スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re(アールイー):5 バカは世界を救えるか?

あらすじ

「・・・・・・もう、走らなくていいよ」

自分には何も救えない。
世界の救い方すらわからないのに、世界を救えばアルルは消える、だなんて!

あらゆる希望を砕かれ、光一は苦悶する。
その手に手を重ねて、薫は必死にささやいた。

「あんたがそばにいてくれれば、あたしはそれでいい。それで幸せ」

夕陽の中、健気に微笑む薫の告白が、光一の心を温める。

アルルも兎乃も心路たちもみんな一緒に。
滅びの日まで、ひとつの家族として残された時間を大切に生きよう・・・・・・。

夢追い人最強伝説、まさかの諦めエンド──んなわけないよね!?

感想

Re:バカは世界を救えるか?の5巻
ついに最終巻です・・・

前回の最後・・・主人公・光一の幼馴染である広美
新たに発生した『木漏れ日現象』によって昏倒
そして全ての黒幕が姿を現したわけだけど・・・
その姿は光一と同じだった・・・

さてどうなるか・・・って話なんですけども・・・

偽物だった主人公が本当のヒーローに・・・

あらすじにも書いてある言葉ですけどまさにその通りでしたね・・・

前回の最後・・・全ての元凶として現れたのは光一と同じ姿をした者
彼は別の世界の・・・『最初の木漏れ日現象』が発生した世界の『光一』

その世界での『木漏れ日現象』の発生は悪魔の力によるものだったらしく
ネメシスを授からなかった彼はそれでもアルルを護り戦った。

でも最後の最後・・・天使と悪魔の戦いにおいて
アルカナが落とした『導きし者(カノン)』によってアルル
『木漏れ日現象』によって生まれた人間で、
『木漏れ日現象』を無くし世界を救えば彼女が消滅してしまうという事を知り絶望
それでも・・・アルルと世界を救うという目的だけは捨てずに・・・
でもその過程での犠牲は厭わない・・・となってしまったみたい。

実際に物語の舞台となる世界の前に56億もの世界に『木漏れ日現象』を彼が発生させ
それによって生まれるネメシス能力者から世界とアルルの両方を救える可能性を持つ
救世主が生まれるのを待っていたみたい・・・

でも色々と・・・病んでますよね・・・
『導きし者(カノン)』の力で天使となり歳も取らず、
平行世界を巡る力を手に入れた元凶

でも他の世界の自分やアルル・・・他にも元の世界の知り合いがその世界にもいる。
それでも問答無用って所に彼に宿った狂気が見え隠れしてましたね・・・

そこまでして世界と・・・そしてアルルの両方を救う方法を求める元凶に対して
この物語の主人公の光一はついに諦めモードに・・・

基本的に優しい彼にはそれほどの覚悟は持てない・・・
でも『木漏れ日現象』で昏睡状態に陥った広美を助けたい・・・
でも『木漏れ日現象』を解決すればアルルは・・・ともういっぱいいっぱいに・・・
そしてヘタレ状態に・・・

だが!しかし!

ここで薫が!!可愛すぎる!!!

落ち込む光一に自分の想いを告白して、もう頑張らなくてもいいと・・・
世界が滅びるまで穏やかに・・・と提案する
彼女の提案を受け入れる光一

でも、それでもなお『アルルを救えない』という思いによってアルルと距離を置いてしまい
ウダウダしている彼のために光一を一番奮起させられる相手・・・
ライバル(光一が言ってるだけだけど)ともいえる心路に頼み込んで挑発してもらい
心路の過激ともいえる挑発の結果

最強のバカになりました・・・

ええ・・・つまり光一の最強モードに・・・
変な風に考えすぎて悩むくらいならバカになって目的を果たす・・・
いつもの彼が戻ってきます・・・

自分の想いを受け入れてくれた・・・それでも悩んでいる光一にやる気を出させるために
心路にこの一件を頼んだの健気さも半端ないですけどね・・・

光一もハッキリと伝えられているだけにを意識しない訳にはいかないみたいですし・・・
最終決戦の定番というか王道というか・・・
アルルを浚った元凶の元へ光一を行かせる為に奏麻と対峙する事にした
別れ間際に光一にキス・・・

いや・・・もうこの娘が嫁でいいじゃん・・・家事全般も得意だし・・・
それにしても・・・今回の彼女のデレっぷりはよかったな・・・うん・・・

最後の決戦に光一、薫、心路、優、兎乃、矜持で向かったんだけど
光一アルルを救う方法を見つけて新しい力を得たのでドヤ顔でリーダーって言ってたけど
どうやらが了承したみたい・・・これが惚れた弱みか・・・
どんだけ可愛いんだ・・・この娘・・・

そして・・・

バカは世界を救う

物語はハッピーエンドに・・・やっぱりハッピーエンドはいいよね・・・

元凶との戦いで消えたアルカナから託された『堕天教本(アポクリファ)』から得た悪魔の力を使い
56億もの世界を犠牲にしてまでもアルルを救おうとした元凶と戦う光一

元凶が元々いた世界でネメシスも持たずにアルルと世界を救う方法を探すためとはいえ
アルルに関する記憶を残すために・・・『一握りの希望(リプレイ)』を発動させていた事を・・・
アルルを殺していた・・・それだけですでに彼は大本が間違っており
この状況下でも諦めなかった光一に勝てるはずが無かったのかも・・・

最後は光一の攻撃に身をゆだね、自分が元々いた世界の救済を光一に託して消滅

光一が止めに使ったのが『矛盾騎士(ランスロット)』のコピーのちっこい騎士で
この巻でが最凶と呼ばれた奏麻を下した最強の一撃である『無窮護剣(アロンダイト)』
だったのが光一に対する信頼の現われだった気もする・・・

何気にこのちっこい騎士・・・毎回活躍してるんだよな・・・『ぷおー』なのに・・・

最後はアルカナからの伝言によって覚醒させた新しい力

『蝋の翼の救世主(ボーンヘッドブレイバー)』

『付け焼刃(イカロスブレイブ)』の上位互換ともいえる
力のコピーと劣化を最大限まで高めた能力によって
『木漏れ日現象』の効果を逆転

昏睡させる光はマイナス方向に劣化させ目覚めの光に
ネメシスを与える光はマイナス方向に劣化させネメシスを奪う光に
効果範囲はプラス方向で世界中に
そして繰り返す世界の原因であるアルルの存在は劣化させ普通の少女に

なんてご都合主義能力!!

56億の世界を巡った元凶でも見た事の無かったこの世界だけの・・・
アルカナによって『ネメシスを持った光一』の存在がここにきて意味を成し
能力も全部偽物のような彼がついに救世主に・・・

最後まで諦めずに・・・どんなにみっともなくてもしがみつき
ヘタレで弱くて厨二病なバカ・・・だけど彼は少女と世界・・・両方を救った
これはとてもいい感じでした。

最後は元凶の願い・・・そして光一自身の願いのために『導きし者』『堕天教本』の力で
元凶『木漏れ日現象』を起こした56億の世界を救うために旅立った光一

ここでもやっぱり・・・今度はアルル光一にキス・・・
彼女を助けに来る直前にとキスしてるのにね・・・・

世界は平和になり、アルル明日菜(親バカモード全開)が引き取って学校に通い、
能力者のアンチテーゼも全て無くなってそれぞれ生活を謳歌しているというエピローグ

光一がいない事を寂しく思うとそれを励ますアルル
でも1人のとき・・・光一を想って泣く彼女の前に光一が期間・・・

平行世界も・・・そして時間をも逆行できるようになった彼は
1500万年かけて56億の世界を救って帰って来たみたい・・・

『約束を守る男だ』って格好つけていたけど鼻水たらして号泣しながら
アルルを抱きしめていたあたりが・・・やっぱり光一だった・・・

光一の為に天使になる試験を放りだして堕天して完全に悪魔化したアルカナ
人間に転生するという罰を受けたけど彼女にとっては嬉しい事だったみたいだし・・・

心路がちゃんとの事を姉とは別の意味で好き・・・という事が判明したあたり
色々と不憫だったが報われる未来が想像できてよかった。

最後まで悲しい事にならなかったし満足のいく最後でした・・・

でも・・・これで終わりじゃなかった・・・もうちょっとだけあった最後の最後・・・
光一が帰還後の生活シーンにしてシリーズ恒例のアレ・・・

今日のアンチテーゼ

最後の光一『付け焼刃』によって成長させた能力のアンチテーゼ
何らかの形に受けるというものなんだけど、悪魔との契約で得た力なので
今回の覚醒で世界中の能力者の不幸を一身に・・・という形に変化したようで
日替わりでネメシス能力者が受けていたアンチテーゼ(劣化版)を永遠に受け続ける
というものになっていたみたいで光一が大変な事に・・・

3

爆笑したよ!腹が痛かったよ!予想してなかったからやば過ぎたよ!
今回は前半は光一がヘタレていたせいで逆にまともで
後半はいつも通りの厨二病全快のドヤ顔で・・・それでも世界とアルルのために
戦っていたのでそれほど笑えるって感じではなかったのに・・・

最後の最後にこんな罠が・・・

兎乃『目立ってしまう』というアンチテーゼの劣化版だったらしいんだけど
金色のオーラが『シュインシュイン』という音と共に彼の体から沸き立ち
目は青で髪の色は金色に逆立ち・・・そして眉毛が無い・・・
怒ったりするとさらにオーラが上昇するって・・・

え?いいのこれ?マジで・・・っていうかヤバイって・・・笑いすぎた・・・
最後の最後・・・爆笑しながら読み終わる最終巻って・・・始めてかもしれない・・・

最後に一文。

アルカナが残した伝言とそれに対する光一の答え

時としてバカは全てを凌駕するのかもしれない・・・
思考と行動が直結してれば悩みもせずにただ突き進むのみだからね・・・
状況によっては強いだろうからな・・・

っていうかなんだろ・・・これ・・・なんか格好いい・・・

「バカは世界を───救えますか?」

「馬鹿野郎、疑問系じゃねぇ!世界じゃねぇ!」
           バ カ
「───俺 が 全 て を 救 う ん だ ッ!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
Re(アールイー):5  バカは世界を救えるか? (富士見ファンタジア文庫 や 3-2-5)Re(アールイー):5
バカは世界を救えるか?
(富士見ファンタジア文庫 や 3-2-5)

(2011/08/20)
柳実 冬貴

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。