スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン 8 アーリー・アンド・レイト

あらすじ

『圏内事件』──《SAO》中階層で、1人のプレイヤーが殺された。
その殺害現場は、決してHPが減るはずのない《安全圏内》だった。

これはプレイヤー・キル(PK)だと仮定するも、その殺害方法に全く見当がつかず・・・・・・。

奇怪な事件を、キリトとアスナが追う。

『キャリバー』──《ALO》伝説の聖剣《エクスキャリバー》。
その獲得クエストがついに始まった。

守護するモンスターたちの強さから一度は獲得を諦めていたキリトだったが、
これを機に再び争奪戦に本格参戦する。

しかし、このクエストには壮大な裏イベントがあり・・・・・・。

『はじまりの日』──《SAO》正式稼動初日。

茅場晶彦によるデスゲーム開始の声明を受けた直後。
キリトが決断した、このゲームを生き抜くための最初の一手。

それは、ベータテスト時に攻略経験があるクエストを真っ先にクリアし、
初期装備よりも強力な剣を獲得する事だった──。


感想

ソードアート・オンラインの8巻
2巻以来の短編集

それにしても・・・まさか表紙に男キャラ2人持ってくるとは・・・
まぁキリト1人って表紙もあったんですけど・・・あれは見た目が女の子だったからな・・・
そして『SAO』時代が描かれるために久々の黒の剣士状態のキリトの絵

最初の印象のせいかこっちの方がやっぱりしっくり来る気がしますね・・・
『ALO』の方でもツンツン頭から変更してこっちに近くなってますけどね。

3つの話が収録された短編集なので話ごとに感想を・・・

○ 圏内事件



『SAO』時代の話
アスナキリトを気にするようになるなったお昼寝の話の直後の話

アスナキリトに対する態度がまたちょっと硬かったり、
服装を褒めてもらえずに怒ったり、結婚話で色々あったりとアスナが可愛い

安全なはずの街の中でプレイヤーが死亡する事件を目撃
一緒に調べる事になる2人・・・って話

全ての黒幕・・・ヒースクリフが普通に登場して
キリトアスナとラーメンを食べる場面は先を知っていると色々とシュールだ・・・

っていうかヒースクリフ・・・こいつはこいつで絶対楽しんでたよね・・・ゲーム・・・
製作者だけどキリトが案内したこの謎の店には色々といいたい事があったみたいでちょっと笑ってしまった
web小説だとこの店のマスターはPCみたいだからどんな店でも問題はないんだけどね・・・

事件は意外な方向に動き、殺人ギルド『笑う棺桶(ラフィン・コフィン)』の介入
そしてこの事件を引き起こした2人がかつて所属していたギルドで起きた事件の真相

現実でも夫婦だった2人・・・その夫が『SAO』内でギルドを作り、プレイヤーを育て始め
自分の知っている貞淑な妻でなくなった・・・という理由で妻を殺した

やりきれない・・・どころの理由じゃないですね・・・コレ・・・
っていうか夫のほうの考え方が駄目すぎる・・・

アスナに妻を愛していたのではない、それは所有欲だと言われていたけど・・・
うーん・・・実際の夫婦生活ってモノがわからないからなんとも言えないけど
確かに愛ではなさそうだよね・・・この考え方だと・・・

『笑う棺桶(ラフィン・コフィン)』のリーダー『PoH(プー)』
そしてそれに従う2人『ジョニー・ブラック』『赤眼のザザ』

ファントム・バレット編・・・死銃として暗躍したジョニー・ブラック赤眼のザザとの因縁とかを
考えるとこの出会いもまた面白いですね・・・
そういえば・・・『PoH(プー)』はどうしてるんだろ・・・?

ここら辺の因縁とかもいずれ回収されるのかな・・・?

なにはともあれキリトアスナの関係が近づく原因となった最初の出来事でしたね。

○ キャリバー

シノンさん、マジかっけぇ────!

ええ・・・はい・・・もうこの場面の印象がでかいですね・・・
なので今回はシノンさん『さん付け』で統一します。

という訳でこの話は『ALO編』キリトリーファが偶然から発見した
『エクスキャリバー』が中心となる話

キリトは所在の情報とそこにいく為の手段を1年近く秘匿していたみたいで、
自分達で挑戦はしてみたみたいだけど迷宮内のモンスターの強さから
一度は諦めた・・・という難易度

でも一般プレイヤー達が獲得クエストの情報を掴んだと知り、
もう一度・・・自分達で手に入れるために再挑戦する・・・という話。

『SAO』時代の仲間であるアスナ・リズベット・シリカ・クライン
『ALO』からは妹でもあるリーファ
『GGO』で知り合い、『ALO』で新キャラを作ったシノンさん

これにキリトが加わった7人パーティで挑むわけですが・・・

すでにパーティ構成がチートっぽい・・・・・・

全員自分で育てたキャラだし反則でもなんでもない(一部SAOキャラはレベルとか受け継いでるけど)
でもなんていうか・・・こう・・・存在自体がちょっとチートってキャラがちらほらいるよね・・・
しかもこのうち5人はSAO組だからMMORPGの経験値が異常と言ってもいい・・・
なにせ約2年間ログインしっぱなしだったわけだし・・・

まぁ詳しくは省きますがダンジョンを進み、現れる強力な中ボス
SAO出身がほとんどのせいか魔法攻撃が弱いこのパーティー

属性付きのソードスキルで物理耐性の強いボスに挑み・・・そして・・・

キリトさん、マジパネェ・・・

っていうか・・・またか・・・またなのか・・・お前はいつもこうだったよな・・・・・・

7巻・・・この話より時系列的には後になる話では『魔法破壊(スペルブラスト)』っていう
ソードスキルで魔法を破壊すると言うシステム外スキルを披露して度肝を抜いたキリト

銃弾を切り落とせるなら魔法の方が速度遅いし・・・という考えでやってるらしいけど
普通は無理・・・

そして今回・・・システム外スキル『スキルコネクト』

キリトの代名詞たる『二刀流』が存在しない『ALO』で片手剣を両手に装備し、ソードスキルを発動
システムアシストの動きにあわせて技の終わりの動作にもう片方の手で別の技を繋げる荒業

途中からシステムアシストで自動で動く片手側の技を意識から切り離して
分割した意識でもう片方の手で技を発動するという・・・

脳波を受け取ってゲーム内で再現しているのがアミュスフィアなどのデバイスな訳だから
脳波っていうか意識を分割して送れればそれを再現しようとするんだろうけど・・・

いやいや・・・無理だって・・・

何が無理って意識分割とかどういう仕組みだよって話・・・
なんか7巻ででてきた脅威の11連撃のスキルの株を奪うかのような16連撃・・・
なにしてんだ・・・この人・・・

この直後のクラインとのやりとりが『SAO』での『二刀流』を見せた時とそっくりで
アスナがデジャビュってたのに笑った・・・ってかキリト・・・お前はびっくり箱か・・・

そして途中NPCのフレイヤ(金髪美人)を仲間に加えボスの下へ・・・
クラインがNPCだとわかっていても美人なフレイヤに心を奪われていたんですが
ボスに奪われていた彼女の一族の宝を戦闘中に取り戻し、彼女に渡したところ変身

フレイヤ→トール

北欧神話ですね・・・はい・・・
巨大なマッチョのおっさんになりキリトと協力してボスを倒したトール
クラインは彼から『雷槌ミョルニル』を貰い、キリトは無事『エクスキャリバー』をゲット

そしてクライマックス・・・崩れるダンジョンから脱出するときの話に・・・

① 『エクスキャリバー』を持ったままだと重くて脱出できないと気づき捨てる事にするキリト

② 無事安全地帯に移ったキリトと落ちていく『エクスキャリバー』

③ 200mほど下にあるそれに粘着性のある糸を付けた矢を射るシノンさん

④ 無事確保

シノンさん、マジかっけぇ────!

という訳で格好よかったです。
挿絵もシノンさんが多めな感じがあったのでいい感じでしたね・・・今回・・・

『ALO』では長弓を使うキャラみたいだけど彼女は彼女でセオリーにはない遠距離射撃で戦う
チートキャラになってるみたい・・・まぁ元がスナイパーだからね・・・
200mって『GGO』時代の10分の1くらいの射程だし・・・弓だけどねー

何気に『剣を抜くたびに心の中で自分を思い出してね?』とキリトをからかう為に発言して
キリトは女性陣からの視線に戦々恐々することになったけど無事GET

大量のアイテムをクエストクリア報酬と言う事でキリト『エクスキャリバー』の解放を頼んだ
NPCから貰いキリト『エクスキャリバー』自体を貰いクエスト終了

NPCは三姉妹キャラだったんだけど、クラインは懲りずに末妹のスクルドにメアドを聞いてた。
そして別れ際に”何か”を貰ってた・・・あれ?まじメアドなの?

『ALO』『SAO』と同じでシステムが世界中の神話からクエストを自動で生成するらしく
さらに管理AIもユイほどではないとはいえ存在するようで運営の思惑を超える・・・
『ALO』の世界が崩壊するかのようなクエストも発生しかねないという事がユイによって明言され
実際に今回のクエストも失敗していたら結構大事になった模様。

さらにキリトと一緒に戦ったトールの・・・アース神族の危険性も少し言われていたので
もしかしたら今後なにか大きなクエストがこの世界で起きるのかも知れない・・・伏線かな?

Web連載とかでは書かれていないけど・・・そこら辺も本になるといいなぁ・・・
今回のパーティメンバーでの冒険はもっと見てみたいな・・・

○ はじまりの日



『SAO』においてデスゲームが開催が宣言された直後の話

仲間を見捨てられないクラインを残し、ベータテストの時の知識を生かして
最優先で”自分が生き残るため"の行動をとったキリト

まだ序盤の装備でレベルも1桁・・・黒の剣士の面影はない
それでもこの頃から非凡な戦闘センスを持っていたと思わせる場面がありました・・・

っていうか・・・イキナリきつい展開だったんだな・・・

ベータテストの時に攻略したクエストをいちはやくクリアして報酬の
序盤にしては性能がいい剣を手に入れようと急ぐキリト

クエストクリア条件のアイテムをドロップするレアモンスターを狩るために
同種モンスターを狩りまくるという行動もまだプレイヤーが来ていなければ
自分だけで経験値もガンガン溜まると言う・・・

でもその行動の全てに”自分の為だけ”という罪悪感が付きまとっている様子が見て取れる。
それでも続けるあたりが・・・重度のMMOプレイヤーって事なんでしょうかね・・・

そして同じようにベータテスト出身で同じ目的のコペルと出会い共闘

だけど最後の最後・・・レアアイテムをドロップした直後、
彼はキリトを殺し、自分がアイテムを得るためにモンスターを呼び寄せてしまう
敵モンスターの部位をわざと攻撃・・・2人はモンスターに囲まれる事に。

コペルは隠蔽スキルで隠れられると思っていたみたいだけど相手は植物系モンスターで
視覚に頼らない感覚を持っている成果あっさり発見され戦闘

この場面でもキリトは・・・自分が利用され、殺されようとしたこの状況でも
コペルに憎しみを向けず・・・そして隠蔽スキルについての注意も促さず
自分に向かってくる敵に対峙

そして武器の耐久力が限界で攻撃の無駄うちはできず、
相手の弱点に技を当て一撃で葬り去らなければ、
そして敵に直撃を喰らい動きを止めればそれが死に直結するという極限状況で
それを成し遂げた・・・

極限状態の集中力はすでにこの頃から凄かったみたいですね・・・
そしてコペルはモンスターによって殺され、
彼が相手取っていたモンスターも全て狩り生き延びたキリト

一日目からギリギリの・・・命を削る戦いをしてればそれは・・・強くなるよな・・・
コペルにしても相手を殺してでも自分は・・・という考えは決して褒められた事じゃないけど
それはキリトの行動も同じ・・・

それでも最後まで良心を捨てきれないキリトが生き残った。
これを分けたのはコペルの自分のスキルに対する知識のなさだった訳で・・・
そういう意味では残酷だったかも。

そしてキリトはクエスト達成で剣を手に入れ、
そしてクエストで助けたNPCの女の子を見て直葉を・・・妹を思い出し
そして父、母を思い出し涙した・・・

『死』に対する実感を持てなかったキリト
でも『家族に会えない』と知った時に初めて彼はこのゲームの真実を実感した。
やっぱりなんだかんだ言って・・・優しいんだよね・・・こいつ・・・

この話の序盤で強くなって生き残る・・・と決意した時に彼の口から出た言葉は
父母への心配させた事に対する謝罪と妹である直葉への謝罪

家族への想いが彼の”生きる”という思いの根源にあったんだな・・・きっと・・・
まぁこの後にも色々会ってギルドを1つ壊滅させてトラウマ作ったりしちゃうわけですがね・・・

------------------------------------------------

次回からは『アリシゼーション編』に入るみたいだけど・・・
これって何気に今までの全部足したより長くなりそうなんだよな・・・
さてどうなるか・・・楽しみだ

とりあえず10月発売のアクセルワールド9を楽しみにしつつ
発売予定の春を待とうかと・・・ってかこの新キャラの女の子はだれ?
緑の王?それともまさか・・・アッシュさん!?

最後に一文。

いや・・・もうこれしかないでしょ・・・って感じ
今回のシノンさんのプッシュはいい感じでしたね・・・

キリトにキャラクターに付いてる尻尾を掴まれ『フギャア!!』という挿絵や
上に書いて流れで確保した『エクスキャリバー』を満面の笑みという
シノンさんらしくない表情で手渡す挿絵などかなりいい感じでした。

それにしてもやっぱり・・・シノンさんはかっけー

っていうか空中から落下中の物体にこちらは浮遊中の足場から矢を撃って当てるって
どんだけだよ!って感じ・・・この人も十分にチート性能だよな・・・うん・・・地力だけど。



にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈8〉
アーリー・アンド・レイト
(電撃文庫)

(2011/08/10)
川原 礫

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今回のヒースクリフはかわいかったです
自分のゲームの店に覚えが無いというのがわかりましたし

ザザはなんかすごいこと予言してましたね

シノンさんもそうですが、クラインさんもかっこいいと思います
キリトは実力でシステムを無視するようなことをしますが、クラインさんは精神的ななにかでシステム外なやってのける人だから場合によってはキリト君よりすごいことをやる日が来る・・・かもしれない
シノンさんはリアルとの違いがすごいです
あのコーヒー飲んでるとことか特に

コペリはキリトより髪が長いってかかれてましたがどう見てもキリト君の方がかみ長くみえますよね?

アクセルワールドの新キャラは緑の王だと思いました
まさかアッシュの可能性があったとは、思いつかなかった・・・・・・
声がかわいいから声をださなかった的な
まあ、アレならフーコさんにファミレスで飲み物こぼしてもおかしくありませんよね

Re: No title

コメントありがとうございます

> 今回のヒースクリフはかわいかったです
> 自分のゲームの店に覚えが無いというのがわかりましたし

まぁ・・・一応あの店主はプレイヤーなんですけどね・・・
『アルゲートの決斗』っていう後日談短編があるんで
そっちで明かされるんですけどね・・・

> ザザはなんかすごいこと予言してましたね

予言どおりファントム・バレットでは馬に乗って
キリト&シノンを追い回してましたね・・・きっと練習したんでしょうw

> シノンさんもそうですが、クラインさんもかっこいいと思います
> キリトは実力でシステムを無視するようなことをしますが、クラインさんは精神的ななにかでシステム外なやってのける人だから場合によってはキリト君よりすごいことをやる日が来る・・・かもしれない
> シノンさんはリアルとの違いがすごいです
> あのコーヒー飲んでるとことか特に

クラインはSAO開始時から前のゲームでの仲間達とチームを組み
誰一人欠かすことなく生き延びましたからね・・・
そういう点ではキリトより彼の方が優れていますね。

キリトは少数で・・・クラインは多数で動くときに真価を・・・って感じかも
だから今回の7人パーティーはどっちからしてもちょうどいい感じだったのかも
知れませんね。

> アクセルワールドの新キャラは緑の王だと思いました
> まさかアッシュの可能性があったとは、思いつかなかった・・・・・・
> 声がかわいいから声をださなかった的な
> まあ、アレならフーコさんにファミレスで飲み物こぼしてもおかしくありませんよね

なんか前々から噂というか・・・そういう推論は見ていたんですが
話が進むごとに推論が補強されていったみたいです。

実際、ういうい大好きな師匠ですから・・・
『子』であるアッシュのリアルが同じような子でも不思議じゃないですよね・・・

まぁあくまで一つの推論であって実際は9巻がでないとわからないわけですが。
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。