スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生 3 九校戦編(上)

あらすじ

『九校戦』。

そこでは毎年、全国から魔法科高校生たちが集い、
熾烈な魔法勝負を繰り広げていた。

七月中旬。
第一高校でも、将来の魔法師候補たちによる優れた選手団が組織されていた。

遠征メンバーには、『新人戦』に参加する司波深雪と、その兄・達也の姿もあった。
競技に向け決意を新たにする深雪だが、一方で達也の表情は晴れず・・・。

『九校戦』で勝利を掴むためには、選手の運動能力の他に、もう一つ重要なファクターがある。
それは、選手たちが持つCAD(術式補助演算機)の調整。

―魔法の苦手な司波達也が、魔法の代わりに得意とする分野。
達也によって調整されたCADを手に、第一高校生徒による華麗なる圧勝劇、その幕が開く。

感想

魔法科高校の劣等生の3巻の上巻
表紙はエリカレオ

あれですね・・・剣と盾コンビって感じ・・・

web版は読まずに楽しみにしていたのでかなりわくわくしながら読めました
でも上巻・・・上巻なんですよ・・・・・

続きプリーズ!!!

いやまぁ・・・来月なんですけどね・・・気になるよ・・・続きが・・・

とまぁ叫びはこれくらいにして本編の感想の方を・・・

今回は全部で9校ある魔法科高校の交流試合みたいなものに
深雪は順当に、達也は前例の無い異例の抜擢を受けるところから話は展開
達也の場合はCADの調整などを担当する裏方として・・・ですけど・・・

あらすじに圧勝劇って書いてあるけど達也はでないみたいだし・・・って思っていたら・・・

うん・・・それほどでもなかったね・・・

後半こそが本番・・・というか新人戦で出場する深雪とかがやっぱり期待する所かな・・・って感じ
まぁ・・・生徒会長である真由美や風紀委員長である摩利とかは圧勝してましたけどね・・・
特に真由美が・・・

彼女の場合はこの世界の日本で最も高名な魔法師である『十師族』の出身で
まさに圧勝・・・とも言える圧倒的技量を持って試合に勝利してましたしね・・・

1つめの競技でも2つめの競技でもまさに圧勝だったけど
達也の技術が役立ったのは2つめの後半だけ・・・

パソコン風にいうならゴミデータをきちんと削除した事で
効率を上げただけらしいけど疲れがあった後半の方がうまくくという結果がでて
真由美は驚いていたから些細な事でも凄いって事なんだけど・・・

そりゃ・・・世界的に有名な技師ならねぇ・・・

たびたび話題になり達也深雪が何かと反応していた
技術を10年は進歩させたと言わしめたCADの技師であるトーラス・シルバー

達也がまさにその人でした・・・

コイツは・・・どこまで凄いんだろうか・・・

正確には父親が筆頭株主(実際は母親の家が裏で掌握してる模様)の会社の研究室で
ハード面をそこの技術者である牛山さんという人が、ソフト面を彼が・・・って役割みたい。
牛山さんがトーラスで達也がシルバー・・・という分担らしい・・・

まぁ牛山さんや他の研究員の人達からしたら達也こそが自分達の上司で
たとえ高校生といえども尊敬に値する次期リーダーって扱いみたいで

学校では劣等生扱い

父親はそして死んだ母親の家の影響で達也には全然興味を向けず

死んだ母親は一般的な魔法師としての才能を持たない達也に魔法で干渉して
強い情動の元となる部分をフォーマットしてそこに擬似的になにかを組み込んで
普通の魔法師として魔法が使えるようにしたというトンデモ設定があり

前回の話で大活躍だった生来の『分解』の魔法ともう一つの魔法は規格外なのに
それ以外の部分でも優秀なのに恵まれない環境の達也が唯一わだかまりなく
認められる場という事で開発室は深雪にとってかなり嬉しい場所の様子だった。

ってか達也は色々と・・・グレてもいいと思う・・・

いや・・・まぁ・・・そういう感情の部分も消されてるんだけどね・・・
本気で怒れず、本気で憎めず、本気で愛せず・・・食欲も性欲も睡眠欲も・・・
無いわけではなく強く感じる事はない・・・

なにか1個だけ強い感情は意図的に残されたみたいだけど
状況からすると深雪への・・・妹を大切に思う感情・・・とかかな?

母親の実家は『四葉家』という家で『十師族』であり、真由美の家である『七草家』と並ぶ
現在日本で最上位の魔法師の家系の様子だし
深雪は次期当主候補筆頭で達也はその護衛って役割らしいから・・・
やっぱそれに利用できるって事で・・・そんな感じなのかな?

2人の父親と一緒にいた『四葉家』の使用人は達也には
『たかが護衛』『似非魔法師』って感じでまったく尊んでいなかったので
ぶっちゃけ悪い印象しかない・・・

達也も直系男子で深雪の兄なのに・・・なんだろね・・・この待遇の差・・・
このあたりが深雪の兄への献身に繋がっている感じだけど・・・
この『四葉家』の問題とかそこら辺の話は今後描かれるのかな?
楽しみだ・・・

他にも達也が軍の部隊に『特尉』という階級で非常勤って感じで関わっていて
軍の人と友誼を結び今回の大会の裏で動いているらしいテロ組織の情報を貰ったり
談笑したりしてたから何気に軍での実戦経験がありそうだったり

『戦略級魔法師・大黒竜也特尉』って偽名と肩書きがあるらしいし・・・
この『戦略級魔法師』って呼び方とかかなり気になる・・・
達也が持っているらしい攻撃用のかなり物騒な魔法の話もしていたし
達也の底はまだまだ見えない感じ・・・

コイツの能力って・・・どこまでチートなんだろうか・・・

技術者としては今回の話の中で未だ実現不可能とされていた
汎用性のある飛行魔法の理論を完成させそれを組み込んだCADを作製

自分達でテストを行ったうえで研究室でテスターに試験飛行してもらい
完全に実用化へ向けての道を開くという超天才っぷりを発揮してたわけで・・・

頭脳も・・・そして魔法戦闘もなんでもござれ・・・これが劣等生とか・・・オイオイって感じだよね・・・
今後もどんな凄い事を見せてくれるのか・・・そのあたりも今後楽しみだ・・・

他にも今回の話では新しい友人として古式魔法である精霊魔法を使う幹比古が登場
彼の昔は神童と呼ばれたけど今は・・・といったまだはっきりと明かされてない謎とか

精霊魔法の使い手ですら見えないという精霊の色を見る事が出来た
美月の眼の能力

幹比古と幼馴染であるエリカが嫌う摩利との関係

先輩達(主に女子)の活躍やその得意分野や能力なども
多彩だったりして面白い

そして大会の裏で暗躍するテロ組織らしき影とその妨害によって
本選に出場する事になった深雪

ライバルである三高の生徒として登場した『十師族』である『一条家』の跡取り将輝
深雪を見て興味を持った描写・・・

さらには今回は順当というかなんというか・・・真由美とフラグを立てたっぽい達也
他にもエリカ美月も怪しい感じだし、深雪の友人で今は達也にとっても友人であるほのか
完全に達也に惚れている感じで・・・こっちの人間関係もどうなっていくか気になる。
もう1人の深雪の友人・・・はどうなるかな?とか
トーラス・シルバーの大ファンであるらしいあずさとか・・・色々と今後も面白そう

一科生の中にも前回の事件を通して達也の事を認める人間もでてきたし
1巻最初で達也を馬鹿にして戦いを挑んだ服部もああいう態度をとりつつも
魔法は技術だけじゃなくて信念も・・・といったセリフを言っていたから
今後、仲良くなったりするんだろうか・・・わだかまりは無くなっていない様だけど
戦力が欲しいと思っていたとしても最終的に達也のメンバー加入を強く推していた訳だし・・・
こっちの彼を取り巻く『劣等生』という認識に対する関係の変化もどうなっていくか楽しみ

ってな感じで結構分厚くて読み応えはあったんだけど・・・やっぱりそこは上巻
とりあえず来月だとはわかっているけどもう一度言っておこう・・・

続きプリーーーーズ!!

こうなったら意地でもWeb版は読まないからね・・・絶対読まないからね・・・本当だよ?

でも来月の下巻のあらすじを読む限りだと戦闘系の種目に急遽達也が参戦するっぽいんだが・・・
これって大丈夫なんだろうか・・・主に・・・相手選手が・・・

とりあえず奥の手を出さなくてはいけない状況になったらわざと負けると
今回の話で軍の人にもし出場する事になったら・・・って感じで話していたのは伏線なんだろうか・・・
なにはともあれあと1ヶ月・・・待ち遠しいなぁ・・・・・・

それととりあえず言っておこう・・・

今回もブラコン&シスコン全開だった!!

次回もきっとそうなんだろうな・・・

最後に一文。

エリカのセリフ

『十師族』に次ぐ名家である『百家』・・・その『千葉家』の娘である彼女
純粋な剣術では摩利すら上回るらしいけど・・・二科生・・・
そこの所に色々と事情がありそうだけど特にそれに触れない達也に対して彼女が言ったセリフ

過度に優しくないから安心して愚痴が言えて
同情しないでいてくれるから惨めにならない・・・エリカはそういう意味で言ったので
決して悪い感情がある訳ではなくいい感じのシーンだったんですが・・・

達也の感情の一件を考えると・・・色々と考えさせられるセリフだった・・・
彼がもし正常な感情を持っていたら・・・どうだったんだろうとか・・・
色々考えちゃうな・・・という訳でこのセリフで・・・

「達也くんってさ・・・冷たいよね」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
魔法科高校の劣等生〈3〉九校戦編〈上〉 (電撃文庫)魔法科高校の劣等生〈3〉
九校戦編〈上〉
(電撃文庫)

(2011/11/10)
佐島 勤

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

この作品…AWやSAOが好きなら好きに慣れると思うよ…といろいろな人からおすすめされているのですが、

実際のところどうなのでしょうか?(おすすめしてくれた人を疑っているわけではありません)

感想を見るところ面白そうですが…。(最近金欠のためうかつに手を出せない)

自分もです・・・。

面白そう!読んでみたい!と、思ってもお金の事情で買えないのです。
早く高校生になってバイトして、自分で稼いで買いたい! 


・・・いや~、早くいつ天読みたいですね~。

Re: No title

コメントありがとうございます

> この作品…AWやSAOが好きなら好きに慣れると思うよ…といろいろな人からおすすめされているのですが、
>
> 実際のところどうなのでしょうか?(おすすめしてくれた人を疑っているわけではありません)
>
> 感想を見るところ面白そうですが…。(最近金欠のためうかつに手を出せない)

私は・・・基本的に本に対しての好き嫌いが少なく雑食って感じなので
参考にはならないと思うんですが・・・面白いですよ。

Re: 自分もです・・・。

コメントありがとうございます

> 面白そう!読んでみたい!と、思ってもお金の事情で買えないのです。
> 早く高校生になってバイトして、自分で稼いで買いたい! 
>
>
> ・・・いや~、早くいつ天読みたいですね~。

なぜココのコメントで!?って思いますけど・・・いつ天読みたいのには同意します。
お金はね・・・バイトしてる高校生が一番自由かもね・・・
大人になると生活費やら光熱費やらガソリン代やら保険やら・・・
稼いだ金がガンガン消費されていきますよ・・・orz

・・・大変そうですね。

やっぱり大人は責任とゆうものがありますからね~。
やっぱり、賃貸なら家賃。
一軒家ならローン。
光熱費、水道費、車のローン、色々ありますね~。
そう考えると高校生って楽ですね~。
いや、でも、リア充なら彼女へのプレゼントとかでバイト代とんでいくんですかね!?

Re: ・・・大変そうですね。

コメントありがとうございます

> いや、でも、リア充なら彼女へのプレゼントとかでバイト代とんでいくんですかね!?

それはあれですね・・・交友費となるべき部分がほとんど本である私は
本が恋人って事に・・・

こんにちはです!

初です

僕も魔法科読んでますよ。
設定がしっかりしていて、だけどうまくぼかしていて色々と想像しながら読んでます。

僕は学生なんで今のところは本などの趣味に金を使えますしね(笑)

僕もお勧めしますよ!!

初めまして

今まで拝見させてもらってましたが、コメントします。

自分も読んでますが…、第一巻のあらすじ読んで存在を知って、そこから一週間、暇を見つけてWEB版読破してました。


いいですよねバイトできる高校生…
立場同じはずなのに、校則&一日9時間授業という暴力的スケジュールで全くできず…、小遣いほとんどつぎ込んでも欲しい本の半分も買えず…
友達と交換しあうのが常ですね。

ちなみに戦略級魔法、戦術級魔法、戦闘級魔法があります。
後は…ネタばれならないように書きますか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 初めまして

コメントありがとうございます。

> いいですよねバイトできる高校生…
> 立場同じはずなのに、校則&一日9時間授業という暴力的スケジュールで全くできず…、小遣いほとんどつぎ込んでも欲しい本の半分も買えず…
> 友達と交換しあうのが常ですね。

いや・・・それでも高校生はまだいいですよ・・・
生活費は親がだしてくれますし・・・

私も高校時代は小遣いあまりありませんでしたので昼食費を削って
本買ってましたね・・・

家から駅まで約6kmを自転車で
そこから電車
到着した駅から阪の上にある高校まで徒歩15分ほど
そして昼食を抜いたり、おにぎり1個
って生活をしていたら入学時の身体測定の体重と比べ
高校2年時の身体測定の体重が-12kgという事に・・・

元々、ふくよかだったんですけど・・・50台前半まで下がりましたね
高校卒業後、車に乗るようになり、ご飯もちゃんと食べるようになって
再び60台まで増えましたけどね・・・

> ちなみに戦略級魔法、戦術級魔法、戦闘級魔法があります。
> 後は…ネタばれならないように書きますか?

とりあえずソコは書かない方向で・・・

No title

了解です。気をつけます。

昼食弁当なんでね…そういうこと出来ないんですよね…
立ち読みするんですけど(一冊30分あれば余裕)、やりすぎたみたいで三店舗、シュリンクかけられました…(泣)

つーか-12kgなったら俺死にます(笑)

ちなみに気に入っているキャラはレオです。
いろいろとギャップがあって楽しい。
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。