スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それがるうるの支配魔術 Game2:リメンバランス・パズル

あらすじ

水那斗るうる率いる我らが欧文研に、奇妙なオブジェが届いた。

「私を捜して」

というメッセージと“浮き世のオルカ”というヒントが添えられており、
どうやら碓氷の初恋に関するものらしい。

碓氷よ、感傷に浸っているところ悪いが、こいつには妙な魔術がかかっているぞ?

「それなら、お兄ちゃんが作ったゲームかも!」

るうる、それは飛躍しすぎだろっ!?

魔術が仕掛けられた初恋パズルが導くのは、失踪中のるうるの兄へか、それとも!?

感想

『それがるうるの支配魔術』の2巻
今回の表紙はるうると同じ魔術師である言乃

今回は彼女も色々と可愛かった!

そしてまぁ・・・順当というかなんていうか・・・主人公との距離は近づいた感じ・・・

表紙が言乃という事で今回は彼女が中心となった話に・・・

って違うだと!?まさかの碓氷(男キャラ)中心!?

という訳で主人公・と親しくなった友人、碓氷 圭次が中心となる話
いや・・・まさか2巻目でいきなり男キャラ中心の話になるとは・・・予想外だったですね・・・
まぁ表紙にでているからなのか言乃言乃で結構関わってましたけどね・・・
話の中心はやっぱり圭次・・・そして彼の後輩で彼に想いを寄せる中学生、保住 香奈恵が中心

が・・・が鈍い・・・

ラノベの主人公が鈍いのはお約束って感じなんですけど、
大体は自分に関する感情に対して鈍いんですが、の場合は人が人に向ける好意にも鈍いっぽい・・・

香奈恵るうる『圭次を誑かしたら許さない』という感じのセリフを言って登場したんですが
それを聞いてなお・・・そして彼女が見せる圭次への態度を見ていてもなお
彼女が圭次に好意を寄せているという事がわからなかった・・・

これは鈍い・・・まじで鈍い・・・実際他のメンバーは気づいてたし・・・
これで自分に対する好意となったらどうなるんだろうな・・・コレ・・・

今回は謎解きゲームって感じで話が進んでいって
圭次の初恋の人である工藤先輩が残したと思われる『オルカゲーム』
みんなで挑戦する・・・って感じ。

だけどそれに『理操魔術』が関わってきたせいでるうるはこのゲームが
消滅してしまったとされる兄が残したゲームだと思い凄い乗り気になるけど

事情を知る言乃はそんな訳がないと・・・
そして真実を知った時にるうるが傷つくのではと心配したりと
彼女がるうるを心配している感じがよくわかっていい感じだけど
やっぱりるうるの中でのお兄さんの存在の大きさがわかる事でもある。

ヒントを読み解くと次のヒントが・・・って感じでゲームは進んでいき
要所要所で『魔術』が発動・・・

真相は本人も気づいていなかった才能が・・・魔術師としての才能があった香奈恵
無意識に『魔術』を発動して圭次と2人で・・・という状況を作り出していたわけですけど・・・

○1回目

図書館にヒントの本を探しに行ったら
いつのまにかアイ恋人同士でアイスを買うって事に・・・

は前巻同様の特殊な感覚で違和感に気づいて『魔術』を破壊
実際はもう1段階『魔術』がかかっていて図書館ですらなく体育館だったけど

圭次香奈恵にアイスを『あーん』してもらってた・・・
るうる言乃は一緒にアイス食べてた・・・

○2回目

時計塔にヒントを探しに行ったら・・・
いつのまにか言乃恋人同士・・・

海で水着の感想を聞かれ、似合ってると答え・・・いい感じに・・・
やっぱり『魔術』を破って元通り

圭次香奈恵と水かけっこ・・・
るうるアイは一緒に砂遊び

○3回目

ゲームも終盤・・・最後のヒントに繋がるであろうプラネタリウムを作動・・・
いつのまにかるうる恋人同士・・・

夏祭りでキスしてもokなシチュエーションになるが今までで一番早く
違和感に気づき『魔術』を破壊

これはあれかな・・・一番るうるを気にしているからこそ・・・だったのかな?
るうるからしたらちょっと残念って感じだったみたい・・・

圭次香奈恵とやっぱり一緒に夏祭りを周っていたみたい
言乃アイは・・・百合展開だった様子・・・なにがあった・・・お前ら・・・

という訳で毎回毎回、圭次香奈恵がペアになっていて
術者である香奈恵の無意識の願望が現れていたみたいなんですが・・・

が毎回おいしいシチュエーションなのはどういう事だ!!

もう1人の男性メンバーである圭次が常に香奈恵とペアであるので
必ずペア・・・って事になると女の子と一緒になるし、2人きりのシチュエーションで・・・って事だから
恋人設定もいいけど・・・
『魔術』にかかってる間の事も覚えている女の子達からしたら恥ずかしいよね・・・コレ・・・

違和感を感じるはともかく『魔術』にかかってる間はの恋人として行動していたわけだし・・・
ここら辺の気づかないうちに認識すらも書き換わっているあたりが
この作品の『理操魔術』の怖いところであり、
そしてその『魔術』の効果範囲に制限がないからこそるうる『世界災厄の魔女』
って呼ばれてる訳ですからね・・・

確かに・・・怖いと言えば・・・怖いな・・・

1巻でもそうだったけど『魔術』の効果を受けても効果を受けている人間は気づかないっていうのが怖い
まぁそこら辺の問題とかが今後の問題になっていくんだろうな・・・

今回、るうるは最後に人を助けるために『魔術』を使ったけれど
それは窓から落ちたをグラウンドを海にする事で救った。

内容はが指示したものだけどその大規模な『魔術』は誰もが目撃し認識した。
これはいつのまにか・・・とか認識そのものを操作されて気にしないというものでもなかった・・・
でも学園のみんながそれに対して口をつぐみ『なにもなかった事』にした。

『世界災厄の魔女』・・・るうると関わり合いになりたくなかったから・・・
これはこれで怖い・・・というか納得できないというか・・・ここら辺の問題は根深そう

最後は『オルカゲーム』香奈恵が最近会いに来てくれない圭次の気を引くため、
そして彼の誕生日を祝うために作ったゲームであり
学園の噂を集め公開する『噂屋』である圭次の真の目的が将来を・・・高校・大学と
専門の教育機関に縛られてしまう魔術師が不憫だから・・・
香奈恵には自由に生きて欲しいから彼女が魔術師である事を隠すための
噂の操作が目的だったことをが暴いて一件落着

お前ら最初から相思相愛じゃねぇか!!

2巻にして1つのカップルが誕生したこのシリーズ・・・
あとは主要メンバーはフリーな男1人と女3人・・・さてどうなるんだろうか・・・

何気に圭次の初恋の工藤先輩の正体はるうる圭次のクラスの担任である京野先生だと
アイが気が付き、そっちはそっちですでに吹っ切れていたみたいで無事解決
まぁ・・・登場人物が少ない中で圭次との年齢差とか考えると彼女くらいしか当てはまらないので
この真相のほうは結構気づきやすくなっていた感じですが。

今回の一件で『噂屋』である圭次が協力してくれるようになるだろうから
今後は色々とそっち方面での活躍を期待。

メインメンバーでは言乃に色々と相談したりといい感じに接近
まぁるうるを心配して・・・というのが大きいんですけどね・・・
彼女は彼女でるうるに取って大きな存在だと思ってるみたい。
ただるうるを監視している人間が今度は彼女に動いて・・・と言っていたから
次の話こそは彼女が中心の話になるのかも・・・
そっちはそっちで楽しみ・・・フラグは立つんだろうか・・・

そしてメインヒロインであるるうる

兄が残したゲームではないとから説明され納得したるうる
半分残念って感じだったけどが言うなら・・・って信頼もあったみたい。

もう二度と自分の意思で『魔術』を使わず、
が望んだ時だけ・・・そして彼が指定した『理』に応じて『魔術』を使うと決めたるうる
なんか・・・凄い信頼ですよね・・・これ・・・

そして『魔術』の効果が残っていればその術者の意思が残っている・・・
つまり術者が存在していることを証明できる。
だからこそ兄が『魔術』で残した・・・ってのにるうるは拘っていたみたいで
彼女は今でも・・・10年前に消えた兄が生きていると信じているみたい。

彼女の思い出にあるマルという少年が当時の記憶を失っている
自分では・・・とも思い始めたし
るうるを監視する女性も『10年前の事件に近づいて・・・』と言っているから
やっぱりこのシリーズの根幹はその事件にあるんだろうな・・・

最後はが気づいた兄の痕跡”かも”しれない情報と
それを知っているかもしれない人物のヒント・・・

今、るうるが住む家で彼女の保護者をしている叔父・・・
彼がるうるの兄と同じ欧文部の創立メンバーであった事が判明したわけで・・・
さて・・・次回は10年前の事件に関して調べる事になるのかな?
そっちはそっちで楽しみだ

それとやっぱり言っとこう・・・

るうるが可愛い!!

これだけでも見る価値はあるな・・・うん・・・

最後に一文。

言乃のセリフやら香奈恵の告白やら色々と気になるものはあったけど
終盤・・・るうるに対するセリフが印象深かったのでそれで・・・

兄の生存を信じるるうるの為にが提示した事。
それはるうるが入学するまでの間、欧文部が存続する為に
なにかしらの人為的な介入があったのではないかという事。
『誰か』が『魔術』を使ってそうなるように仕向けた・・・という”可能性”

そして消えてしまった兄を探す手伝いはにはできないけど
欧文部に残されたこの『誰か』の謎を解くゲームには参加してもいいという事。

自分と一緒にこのゲームに・・・あくまで推測で考えたこのゲームに
るうるが参加するか聞いたに対する彼女の返答

「タマキなら、きっと大丈夫。だってタマキは」

「だってタマキは、わたしを見つけられたんだから」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
それがるうるの支配魔術    Game2:リメンバランス・パズル (角川スニーカー文庫)それがるうるの支配魔術
Game2:リメンバランス・パズル
(角川スニーカー文庫)

(2011/07/30)
土屋 つかさ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それがるうるの支配魔術 Game2:リメンバランス・パズル

あらすじ 水那斗るうる率いる我らが欧文研に、 奇妙なオブジェが届いた。 「私を捜して」というメッセージと“浮き世のオルカ”というヒントが添えられており、 どうやら碓氷の初恋に関するものらしい。...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あれ?

「だったタマキは、わたしを見つけられたんだから」

?
だってじゃなかったでしたっけ?
だった、でしたっけ?
読んで見たけど、だってじゃなかったでしたっけ?
まあ、打ちミスですよね?
で、るうるは可愛かったですね~。
ブログで書かないと・・・。

Re: あれ?

コメント&指摘ありがとうございます

> 「だったタマキは、わたしを見つけられたんだから」
>
> ?
> だってじゃなかったでしたっけ?

ええ、はい・・・打ち間違いです。
訂正しました、ありがとうございます。

No title

いえいえ~、読んでてあれ?と思っただけですから。
とにかくるうるが可愛いことしか分からなかったですよ。
打ちミスなんて誰にでもありますからね!
気にせず行きましょ~。
じゃあこれからもコメントしていきたいと思います!
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。