スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート・ア・ライブ 2 四糸乃パペット

あらすじ

高校に転校してきた十香は、クラスメイトの折紙と毎日のように喧嘩をしていた。
そのたび二人を止めに入る五河士道は、下校中、第2の精霊と出会う。

少女は降りしきる雨の中、傘も差さず、左手にウサギ型の人形(パペット)を付け、
道路を楽しそうに飛び跳ね──盛大にコケた。

助け起こそうとした士道に少女はおびえた様子で言う。

「いたく、しないで・・・・・・ください・・・・・・」

世界から否定され、拒絶され、殺意を突きつけられても、
なお相手を傷つけないように耐える優しすぎる精霊、四糸乃(よしの)。

「手伝ってくれ、琴里。・・・・・・俺は──あの子を、助けたい・・・・・・!」

世界を殺す少女を助けるため、デートして、デレさせろ!?

感想

デート・ア・ライブの2巻
表紙は今回登場の新たな精霊である四糸乃

ウサミミ可愛い・・・

今回も主人公である士道は、自分の意思とは関係なく世界に顕現してしまい、
その際に周囲を消し飛ばしてしまうがゆえに害悪として攻撃されてしまう精霊を・・・
見た目は人間の少女である彼女達を救うために精霊とデートしてデレさせる事に邁進する。

うん・・・動機はともかくツッコミどころ満載だな・・・

しかも士道精霊を救う方法はデレさせて・・・つまり好感度を上げたうえでキスをする事。
そうする事で精霊の力を封印して普通の人間の女の子にしてしまうのが彼の力な訳ですが・・・

前回の十香は・・・まぁいいといて・・・
今回の四糸乃は色々と危ない・・・性格とかは十香と比べるまでもないくらい大人しく、
怖がりの為に過剰反応しがちだけど大量破壊をするようなものでもない(それでも危ないけど)
でもビジュアル的に・・・危ない・・・

四糸乃の場合、見た目が中学生くらいなので表面上だけみると・・・色々と危険だよね・・・

でも・・・四糸乃・・・ええ娘や・・・

まぁ今回の場合は四糸乃があまりにもいい娘・・・

自分は『いたいの』『こわいの』が嫌だから・・・
だからたとえ自分を襲ってくる相手でも『いたいの』『こわいの』は嫌なはずだから・・・
だから彼女は決して反撃をしようとはしない。

あまつさえ自分が持っているパペットをつけている間は『よしのん』という別人格になるんですが
人格を新しく作り上げてしまったストレスの理由ですら『弱い』自分が我を失って
周りの人を傷付けてしまわないように・・・自分の力を抑え、状況に対応できるように・・・という理由

こんなにも優しい彼女が救われないなんて駄目・・・と士道は奮闘

実際にパペットを失くし、折紙達、ASTのメンバーに襲われた時は
その恐怖から天使を召喚し周囲を氷結させるほどの力を見せてはいたけど
だからと言って・・・四糸乃が悪いとは言えないんだよな・・・

説得もなしに攻撃をしたASTも悪い所はあるんだけど
彼らにとっては『精霊=排除対象』であり、その理由は世界を守るため
彼らのやっている事も決して悪い事ではない・・・

今回、士道折紙と話をした時に精霊全てが悪い訳では・・・とか
自分の意思とは関係なく・・・という説明をしたけど
精霊が顕現によって被害がでるのは事実だし、危険な力も持っている。
だから実際問題、対処しないわけにもいかない・・・

でも折紙に彼女達と殺し合いをして欲しくはない・・・
折紙自信の為にも・・・

どっちも間違っていないだけに士道の思いは色々と複雑になってますね・・・

そして士道は前回の話の中で知った自身の再生能力頼りの強引な方法で
暴走する四糸乃の元へ駆けつけ、彼女を救いたいという想いを伝え、
結果的に四糸乃からキスをされて無事力の封印は成功で一件落着。

『四糸乃を救う』『四糸乃を護るヒーローになる』

彼が自分自身で決めた事を最後までやり通した・・・ここら辺はやっぱり格好いいな・・・さすが主人公

それと四糸乃からのキス・・・といっても十香と一緒で
その意味を理解している訳じゃないんですけどね・・・

ただ十香士道四糸乃と一緒にいるのを見て不機嫌になったり
自分はもういらないのでは・・・とかネガティブな考えにいったりと
士道の事を意識しているみたいだからその気持ちがそういうものか
理解してからが面白いかも・・・

士道に封じられた精霊の力は精霊側の精神的ストレスが高くなると
士道から力が逆流してしまうみたいですけど、今回十香は最大の力を発揮したのが
士道の命の危機だったし彼女が士道を大切に想っているのは確か

物語の最後には士道にキスをして『自分以外とするな』って言ってたし
好意を感じているのも確かなんだろう・・・
恋愛そのものを知らないみたいだけどね・・・

まぁ『恋』って感情はいい事ばかりを引き寄せる訳でもないんですけどね・・・
実際『自分以外とは~』って約束も士道の能力的に無理だしね・・・
彼女がこれからどう成長していくのかも楽しみだ。

何気に士道の妹である琴里士道に気がありそうだったりするんだけど・・・
彼女の正体も怪しくなってきた

士道の封印の力のことを知っていたり、
彼の焔による再生能力が霊力・・・精霊の力に由来するものだという事も知っていた。

5年前、士道・・・そして折紙が住んでいた町で襲った火災。
それが炎の精霊の仕業であった事。

怪しいなぁ・・・自分で体験したからこそ士道の力を知っていたのかも・・・

今回の話の最後で折紙ASTのメンバーに単独で精霊を倒した経験があるエースとして
祟宮 真那という少女が配属されたけど、映像に映っていた士道の姿を見て『兄様』と呼んだ

士道自身の家族関係についてもまだまだ謎が多いしこれからが楽しみだ

それともう1つ・・・どうしても触れておかないといけない重要な案件が・・・

士道十香とキスしたり、四糸乃とキスしたり、琴里に抱きつかれたり
と色々と羨ましいやつ・・・さらにクラスメイトの女の子・・・折紙にも好意を寄せられてるんだけど・・・

士道・・・逃げて・・・食べられる・・・

1巻の感想で軽くストーカーはいっていると書いた折紙
すみません・・・軽いとかそういう次元ではありませんでした・・・ガチです・・・

ほぼ無表情で精霊嫌いで十香四糸乃とも戦ったAST隊員
だけど・・・士道が大好き、病的に大好き・・・

なんか色々と飛ばしてますね・・・はい・・・っていうか危ない・・・
性的な意味で士道が食べられかねないよ・・・この娘・・・

十香と同じ弁当(士道お手製)を食べているのを折紙に追求され
買ったものと誤魔化すけど折紙はその弁当箱を
士道『154日前に近所の店で1580円で購入して使い続けている』と反論

(°д°;;)!?

さらに士道四糸乃のパペットを折紙が回収したと知り、取り戻すために
彼女の家に招待してもらっていくのだけれども

① お出迎えはメイド服(士道が学校でメイドが・・・という発言が理由)
② 頭がボーっとするするお香を家の中で炊いていた
③ 座る時は士道の隣
④ 出された飲み物は精力剤を複数煮込んだもの
⑤ 名前で呼ぶように要求
⑥ シャワーを浴びに行く (°д°;;)!?
⑦ 寝室には明らかに新品のダブルベッド&YesYes枕
⑧ シャワーを終えたらバスタオル1枚


・・・・・・・・逃げてぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

いや・・・据え膳とかあれだけどさ・・・なんかこう・・・怖いよね!?
流されても幸せにはきっとなれるんだろうけど・・・怖いよね!?
折紙ほどの美少女になんて羨ましいなって思うけど・・・怖いよね!?

なんか士道個人に限っては精霊なんかよりも折紙の方が脅威なんじゃないだろうか・・・
状況に流されたらもうその後の人生が決まってしまうというか・・・

想像以上にぶっ飛んでいた折紙・・・
こんなキャラだけど・・・報われたりする事はあるのかな・・・

基本的に士道の目的と彼女の目的は正反対だから・・・
こっちはこっちで複雑だ・・・

なんていうか・・・怖いもの見たさで今後の彼女の行動も楽しみ
やっぱりエスカレートしていくのかな・・・このストーカー行為&誘惑・・・

次のこの作者さんの本の刊行はこのシリーズの3巻らしく
『蒼穹のカルマ』はしばらくおあずけって感じらしいのですが、
このシリーズはこのシリーズで好きなのでいいかな・・・

次回は悪い精霊がでてくるみたいだけど・・・これをデレさせるのか・・・
それとも十香四糸乃の力・・・もしくは折紙、真那と協力してって感じで倒すのか・・・
なにはともあれ楽しみです・・・なるべく早いといいなぁ・・・

最後に一文。

十香のセリフ

士道四糸乃と一緒にいたり押し倒している場面(事故)を見て不機嫌になったり
自分よりも四糸乃の方が・・・って感じに自分でもうまく理解できていない心の動きで
不安定だった彼女・・・

でも士道が・・・四糸乃を・・・かつての十香と同じ精霊である彼女を救うために
士道だけの力ではどうしようもないからと自分に助力を求めた・・・
その言葉で十香のわだかまりは吹っ切れたみたい。

自分を救おうとして、そして結果的に救った士道がどういう人間であるかを
改めて実感したみたい・・・その時のセリフ

「・・・ああ、そうか。そうだった。なぜ忘れていたんだろう。
 ────────私を救ってくれたのは、こういう男だった」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
デート・ア・ライブ2  四糸乃パペット (富士見ファンタジア文庫 た 4-2-2)デート・ア・ライブ
2 四糸乃パペット
(富士見ファンタジア文庫
た 4-2-2)

(2011/08/20)
橘 公司

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いや~
二巻も最高でしたねぇ~

折紙の士道への好意もやばかったですね

最後のの「兄様」!? とか言われたら
次巻が気になるにきまってるじゃないお

あと個人的に

十香最ッこおおおおおおオぉぉーーーーーーー

Re: No title

コメントありがとうございます

> 折紙の士道への好意もやばかったですね

あれはもう好意って言葉で表していいレベルじゃないよね・・・

> 最後のの「兄様」!? とか言われたら
> 次巻が気になるにきまってるじゃないお

激しく同意!

> あと個人的に
>
> 十香最ッこおおおおおおオぉぉーーーーーーー

YES!!!!

No title

一歩間違えれば士道さされますね・・・(とくに折紙に)
というか妹(兄様っていう呼び方をするだけの他人かもしれないけど)が登場・・・・・・(精霊を殺した)
面白くなってきましたね。
ついでにこれは推測ですが士道が精霊の力(再生能力)を持っているのは炎の精霊と関係があると思ってます。

Re: No title

コメントありがとうございます

> 一歩間違えれば士道さされますね・・・(とくに折紙に)

なんか折紙は許しそう
そして彼に近づく女の方を刺しそうな印象を私は感じましたね・・・

> ついでにこれは推測ですが士道が精霊の力(再生能力)を持っているのは炎の精霊と関係があると思ってます。

琴里が炎の精霊で一番最初に士道にデレさせられて力を封印されたんじゃないだろうか・・・
再生能力は彼女の力で封印して取り込んだから作用する・・・とか?
自分で体験しているからこそ士道の能力を知っていた・・・とか?

まぁ両親の問題とか色々あるんでまだわかりませんけどね・
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。