スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は彼女も恋してた

あらすじ

小さな離島に住む僕。
車いすに乗る少女・マチ。

僕とマチは不仲だ。
いつからかそうなってしまった。

そんな二人が、なぜか時空を超えた。

はじめは二人はどこにいるのかわからなかった。
島の景観なんて、十年やそこらじゃ変化しないから。

『過去』に来たと分かったのは、向こうから自分の足で走ってくる、
『小さいマチ』を見たからだ。

僕は驚き、そして思いつく。
やり直すことができると。

ずっと後悔していたことを、この、過去という『現在』で。
『明日も彼女は恋をする』との上下巻構成。

感想

メディアワークス文庫の11月の新刊
入間人間さんの新作です。

10年たっても景観が変わらず、
よそ者には厳しく、身内には優しい・・・そんな離島に住む
主人公であるニアとヒロインであるマチタイムスリップして
過去に行ってしまう物語

ちなみにニアマチもあだ名です・・・他の人は普通に日本人名ですし。

何気に本名隠すの好きな作者だなオイ・・・

って思ったりしたりも・・・

最初は過去の出来事から仲の悪かったニアマチ
それが過去にタイムスリップして帰れなくなり、一時的に仲直りして
未来に戻るために協力してくわけだけど・・・

なんだろ・・・イチャついているようにしか見えない・・・

基本的にニアの方は10年前に喧嘩した理由が自分にあることがわかっているから
マチを嫌ってはおらず、常に気にしている感じがありありと伝わってくるし

マチの方は彼に対する態度が『嫌っている』ってわかりやすすぎるくらいわかるんだけど
彼と会うのがいやだから彼がいつも通る道とは違う道を・・・とか
『逆に意識しすぎだろオイ』って感じが伝わってくる

その2人がタイムマシンを研究する博士・松平の作った軽トラの姿をした
タイムマシンの実験で2人が喧嘩をする前の・・・
まだ2人がいつも一緒に行動し、マチが引っ越し先で事故にあって歩けなくもなく
そしてニア祖母が認知症になる前の・・・10年前に飛ばされ
そしてタイムマシンが故障するという事態に・・・

そこでマチの方が折れて一時的に交流を復帰
基本的にマチは車椅子なので流石に面倒を見てくれる人がいないと厳しいですしね。

そんな中で元気だった頃の祖母に会って色々と世話になったり
過去の自分達と・・・仲のいいニアマチに出会って色々考えたり
関わってしまい、そして未来を知っているがゆえに干渉してしまったりしていく2人

祖母が怪我をして認知症に繋がる原因と思わしき畑にあった石を掘り出して捨てたり
自転車に乗っていて事故にあったために、自転車に乗ること過去の自分にやめさせようとしたり
色々と干渉してましたね・・・もうタイムパラドックスもなにもあったもんじゃねぇって感じ

まぁ過去の自分達と出会ってしまっている時点でアレなんですが・・・

その中でも特にマチは過去の自分を見て自分がニアの事を大好きだった事を再認識させられ
徐々にニアに対する態度を軟化させていく過程はいい感じだった。

嫌いとか言いつつ意識しあってたから当然といえば当然だけどね・・・
好きの反対は嫌いじゃなくて無関心って言葉がよくわかる話でもあった。

最終的に2人は本当の意味で仲直りしていく感じで、
そして未来に戻る手段ができた事で最後に現代のニアが自転車大会に参加

マチが優勝する事でニアが秘密を1つ話す事になり、
それをしなかったために殴り合いの喧嘩に発展して仲が悪くなった・・・っていう
なんか微妙にしょぼい理由だった2人の喧嘩の理由をなくすためだったんですけど
結局、途中のアクシデントで過去のマチが優勝

結局、過去の2人は喧嘩になるけど現代のニア過去のニアの話すはずの秘密を・・・
『マチが好き』という秘密を明かした事で状況は変わることに・・・
この後の2人の描写はないけど・・・どうなったのかな?

そしてその場面を見ていてニアの・・・彼の自分に対する想いを知ったマチ
彼女いわく『そんなの最初から知ってた』らしく、秘密でもなんでもなかった模様
そんな理由で喧嘩をしてたのか・・・と呆れた感じが・・・

でもその後の展開はちょっとよかった。

そして完全に仲直り・・・どころか仲が深まった感じの2人は未来に戻るわけだけど・・・
未来に戻ったマチの隣にはニアはおらず、タイムマシンすら存在せず
そしてタイムマシンを開発した松平の研究所もない

そして知人を見つけニアの事を聞いた彼女が聞いたセリフが・・・

「ニア?あぁ、そんな子もいたなぁ。
 確か、9年前に死んじゃった子だろ」


って訳でここで上巻が終了

今月(2012年12月)発売する『明日も彼女は恋をする』とあわせた
上下巻構成と言うわけで続きは下巻へ・・・

最後の最後のひきが凶悪すぎだろコレ・・・

ようやく仲直りして・・・そしてさらにその先に・・・って期待させておいて・・・

ただ過去で

祖母を助け、喧嘩を仲裁し
さらにニアはレース中に海でおぼれている子供を発見して
本来死ぬはずだった命を助けてしまったわけで・・・

過去の改変が現代に影響を及ぼした結果なんでしょうけど・・・どうなんだろ・・・
ハッピーエンドで終わってくれると良いんだけど・・・

あと残っている伏線としては松平が過去の自分への伝言に頼んだ数字
マチが過去の自分に出会った事を薄っすらと覚えていたらしき事(ニアにその描写はない)
認知症のニア祖母が過去でニアが名乗っていた偽名で彼を呼んでいた事
過去の松平ニアに言おうとしてやめた事

って感じで繋がりはある感じなんだけど・・・この後、これがどう繋がっていくのかが楽しみ

まぁとりあえず・・・面白かった!
コレだけは確か

だからこそ余計に・・・下巻がでるまでがツライ・・・

ちなみに下巻の感想は・・・来年になりそうだなぁ・・・
色々と他の感想が立て込んでるから・・・

最後に一文。

マチのセリフ

ニアが秘密として話すはずだったマチへの想い
もしマチが負けていた時に話すはずだったのは『引越しをする』って事。

ニアは自分と同じ内容である事を期待していた・・・
それに気づいたマチのセリフ

思わずニヤニヤしてしまったよ・・・

「そっちの方は、隠していた覚えがないの」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)昨日は彼女も恋してた
(メディアワークス文庫)

(2011/11/25)
入間 人間

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

「ニア?あぁ、そんな子もいたなぁ。
 確か、9年前に死んじゃった子だろ」

これってネアのことですか?

誤字じゃなかったらごめんなさい・・・

Re: No title

コメント&ご指摘ありがとうございます。

> 「ニア?あぁ、そんな子もいたなぁ。
>  確か、9年前に死んじゃった子だろ」
>
> これってネアのことですか?
>
> 誤字じゃなかったらごめんなさい・・・

思いっきり誤字でした。
ありがとうございます。

・・・。

入間さんの本出てたんだ!
・・・買おうかな~。
あと、いつ天9巻ってもう届いたりしてますか?
自分はまだなんですけど・・・。

Re: ・・・。

コメントありがとうございます!

> 入間さんの本出てたんだ!
> ・・・買おうかな~。
> あと、いつ天9巻ってもう届いたりしてますか?
> 自分はまだなんですけど・・・。

今週末・・・8、9日あたりじゃなかったっけ?

No title

ニアでは?

Re: No title

コメント&指摘ありがとうございます

> ニアでは?

うん・・・そうですね・・・orz
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。