スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煉獄姫 四幕

あらすじ

正統丁字教の総本山である法王庁の特務組織“奇跡認定局”が、
ついに瑩国転覆のため動きだした。

実行部隊“使徒”と人造人間キリエによって、
議員や貴族たちを標的とした無差別暗殺計画が進められていく。

瑩国は抗う術なく、徐々に国力を削られ始めた。

更にはこの混乱に乗じ、ユヴィオールたちもまた違った思惑のもとに水面下で暗躍する。

イオ=テリーヌの前に姿を現したアイリス=キャリエルの笑みは、
同郷の輩に再会した喜びか、或いは“魔剣の母”としての狂気なのか。

そして混乱していく状況の中、フォグとアルトは―。
薄闇の幻想物語、緊迫の第四幕。

感想

煉獄姫の4巻
表紙はアルトのお付のメイドであるイオと彼女と同じ一族の出身である
『魔剣の母』と呼ばれたアイリス

話のほうはどんどん展開していっているんですが・・・

徐々に追い詰められている感が・・・

前回、裏で動き続けてきた黒幕・・・ユヴィオールが仲間達と共に表舞台に姿を現し
混乱する状況下で、それを幸いにと瑩国を滅ぼすために動き始めるキリエが協力する法王庁

敵の敵は・・・って感じでいつでも欺き、裏をかき、裏切るような関係ではあっても
瑩国を追い詰めるという同じ目的の為に協力する彼ら

そんな中でフォグは・・・アルトは・・・というのが今回の話

ユヴィオールは追っ手から避けつつも徐々に戦いの準備を進め
『殺戮博士』シュナが乙女の内臓から煉獄の扉を開く液体を作り、
フォグの友人であった鍵器の研究者トリエラは狂気を宿したまま
人の犠牲を前提とした怪しげな実験を進める・・・

なんていうか・・・敵側の下準備が綿密すぎて不安になってくるくらいです・・・
しかもユヴィオールの仲間のほぼ全員が狂人・・・
まともな奴がほとんどいない・・・

唯一、正常と言えるのはユヴィオールに恋する狙撃主・・・ニーナくらいで
彼女はほとんどユヴィオールの非道な行いは知らされず
ただただ・・・彼の為に働くって感じ

まぁ・・・今回の話の終盤で人を殺すことに愉悦を覚え始めて
狂気の片鱗を見せ始めたところで、キリエの逆鱗に触れ狙撃主の命とも言える
利き目を抉り出されてしまったので・・・やっぱり次回あたりから・・・色々と壊れそう
うわぁ・・・って感じ・・・まぁこのままリタイヤって可能性もあるんだけどね・・・

法王庁の方は瑩国の国力を裂くために政治家や貴族などを特殊部隊を使って
秘密裏に殺していて上層部を混乱に陥らせるという・・・これまた地味に効果的な方法を使い
最終的な目標である瑩国を滅ぼすための下準備をしているって感じ

いや・・・もう・・・どんだけだよ・・・ってくらい瑩国は大ピンチって感じですね・・・

一方で瑩国側も色々と対策を考えたりはしているみたいなんだけど・・・

頼りになる奴、少ないなオイ・・・

主人公で煉獄の毒に対する完全な耐性と
煉獄の毒を吸収することで身体能力を上げられる人造人間(ホムンクルス)フォグ

瑩国の本当の第一王女でヒロイン
体内に煉獄への扉を持ち、煉術士として巨大な力を持つアルト

2人に指示をだす現国王の弟(アルトの叔父)で大公爵
政治的にも超重要な位置にいてその手腕も素晴らしく
今回は自らを囮にするという大胆な一手を行った
この人が王様のほうがいいんじゃないかな?と思わなくもないリチャード

瑩国の総合商社『レキュリィの宴』の長で関係的には
フォグの妹にあたる人造人間(ホムンクルス)であるレキュリィ

そしてレキュリィに使える天堂騎士の老紳士カルブリック

こと戦闘となるとリチャードが外れるのでまともに戦えるのが4人
一応、瑩国の騎士達の力も借りられするけど
あらゆる面で突き抜けちゃっているユヴィオールの仲間達だと荷が重そうな感じ・・・

一応、敵側にも不確定要素が1人いてそれが表紙に出てた『魔剣の母』アイリス

今回の話でイオアルトと親しいからとユヴィオールに狙われ
それを実行したのがアイリス=キャリエル

イオからしたら前回であった同じ一族出身であるアイリス=デーンの姉妹だと
思っていたわけですが・・・彼女に襲われ絶体絶命に

だけど彼女を助けたのもアイリス
彼女は2つの魂を1つの体に宿す存在であり、どちらも魔剣を作るけど
表に出ている魂によって性質が異なる模様

そしてイオが知り合ったアイリス・・・アイリス=デーンは比較的まともな人格を持つ方
魔剣作りに関しては彼女も色々と熱中しちゃうタイプみたいだけど
むやみに人を傷つける気はないし、イオの事も同じ一族の知人として
大切に思っているらしく、どうにかアイリス=キャリエルから体の支配権を取り戻し
ぎりぎりで彼女を助けることになったわけなんですが・・・

一応、アイリス=デーンの方が主人格って感じのようで彼女が一度表面に出れば
アイリス=キャリエルの方はしばらく眠りに付くらしく、
イオを助けに駆けつけたフォグに事情を話し、彼女の知るユヴィオールの情報を知らせた上で
去っていったので・・・この段階では敵になるか味方になるかわからない感じ

片方は味方になりえるけど、もう片方は最悪の敵・・・って事ですからね・・・
それにしても文章にして書くと面倒だな・・・オイ・・・どっちもアイリスって・・・
実際はアイリス=デーンは偽名でどちらもアイリス=キャリエルな訳だしね・・・

一応、法王庁の部隊のほうはフォグアルトが前回の戦いの後から
ずっと修行してた新しい戦闘方法によって撃退
キリエニーナの方に向かったので戦いそのものには勝利

だけど最後の最後・・・フォグの友人であるトリエラが狂気の研究と実験の末に生み出した
『龍』が彼女と共にフォグアルトの前に現れた所で今回は終了

『龍』そのものもかなりの脅威だし、トリエラの事も気になる
なによりこの『龍』ユヴィオールが施して欲しいとトリエラに頼んだ
『龍』が死んだ時に発動するという”何か”

一難さって一難・・・どころか二難、三難って感じでフォグアルトを取り巻く環境は
徐々に厳しいものになっている感じです・・・

希望・・・とはちょっと違うのですがアルトが精神的にだんだん成長していて
わがままを言わなくなったり、フォグの事を気遣ったりしだしたり
リチャードの・・・叔父の存在を意識しだしたりと精神の成長という面でいい傾向が見られる。

フォグも彼女の成長を感じで悩みとかを話すようになっているみたいだし
今回新しく生み出した戦い方も・・・

フォグ煉獄の毒を無効にする力とアルトの圧倒的な煉術を組み合わせた力

はまさに”2人で強くなる”という決意を形にしたものだったりと
絆のほうが深まっている感じでとてもいい。

ただだからこそ、2人が現状の危機を乗り越えていけるのかがとても不安

ユヴィオール人造人間(ホムンクルス)の事について

”第一円(カイナ)” 『肉親に対する裏切り』
”第二円(アンテノラ)” 『祖国に対する裏切り』
”第三円(トロメア)” 『客人に対する裏切り』
”第四円(ジュデッカ)” 『主人に対する裏切り』


それぞれが与えられた名の運命を・・・と考えていたけど
この”第四円”は未だでてきていない4人目がいるって事になる・・・
もしくは彼こそが・・・という事なんだろうか?

そこらへんの謎についても追々語られていくといいなぁ・・・

あとはアルトの妹・・・今回の一件で勝手に決められていた婚約者を殺されたマーガレット
そしてユヴィオールに協力していたけど今回の話で殺されたメネレック伯爵
彼の孫でマーガレットに想いを寄せるキアスの今後とか

『殺戮博士』シュナが乙女の内臓から・・・というのからアルトとの類似点が挙げられてたけど
特定の年齢じゃないとダメ・・・っていう事らしいからアルトも成長したら
今の煉獄の毒を放出してしまう体質が変わったりするかも・・・とか

色々と気になる部分は多いですね・・・

最後に一文。

ちょっと長いですがアルトのセリフ

イオに前回の戦いについて語り、そしてそれを踏まえたうえでの反省点
そして自身の決意を語ったセリフ

読んでいて『おっ』って感じになったのでこれで・・・
何よりもこのセリフを”アルトが”言ったというのがとても印象深かったので

1巻の頃の・・・父親に褒められようと必死な・・・
そして敵にまったく容赦なく、そのくせフォグに守られなければいけなかった少女が
このセリフを言えるまでに成長した・・・

厳しい戦いを通じて・・・って所が複雑なところですが・・・それでも感慨深い感じがしました。

「この前ね、お仕事の最中にフォグが倒れたの。
 私、とても恐ろしかったし、悲しかった。
 フォグが死んでしまうかと思った。
 でも私は気を失って、その後のことがわからなくなって・・・
 無事にここに帰ってこられたのは、
 倒れたフォグが諦めずにいてくれたからだと思うわ。
 私の分までうんと頑張ってくれたからよ、きっと」


「あの時、私がもっとしっかりしていれば、
 フォグの身体を治すことができたかもしれない。
 フォグの助けになれたかもしれない。
 ・・・ううん、私ひとりの問題じゃないわ。
 私たちはふたりで一緒にお仕事をしているのだから、
 ふたりで一緒にもっと強くなればいい。
 フォグはそう言ったの。
 私もそう思うわ。
 だから、頑張らなきゃいけないの」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
煉獄姫〈4幕〉 (電撃文庫)煉獄姫〈4幕〉
(電撃文庫)

(2011/11/10)
藤原 祐

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。