめな姿も見れて楽しかったです。

2巻のメインだったカティオムシェルウートゥのその後も書かれていて満足です。
これからも登場しそうな気配です。

フォロンコーティカルテのコンビはあいかわらずな感じです。
フォロンの何気ない言葉に照れるコーティカルテはかわいいです。
もう完全に恋人同士に見えるのですがフォロンの鈍さが・・・・・。

戦闘パートのハーメルンの走行中の単身楽団モードへの変形は設定が生かされていて
よかったです。大型バイクに組み込まれていながらいままで走りながらの変形はなかった
ので面白いと思った。まぁ走行中の変形は危険だと仕様書に書いてあるみたいですが。

戦闘は再びダンテの奏始曲がコーティカルテ達を襲います。
1巻ででた「地獄変」+2巻の「天国変」=「地獄極楽変(ヘル&ヘブン)」(コーティカルテ命名)
必殺技っぽくなっちゃってます。

なんかこのシリーズの話を読んでいると神曲楽士の祖であるダンテが凄まじい悪意をもった
存在に思えます。正体は・・・・・「白」のキネマティックノベルでわかるかな?

シリーズ初の上下巻なので4巻に話は続いていきます。

最後に一文。読んでいてつらくなるようなフォロンのセリフ。彼がいかに彼女を大切に想って
いるかがうかがえます。

「・・・・・コーティ・・・・・コーティカルテ・・・・・」

神曲奏界ポリフォニカ スパーティング・クリムゾン (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ
スパーティング・クリムゾン
(GA文庫)
(2006/09/13)
榊 一郎

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。