スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロー、ジーニアス 3

あらすじ

まもなく期末テストを迎える第三学園都市。

もちろん第二科学部の面々も他人ごとではなく(主だって成績が思わしくない有屋のために)
テスト対策のための勉強会が開かれることに。

だが、そこで高行は“ジーニアス”海竜王寺八葉の体調が思わしくないことに気づく。

八葉の身体を心配しながら日々を過ごす中、
学園に新たな“ジーニアス”クリストファー・オランドがやってくる。

生体工学の“特化領域”を持つ彼は

「八葉を治療するためにフランスに連れて行く」

と告げるのだが・・・

それを聞いた高行は、果たして!?

天才と過ごす青春ストーリー、第3弾。

感想

ハロー、ジーニアスの3巻

今回は新しいジーニアス・・・クリスの登場とか
八葉のずっと不明だったジーニアスとしての特化領域(ブランチ)が判明したり
高行が完全に陸上の道を諦めたり
高行が腹に穴を空けられたり
美月が・・・由真が・・・だったり

・・・と色々な事があった訳でそれについては後でちょこちょこ書きますが
とりあえず最大の出来事をまず・・・

主人公とヒロインがくっついた・・・!!

ええ・・・はい・・・高行八葉がお互いの気持ちを伝え合ってキスしました・・・
これはもう付き合っていると言っても過言ではないでしょう・・・

お互いに言ったセリフが結構長々としている上に
直接『好き』と言ったわけじゃないのが・・・この2人らしかったですしね・・・

今回の一件で色々あって自分の特化領域について知り、
そしてそれが自分の体調不良の原因で、
治せるのは生体工学の特化領域を持つジーニアスであるクリスだけ。

しかもその状況下で特化領域が不明な事が体調不良の原因といわれ
八葉が焦って実験を行い、高行nexusと名づけたAIを
アンドロイドの体に移植したところ暴走し、高行の腹をぶち抜き逃亡

高行クリスの治療で完治するが八葉は責任を感じ
それでも高行の助けでどうにか持ち直してみんなの協力もあって
nexusを発見し元に戻して話を聞くことで自分の特化領域について理解した八葉
彼女は理解したからこそ死ぬ訳にはいかないと思ってしまい

そして八葉の命を救うにはクリスに託さなくてはいけない
だけどそれだと八葉は外国に行ってしまう・・・
そして彼女が高行『全てが欲しい』と言ったかつてのセリフから
自分がいつのまにか彼女のために陸上への未練すら断ち切ってしまった事を・・・
nexusを確保するために身体能力を戻すために足を完治させ、
その代わり一定水準以上の治療を受けた事で陸上選手としてはもういられない事に
その自分の行動に対して疑問を抱いて悩んでしまった高行

でも恋する乙女の・・・美月の敵に塩を送るがごとき発破と
恋する乙女の味方・・・と現れた香澄の力を借りて出国しようとしていた
八葉の元へ行き告白をぶちかました高行

その告白を要約すると・・・

お前が俺の全てが欲しいなら、お前の全てを俺にくれ

ジーニアスとしての才能とかどうでもいいから、俺の傍にいろ

そして最後は、俺のために死んでくれ

って感じになる・・・
いや・・・それすでに告白っていうよりはプロポーズ・・・
しかも生涯を共にって段階のレベルの爆弾発言だよね・・・

これを八葉は飛行機・・・正確にはクリス運転の空飛ぶ車で
電話越しに聞いていて・・・そこからスカイダイビング(パラシュート付き)・・・

それを高行がジャンプして抱きとめ二人して地面に倒れこみ、
文句を言おうとした高行の口を八葉は自分の口で塞ぎ
自分の欠点とそして自慢をしてこの先の苦労を語った後で

それでも良ければ、僕をもらって下さい

はっはっは・・・・・・・

お前らもう結婚しちまえよ・・・・脱帽だよ・・・

八葉のセリフに高行は言葉じゃなくて行動で返したしね・・・
もうご馳走様って感じですよ・・・

この2人の仲はこのまま安定していってくれるといいなぁ・・・
ある意味で今回が山場だったから後は大丈夫だと思いたいんだけどね・・・
今後の2人の関係にも期待したいところです・・・
バカップルみたいには・・・ならないだろうな・・・

あとは高行自身の気づいていたらしい美月の自分に対する気持ち
それに対していつまでも誤魔化すなと言われて、高行はちゃんと考えていると答えたし
彼女との関係にも・・・決着がつくのかな?

今回はnexus探索で力を借りた前回登場の真琴(敵側だったけど実は味方だった女生徒)
彼女に高行が礼を言い、なにか頼みがあったら・・・と言ったら
『今度デートを・・・』とマジ顔で言われたりしたんで・・・
もうちょっとイザコザがあるのかもしれませんがね・・・

結局、クリス八葉『命に関わる』と言っていた体調不良
それは特化領域が存在しないジーニアスである八葉の・・・・
全てにおいて特化してるというとんでもない存在である彼女の能力に
肉体の方が付いてこれない為で一時的なもの

この時点でクリスの見立てで寿命は30年くらい・・・という
口調の深刻さのわりには残された時間が・・・って感じだったけど
30年である理由が八葉の食生活や睡眠・運動不足によるものであって
生活習慣させ正せばさらにプラス30年くらい・・・って事らしい

このままだと生活習慣病まっしぐら・・・

確かに命に関わるね・・・えらい長い期間を見て言うなら・・・
こういう嘘じゃないけど相手を騙す・・・こんな彼だからこそ八葉は嫌っているんだろうけど
クリス自身は八葉を妹のように大事に思っているって事が何気にわかる最後でもあった。

今回の来日の一件も結局は八葉のパートナーである高行がどんな人間であるかを見極め
お眼鏡にかなわなかったら引き離そうとしていたみたい・・・つまりあれか・・・

シスコンか・・・

なんかジーニアスでも八葉にしろクリスにしろ・・・やっぱり人間なんだよね・・・
そんな感じがしていい感じでした。
まぁ・・・完全に一般人と同じか・・・といったらやっぱり違うんだけどね・・・
少なくともわかりあう事ができる事は確か

そのほかにも

立体造形倶楽部『レジンキャスト』が作製し高行が監修を手伝っている
『海竜王寺八葉フィギュア』の件とか・・・(笑)

クリスと繋がりがあり、今まで彼に言われて裏で動き、情報を流していたけど
今は2人の関係の方が気になると言って姿を消した由真の行方
彼女については・・・今後色々ありそうな感じでもあるんですよね・・・

まだまだ伏線があったり、先が楽しみな関係があるこのシリーズ・・・
あとがきによると著者の次の作品は別シリーズという事だけど・・・
これからついに夏が・・・夏休みが・・・って感じで終わってるし
ぜひ続いて欲しいんだけど・・・さてどうなるのかな?

ジーニアスを信仰する『光の教団』とかもまだあまり関わってきてないし、
学園に他にもいるらしいジーニアスの事も気になる・・・
続き・・・でてくれるといいなぁ・・・

最後に一文。

八葉のセリフ

高行の渾身の告白のセリフもよかったんですけど
彼女のこのセリフが一番印象に残ったのでこれで・・・

本をしょっちゅう読んでる人間として・・・色々と思うところがある一文でした・・・

「『人生に迷ったら本を読め。大切なことは全部本に書いてある』。
 
 そんな言葉を残した人がいる。
 なるほど真理だろう。
 これから行く道は、往々にして誰かが通った道だ。
 しかし、僕ならこうつけ加えるね。


 ──ただし、答えは書いていない


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ハロー、ジーニアス〈3〉 (電撃文庫)ハロー、ジーニアス〈3〉
(電撃文庫)

(2011/10/08)
優木 カズヒロ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。