スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田信奈の野望 7

あらすじ

猫を崇拝する大坂・本猫寺との全面戦争を辛くも回避できた織田信奈とその家臣たち。

すっかり織田家のキーパーソンの一人になった相良良晴も一安心していたのだが、
そこに新たな騒乱の予兆が・・・。

浅井朝倉連合軍を支えようと、越後の龍・上杉謙信が活動を開始。

その動きをどうにか抑えるために、良晴と信奈は、
北条家の小田原城に篭城する武田信玄のもとへ向かう。

一方、浅井朝倉連合軍とにらみ合う最前線の虎御前山では問題が発生していた。
軍師・竹中半兵衛のライバル陰陽師が浅井朝倉方に再び参戦、
信奈不在の虎御前山は陥落の危機に陥る!

急展開を迎える、天下布武ラブコメディ第七弾。

感想

織田信奈の野望の7巻

とりあえず・・・

アニメ化企画進行中!!

来たか・・・って感じです。
それにしても・・・最近過去の武将やら英雄やらが女の子かする作品が増えてきたきがするなぁ・・・
一騎当千とか恋姫とか・・・他にもチラホラ・・・

本編の方は浅井・朝倉との戦いの決着が描かれているんですけど・・・その前段階が凄い・・・

正宗と信奈の出会い
信玄信奈
の出会い


すでに色々と歴史を覆している感じがある上に
キャラ達の年齢に関しても色々とズレているのですが・・・

これは凄いな・・・おい・・・

正宗とは世代が違うために出会うことがなく、
信玄とは結局病死のために直接戦うことがなかった・・・

それが主人公・良晴を間に挟んで邂逅するという・・・なんとも面白い展開に。
そして良晴信奈の恋の行方も・・・・順調ののようで不安を抱えつつ進行中って感じに

今回は戦闘中の浅井・朝倉軍の援軍として上杉謙信が・・・という事で
上杉軍を牽制する為にそのライバルである武田信玄に出兵してもらうために
同盟を結ぶべく、信奈良晴信玄に会いに向かうわけですが
彼女は北条氏康(やっぱり女の子)と共に奥州から進出してきた伊達政宗相手に
篭城中・・・という展開

まぁ・・・良晴が付いてきたのは信玄正宗・・・そのどちらとも顔見知りで
関係自体も悪いものではないため・・・なんですけども
この旅にはもう一つの裏の目的が・・・

婚前旅行!!

身分が違うために公に祝言を挙げる事ができないために
いい機会だから2人っきりで旅行を・・・そしてチャンスがあるなら・・・
という半兵衛長秀の思惑もあり、2人も気づいていた為になんか凄い雰囲気に・・・

カラーイラストとか・・・信奈の方から誘いをかけているシーンとかありますしね・・・
オイオイ、これはいいのかよ・・・って思っていたら予想通りに邪魔が・・・
十兵衛が現れていい雰囲気は台無しに。

十兵衛良晴信奈に想いを寄せていることをついに知り、
それは身分違いだから、仕方ないから自分が・・・というえらく自分勝手な理論を展開して
自分がとっくに良晴の惚れているって事を認めずにいるんですけどね・・・

信奈からしたら色々と面倒な家臣って感じになっていて色々とアレな感じ・・・
良晴はどちらを選んでももう片方に殺される・・・と五右衛門を伴った先に進み・・・

信玄&勝頼&氏康と混浴・・・途中から武田四天王も・・・

どうしてこうなった!?

篭城に飽きた信玄氏康を伴って温泉に入りにきており
そこに護衛をしていた武田四天王(もちろん全員女性)に襲われて温泉に突入
信玄は久しぶりに会い、なおかつ天命を動かすものと自分の軍師・山本勘助が言っていた良晴
入浴に誘う・・・という展開に・・・

なんかアレですね・・・最初は国持ちの大名になってハーレムを・・・と意気込んでいた良晴
自分の気持ちに・・・信奈に惹かれているという想いを自覚して
そして思いを伝え、両想いと知り彼女だけを想おうと決めたとたんに彼の女難の相は加速した感じ

具体的に言うと・・・信奈と彼の関係を邪魔するかのごとくモテ始めた感じ・・・

なんだそりゃ!?って感じです・・・
まぁ・・・そういう邪魔がないと色々と凄いことになっちゃう恐れがあるんでしょうけどね・・・

信玄良晴勘助の代わりの軍師として・・・そして次世代の軍師を得るために
彼に種馬として四天王の誰かを娶れと提案

でも一番気になった部分は良晴がそれを拒否すると・・・自分には身分違いの想い人が・・・
と言うと自分の事と勘違いした信玄なんだけど・・・

まんざらじゃない・・・だと・・・!?

やっぱりというかなんていうか・・・彼女とのフラグはばっちり立ってしまっている模様。
身分違いだから祝言は挙げられないけど四天王全員を娶らせて、ついでに自分もなら・・・
とか言い出す始末・・・いやぁ・・・モテモテですね・・・ハイ・・・

幼女である武田勝頼にはねねとかと同じように妙に懐かれてたし・・・
温泉に来る前には四天王に襲われて溺れかけた良晴五右衛門が人工呼吸で助けたりと
なんかちゃくちゃくと危ない方向にもフラグを立てている感じがしますけどね・・・

まぁ・・・そういう雰囲気になれば当然と言うかなんていうか・・・信奈十兵衛が追いつき
修羅場状態になるんですけどね・・・

1回くらい切り捨てられても文句ないだろ・・・お前・・・って感じ

ただ信玄信奈の暗殺をさらっと実行しようとした氏康良晴が気づいて止めようとして
彼女の秘密・・・蒙古斑がまだあるという事実を見てしまい彼女に恨みを買うことに。
かなり執念深いらしく、最終的に信奈十兵衛良晴に向ける想いにも気づいたりと
今後が怖くなるフラグも着実に立ってましたけどね・・・彼女は・・・ヒロインになりそうにないなぁ・・・

その後、信奈信玄の交渉は・・まぁうまくいくはずがなかったんだけど
良晴が死ねばいいと彼を武田軍の一時的な軍師として伊達軍を撃退させようと氏康が提案
それが成功したら交渉は・・・武田上杉を牽制の為に兵をだすと約束
信玄良晴を軍師に・・・と思っていた手前、試してみたかった模様

その過程で伊達軍雑賀衆が・・・知り合いである雑賀孫一が傭兵として雇われ現われ
良晴が指揮する武田軍がピンチになったり、ノリツッコミで孫一良晴が撃たれて
それで良晴が死んだと思った信奈十兵衛が仇討ちだと突っ込んでいったり
信玄が責任を感じてしまったりしたけど五右衛門のおかげでなんとか助かった良晴
正宗の元に案内され、そこに来た信奈正宗の話し合いになり、
奥州で最上義光が出兵しそれを正宗を疎んでいると言う母親が食い止めていると情報が来て
信奈は自分と同じように母親に疎まれているけど、まだ仲直りの可能性がある
年下の正宗に母親を助けに戻るように諭す事に・・・

相性的に正宗信奈は結構いいみたい。
2人とも日本だけじゃなくて世界を相手取った展望を持っていたり、
母親が弟のほうを可愛がっていると言う共通点から思うところがあった模様。

まぁ・・・正宗の方はまだまだ子供って感じで具体的な策がないけど・・・

それに軍師として頑張り、雑賀衆の存在を知ってすぐに兵を撤退させ
傍目には孫一相手に1人で突っ込んでいった良晴について最終的には
四天王も好意を持った感じがあったな・・・どんどんモテていくなコイツ・・・

これで無事伊達軍は奥州に撤退・・・武田との一時的同盟も締結され
戦いは浅井・朝倉軍との話に・・・

信澄が漢に・・・そして長政・・お市は・・・

信奈の影武者として弟の信澄が控えていたけど、彼が十兵衛に2人のことを話してしまって
後詰めの兵が来なくなってしまったりしていつも通りの不甲斐なさを発揮していたけど
愛する人・・・浅井長政を・・・お市を想う時は漢の顔になり、
そして半兵衛が命にかかわる病を患いながらも必死に策を考える姿を見てついに吹っ切れた感じに

兵を率いて突撃するという、いつもの彼とは比べ物にならない気迫を見せて戦線を一時的に支え
その彼が作り出した時間が同盟を結び、全軍を持って駆けつけた信奈が来る時間を生み出した。

ある意味で・・・一番成長してるのは彼な気がする・・・

信奈に執着していた朝倉義景上杉軍武田軍が動いたせいで来れないという話を信じずに
仲間を置いて後退・・・半兵衛の進言で即追撃に信奈が向かい情勢は決着

長政の方は良晴長政の父の切腹を見届け、遺言を娘である長政に届けたことで
切腹しようとしていた長政と介錯を勤めようとしていた信澄は彼の真意を知り
最終的に信奈が母親にさらに疎まれることになるのを承知で義景・長政・久政
髑髏を金箔で塗り固めた器・・・という嘘を付いて長政の死と信奈の残虐さを見せることで
裏切り者は処罰しなければいけないと言う・・・戦国時代のアレコレを誤魔化すための作戦は成功。

長政は死に・・・信奈の腹違いの妹という事で『お市』が新たに彼女達と共に生きることに
この2人の問題が解決して本当によかった。
めずらしくうまくいっている男女のペアですしね・・・
でもこれで次回以降は2人が今までの反動でラブラブになったりして・・・

でも・・・信奈の腹違いの妹って設定だったら・・・夫婦にはなれなくね?
どうすんだろ・・・コレ・・・

色々な問題が解決した感じだけど・・・今回はさらに色々と問題が発生した感じも・・・

朝倉義景信奈良晴を恨み、土御門久脩に頼んで彼の”鬼”として魂を使役されること

北条氏康は上で書いたように良晴への恨み、さらに信奈十兵衛の想いに気づいてる

信奈良晴の仇討ち騒動で本心を語り合ったことで十兵衛と心が通じた感じがあるけど
未だに『本能寺の変』のフラグは消えることはないし

海外勢も日本を狙っている動きがあり、海外に逃げていた足利将軍が戻ったことで
毛利家がそれを後ろ盾として大義名分を得て宣戦布告
今川義元が偽者の将軍って事になるので周りは敵だらけということに・・・

さらに信奈の天下統一を邪魔しているのは良晴だと
キリシタンのサムライであるドン・シメオンが登場
良晴を未来に帰す方法を知っていると宣言したり

信奈自身が自分と良晴が一緒になっても彼を幸せに・・・とか考えちゃっているあたり
色々と不安があったり・・・

問題が山積みって感じです・・・次回から新章という事で・・・どうなるのかな?
なにはともあれ・・・次も楽しみです。

良晴が今回の功績で20万石を与えられて国持ち大名になったので
そっちの運用関係の話もおもしろそうなんだけど・・・さて・・・どうだろ?

良晴を未来に帰すという・・・今の状況じゃ悪くなるとしか思えない事態を
引き起こそうとしているシメオン竹中半兵衛と双璧をなすと言われた
豊臣秀吉の側近である黒田官兵衛の洗礼名
まだ性別はわからないけど・・・仲間になるのか敵になるのか・・・そこも気になる
仲間になれば領地の経営は楽になりそうだけど・・・さてどうかな?

アニメ化の話も次の巻がでるまでには続報とかあるかな?
そっちも楽しみ。

最後に一文。

信奈正宗に言った言葉・・・
彼女が『お市』を救うためにとった最後の行動も加えて・・・悲しいセリフ

なんとかならんかね・・・この母娘関係

信奈が母親との関係を諦めちゃった感じがあるのがなぁ・・・
切ないっていうか悲しいっていうか・・・

「魔王は一人でいいのよ。
 わたしのかわりに、あなたにはお母さんと仲直りしてほしいの。
 もちろん、弟さんともね。
 絶対に、自分の弟を斬ったりしちゃダメよ。
 ほんとうに魔王になってしまうから。
 あなたはまだそれほどの業を背負うには幼すぎるわ。
 そういう辛い魔王の仕事は、わたしに任せておきなさい」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
織田信奈の野望 7 (GA文庫)織田信奈の野望 7
(GA文庫)

(2011/11/16)
春日 みかげ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

この7巻は口絵イラストと前半までの展開がえらくお色気度が高いと思いながら読んでいましたが、読み終えたときは重く・どシリアスな読後感でした(もちろん、この作品が単なるラブコメにとどまらず重厚なドラマであるという良い意味でということですが)。
義景・久政の死や土田御前との確執は心に残ります。

それにしてももはや出番はないだろうと思い込んでいた足利義昭が毛利家に奉じられて再登場しそうですし、シメオン(多分黒田官兵衛でしょう)の良晴を未来に返す発言等、読者の意表を突く展開にますます目が離せません。

最後に、シメオンの「いれぎゅらぁ」発言・・・・まさか良晴と同様未来人だったりして?なんて思ったりもしました(あとは未来人が黒幕にいるか)。
では、これにて。

Re: No title

コメントありがとうございます

> 最後に、シメオンの「いれぎゅらぁ」発言・・・・まさか良晴と同様未来人だったりして?なんて思ったりもしました(あとは未来人が黒幕にいるか)。

『いれぎゅらぁ』発言は南蛮の知識を学んでいて、キリシタンでもあるなら
英語を喋っても特に問題ないと思ってたんですけどね・・・
黒幕というか事態を動かすのは日本を植民地化しようとしているらしい
ドミヌス会ジパング支部長としてやってきたフロイスが警戒していた相手だと予想

シメオンは・・・まぁ・・・黒田官兵衛でしょうからね・・・
多分仲間になると思うんですけど・・・ここまで歴史が変わってると何ともいえない・・・

No title

織田信奈の野望は読んでみたいシリーズだけど、積読がひどく
また新刊チェックばかりしてて人気作も結構読んでないいうあり
さまなのです・・・(汗。アニメ化もするしよんでみようかな~

自分も最近になってラノベ感想ブログを始めて見ました。
なんか急にしてみたくて・・・。いつもランキング上位にいらっしゃる
ので凄いですね。文章量も多く、分かりやすいです。

いきなりですいませんが、相互リンク希望です。
よろしかったらお願いします。

ちなみに自分のブログは↓

http://andpan.blog.fc2.com/


Re: No title

コメントありがとうございます

> 織田信奈の野望は読んでみたいシリーズだけど、積読がひどく
> また新刊チェックばかりしてて人気作も結構読んでないいうあり
> さまなのです・・・(汗。アニメ化もするしよんでみようかな~

積読ですか・・・実は私も結構あります・・・

> いきなりですいませんが、相互リンク希望です。
> よろしかったらお願いします。

リンク貼らせていただきました!
確認お願いいたします。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。