スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 4

あらすじ

『お前さん、妹と血が繋がってないんだってな?』

会長さんの爆弾発言には焦ったものの、
僕こと姫小路秋人の日常がそれで変わるわけでもなく。

学校では授業を受けながら小説のネタを練り、
寮に帰れば寮長と小説家の二足のわらじを履き、
妹や那須原さんや銀兵衛が持ち込んでくる相談にも乗り・・・って、
そんな多忙な毎日を送ってたら案の定、風邪と過労で寝込んでしまった。

ありがたいことに生徒会の面々が付きっきりで看病してくれたのだけど、
そのやり方がまた三者三様で・・・?

というわけで、大人気ブラコン妹ラブコメ第四弾。

感想

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっの4巻

今回の表紙は聖リリアナ学園の3年生で、生徒会長である二階堂 嵐
この表紙を見ただけでは彼女がどういうキャラであるか絶対誤解するよね・・・

実際はバイセクシャルで、性欲が強く、『捕食者(プレデター)』という渾名の
色々とアレな人だから・・・まぁ凄まじく有能ではあるんだけどね・・・

それでいいのか?生徒会長!

まぁ・・・本人は我が道を行くってタイプなんだけどね・・・

今回の話は最初から気になる話題が提起されてます・・・

秋人秋子に血縁関係がないと知ってた・・・!!

前回の最後にさらっと発言して今回にそのまま続いた訳ですが・・・
秋人は最後までそれを認める事無くとぼけきった。

まぁ仮定の話として・・・って感じで話を進めていただけでしたけど・・・
最終的に秋人義理の弟・・・血縁的には従兄弟にあたる事をから伝えられる事に。

秋人姫小路家の養子である事はすでに記されていたけど
生家は謎だったけど・・・と同じ・・・二階堂家の血縁だったらしい・・・

つまり現状、秋人には義理の姉と義理の妹が1人ずつ・・・なんてこった!!
さらに秋人婚約者がいる事も調べ上げたらしい事を伝えて今回の話は開始

まぁ・・・そこまで重大情報を提示しておいてその話は終盤までお預けになるんですけどね。
秋人はぶっちゃけ色々と秘密を抱えすぎな感じがする・・・

今回は何個かに話が分かれている感じで、まず最初は秋人の日常

秋人・・・クラスでぼっち。だけど爆発しろ!

まずは副担任であるクール系な冴木先生

まぁ彼女はヒロインって感じではないけど秋人が小説家をしている事を知っているみたいで
色々と苦労をわかってくれている感じ
秋人の担当編集であるとも親交があるみたいだし・・・今後も活躍がありそう

そして秋人の学園生活では休憩時間ごとに

秋子がやってきて超ブラコントークを披露したり
アナスタシアと夫婦漫才して何気にさらっとピクニックの約束をさせられたり
銀兵衛が調理実習で作った『ハート型のクッキー』を作ってきて一緒に食べたり

する上に昼食時は生徒会メンバーと一緒だったりするらしい・・・

そりゃぼっちになるよ・・・近寄りがたいよ・・・ってか刺されないかな?コイツ・・・
なんかどの娘も結構なファンがいそうな感じで疎まれたりしないんだろうか・・・
秋人が来るまでは生徒会メンバーではまとも・・・で通っていた秋子がぶっ壊れたりしたし
傍から見たら『コイツ、何者だよ!?』って感じなんだろうか・・・

友達出来なくて不憫だな・・・と思う反面、爆発しろって感想をでてくる
変なキャラだよな・・・この主人公・・・
友達が出来ない原因が美少女なヒロイン達のせいって・・・羨ましすぎる悩みだろ・・・

次の話は・・・

ダメだこの兄妹・・・早くなんとかしないと・・・

って話。

秋子秋人の担当編集であるとの仲を怪しんだ為に彼女を学生寮に連れてきたら
彼女が学園のOBでさらに今、秋人達が住んでいる学生寮に住んでいた事が判明して意気投合

話しているうちに、

「秋人に締め切りを守るようにしてくれるならどんな事でもしていい」

というの発言を聞いて秋子への疑いを晴らしたみたいだけど
それに始まった超ブラコン発言によりの方が危機感を抱いた様子・・・

そりゃ秋人が妹の行動を書いた日記やら写真やらを持っている事を知ってるんだから
ブラコンの兄とシスコンの妹・・・しかも妹は恋愛感情ありと知って色々と危機を感じたらしく
アナスタシア銀兵衛達の前で秋人シスコンですよね?っと提起

もちろん3人はその通りだと即答するんだけど・・・当の本人たちは・・・

え?違うけど?

って感じ・・・

秋人は妹である秋子に優しくするのは家族として当たり前だけど
厳しくしていくところはちゃんと厳しくしているし
秋子に恋愛感情とか劣情とかそんな感じのことは思わないし、
彼女が誘ってきてもきっぱりと断るから自分はシスコンじゃないと宣言

秋子秋子で自分の想いに応えてくれなかったり
あまり一緒の時間を作ってくれなかったりする秋人シスコンではなく
自分にはもっと優しくすべきだ・・・と思っているらしい

・・・え?

って感じ・・・1巻~3巻まで読んできた読者はみんなこう思うはず・・・

そうか・・・秋人が自分のシスコンを自覚していなかっただけじゃなくて
秋子も・・・秋人が十分シスコンであるって事を認識できてなかったのか・・・

この2人の認識だとアレなんだな・・・兄、妹に本気の恋愛感情を抱くレベルじゃないと
シスコン、ブラコンとは言わないって・・・そういう事なんだね・・・

ってか肉親に要求するレベル高いな・・・オイ・・・

残りメンバーはもっと自分を大切に・・・と兄に訴える妹をからかいながら
笑い、妹はその兄の胸をポカポカ戦うというバカップルな姿を見てなんか黄昏てた感じ・・・
そりゃそうだ・・・

その次がちょっと短めに学生寮での日常

色々な雑務をまかされつつヒロイン達にモーションをかけられているけど
全然気づかない秋人・・・って感じ

ハイスペックのわりに色々と駄目駄目だったり、頑固だったり
迫ってきたりと・・・ヒロイン達が個性的過ぎるよね・・・

でもなまじハイスッペックだから秋人に要求する仕事のレベルも自然と高くなり
彼自身、ちょっと無理がたたってきてる・・・っていう次の話への伏線

ちなみに最後の話への伏線である、寮の管理人を雇うって話もここで登場

その次の話が今回の話で一番長かった話

秋人風邪・・・3人が看病に・・・あれ1人・・・

そのまんま秋人が過労が原因で風邪になり倒れる事になる。

ヒロイン達全員、こういう時にはふざけないというか・・・
全員自分がしっかりしてれば・・・と落ち込むタイプみたい

流石に風邪なんてだらしない!とか言うキャラはいないんだな・・・
ですら管理する立場でありながら・・・って感じで元気が無かったし・・・
こういうところは優しいというかなんというか・・・

そしてみんな秋人の看病をする事に・・・
が提案してアナスタシア銀兵衛秋子の順番で3時間ずつ看病する事に
なんてうらやましい状況・・・

アナスタシアは2人っきりでめっちゃテンパっていたけど
秋人は彼女が一緒にいてくれる事で安心感を得る事が出来た。

目を瞑らせてキスしようとしてどこにするか悩んで失敗した
アナスタシアが可愛かった

彼女は結構好きなキャラなので彼女中心の話をもっと読みたい気もするな・・・

銀兵衛は伝手を利用して色々な病気に効く食材を集めて
秋人に食べさせて元気にしようとしてお腹一杯まで食べさせた。
病人に無理させすぎだろ!って感じだけど直接的でこれはこれで良かった感じ。

それに本番は・・・

添い寝だったしね!

秋子を除けば一番長く一緒にいて一番アピールしてきて失敗してきた彼女だけに
行動が大胆になるのは仕方ないんだろうけど・・・これはちょっと凄い・・・

さすがにこの状況では秋人銀兵衛を女の子として意識せざるを得なかった様子だったし
効果有りだったかと・・・本人もドキドキしすぎて色々とやばかったみたいだけど

風邪をひくと女の子が添い寝してくれる・・・やっぱりコイツは爆発した方が・・・

最後は秋子

そうか・・・これが”マトモ”な秋子なのか・・・

秋人が体調を崩した事で

秋人の体調>>>秋人へのブラコン行動

って認識になっていたらしく甲斐甲斐しく世話をする秋子
かつて母親が生きていた頃にそうしていたように膝枕をしたり
汗をかいていた秋人の全身を拭いたり(いつもの暴走はなし)
秋人がからかっても予想外の反応をしたりと・・・

マトモな状態だ秋子の方が強い!?・・・まぁわかってたけどね

なんかこの話を読んで子供の頃の・・・
なんの心配も無かった頃の秋人が甘えたがりとわかったんだけど
秋子ブラコンをあまり表に出さずに常にこの状態でいた方が
秋人に意識させるのに有利な気がするな・・・

秋人の無理をたしなめるセリフを言ってるときも
『お兄ちゃん』ではなく『あなた』といつもと呼びかけ方が違ったりと
めっちゃ雰囲気が違う感じだったしね・・・

秋人も異性として秋子を意識している部分はあるわけですし
こういう態度をとられると色々と余計に意識してしまうんじゃないんだろうか・・・

なんか惜しい・・・秋子、惜しい・・・
押して駄目なら引いてみろって感じなんだな・・・残念

でも秋人はいつもの秋子に・・・残念な感じの方に戻ってもらいたいがゆえに
風邪を治そうと決意した訳で・・・ある意味、これも看病になった様子

さすがに・・・しっかり者の妹ってキャラになられると兄としては複雑らしい・・・
理由がなんかなさけないぞ・・・兄よ・・・

秋人の風邪は翌日には完治・・・自分で言っていたように頑丈みたいですけど
それにしても早い・・・病は気からを地で行ってるキャラみたいです・・・

ちなみに看病対決の結果はの勝利

秋人の体を気遣って無理に看病せずに安静にさせようとした・・・
という彼女が対決に参加しなかった理由を秋人が気づいたからみたいで、
それを知られて照れてた

この娘はこの娘で・・・何気に秋人に対して本気っぽいんですよね・・・
まぁ・・・女の子達に対しても本気なんでしょうけど・・・
彼女との関係もどうなっていくのかな・・・義理の姉従姉妹だしね・・・
今回、ようやくフラグが立った感じもしましたし・・・今後に期待

そして今回の最後に最初の伏線・・・そして途中の伏線が回収・・・

秋人の婚約者 鷹ノ宮 ありさ 登場!

両親の死後、秋人が引き取られていた鷹ノ宮家の息女で10歳で海外の名門大学の単位をとり
論文も発表した天才である彼女が秋人が住む寮の管理人として赴任してくる事に

もなんで好き好んでライバルになりそうな相手を・・・って感じなんですけど・・・

12歳なんですよね・・・この時点でもまだ・・・

彼女のほうから望んで・・・そして秋人『にいさま』と呼んでかなり慕っている様子ですけどね・・・

これ・・・次回、血の雨が降るんじゃないだろうか・・・?

ぶっちゃけアレですよ・・・

『逃げてー、ありさちゃん。そのお姉さんに殺されるから!!』

って感じで・・・次回の秋子の反応が怖い・・・妹対決が勃発したりするんだろうか・・・
そして他のメンバーはどう対応するのか・・・めっちゃ楽しみだ・・・

どの程度、秋子銀兵衛が彼女の事を知っているんだろうかとかも気になるし
12歳の子供に管理人とかやらせていいのかよ!?とか色々と気になる。

可愛いもの好きのアナスタシアの反応も気になるし・・・次回が本当に楽しみだ

最後に一文。

秋子のセリフ

読んでて思わず『お前もかー!?』ってツッコミをせざるをえないセリフ
秋人の普段の行動、言動を聞いて、身近で体験した上での
秋人の妹である秋子のセリフ

いやいや・・・じゃあシスコンってなんぞや!?

「お兄ちゃんって、ぜんぜんシスコンじゃないと思いますけど?」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ4 (MF文庫J)お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ4
(MF文庫J)

(2011/10/22)
鈴木大輔

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

読まないと・・・

4巻買ったけど読んでない~。
黒のストライカ4巻をまず読んで、そのあとかな?
で、その次に初体験にオススメな彼女2巻!
楽しみです~。
感想を見るにいつも通りの急展開って感じですか?

Re: 読まないと・・・

コメントありがとうございます

> 感想を見るにいつも通りの急展開って感じですか?

どちらかというと最後の最後に急展開・・・ですね。

最後の最後ですか~。

・・・最後ですか~。
いや~、気になりますね~。
新キャラって小学生なんですか?
とゆうか婚約者なんですか~。

Re: 最後の最後ですか~。

コメントありがとうございます

> ・・・最後ですか~。
> いや~、気になりますね~。
> 新キャラって小学生なんですか?
> とゆうか婚約者なんですか~。

主人公を引き取った家の娘・12歳
大学卒業レベルの天才少女
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。