スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンタイム 3 仮面舞踏会

あらすじ

はれて彼氏彼女の関係となった記憶喪失男・多田万里と、自称完璧なお嬢さま、加賀香子。
幕が開けた二人のラブラブな日々は、天然だったりやっぱり完璧志向だったり。

一方で、万里は過去の関係が白日のもとに晒されたリンダとは真っ直ぐ向き合えずにいた。

そして凹んだ男が一人。
柳澤光央は一年生会での盛大な自爆のため深く落ち込んでおり、
そんな彼を励ますために万里の部屋でお泊まり会的イベントが発生するが―─!?

竹宮ゆゆこ&駒都えーじが贈る青春ラブコメ、第3弾!

感想

ゴールデンタイムの3巻

前回の最後・・・想いを通じ合わせて晴れて恋人同士になった
主人公・万里とヒロインである香子

くっ・・・リア充ども・・・め・・?

香子の方は予想通りというかなんていうか・・・
恋人になった事でかなり積極的で、少しでも万里と一緒にいたいと引っ付いてきたり、
デートに誘ってきたり・・・と言った感じ。
まぁ・・・仕方ないとはいえ浮かれてる感じですね・・・

光央の時みたいに一方通行の気持ちじゃないので余計に・・・って感じです。

最初の場面が警察で、前回の終盤で万里を追いかけるために人の自転車を勝手に奪っちゃったり
その前にまだ大学一年で未成年なのに飲酒しちゃったりとかで捕まっちゃったわけだけど
両親の前でも万里を見つけて『My Boyfriend・・・』って囁いて抱きついてたりしてたけど
家に帰って万里と付き合うと娘から聞かされた両親の言葉と考え付いた対応が

『香子みたいなのが万里に付いてたら万里の人生が狂うだろ!』
『座敷牢に入れたほうがいいのでは・・・(床下収納を見ながら)』


だったみたいです。

万里が心配されとる Σ(゚◇゚;)?!

いや・・・両親・・・そんな風に考えてるならもっと前に止めてやれよ・・・
被害にあった光央が可哀想だろ・・・

ってな感じで両親にとっても彼女は悩みの種みたい
だけど万里がうまく香子をコントロールできたらこの両親なら
熨斗を付けて娘を差し出すんじゃないだろうか・・・

これを逃したら・・・って感じで・・・

まぁそんな感じでも万里香子が好きだし、香子万里が好きって感じで
軽くバカップルって感じになってるから当人達は順調・・・って感じなんだろうね

あいかわらず妙に理想が高い香子は初体験はパリで・・・と夢見ているみたいだから
前途は多難っぽいけどね・・・

これだけだとリア充・・・って感じなんだけど万里の方が・・・
正確には万里の周りが色々と問題が・・・

1つは万里の友人にして香子の元想い人で幼馴染である光央

前回、想いを寄せていた千波に告白した結果

「え?ばかじゃん?」

と斬って落とされたイケメンで頭もいい感じの良いやつ

ずっと香子にストーカー並・・・ってかストーキングされてて
隠れて別の大学に入学したのに彼女も入学してくるし
キッパリ振って自分が想いを寄せる千波と・・・って考えていたのに
酔った勢い&香子の挑発という・・・微妙にみっともない理由で告白して

「え?ばかじゃん?」

・・・元気出せよ!

二次元のキャラなのに思わず励ましたくなるほどズタズタだな・・・オイ・・・

その状況で自分を追い回していた香子は自分の友人と恋人同士になったけど
どうにか・・・それは祝福できた。
自分にとっても追い掛け回されなくなるのはいい事だから

香子が振られた事について傷口を抉るような事を言った時もなんとか耐えた
男の意地で・・・香子がいなくなってから崩れ落ちたけど

そして告白後、初めて千波に会うにあたり自然な会話を・・・と万里と相談していたのに
いざ彼女の姿を目撃した瞬間の彼の行動は・・・一目散に逃げる事

やなっさん・・・あんたヘタレや・・・

自分がこの状況なのに香子は・・・って妬んじゃったり、
千波に対して逃げたり、周りが振られた顛末を知って注目されるからもう会わないって言ってしまい
自分自身の行動で自己嫌悪まで発生

引きこもりになりかけたら今度はサークルの先輩が振られたのをいい事に誘いをかけてきてタジタジ

もうやめて・・・やなっさんのライフは0よ・・・

先輩の件は香子の勘によって駆けつけた万里がどうにか助けたのだけれど
香子のまねをして『My Boyfriend・・・』と言いながら光央の前に立って
先輩を退けたので今後変な噂が立たなければいいんだけどね・・・

光央も話をあわせるためにさらっと『俺のボーイフレンド』とか言っちゃったからね・・・
ってかそんな事態になったら光央の精神が壊れそうだな・・・本格的に・・・

まぁ終盤で万里、香子、二次元君・・・そして千波も一緒に飲み会をして
少しは元気になったみたい。

千波も振ったわりには光央を気にしているそぶりがあるし・・・まだ希望はありそうだ・・・

それにしても・・・前回から今回にかけて光央の精神を抉る描写が凄いな・・・ちょっと可哀想だ

ガンバレ・・・柳澤 光央・・・未来はきっと明るい・・・多分

そして万里の周囲でのもう1つの問題・・・というか最大の焦点

リンダ・・・゚゚。(>□<)゚。゚゚

これは・・・キツイ・・・リンダ本人もそうだけど
一番きついのはこの状況とリンダの様子を見ている事しかできない記憶を失う前の『多田 万里』

今回の話の冒頭に彼とリンダの高校時代のエピソードがあって
その時に『万里』リンダとした『約束』がそれをさらに加速してる感じ・・・

高校時代の時点では『それ、告白じゃね?』って感じだったのですが
『今』の・・・この状況でこの『約束』を考えると残酷すぎる・・・

万里は前回の一件で気まずくて・・・そして大学に入った自分と香子
色々と親切にしてくれた彼女に必要がないと・・・
過去の『万里』に戻ってきて欲しい・・・という思いを感じたくなくて避けていたけど

NANA先輩の策略で2人で話す事になりとりあえず解決はした。

リンダがどれほど万里が生きていてくれる事が嬉しいのか、
そして万里と自分がまるで姉弟のように仲のよかった事を聞いて
万里の方は前にもまして気軽に彼女と話せるようになった。

でもリンダを良く知る『万里』からすると・・・リンダは泣いていたと・・・
笑って過去の『万里』の話をして今の万里に色々話しながらも
心の中で泣いていた・・・そう感じたみたい・・・

まぁ・・・そりゃ・・・そうだわな・・・

さてこれでどうなるのかな・・・と思っていたら所々・・・万里の言動に『万里』の頃の影響が・・・
飲み会でみんなが寝静まった後・・・ベランダにでた万里は隣の・・・NANA先輩の部屋にいた
リンダと顔を合わせ話を・・・

万里は自然と彼女をリンダ・・・と呼び捨てで呼び2人でいるのが自然・・・って雰囲気を作り出してた。
最後のほうは肩を寄せ合って一緒に街を見てたし・・・

さらに万里が勇気を出して過去の自分が・・・『万里』がいた頃に戻りたいか?
と尋ねて答えを聞く前になにかを言おうとした万里の意思に反して自分の口から

『俺は、帰りたいよ!』

の声が・・・

さらに飲み会の後に様子がおかしくなり、自分が本当に万里に好かれているのか、
いつか嫌われてしまうのではないかと不安になって涙を流す香子に自分の想いを信じてほしいと
そして彼女に幸せになってほしいという想いをこめて抱きしめ・・・そして唇を重ねた
この後2人がどうなったかの描写はないんだけど次の場面・・・

自宅で目を覚ます『万里』
何故か幽霊として肉体の後ろで・・・ではなく肉体に戻っている
そして彼が考えた事はただ1つ

泣いているリンダの元に駆けつける

そしてうまく肉体を動かせず玄関で倒れてしまう『万里』
そして目を覚ます万里
自分が直前にどういう想いで動こうとしていたかに気づき愕然とする・・・

こう・・・きたか・・・

もう生き返ることを諦めて万里を見守っていた『万里』
だけど誰にも気づかれないまま・・・そして終わらずにいる恐怖
そしてリンダとの『約束』

色々なものが重なって彼が復活する下地になったって事なのかな?
完全ではなく一時的な『万里』の復活だけど・・・今後どうなることか・・・気になる

香子の様子がおかしくなっていたのは最後に万里が気づいた
高校時代のリンダ『万里』が一緒に写った写真が無くなっていた事に関係があるのか・・・
それともベランダでの2人の会話を実は見て聞いていたのか・・・
なにはともあれ急に不安になるのはこれが理由だろうから・・・次回は波乱がありそうだ。

そういえば今回のサブタイトルはみんなが色々な仮面をかぶっているって事なのか
それとも千波が飲み会に参加するために持ってきた麺を顔に押し付ける事になり
それが顔に張り付いて

『顔面舞踏会』

とギャグを言ったのが理由なのか・・・どっちなんだろう・・・
微妙に前者の意味だと弱いと感じるんだよな・・・やっぱり顔面→仮面・・・なのか・・・
挿絵付だったので思わず吹いてしまったじゃないか・・・

まぁ読み終わってみて言いたい事は1つですね・・・

面白かったよ!でも続きが気になりすぎるよ!

という訳で次巻は年明け予定らしいけど・・・長いなぁ・・・

最後に一文。

高校時代、自分がやった事に不安になり涙を流すかのようなリンダ
『万里』『約束』した言葉

この言葉を前提として今回の話を読むと・・・やっぱり色々とキツイな・・・

それと挿絵の高校時代のポニーテールのリンダがめっちゃ可愛かった

『俺はリンダが叫びたい時、泣きたい時、絶対そばにいる。

 同じ気持ちを分け合って、一緒にいる。

 たとえ迷惑でも、どこにいても、絶対に見つける』


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ゴールデンタイム〈3〉仮面舞踏会 (電撃文庫)ゴールデンタイム〈3〉
仮面舞踏会
(電撃文庫)

(2011/08/10)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴールデンタイム3 仮面舞踏会 レビュー

はれて付き合う事になった万里と香子。 香子のご両親は反対のようですけど、娘と違って常識人のようで、万里がどこの馬の骨とも知れぬような男だからではなく、香子と関わると人 ...

竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム3仮面舞踏会 』電撃文庫

 まだまだ。 ゴールデンタイム〈3〉仮面舞踏会 (電撃文庫)(2011/08/10)竹宮 ゆゆこ商品詳細を見る 評価:★★★★ 【あらすじ】  はれて彼氏彼女の関係となった記憶喪失男・多田万里と、自称完璧なお嬢...

『ゴールデンタイム』3巻仮面舞踏会 (電撃文庫) 感想

『ゴールデンタイム』3巻仮面舞踏会 (電撃文庫)                              さぁさぁやって参りました。非リア大学生に...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。