スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒会探偵キリカ 1

あらすじ

僕が入学してしまった高校は、生徒数8000人の超巨大学園。
その生徒会を牛耳るのは、たった三人の女の子だった。

女のくせに女好きの暴君会長、
全校のマドンナである副会長、
そして総額八億円もの生徒会予算を握る不登校児・聖橋キリカ。

生徒会長によってむりやり生徒会に引きずり込まれた僕は、
キリカの「もうひとつの役職」を手伝うことになり・・・
生徒会室に次々やってくるトラブルや変人たちと戦う日々が始まるのだった!

愛と欲望と札束とセクハラが飛び交うハイテンション学園ラブコメ・ミステリ、堂々開幕!

感想

講談社ラノベ文庫の感想第一弾
ついに講談社も・・・ラノベの名を冠したレーベルを・・・最近多いなぁ・・・
ってか増えれば増えるほど興味を惹かれて財布にダメージが・・・どうしたもんか・・・

この作品の作者は『さよならピアノソナタ』『神様ののメモ帳』杉井 光さん
探偵・・・との事で興味を惹かれて購入。
ニート探偵生徒会探偵・・・どんな感じに分けてくるのかな?
って考えていたんですが・・・

探偵より会計業務の方が多かった!?

基本的に探偵・・・キリカ探偵らしい事をしたのは
主人公である日影がお金を盗んだと疑われた最初の時だけ
その後も、出所不明の予算がでてきたけどそっちは捜査とか推理ってよりも
キリカの本来の役割・・・会計としての色が強かった感じだし
今回の最後の事件の際も、結局は彼女のお金に関する力が必要だったわけで
探偵というよりは会計・・・って感じが強かった

まぁ・・・

面白かったけどね!

なんていうか『神様のメモ帳』に続いてまともな探偵って感じではないけど
独特というか・・・そんな感じがよかった。

主な登場人物は6人・・・でいいのかな?

○ 牧村 ひかげ(日影)

主人公
優秀すぎるほど優秀な姉・日向がおり、彼女と比べられるのを避けるために
この物語の舞台となる学校に編入してくる。

『日向のように』・・・ではなく

『日向くらいやれとは言わないけど・・・』
『日向はお前と違って・・・』


ってのが両親の口癖だったらしいから姉の凄さが逆にわかる。
日影に同じ事を期待する気すら起きないくらい凄いって事なんだろうけど・・・
この親は屑だ・・・

日向に対して日影・・・という名前から日陰者・・・って感じで
色々と言われたらしいけど『日影』『日陰』とは意味が違うわけで・・・
そういう名前付けたならもうちょっと息子を信じてやれよって気になる・・・

ちなみに当の姉本人は自分の弟なんだから本気をだせば凄い!
と信じているらしく今回の話で弟が頑張った事を聞いてかなり喜んでたので
弟思いではある模様・・・

っていうか中学時代、同じ学校にいた美園がその話を聞いて
日影に惚れてしまうくらい話題にしていたらしいから・・・おそらくブラコンだよね・・・

ってあれ?日影の紹介のはずが日向の紹介になっとる!?
これが・・・姉の力か・・・

ちなみに日影の才能・・・と言える部分を端的に表現すると

詐欺師

これに尽きます・・・

今回の物語中で起きた事件でもキリカが・・・探偵が見つけた真実ではなく
みんなが納得のいく虚偽を示すことで事件を収束させてたしね・・・

最後の事件では学園全体を動員してキリカをゲームだと騙して
株取引によって三十六億六千百万円ものお金を稼がせた

ってか日影の手腕も手腕だけど8億の元手(元々の生徒会予算←この時点でおかしい)で
4倍以上に増やしたキリカの能力が恐ろしいけどね

っていうか主人公に詐欺師の才能って・・・これまた『神様のメモ帳』っぽいな・・・
探偵詐欺師って設定好きなのかな・・・この作者さん・・・

最終的に日影は役員ではない雑用の庶務から正式な役員である書記に昇格

○ 聖橋 キリカ

メインヒロイン

生徒会役員で役職は会計
特務として探偵の役割も持つ

生徒会室登校で生徒会室の役員個室(どんな学校だ!?)に住み込んでる。
もちろん授業にはでていない・・・ただ会計業務をするのみ

お金が大好きでお金があれば幸せ・・・という考え方
別に守銭奴という訳ではなく、お金がないと不幸だから・・・って感じ

基本的に人見知りが激しい感じだけどキリカの考え方を馬鹿にせず
探偵業務で助けた時も素直にお礼を言った日影は気になる存在の模様

何気に日影が疑われた部費盗難事件の犯人(人じゃないけど)のウサギを気に入り
狐徹ひかげと名づけたのでひかげと呼んで可愛がっている。

そのせいで彼女のセリフが日影に向かってかウサギに向かってかわかりにくくなり
日影は基本的に自分ではなくウサギに言ってるもんだと理解している

ただし父親に転校させられそうになった時も

『ひかげがいるから』
『ひかげと一緒がいいから』


と言っていたが・・・まぁ明らかに日影が対象・・・
それにしてもややこしいなオイ

最終的には部屋への出入りを許可して、絵本を読んでもらい
日影の目の前で眠りに落ちるくらい信用された模様。

何気に他の生徒会メンバーより信頼されているっぽい・・・

ちなみに彼女の父親は本気で娘との結婚を考える
超が付く親馬鹿

○ 天王寺 狐徹

生徒会長
なんにしても考えることが破天荒って感じの女性

自称、どっちでもいける人・・・おそらくマジ

前年度までは朱鷺子を副会長に色々としていたらしいが
彼女が飽きたらしく、自分が作った中央議会の議長にして厄介払い
金髪美人である美園に乗り換えた

外道だなオイ!?

ちなみに彼女の目的は現在の生徒の総意で色々と決める民主主義ではなく
君主制を・・・生徒会長の権力を集中させることを目指してる
最終目標は王としてハーレムを形成すること。

うん・・・まぁ・・・変人だ!
ただし有能な変人だ!

それが一番性質が悪いんだけどねー

○ 竹内 美園

生徒会副会長
金髪美人で学園のアイドル

ただし何気に腹黒で自分の美貌を利用してファン達を動かしたり
裏工作したりとやっぱりというか・・・普通ではない

ただし日影の姉である日向と同じ中学にいた時期があり
憧れの彼女から話を聞いていたせいなのか初対面から好感度が振り切れてる感じ

そして可愛い子も好きらしくキリカの事も大好き
なので基本2人にはだだ甘

出会う前に主人公に落ちているという・・・なんとも簡単な女性だが・・・
まぁ・・・付き合うとなったら本当に大変だろうけど・・・

○ 久米田 郁乃

監査委員長


基本的に生徒会の監査も行うため敵・・・という扱い
日影に目をつけて協力を求めてくるけど・・・やっぱり変人っぽい・・・

ベクトルがちょっと違うだけでなにげに狐徹に似ている感じ
関西弁なので大分印象が違うけど女の子もいけるあたりとか・・・ね・・・

まぁ生徒会の敵ってよりは狐徹の敵って感じだけど・・・
そこは彼女の傍若無人ぶりのせいだから弁解の余地はない感じ

監査委員長だから風紀委員も彼女の部下って事になるけど
本人が何気にセクハラしまくってるのはどうなの!?って意見は・・・きっとでないんだろうね・・・

○ 神林 朱鷺子

生徒会の権限の一部を持つ中央議会の議長
狐徹の元相棒

ずっと彼女と一緒にいて彼女の目的の為に付き従ってきたのに
あっさりと乗り換えられた不遇な人

彼女の生徒会への対抗心は明らかに狐徹への私怨っぽい気が・・・
ってかなんかこう・・・百合っぽい人が多い作品だな・・・

何気に日影との会話で自分はノーマルだと示すために
彼にキスを迫りかけた・・・天然か!?
自分で我にかえって怒ってたけどね・・・

これはフラグと見ていいんだろうか・・・
なんだかんだ言いつつもまぁ・・・巻き込まれる人

---------------------------------------------

この6人が1巻時点での主要メンバーで
このメンバーが今後どうなっていくのかとても楽しみ

ハーレムものになっていくのか・・・はたまたキリカ一直線なのか
そしてまだ決まっていない生徒会広報はどうなるのか・・・
続編が楽しみだ・・・これは集めなきゃ・・・

あとがきで別レーベルで高校生が主人公の探偵モノを・・・と『神様のメモ帳』について触れていて、

高校生だけど裏世界のフィクサーとして頭角を表してきて
学校になかなかいかない奴なのでこの作品では・・・


って感じの事が書いてあるんだけど・・・学校にいかないっていうか・・・

そういう風に書いてるのはアンタだろ!?
留年のピンチだったじゃないか!?

いや・・・まぁ・・・彼はアレで十分充実した人生を送ってるんでしょうけどね・・・・
波乱万丈な・・・高校でも事件が起きたら彼は大変だろうしね・・・

まぁDVD3巻の特典書き下ろし小説ではまさに学校で事件が起きて捜査
していたけど・・・爆発しろこのモテ野郎!!って感じの顛末でしたからね・・・
彼は今のままでいいのかもしれない・・・

最後に一文。

日向のセリフ

物語のエピローグで日影の活躍を人づてに聞いて電話してきた日向
日影に教えた彼の名前の本当の意味

彼の名前は日陰・・・日が届かない部分の事ではない・・・
まったく逆の意味を持つ名前だと告げた・・・

この名前の意味については狐徹も気づいていたみたいだけど・・・

名前にコンプレックスを持っていた彼にとってはとても重大な・・・
先に進むための一歩になった感じだったのでこのセリフで

「『影』って字には、『光』って意味もあるんだよ。
 日本語って面白いでしょ?
 『日影』って太陽の光のこと。
 ひかげが照らして、ひなたができるの。
 いい名前でしょ?」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
生徒会探偵キリカ1 (講談社ラノベ文庫)生徒会探偵キリカ1
(講談社ラノベ文庫)

(2011/12/02)
杉井 光

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

へ~。

講談社ラノベ文庫ですか~。
・・・面白そうですね~・・・。
注目してみようかな~。
・・・他に色々あるそうですね~。

Re: へ~。

コメントありがとうございます

> 講談社ラノベ文庫ですか~。
> ・・・面白そうですね~・・・。
> 注目してみようかな~。
> ・・・他に色々あるそうですね~。

レーベルが増えると比例してお金がね・・・(泣)
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。