スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 その6 End Time/End Game

あらすじ

ついに明らかになった宗司と一乃の関係。
二人は悠久のときをも超える、運命の敵どうしだった!

「あなたが私の『敵』なのでしょう」

「・・・ああ」

「正座」

「?」

「私、とても機嫌が悪いの」

「はい(宗司、正座する)」

「ムラムラするわね!」

「イライラでなく!?」

今度の一乃さんは女王様モード!

ほか、食欲の秋にちょっぴり膨らんじゃう一乃キリカリリスとか、
王様ゲームとかミニスカサンタとか。

それでも宗司は永遠の敵なわけで・・・
ゲーム同好会は一体どうなってしまうのか!?

特別短編「秋葉原編」「池袋編」を完全収録した悶絶決定版ラブコメディ(でいいよねもう)第六巻。

感想

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌の6巻

無理してる感じがあるなぁ・・・

そして

そろそろシリアス展開になりそう・・・

ってのが今回の話を読んだ感想かな・・・

前回の最後、分離していた『煉獄』第一罪《竜(クスイパスメイス)》フェルを再び取り込み
彼女と記憶を共有した事で宗司の強さ、そして彼が自分の『敵』であると知った一乃

さて・・・どうなる・・・って思ったら基本的にはいつものノリで話は展開
でもそれは一乃宗司『日常継続ゲーム』というゲームで勝負を挑み
その真実を忘れて・・・目を逸らそうとした話が前提にあるせいか
読んでいて・・・なんかこう・・・痛々しいって思う時がちらほらと・・・

まぁ・・・後半以外は結構いつものノリなんですけど・・・前提のせいかそう感じるという・・・
勘違いかもしれないんですけどね・・・

いつものノリの話では『煉獄』を取り戻して絶好調な一乃不思議動物達
全開で暴れまわっていた感じですけどね・・・まさにノリノリ・・・

一乃と同化したはずのフェルも普通に出入りして登場して
普通にヒロインの一角として行動してましたからね・・・

そして今回は結構コスプレシーンが多かった・・・コイツたマジ自重しない・・・
っていうかヒロイン達の宗司への想いが強くなるごとに
彼女たちの変態性というか・・・奇抜な行動が増えてきた感じがする・・・
アピールもかなり大胆になってきてるし・・・

でも肝心なところで恥ずかしさが勝ってしまうあたりやっぱり可愛いけど
特にキリカの恥ずかしがりかたはかなり可愛かった

ジャージを着ていて胸を強調して宗司を誘惑していたら
あまりの胸の大きさにファスナーがはじけ飛んで真っ赤に・・・とか
色々と誘惑したり、さらっと『ソージスキー』とか言ってる割にウブで可愛いよね・・・キリカ

まぁ今回一番可愛かったのは・・・

フェルだけどね!!

クリスマスに宗司は彼女と一緒にみんなへのプレゼントを買いに行くんだけど
それなんてデートって感じだった・・・
途中、フェルが手袋を片方差し出して残りの手は繋いで帰るってシーンがあって
手袋を差し出している挿絵があったんだけどそれが個人的にかなりツボだった

可愛いよーフェル、可愛いよー

そして今回、もっとも驚いた事・・・

ペンギン2号が・・・金髪縦巻きのメイドさん・・・だと・・・!?

という訳で前回、剣を持つ赤き騎士・第二罪《蛇(ズイリヤ)》としての姿を見せたペンギン2号
フェルと同じように人間化もできるらしく、その状態ではリアという名前のお嬢様キャラ

これは・・・他の奴らも全員女の子だったりしてな・・・ハハハ・・・まさかねー

フェルに掃除とかをやらせると余計に時間がかかるからという
なんかフェルにとって切ない理由ででてきて、人間の姿で掃除していたみたい
しかもメイド服で・・・もうコスプレが標準になってきたこの作品・・・

そして今回はクリスマス・年末年始と定番とも言えるイベントもあり・・・

クリスマスは最終的に一乃キリカリリス『私がプレゼント』を慣行

砕けろ、爆発しろ・・・そして帰ってくるな・・・宗司め・・・

うん・・・うらやましくなんかないさ・・・

そして女の子達は『奴隷ゲーム』で奴隷になった宗司「告白しなさい」と命令し
宗司が言った告白の言葉をフェルがこっそり録音した目覚まし時計をゲット

好きな男が自分にプロポーズする声で起こされる・・・それはどうなんだ?
起き上がれないでしばらく悶々としちゃうんじゃないのか・・・
そして男にとっては恥ずかしすぎるよね!?

そして年越し・・・

全員が新年の抱負を宣言する中でやっぱり一番可愛かったのはフェル

「『煉獄』の、りーだーとして、もっとがんばる!」

他の不思議生物、そして宗司一乃キリカリリスもなんか彼女に優しくなった・・・
フェルは自分がダメッ娘だと思われてショックだったらしく反論するけど
宗司に決定的な事を言われて撃沈・・・

いや・・・うん・・・頑張れ・・・でも前例が・・・
まぁあのダメっ娘も頑張ってはいたよな・・・頑張っては・・・

そんな感じでいつものノリで・・・騒いでいる感じだったんだけど
実はクリスマスイベントあたりから物語は怪しい方向に・・・

まずはクリスマス・・・背を向けた宗司に2人のリリスは衝動的に
『第一世界』の力を振るおうとし宗司はそれが当然だと受け入れていた。
もちろん正気に戻った2人はすぐに止めたけど・・・

年越し・・・キリカ宗司に彼女を今のような存在に変えた者を見つけたら
どうするのかを問いかけ、彼女の

『殺すよ、絶対に』

という言葉を聞いて、それは自分のせいだと打ち明ける

そして3学期が開始する直前・・・夜の学園で2人で散歩する宗司一乃
『日常継続ゲーム』一乃が優勢だと宗司は言うが
彼が『零白夜』を発動させ、そして彼の髪も真っ白に染まる・・・

一乃は無意識に『煉獄』によって炎の槍を・・・『敵』を倒す武器を手にしており
そんな彼女に宗司は彼女達がどういう存在なのか告げる

それと同時にキリカは今までの日記帳に記した記憶を全て『道化師の栄光』が取り込み
そして最初の記憶をも手に入れてしまう・・・そして彼女は最初の一冊目を書いた10歳の姿に

一方で2人のリリスは鏡の中に呼ばれ、中から来た存在に連れられ
そしてその代わりに・・・17歳の・・・たった1人のリリスが現れる

宗司をは自分を殺せば解放される事
を告げ、そしてゲームオーバーを宣言して終了・・・

うーん・・・次回はシリアス回になりそうだ・・・
この状況下でいつものノリは難しいだろうしなぁ・・・

宗司は・・・『零白夜(ラスト・エレメント)』『終末の引き金(ラスト・エレメント)』であり
そして彼は人が永遠を望む意思そのものって感じの存在らしい

そして一乃キリカリリス

『死にたくない』という絶望を砕く『生きていたくない』という希望

のような存在らしい・・・
なんとなく前者の方が良い者っぽいけど・・・どうなんだろうか・・・

永遠って聞くと前作である『天川天音の否定公式』で登場した
『永遠式』が思い浮かぶ・・・宗司『永遠に辿りつく式を算する』って言ったりして・・・
やっぱりなんか関係あるのかな・・・

何気に今回もあった母親との電話シーン・・・今回の相手は前とは別の母親
口調とかが『天川天音の否定公式』で登場した瑛子に似てたしな・・・どうなんだろ

ちなみに前回登場の母親は『母さん』、今回登場は『姉さん』(彼女がそう呼べと言ってる)
もう1人の母親は『ママ』と呼ぶように宗司に言っているらしい・・・
いや・・・本当に・・・どんな家庭だよ・・・

『永遠式』を滅ぼす存在といえば『終焉式』
そして残り2つの『虚構式』『願望式』

それぞれが各キャラに対応してる・・・って事はさすがにないか・・・

この関係性がズタボロになってしまった感じで時間に続くわけだけど・・・果たしてどうなるのかな?
次の巻が楽しみだ・・・まだ最終巻では・・・ないといいんだけど・・・

キャンペーンで配布された二次元コードで読めた特別短編も両方収録されていて
そっちは一乃が妹になったり、キリカが転校生になったり、リリスが風紀委員になったり
一乃が眠り姫になったり、キリカが桃太郎になったり、リリスが赤ずきんになったり
そして宗司がアリスになったりと・・・

まさにカオス!

な夢オチ作品だった・・・本編がシリアス風味だっただけに
この2つがいい感じに引き戻してくれた感じ
不思議動物達が普通に喋っていたりと本当にカオスですたけどね・・・

そして気になる情報も・・・

ドラマCD&コミカライズ化決定!

どっちも楽しみだ・・・

最後に一文。

宗司のセリフ

フェルの新年の抱負に対して周りの反応にショックを受けて
自分はダメっ娘じゃないと言い張るフェル宗司が言った言葉

読んだ時は、『あー・・・せつねー、フェル、せつねー』って思ったんだけど
ちょっとしてからある事に気づいて爆笑

だってこれって・・・『天川天音の否定公式』のヒロインである天川さんの事を
指し示してる感じ・・・そういえばそんなキャラだったな・・・と思い出して爆笑

そうか・・・フェルは彼女の後継者だったのか・・・
だけど不思議・・・まだフェルの方がしっかりしてるように感じる天川さんパワー

気づいて思わず勢いで2chのスレに書き込んじゃったしね・・・

「スペックが高かろうと、凄い特技を持っていようと、
 見た目が最高に可愛かろうと…それを活かしきれない、
 根本的なダメさがあるから、ダメッ娘なんだ」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その6 (MF文庫J)おれと一乃のゲーム同好会活動日誌
その6
(MF文庫J)

(2011/10/22)
葉村哲

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

うわ~。

ドラマCD!コミカライズ!
声優さんは決まってるんカナ?
気になる!
いや~、一乃シリーズも6巻か~。
早いですね~。

Re: うわ~。

コメントありがとうございます

> ドラマCD!コミカライズ!
> 声優さんは決まってるんカナ?
> 気になる!

確かに気になりますね!
さて・・・どうなるんでしょうか・・・

> いや~、一乃シリーズも6巻か~。
> 早いですね~。

サブタイトルが毎回毎回終わりだのEndだの
最終回っぽくて心臓に悪いですけどね・・・

そうですね~

>サブタイトルが毎回毎回終わりだのEndだの
最終回っぽくて心臓に悪いですけどね・・・

はは!確かにそうですね!
本当の最終回はどうなるんですかね?
普通にEndとかなんですかね~?
それとも変化球でくるかな?

お久しぶりです

一乃シリーズ…6巻、速く読みたい。

あと、ドラマCDとコミカライズ!?

…どうなるのだろうか。

Re: そうですね~

コメントありがとうございます

> はは!確かにそうですね!
> 本当の最終回はどうなるんですかね?
> 普通にEndとかなんですかね~?
> それとも変化球でくるかな?

あえて

『始まり』
『スタート』
『プレリュード』
『プロローグ』

とかかもしれませんね

Re: お久しぶりです

コメントありがとうございます

> 一乃シリーズ…6巻、速く読みたい。
>
> あと、ドラマCDとコミカライズ!?
>
> …どうなるのだろうか。

どうなるんでしょうね・・・
コミカライズの方のデザインは発表済みですから見てみるのもいいかと
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。