スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒会の金蘭 碧陽学園生徒会黙示録 6

あらすじ

「私達は今、とても大切な時期にあります」

私立碧陽学園生徒会──そこは、美少女メンバー四人が集う楽園だが、
変革を求められる時期が訪れていた。

シリーズも終盤へ突入した今だから、出来ることがきっとあるはずだ。
さあ「生徒会の一存」の新たな可能性を見つけ出そうじゃないか。
失敗を恐れてはいけない、挑戦し続ける勇気が人を成長させる!

だから・・・許して欲しい。
中目黒善樹の女装姿を。

一瞬

「あれ、新キャラ、美少女!?」

って思ったあなたも、怒らないで欲しい。

そして逃げずに、この本をレジまで。
ねっ、お願いします!
だって彼、本当にいい奴なんですよ。

2年B組編も、ついに決着!?

感想

生徒会の一存シリーズの番外編6巻
今回の表紙の女の子は・・・善樹か・・・

ってコイツは男だー!!

という訳で本編シリーズ5巻の杉崎に続く2人目の男表紙・・・ただし女子制服のコスプレ・・・
外伝の表紙はみんなコスプレしてるからこそ可能な方法って感じだな・・・

カラーイラストの表面は真冬の裸Yシャツ
その裏が善樹杉崎の結婚風景で笑った・・・
これは表面の真冬の妄想が裏面に・・・

今回も前回に続いてかなりシリアスな長編が収録されていて
ずっと短編できたこのシリーズに一体何が・・・て感じなんですけども・・・まぁ納得の内容

2年B組編・・・完!!

って感じの話でした。

今回の話は前回の・・・5巻の話は

杉崎に告白
2人のスキャンダル写真を出版社に送ったのは善樹
深夏杉崎を好きだと勘違い
ここに来て、新キャラ・祐天寺つばき

って感じで色々と伏線を仕込んで終わるという凶悪なものだったので気になってたんですが
卒業間際の2年B組の5人組のそれぞれって感じが描かれていてかなりよかった。

基本となるのは善樹の前の学校での話で
それと同時に他のメンバーの場面や心情を群像劇方式で描かれていた感じ

彼がどういう経緯で周りから最低なヤツって見られるようになったかも明かされてるわけだけど・・・

えっと・・・前の学校のヤツらはクズなの・・・?

正直、え?なんなの・・?噂でなんでそこまでぶっ飛んだ結論に展開していくの?
って感じで随分イラつく展開でした・・・

善樹、つばきと一緒に花壇の世話

つばき、違うクラスの女の子(歩美)に付き合っているか聞かれる

つばき、歩美が告白できるよう気を回すが善樹、あっさり断る

歩美、つばきと善樹が付き合っていると噂を流す

噂が一人歩きして善樹が女の子をとっかえひっかえして
調教や洗脳を・・・という感じに話が広まる


いやいや・・・どんだけーーー!

って感じです・・・

歩美が噂を広めたのは

『特に理由はないけど付き合えない』

というある意味外道な断り方をした善樹
彼と仲のいいつばきに対する思いがあった軽い気持ちだったみたいで
彼女だけは最後まで2人の理解者でいてくれたけど他の生徒がダメすぎる・・・

しかも善樹は攻撃対象として直接被害を被っていたわけだけど
つばきは周りから『可哀想な被害者』として認識されてそういう目で見られていた。
それはそれで・・・精神的にキッツイわ・・・

そして善樹はそれに耐えられなくなって転校・・・つばきは1人残される事になった訳で
今回はクラスの旅行で近くに来たから・・・という理由で彼女が善樹に会いに来たのが発端だった模様

つばきは被害者扱いされる事に耐えつつ生活していた訳だけど
ここにきてクラスメイトと仲良さそうに・・・杉崎と楽しそうにしている善樹の姿を見て
我慢の限界を迎えてしまった感じ。

スキャンダル写真を出版社に送ったのは彼女で
もう色々とわけがわからなくなってしまった感じらしい。

杉崎深夏善樹の過去の出来事に怒りを覚えていて
善樹を殴ろうと付いてきていた元クラスメイト達をぶっ飛ばそうとしていたけど
つばきを許し、つばきの今後を考えて2人を止めた

ここで生徒会の2人と宇宙姉弟のスタンスの違いが明確にわかる・・・

この後、つばきと元クラスメイト達、そして杉崎の前で
改めて前にいた学校に転校しなおす事を宣言した善樹に対して

杉崎深夏はそんな辛い決断をする必要は・・・と心配し
宇宙姉弟善樹の決意を尊重して応援する事にした

前者は友人のつもりだったけどどこかで善樹
るべき対象・・・と思ってしまっていて

後者は同じ目線の友人として彼を応援しようと思った様子

宇宙姉弟の決断にそれぞれ押される形の生徒会メンバーという
めずらしい場面がありました・・・

そしてそれ以上に善樹碧陽学園に来て得た強さも際立った・・・
ほとんど全校生徒から悪意を向けられ一度は逃げ出した高校に
もう一度戻るって決断はとんでもなく勇気が要るもの
それでもそれを成そうとするのは彼がこの1年間で成長した証って感じでよかった。

まぁ・・・もともと天然でちょっとキツイ性格だったみたいだけど
碧陽学園でさらに色々な経験をしたわけだし・・・多少の事でならめげなそう・・・

つばき歩美もいるし彼は彼なりに頑張っていく事にした様子。

そしてその様子を見て決意をしたメンバーも・・・

深夏にきちんと自分の想いを伝える事に・・・
深夏は自分の態度が今までを傷つけていたこと等を知ってもなお・・・
それでもやっぱり彼女の中にいるのは杉崎

ここでようやく彼女は杉崎への想いを一段階上に・・・
ちゃんとした恋愛感情として昇華できた感じ・・・

は覚悟はできて・・・そして杉崎深夏の事を応援しようとも思っていたけど
それでも泣く事を我慢できず・・・それでも笑顔で深夏を送り出した

なにコイツ・・・めっちゃ格好いいじゃん・・・

そして杉崎は今回の騒ぎで保留としていての告白に対する返事をする事に

を女性とは見れず、大切な友人としか思えない

・・・好きな人が複数いるって前置きをしていてこの答えは・・・まぁぶっちゃけ外道なんですけど
それでも真剣にの想いに答えて返事を返す杉崎

ここらへんはいつのまにか自分より強く・・・辛い決断もできるようになっていた善樹を見た影響かな?
そんな彼の返答に悲しいと思いながらも吹っ切ると宣言する

姉の方も格好いいな・・・オイ・・・

姉弟そろってフラれてそれでも先へ・・・と思っていたら
杉崎の一言が結末をちゅっと変える事に・・・

「え、吹っ切っちゃうの?」

杉崎は現状、を・・・最初に尊敬とか友情とかが来てしまう出会いだった訳だから
改めて・・・異性として意識した上で・・・

「友達からよろしくお願いします」

という事に・・・
つまり姉であるには希望が残った訳ですね・・・

善樹が転校するまでの間にお昼ご飯を一緒に食べて『あーん』をしたりして
恋愛感情が一段階進んで嫉妬の感情を覚えた深夏『むー』とさせたりと
なんかの今までの空回りアピールが全て効果的に・・・

まぁ・・・異性として意識した上での発言を聞いてりゃわかるわな・・・
しかも今年で転校してしまう深夏とは違い来年も一緒というアドバンテージも・・・

ある意味で今回の一件で一番幸せになったのはかもしれん・・・
まぁ来年の事を考えると・・・流南とかもいるのでどうなるのかはわかりませんがね・・・

この話でこの5人の・・・2年B組メンバーは抱え込んでいた色々なものを解決して
一段階成長した・・・って話でそういう意味で2年B組編最終回って感じでした。

明らかにこのシリーズらしからぬ長編でしかもほぼシリアスって状態だったけど・・・
面白かった・・・

まぁ杉崎深夏に関してはまだ卒業と転校っていう大イベントが残っている訳ですけどね。

その他の2つの短編・・・1作と3作の集合の話のほうはいつも通りのノリって感じでした

最初の作品はくりむが重度の『中二』発言から話が始まり最終的にグダグダになるけど
実は本編シリーズ初期に暗躍していた『企業』の残党の策略にがっちり当てはまっていて
残党メンバーを恐怖に陥れてたりしたのが笑った・・・

最後は何気に真儀瑠先生に粛清されてた感じだし・・・
この先生は裏ではなにしてんでしょうね・・・本当に・・・

もう1つは3作品の連作

最初は杉崎・守・善樹・葉露・巡の5人が合コンの話をする事になる
逆生徒会の一存

葉露と善樹杉崎る過程で仲良くなったり(オイオイ)
が後輩である葉露にすら色々いじられたり

まぁいつもの雰囲気でしたけど最後はが探していた合コンメンバーの
アイドルが杉崎をバカにしだしたのでがキレて終了

姉さん・・・まじかっけー

って感じ。
だからこそ長編部分の彼女と杉崎の顛末は色々と納得

彼女はこういう格好いい所とかあるからこそ尊敬とかされて
さらにライバルとかそんな風に杉崎から思われちゃったんだな・・・って感じ

まぁ・・・杉崎の鈍さが一番の問題だった気もしますけどね・・・

次は大生徒会の一存

思いっきり某作品のパクリタイトルですが・・・

キャラの戦闘力・濃度・人数と色々試したけど・・・
何事もほどほどだよね・・・ってか前2つは明らかにやっちゃダメな部類

戦闘力とか全然関係ないし、キャラの濃度がこれ以上増えるとただの変態だしね。
最後の番外編のキャラも全て含めたキャラでの生徒会は楽しいだろうけど・・・
まぁ・・・ウザいわな・・・多すぎて・・・ツッコミも大変ですしね・・・

最後は偽生徒会の一存

登場キャラがほとんど名前も不明なキャラ達。

『生徒会の一存』のファン達が学園に忍び込んで
生徒会メンバーに扮して活動する・・・って話なんですけど・・・

軽いホラー・・・・もしくはサスペンスになってる!?

他のメンバーも色々とアレでしたが最後の最後に正体を明かした知弦役の人・・・
実は偽メンバーに紛れ込んでいた本物の知弦って感じだったんですが・・・

本物の知弦がその後、彼らから送られてきたその時の原稿を見て否定・・・

じゃあ、誰だよ!!?

真相はわからないまま・・・そして上の偽メンバーの消息もわからず終了
うん・・・想像すると・・・怖いよね・・・

番外編はこの後にもう1冊あり、1年C組最終回を描きつつ他の短編
そして本編卒業式の同日談・・・卒業式後の話の中編って感じになる模様。
それはそれで楽しみ

そして本編最終巻は現状なのもなければ1月発売予定みたいなので楽しみです。
ついに3年メンバーの卒業、そして椎名姉妹の転校と生徒会メンバーの別れがやってくる訳で
彼らがどのような別れをするのか・・・怖いような楽しみなような・・・そんな感じです

シリーズそのものの終わりが見えてきたしラストスパートって感じで
盛り上がってきた感じもありますし3ヵ月後は・・・やっぱり楽しみですね。

最後に一文。

告白のセリフや格好いいセリフ
おお!って思わせてくれるセリフ・・・今回は結構ありました

でも私はあえてこれで・・・

今回のくりむが中二病発言をしだして
深夏がノリノリで影の組織がいるって発言をしたら
それをあっさり肯定されてしまって戸惑った深夏のセリフを
くりむの発言から一連の流れで・・・

深夏は結構色々とノリノリな発言をする事があるけど・・・
実はツッコミ待ちなんだな・・・って感じで笑えた

なんかツボに入ってしまって・・・読み始めて速攻でしばらく笑いが・・・
なのでこれで・・・何と言われようとこれで・・・

「世界は常に、危機に晒されているのよ!」

「ああ、そうだな会長さん!
 世の中には常に人類を滅ぼさんとする影の組織が─」


「そう、いるのよ!影の組織!」

「ああ!・・・・・・え?」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
生徒会の金蘭  碧陽学園生徒会黙示録6 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の金蘭
碧陽学園生徒会黙示録6
(富士見ファンタジア文庫)

(2011/10/20)
葵 せきな

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生徒会の金蘭 碧陽学園生徒会黙示録6

“宇宙姉弟と中目黒くんがかっこよく、口絵の破壊力が強烈でした” 【陰謀なんてどの業界にもごまんとあるわよ】 いつものように生徒会のメンバーが駄弁る話。いつものように会長が突然言い出した「三百人ちょっきり委員会」の手先が杉崎になりすましているということにな...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。