スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか天魔の黒ウサギ 8 魔女と花火と女学校

あらすじ

彼女は優しくて素直な、かわいい幼なじみの、はずだったのに。

「・・・・・・いったいおまえは、誰だ」

《予言》の告げた”遥の真実”を前に、大兎は震える。

──ヒメアか遥のどちらかが泣いて、世界は崩壊する──。

世界は、大兎の見た《予言》通りに突き進む。

そんな中、生徒会室メンバーは『魔女たちの園(テンペロン・クローリー)』の魔女・璃衣音(リーネ)たちと
戦闘に突入し、月光は魔界(マクアエ)で双子の弟・日向と再会を果たす。

誰もがそれぞれの方法で世界を救う可能性を探し、あがき続ける中、
大兎は”遥”に会おうとしていた──。

”救うための痛み”が刻まれる、学園リバース・ファンタジー。

感想

いつか天魔の黒ウサギの8巻
表紙には前回登場のリーネとメインヒロインであるヒメア

アニメも始まっていい感じに盛り上がっているシリーズで
9巻はアニメ未放映エピソード付きの限定版で12月発売・・・ちょっと長いな・・・

さて本編の感想を・・・

前回・・・7巻の感想で『先回りに絶望が用意されて・・・』って書いたんだけど
それとは逆に今回待っていたのは希望・・・でも

哀しみを代価とした希望

って感じがしました・・・
とりあえず代価と希望に関しては終盤で語るとして・・・

今回は前回の話で『軍』の弱体化を察知して仕掛けてきた
この世界で3番目に強い勢力を持つとされる組織『魔女たちの園(テンペロン・クローリー)』

その名のとおり『魔女』を名乗る女の子と悪魔のコンビで動く組織らしく
生徒会メンバーそれぞれの前に現れる魔女悪魔達

は1人で生徒会室にいる時にリーネと彼女の悪魔であるペルティに襲われ、
ハッタリとの嘘で駆けつけたヒメアによって撤退

子供の頃から余命を聞かされていたらしいの肝っ玉の大きさと
何気に『友達』と言い助けたヒメアの関係が凄くよかった・・・
6巻の時の会話がここにきて響いてきてる感じ・・・

リーネの目的は月光に逢う事だったみたいだし、ヒメアには叶わないので撤退
ペルティは20%の確率で大きな力が使えるみたいだけど・・・それってどうなんだろうね・・・
ピンチの時でも80%は不発って・・・かなり嫌な能力だ・・・

セルジュハスガの方にも別々の魔女と悪魔・・・

ハスガには魔女百夜 千夜炎を使う悪魔・ノギ
セルジュには魔女クララ雪を使う悪魔・ユキがそれぞれ現れ
ハーフエルフという珍しい存在ゆえに狙われる2人を懐柔しようとするけど
セルジュも・・・そしてハスガも生徒会の仲間達を『裏切らない』選択を・・・

あくまで身の安全の為に『軍』に保護され、月光に従っていたのに
いつのまにか彼らも立派な生徒会メンバーになっていたみたい・・・

同じ状況でもただの人間であり、たいした力を持たないはずの月光は裏切らないと
そしてどんな状況でもみんなを助けようとする大兎も決して裏切らないだろうと・・・
わかっているから彼等も同じ選択をした・・・

なんていうか・・・いい感じにチームができてきてますね・・・・・

『魔女たちの園(テンペロン・クローリー)』については月刊コンプエースで
『いつか天魔を斬る魔女(ヘクセン)』っていうスピンオフ作品がコミック連載開始されるみたいだから
そっちも読もうかな・・・楽しみ

一方で生徒会長である月光美雷と共に魔界(マクアエ)で双子の弟である日向と再会、
さらに美雷の母親であるスクラルドと邂逅・・・

えっと・・・家族会議・・・?

そしてここにきてようやく語られる日向の真意・・・

月光に喰われる(殺される)事で彼に《預言》に抗うための力を・・・

最近は色々とわかってきていた日向の真意はコレ・・・
子供の頃に月光と共に《預言》を見てその絶望的な内容に『諦めてしまった』日向

でも兄は日向守ると《預言》『立ち向かう』という意思をみせた。

だから日向は《預言》の内容に逆らえないとそれに従いながらも、
力を付けた自分が兄である月光に喰われる事でその力を渡す事ができると《預言》によって知り
《預言》に抗う可能性を兄に託そうとしていた・・・

悲しいと言うかなんて言うか・・・

そして過去に日向と共に《預言》を見た事、それに対して怖がる弟を助けようと思った事、
そして弟が・・・天才の弟が自分では見る事ができないほどの絶望を《預言》で知り、
でもその領域までは見る才能がなかった自分に相談できなかった・・・

月光からしたらずっと弟の気持ちをわかってやれず、
そして彼の助けを求める声に気づかなかった事はかなり悔しいだろうな・・・

なにせ明確に・・・そして確実にこの集まり・・・日向と彼が使役する悪魔・アイヴィィ
そしてスクラルド・・・どいつもコイツも月光かに上回る力の持ち主。

それでもスクラルド『力』を認める日向に対して月光『心』を認めていたし
彼らは元々、互いを喰らう事で完成する天魔が作り出したものらしい・・・

まぁ月光は事情を知った時点で日向も救う気になってるのでその手段は選ばず
生徒会の仲間達と一緒に立ち向かうと宣言

それでも無理だと・・・すぐに自分の力を取り込みに来るし、自分はそれを望んでいるという日向
この双子の兄弟も・・・なんか色々と大変だ・・・

心が弱いからこそ色々なものを捨て力を得た弟
心が強く色々なものが捨てられず力が弱い兄

きつい関係だよな・・・なにがキツイってこの段階でもお互いを大切に想ってるってところが・・・

そして最後が・・・大兎

それは・・・キツすぎるだろ・・・

謎の男ではなくが自分に魔術をかけ、ヒメアを好きになるように洗脳していた事を知った大兎
そしてヒメアと彼女が同一の存在と言う事も知ってしまい
への疑心・ヒメアへの疑心・・・そして恐怖を感じてしまう大兎

だけどの・・・大兎のメールを見る彼女の寂しそうな・・・悲しそうな顔
そしてヒメアの事に対してみせる不安な顔

疑いと真実と思われる彼女達の葛藤で揺れる大兎だけど、
意を決してと話をする事に・・・

今までを操っていると思われた存在はが自分を・・・
大兎を監視する自分を騙すために生み出した幻覚である事。

『最古の魔術師(ヴァンパイア)』という種は根源は1人で
その彼女はずっと1人で・・・孤独で狂って・・・人格を分裂させてしまい
それがヒメアであり・・・そして

そして彼女達の心を守る『幸福』と呼ばれる魔法?が別人格のように現れる事があるみたい。

今回もの心が限界を迎えて前にヒメアの中に現れた人格が浮上したわけだし
ヒメアの元は1つ・・・というのは真実っぽい・・・

そして大兎はその『幸福』の一部であるその人格の言葉と
の行動から自分が彼女達に選ばれた存在であると・・・
『彼女達』を救う存在に選ばれた事に気づきヒメアも・・・も救う決意を固めた。

でもその直後に《預言》の禁忌に・・・絶望の《預言》に残された『希望』を探す手段を
大兎に伝えた《預言》にその存在を抹消され全ての人の記憶から消えた・・・

そこまでするか・・・・そこまで・・・

一応、ヒメアが昔に大兎にかけたような『魔術』大兎に残したおかげで
大兎が思い出すことができれば戻ってこれるみたいだけど・・・それでもキツイ・・・

大兎すらを忘れ・・・でも彼女が伝えた『希望』へのヒントだけは彼の中に残った
一応、『預言で見たシグレハルカという知らない人間の名前』というのは残っているから
希望は残っているけど・・・きっついなー・・・

最後は生徒会メンバーが集合し、《預言》に立ち向かう方法を模索する事
そして襲撃をしようと準備をすすめる『魔女たちの園(テンペロン・クローリー)』の対策をする事に

さて・・・どうなるかな・・・?

まぁそういう話し合いの後にの発案で夏休み最後の日と言う事で
花火大会をしたりと和やかな時間があったけど・・・今後はこういう時間はなさそうだよな・・・
それを考えると色々と後が怖い・・・

そして来年も・・・という月光(←どうしたの!?弟と和解して丸くなった!?)に
寂しげな・・・そして嬉しそうな表情を見せる余命があと2年ほどのの姿もせつなかった・・・

このメンバーが全員で笑いあえるようなエンディングだと・・・いいなぁ・・・

最後に一文。

の・・・告白

大兎に、絶望が待っている未来ではなく希望が残っている過去を・・・
『最古の魔術師』が生まれた理由を《預言》で見るようにと伝え
それによって《預言》に消される寸前に言った大兎への彼女の想い

悲しいけど・・・彼女の想いの深さがわかる言葉

《預言》という未来を記す絶望に立ち向かうために
あえてそれを利用して過去を見て希望を生む・・・というのは
なんとなく納得できるかもしれないけど・・・
この情報を・・・希望を得るために得た代価が大きいよな・・・やっぱり・・・

『何億年前から・・・』とか『自分の分身である《源書の光(サイトヒメア)》をよろしく』とか
色々と気になるセリフもあったんですが・・・

「大兎、大好き」

「ずっと好きだった。ずっと、ずっと、何億年も前から・・・」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
いつか天魔の黒ウサギ8  魔女と花火と女学校 (富士見ファンタジア文庫 か 4-5-8)いつか天魔の黒ウサギ8
魔女と花火と女学校
(富士見ファンタジア文庫 か 4-5-8)

(2011/07/20)
鏡 貴也

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。