スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰宅部のエースくん。 2

あらすじ

超がつく美少女、だけど行動言動存在すべてが規格外な花堂スミレ先輩。
彼女率いる帰宅部が、生真面目な生徒会の逆鱗に触れてしまう。

部室差し押さえの危機に直面した帰宅部。

「放課後をたのしくしたい!」

だけのスミレさんだけど、今回ばかりは絶体絶命じゃないか・・・?

起死回生の一手、たった一つの切り札は、帰宅部のエースこと・・・俺!?

エースくんのクラス委員長で、
ちょっと彼のことが気になっている草田アカネなんかも絡んできて、
一筋縄ではいかない感じで・・・読めば少しだけ元気をくれる青春ラブコメ第二弾!

感想

帰宅部のエースくんの2巻
表紙はエースくんハニコ・・・そして新キャラのアカネ・・・って

新ヒロインかよ!?

まさか帰宅部メンバーの掘り下げではなく新ヒロインが・・・
しかも1巻にまったく登場していなかったキャラを中心に添えてくるとは・・・予想外でした。

メインヒロインっぽくって、エースくんも気にしていて、
そして帰宅部の部長でもあるスミレ(表紙にいない!?)

エースくんが教育係として面倒を見ているらしい
正体がなんかとてもロボっぽいハニコ

エースくんの事を2人とも気にしている感じがあったこの2人
特に存在そのものが謎であるハニコが中心になるんじゃないとか思ってた・・・
表紙にもアカネより大きく映ってる上にエースくんと腕組んでるし・・・

そうじゃなくてもスミレ、もしくは帰宅部の残りの2人・・・
ナンシー先輩ヤンさんの話、もしくはエースくんの友人である万里朗って線も考えてた
でもこれは予想外でした・・・

多分、設定的にあまり続かないんじゃ・・・って思っていたのかもしれませんが
こうなるとこれからどう話が展開していくのか楽しみかも

前回はエースくんスミレにヘッドロックされているのを
後ろでハニコが見ている感じの表紙

今回はエースくんハニコと腕を組まされている様子を
後ろでアカネが見ているという表紙
腕をロックしているとも取れる・・・

これは・・・次回はエースくんのどこかをアカネがロックして
それを後ろで誰かが・・・って感じに繋がっていく感じなんだろうか・・・
ちょっとした思い付きだけど・・・さてどうなるか・・・

今回の話は前回の話でもちょっとだけ因縁がある風に書かれていた生徒会との対決
舞台となる八光学園は自由な校風で生活指導の先生すらおらず
その分、生徒の代表である生徒会が権力を持っているみたいだけど
その生徒会帰宅部が対決する事に。
しかも生徒会に組する生徒と帰宅部に組する生徒に分かれてのサバイバルゲーム

ってなんでやねーん!∑(/-Δ―;)/

部活動の再編とそれによる部費の削減を狙う生徒会に対して
弱小部が帰宅部と共に立ち上がった・・・って展開なんですけども
部活棟に立てこもったり、ビラをまいたりしても教師は不干渉

いいのか・・・教師達・・・

話し合いを持つという条件で帰宅部側の生徒達も
授業には参加していたからいいのかもしれんが・・・って良くないわー
どんだけ生徒達の自主性を重んじてるんだよ・・・オイ・・・

最終的に帰宅部の存続&生徒会への奉仕を条件に生徒会に勝負を飲ませ
サバイバルゲームで勝敗を決する事になったんだけど・・・

校内でサバイバルゲームって・・・いいのか!?本当にいいのか!?

まぁでも・・・それはそれで楽しそうな学校ではあるんだけどね・・・
こんだけ自由な学校なら楽しいだろ・・・
生徒のモラルが高い事が前提条件ですが・・・

帰宅部の面々に関しても行動などは突飛ですけどあくまで『楽しく』を掲げているので
いいんですけど自由にあかせて人に迷惑をかけすぎてしまう人がでてきたら・・・困るよな。
そのあたりはやっぱり入学時に審査するって事なのかな?

それと平行してエースくん『最低』と言い敵意(?)を放つ、
クラスメイトで委員長でもあるアカネと関わっていく事に。

基本的に真面目で帰宅部についてもあまりいい印象を持っていない感じでしたけど
スミレに誘われて体験入部で色々と勝負をした時は真剣に挑んでいたし
スミレの非凡さなどは十分認めている感じ。

単純にエースくんに対するわだかまりが問題になっていたみたい

子供の頃から『いい子』であるようにと育てられ、自由奔放な兄のようには・・って言われてきたアカネ
彼女はその通りに『いい子』であり続けたけど大人達は『いい子ではない』子供にこそ
色々世話を焼く・・・それでも『いい子』を続けたけど部活動で負けた時に彼女にかけられた言葉は

『あそこでミスしなければ・・・』

ただ一言努力を認めてもらいたかっただけの彼女はそれで自分を『からっぽ』だと思ってしまい
現状維持を・・・いい子である事は続けたけど自分を高める事はしなくなった。

そしてそんな自分と同じような目をしたエースくんに出会って安心した

でもエースくん帰宅部に入部し徐々に笑顔を見せるようになった。
それが羨ましくて妬ましくて敵意を向けた・・・それが真相

エースくんは彼女の気持ちがわかるから、そして彼女の本当の姿を誰も見てはおらず
委員長としての表面しか相手にしていない事に気づいてしまったからこそ
彼女の名前を呼ぶと彼女の『からっぽ』が埋まるまで呼ぶと決めた。

いや・・・それ思いっきりフラグ立てちゃったから・・・

ただでさえ意識されてたのにそんな事を言われたら・・・ねぇ?
しかもその後、決着をつけると勝負し結果はエースくんの勝利。
最終的に彼女を押し倒す事になった訳だけど・・・雨降ってたので制服透けてる!!

最終的に色々吹っ切れたアカネは前に所属していた薙刀部に入部を決め
再び自分を高める事にしたみたい。

エースくんをからかったりと親密度がアップした感じだけど・・・別の部か・・・
これからの登場にやっぱり影響するかな・・・もしそうだとちょっと残念かも・・・
彼女にはぜひ次からも登場して欲しいものだ・・・

サバイバルゲームの勝敗は帰宅部の切り札・・・エースくんの活躍(銃の代わりに野球のボール)
で無事帰宅部側が勝利

まぁ使えない左腕の変わりに右腕を使いボールを投げ
堂々と登場して投げた挙句、ノーコンで1m先に落ちて転がり
相手のリーダーである生徒会長&その取り巻きが唖然としているところを
スミレが倒す・・・という完全に囮役でしたけどね・・・

前回は格好よかったのに・・・今回は微妙・・・
いや、アカネとのやりとりはよかったんだけどね・・・

ハニコアカネを気にするエースくんに対してスキンシップを求める行動を・・・
嫉妬ゆえの行動を起こしていたり、
勝負中にアカネを押し倒した・・・と聞いてちょっとご立腹だったスミレ・・・
と言ったようにフラグは立っているみたいだけど・・・

この作品における恋愛模様はこの先どうなっていくのか?
アカネの本格参戦はあるのか?
ハニコの正体はロボ?サイボーグ?力が強いだけの人間?
エースくんの腕は治るのか?

色々と気になる事がまだまだ沢山・・・
生徒会との確執は今回の件は収まった感じだけど
生徒会長帰宅部を眼の仇にしているしまたなにかあるかもしれない・・・
色々とこれからが楽しみ

最後に一文。

スミレのセリフ
確かに・・・その通りだと思う。

まぁ実際にそうするのは・・・難しいんだけどね・・・

印象に残ったのでこれで・・・

「アホでもいいよ。バカでも、もちろんオッケーだよ」

「だってたのしくないことしたくないもん」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
帰宅部のエースくん。〈2〉 (電撃文庫)帰宅部のエースくん。〈2〉
(電撃文庫)

(2011/08/10)
ハセガワ ケイスケ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。